トップへ戻る

【最新4選まとめ】格安5ナンバーSUVなら新車でラクラク200万円以下!

【最新4選まとめ】格安5ナンバーSUVなら新車でラクラク200万円以下!

見た目のかっこよさ、室内ユーティリティの高さと引き換えに、車両価格が高めな点がネックなSUV。しかし、日本の道路事情や駐車場にもぴったりな5ナンバー車なら、新車価格でも200万円以下から選ぶことができます。新車価格だけでなく、燃費も税金も賢く節約できる5ナンバーSUVの最新4車種をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVは高い? 5ナンバー車なら余裕かもしれない

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

高めの着座位置や余裕のある室内、何より見た目のアクティブさが魅力的なSUV。市場で人気となるのも当然ですよね。

そんなSUVの弱点は、車両価格が高めに設定されていること。同じようなサイズの乗用車に比べ、四輪駆動やパワフルなエンジンが設定されることも多いSUVはやや予算オーバーかも、なんて方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな方にこそおすすめしたいのが、5ナンバーサイズのSUV。

5ナンバーサイズのSUVなら、入り組んだ路地も多い日本の街中でこそ輝く扱いやすさが魅力的ですし、普通車らしい動力性能の余裕や、室内の余裕、安心感のある安全性能を兼ね備えつつ、かなりリーズナブルな価格設定がされているので、SUVライフを満喫しつつも節約できることでしょう。

そんな最新5ナンバーSUVを4台ご紹介します。

新車でお安い5ナンバーSUV 最新4選!

スズキ イグニス(142.3万円〜)

スズキ イグニス

スズキ イグニス

ぶっちぎりの安さで、もはや軽自動車とも堂々と戦えるほどの低廉さが魅力的なのが、スズキ イグニス。一見ただのハッチバック車と思いきや、しっかり張り出したフェンダーや、180mmの最低地上高が確保されたスタンスなど、クロスオーバーSUVとしての雰囲気も感じさせますよね。

ルーフレールやプロテクター風の加飾が加わることでよりSUV感の増した「ハイブリッドMF」グレードは183.92万円からとやや価格帯が上昇してしまいますが、最も廉価なグレードである「ハイブリッドMG」であっても、その低価格を感じさせない、遊び心あふれたスタイリングが魅力的です。

スズキ イグニス インテリア

スズキ イグニス インテリア

最廉価仕様となる「ハイブリッドMG(スズキセーフティサポート非装着車)」では2WDで142.34万円、4WDでも155.98万円という低価格が魅力的ではありますが、現代の車としてもはや必須装備となった感もある予防安全装備が備わらない点は選びにくさも感じさせますよね。

そのため、実質上のスタート価格は、スズキセーフティサポートを備えた「ハイブリッドMG」の2WD 152.24万円、4WD 165.88万円からと見ておく方が良いかもしれません。もちろん、この価格であっても普通車SUVとしてぶっちぎりの安さとなっています。

そんな低価格ながら、オートライトや、ハイブリッドシステムのエネルギーフローなどを表示できるメーター部のマルチインフォメーションディスプレイなどの充実した標準装備が備わる点は、驚異的ともいえそうなコスパの良さでしょう。

スズキ イグニス

スズキ イグニス

全車でマイルドハイブリッド仕様となっていることから、4WD仕様でもWLTCモード燃費で19.0km/L、2WD仕様では19.8km/Lという低燃費も魅力的なイグニス。

通常は前輪寄りの駆動力配分、スリップ時には前後輪に最適な駆動力を配分してくれる4WDシステムもしっかり用意されていますし、4WD仕様ではブレーキLSD制御を行う「グリップコントロール」や、急勾配でも車速を一定に保ってくれるのでハンドル操作に集中できる「ヒルディセントコントロール」など、本格派の機能も備わる点もポイントです。

スズキ イグニスのスペック

【スズキ イグニス】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,660/1,690mm×1,605mm
最低地上高180mm
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1.2L
駆動形式前輪駆動/四輪駆動
WLTCモード燃費帯19.0〜19.8km/L
新車価格帯(消費税込)1,423,400〜2,030,600円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ イグニス 中古車情報(2020年12月現在)

中古車平均価格: 152.8万円(現行仕様)
中古車価格帯: 57.9〜197.0万円

イグニスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

トヨタ ライズ(167.9万円〜)/ダイハツ ロッキー(170.5万円〜)

ダイハツ ロッキー(左)、トヨタ ライズ(右)

ダイハツ ロッキー(左)、トヨタ ライズ(右)

2019年11月の発売以降、爆発的ヒットとなっているのがトヨタ ライズとダイハツ ロッキーの二兄弟。先ほどご紹介したイグニスに比べてもしっかりとしたSUV的スタイルとなっており、5ナンバーサイズながらマッチョさも感じさせるような存在感が魅力的ですね。

この2台は、どちらも主にダイハツが開発を担当しており、ダイハツの新世代プラットフォーム「DNGA」を活用した車両となっています。その結果、軽量な小型ボディながら高剛性を実現しており、キビキビとした走りと低燃費を両立することに成功しています。

トヨタ ライズ インテリア

トヨタ ライズ インテリア

また、そのコンパクトさからは想像できないほどの室内ユーティリティ性の高さも魅力の一つ。前後席の間隔は900mmとしっかりとした数値が確保されているので、後席でも足元空間が広々としていますし、それでいて荷室もたっぷりとしているので、家族全員でのお出かけも安心です。

さらに、先進機能の充実っぷりもうれしいところ。ロッキーではスマートアシストが全車標準装備となっており、明るく前方を照らすLEDヘッドランプやキーフリーシステムなど、日々のドライブをより楽しく安心にしてくれる機能も全グレードで備わる点がうれしいところです。

ダイハツ ロッキー アダプティブクルーズコントロール イメージ

ダイハツ ロッキー アダプティブクルーズコントロール イメージ

兄弟車ながらスタート価格が異なっている理由は、ライズの最廉価グレード「X」にはスマートアシストが備わらないのに対し、ロッキーでは全車で標準装備しているなどの違いのため。そのため、同等グレード間で比較すると、ライズの方がやや高価になる様子。

しかし、どちらの車種を選んでも、2WDで170万円台から、4WDでも190万円台から、ここまでの完成度のSUVが選べるとあっては、人気になるのも当然ですね。

トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキーのスペック

【トヨタ ライズ/ダイハツ ロッキー】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,620mm
最低地上高185mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 1.0L
駆動形式前輪駆動/四輪駆動
WLTCモード燃費帯17.4〜18.6km/L
新車価格帯(消費税込)1,679,000〜2,282,200円(トヨタ ライズ)
1,705,000〜2,367,200円(ダイハツ ロッキー)
(2020年12月現在 トヨタ公式サイト ダイハツ公式サイトより)

トヨタ ライズ 中古車情報(2020年12月現在)

中古車平均価格: 187.8万円(現行仕様)
中古車価格帯: 128.0〜318.2万円

ダイハツ ロッキー 中古車情報(2020年12月現在)

中古車平均価格: 202.6万円(現行仕様)
中古車価格帯: 146.7〜290.0万円

ライズ/ロッキーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ ジムニーシエラ(179.3万円〜)

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

小型本格クロカンとして、日本だけでなく世界中にファンを持つジムニー。そんなジムニーの普通車仕様となるジムニーシエラも、なんと最安で180万円を切る価格が設定されています。

しかも、ジムニーシエラは全車でローレンジを備える本格派パートタイム4WDを装備している点がポイント。先ほどご紹介したロッキーは2WD仕様での価格で比べていますので、SUVらしく4WD仕様を選択するならジムニーシエラの方が安上がりになるほどのリーズナブルさです。

スズキ ジムニーシエラ インテリア

スズキ ジムニーシエラ インテリア

もちろん、伝説的なジムニーの名を持つ車だけに、その悪路走破性能は同クラスのライバルの追随を許さない本格的なもの。

今やより大型のSUVでもモノコック構造が主流となってきていますが、高剛性なラダーフレームを採用するジムニーシエラは、210mmの最低地上高、伝統の3リンクリジッドアクスル式サスペンションなどと合わせ、どんな場所にでも乗っていけそうな実力がうれしいところです。

さらに現行モデルでは、ちょっぴりレトロ感も感じさせるような、ラギッドかつキュートなデザインも魅力のひとつ。軽自動車規格のジムニーに比べてジムニーシエラではオーバーフェンダーが備わることで、クロカン車らしいマッチョさも手に入れました。

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

最廉価グレードとなる「JL」ではスズキセーフティサポートがメーカーオプション設定になっている点がネックではありますが、走破性の面では上位グレードに引けを取らない装備の充実っぷりがうれしいところ。普通車らしい余裕の1.5リッターガソリンエンジンも共通です。

廉価グレードのJLを選びつつ、せっかくですので税込4.29万円でスズキセーフティサポートを装着しても、痛快なジムニーライフは意外とお得に始められそうです。

唯一の問題は、人気故にいまだに1年以上と噂される納車待ちの長さかもしれませんね。

スズキ ジムニーシエラのスペック

【スズキ ジムニーシエラ】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550mm×1,645mm×1,730mm
最低地上高210mm
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1.5L
駆動形式四輪駆動
WLTCモード燃費帯13.6〜15.0km/L
新車価格帯(消費税込)1,793,000〜2,057,000円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ ジムニーシエラ 中古車情報(2020年12月現在)

中古車平均価格: 248.4万円(現行仕様)
中古車価格帯: 193.5〜384.7万円

ジムニーシエラについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ クロスビー(180.5万円〜)

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー

最後にご紹介するのはスズキ クロスビー。なんとご紹介した5ナンバーSUVの4台中、3台をスズキ車が占めるという点は、小型サイズの車に特化したスズキらしいラインナップを象徴していますね。

イグニス同様、こちらも一見トールワゴンに見えるかもしれませんが、未塗装樹脂部分が大きめに取られた前後バンパーやオーバーフェンダーなど、トールワゴンとSUVを合体させたクロスオーバー的なルックスがクロスビーの魅力です。

弟分となるハスラーとも共通イメージでありながら、普通車のサイズを活かしたふくよかなボディは、実車を目にするとその存在感にびっくりしてしまうかもしれませんね。

スズキ クロスビー インテリア

スズキ クロスビー インテリア

SUVと同じく人気のトールワゴン系のデザインを持つだけに、室内のユーティリティ性能はもはやトールワゴン級の優れたもの。しっかり立てられたウィンドウによって、前後席で肩周りやヘッドルームに余裕がありつつ、荷室にはゴルフバッグが横積み可能など、欲張りなパッケージングとなっています。

さらに、搭載されるエンジンは、ターボかつマイルドハイブリッドというこちらも欲張り仕様。ほのぼのとした表情のエクステリアながら、力強い加速が可能となっています。

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー

クロスビーの最廉価グレード「ハイブリッドMX」では、なんと予防安全装備パッケージ「スズキセーフティサポート」がオプションでも選択不可という点は驚きのネガポイント。

そのため、おすすめしたいのはもう一つ上位グレードの「ハイブリッドMV」。こちらはスズキセーフティサポートを標準装備するほか、室内の使い勝手向上アイテムなども備えつつ、2WD仕様で194.81万円、4WD仕様でも209.33万円とまだまだリーズナブルな価格設定となっています。

スズキ クロスビーのスペック

【スズキ クロスビー】スペック早見表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,760mm×1,670mm×1,705mm
最低地上高180mm
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボハイブリッド 1.0L
駆動形式前輪駆動/四輪駆動
WLTCモード燃費帯17.0〜18.2km/L
新車価格帯(消費税込)1,805,100〜2,251,700円
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ クロスビー 中古車情報(2020年12月現在)

中古車平均価格: 180.3万円(現行仕様)
中古車価格帯: 89.8〜248.0万円

クロスビーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

スズキ イグニス(海外仕様車)

スズキ イグニス(海外仕様車)

5ナンバーSUVの最新4台をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

もちろん、大型の高級SUVになれば装備も性能もグンとレベルアップできるのですが、予算には上限があるものですよね。その点、現代の5ナンバーSUVなら、廉価仕様だから…と我慢せずに堂々と乗れる魅力が備わっていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、路地や駐車場で大柄なボディを持て余す3ナンバーSUVを見かけることもしばしばですので、その点でもスイスイ運転できる5ナンバーSUVの魅力が輝きますね。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。