トップへ戻る

ダイハツ 新型ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

ダイハツ 新型ミライース|性能、新車・中古車価格、評判は?

ダイハツのミライースは「低燃費」「低価格」「省資源」を、うたい文句に発売されてきた軽自動車です。本記事ではフルモデルチェンジを行ったダイハツのミラ イースについて、解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツのミライースってどんな車

ダイハツ・ミライース

ダイハツ・ミライース

ベースとなったのは、ダイハツ工業が開発したミラという軽自動車ブランドの一つであり、その発展型として開発した車種がミライースです。分類するなら軽自動車のセダンタイプで、実態は5ドアハッチバックの型をしています。

最初に発売したのが2011年9月で、ガソリン車として当時最高の30.0km/Lかつ価格を80万円以下に抑えたため、低価格、低燃費、省資源の三拍子を持った第三のエコカーとして発売されました。

2012年軽自動車販売における車名別ランクでトップになり、ダイハツは9年ぶりにトップの座に返り咲きました。

新型は安全性を最優先に走りはきびきびとしたものにこだわり、以前発売したモデルと比べさらなる低燃費の実現に成功、軽自動車として本来あるべき購入しやすい価格にもウェイトを置いた設計となっています。

フルモデルチェンジでどこが変わった?ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

初代のフェイスデザインはスマートかつ愛嬌がある顔つきでしたが、新モデルに関しては力強さと頼もしさを感じるデザインへと改め単なるマイナーチェンジではなく、一から作り直したかのような印象を強く感じかっこよさが一段と引き立てられました。

もう一つの変更点はヘッドライト(前照灯)で、丸みを有しつつも吊り目気味だった旧型と比べシャープなスタイルに変更したため、全体的に見ても直線スタイルになり変更した箇所の一部としても注目されています。

安全性に関しても改良され、衝突回避システムとしてスマートアシストⅢを搭載し、新たにソナーセンサーとステレオカメラを強化しました。また、横断する歩行者だけでなく先行の車までも認識でき、ブレーキを即座にかけて衝突(人身)事故回避に貢献しています。

第三のエコカー ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ミライースは低燃費技術の一つである「イーステクノロジー」を採用し、誰もが乗れるエコカーとして開発されました。注目すべき点として燃費が挙げられますが、現行モデルではWLTCモード燃費で25.0km/Lの低燃費達成しました。

KF型エンジンを改良(圧縮比の向上や燃焼効率のアップなど)し、車体軽量化や空力性能改善といったそれまでの技術を活かしました。

ボディー軽量化については骨格を合理化しながら剛性面を確保し、CVTの軽量化・樹脂部品の肉薄など内外問わず改良しました。

全長はそのままの状態に保ち旧モデルと比べ約60kg減に成功し、風洞実験の実施によりフロントコーナーの見直しや床下流速を減速させました。

アイドリングストップ機構はブレーキ使用中車速7km/h以下に達したら自動的にエンジン停止する機能へと改め、コンパクトかつ軽量化が実現できました。

ダイハツのミライースの各グレード

ダイハツ ミライース “SA Ⅲ”

ダイハツ ミライース “SA Ⅲ”

大まかに区分すると4種類存在し、B、L、X、Gと構成されています。駆動方式が2WDと4WDに細分化し、色に関してはBだけ3色ですがそれ以外の各クラスに関しては7~8色が設定されています。

ダイハツ ミライースの動力性能

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

自然吸気型エンジンの徹底したダイエットが功を奏し、先代モデルと比べ軽くなったほか無段変速AT制御の見直しによりスムーズな加減速が実現された事により、停車から発進する際にアクセルを少し踏み込んだだけで、機敏な加速が可能となりました。

低燃費にこだわり一部機能は廃止されましたが車の本能である「走り」を取り戻しつつ、環境にも配慮されたエンジンを搭載し、2018年度排出ガス基準50%低減に成功し低排出ガス車として国土交通省から指定されています。

ダイハツ ミライースのインテリア

インテリアについて紹介します。まずはユーザーが実際に乗り込むシートの色はブラックをベースに、フロント側のみオフホワイトのアクセントが入るため、さわやかな印象を与えてくれます。

シンプルなコクピット部分に対しメーターデザインは、グレードにより異なり運転すると照明が変化します。通常は青、エコドライブはグリーンとなります。

また、チルトステアリングとシートリフターも装備しているため、運転手の体型に見合ったハンドルの高さとドライビングポジションを設定することができ、体型によって運転しづらいといった問題を解消しています。

運転席の周辺には収納スペースが多く設けられ、眼鏡やスマートフォン、ドリンクなどが収納できるよう人間工学的に工夫されています。

ダイハツ ミライースのエクステリア

Cピラーからリアウィンドウを少し絞り、リアフェンダーを張り出させて見た目を良くし、LEDヘッドランプを採用して、少しキリっとした表情となっています。近年はこのようなフロントのデザインでも、女性の方が普通に乗っており時代に合った表情と言えるでしょう。

どうしても軽自動車は薄っぺらく見えがちなので、薄っぺらく見えないように試行錯誤を繰り返した結果、ドアのプレスラインをシャープにし強い印象を持たせることで、厚みを感じるようにしました。

軽自動車はボディが小さいため、事故の際に大丈夫か?とマイナスのイメージがあります。そのイメージを少しでも払拭できるように、ミラ イースは全体的にかなり安全を意識したデザインとなっています。

ダイハツ ミライースのスペック

【ダイハツ ミラ イース B】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,500mm
ホイールベース2,455mm
最大乗車定員4名
車両重量650kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力36kW(49PS)/6,800rpm
最大トルク57N・m(5.8kg・m)/5,200rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年9月現在 ダイハツ公式サイトより)

ダイハツ ミライースの新車価格

価格についてグレード別にご説明します。なお、価格については消費税別の表示とさせていただきます。トランスミッションは全車CVT装備となり、北海道地区は値段が若干異なります。

◎Bタイプ
・2WD→780,000円
・4WD→900,000円

◎B SAⅢタイプ
・2WD→840,000円
・4WD→960,000円

◎Lタイプ
・2WD→810,000円
・4WD→930,000円

◎L SAⅢタイプ
・2WD→870,000円
・4WD→990,000円

◎X “SA Ⅲ”タイプ
・2WD→1,000,000円
・4WD→1,120,000円

◎特別仕様車 X “リミテッド SA Ⅲ”タイプ
・2WD→1,015,000円
・4WD→1,128,000円

◎G “SA Ⅲ”タイプ
・2WD→1,120,000円
・4WD→1,240,000円

◎特別仕様車 G“リミテッド SA Ⅲ”タイプ
・2WD→1,135,000円
・4WD→1,248,000円

クラスが高くなるにつれ、各種装備が若干異なっている場合があります。実際にどの車がよいかを見極めるときには、装備面にも注目しておきたいところです。

※ダイハツ公式サイトより(2020年9月現在)

ダイハツ ミライースの中古車価格

では、中古車事情として各クラスにおける平均的な価格を見てみましょう。
なお、消費税別として紹介させていただきます。

◎Bタイプ→40万円台~60万円台となっています。

◎B SAⅢタイプ→50万円台~80万円台となっています。

◎Lタイプ→40万円台~90万円台となっています。

◎L SAⅢタイプ→40万円台~100万円台となっています。

◎X “SA Ⅲ”タイプ→30万円台~130万円台となっています。

◎特別仕様車 X “リミテッド SA Ⅲ”タイプ→40万円台~130万円台となっています。

◎G SAⅢタイプ→50万円台~130万円台となっています。

◎特別仕様車 G “リミテッド SA Ⅲ”タイプ→70万円台~130万円台となっています。

一部のクラスでは新車購入価格と遜色ない値段で購入でき、ミライースそのものの歴史がまだまだ浅く、実際に購入するとしても走行距離面などが少なくなっています。

※response中古車価格より(2020年9月現在)

ダイハツ ミライースの評判

ダイハツ・ミライース

ダイハツ・ミライース

評判についてメリットを挙げるならば、まずは価格面をアップする方がいるほどで購入しやすい値段に設定されていて良心的との評価がある点です。それ以外にも燃費やコストパフォーマンスの良さ、エンジン音が静かで運転がしやすいほか、全体的にとても良い車だと評価してくれる方もいます。

デメリットは、色のバリエーションが少ないためもう少しバラエティある選択肢を持たせてはどうか、といった声や坂を上るとき心許ないと感じた方がいる点です。大きな荷物を収納したり、チャイルドシートの装備はもう少し余裕をといった意見も出てきます。

まとめ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

バリエーションも豊富で環境面に配慮し、車体剛性強化と軽量化を両立した車になります。エコ活動をしながら車に乗りたいという方は、第三のエコカーのダイハツ ミライ―スはおススメの一台となります。選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

軽自動車は普通自動車に比べて燃費が良い傾向にあり税金も安く済むため、車を持つコストを抑えるために選ぶ方も多くいます。とはいえ最近ではさまざまな種類の軽自動車が販売されているため、どれを選べば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。燃費が良い軽自動車には特徴があるため、3つのポイントを抑えて選ぶと低燃費でコストパフォーマンスの良い一台を選ぶことができます。そこで今回は、軽自動車の燃費についての基礎知識や、おすすめの軽自動車を徹底解説します。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

定番のスーパーハイトワゴンたちがチヤホヤされ続ける軽の世界ですので、非常に魅力的な他の選択肢を見逃してしまっているかもしれません。そこで、今こそ選びたい、魅力極まる個性派3台のおすすめ車をご紹介します。存在意義を究極まで突き詰めたようなそれぞれの実力は、もはや軽自動車の枠に収まらないほどかも。流れにまかせて定番車を買ってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


ダイハツの軽トールワゴン、「ムーヴ」を徹底分析!

ダイハツの軽トールワゴン、「ムーヴ」を徹底分析!

ダイハツで製造販売しているムーヴ。軽トールワゴンと呼ばれるカテゴリーの車です。初代のムーヴはカスタムとの2系統がメインでしたが、それは今も変わりません。今回はダイハツのムーヴとムーヴカスタムについて解説します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。