トップへ戻る

なぜジムニーはここまで人気なの?!流行に遅れたくないあなたに解説

なぜジムニーはここまで人気なの?!流行に遅れたくないあなたに解説

小型車・軽自動車に強みを持つスズキ車は、低廉な価格と使い勝手が良く練り込まれた秀逸な車作りで定評があり、販売台数ランキングにも頻繁に登場します。しかし、ここ数年のスズキ車で一番の番狂わせだったのが、クロカンSUV「ジムニー」の大ヒットではないでしょうか。流行のSUVとはいえ、スズキ本人も驚いていそうなほどに人気が爆発したジムニー。その理由を探っていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クロカン軽の先駆者「ジムニー」、ここまでの人気沸騰は稀!

スズキ ジムニーシエラ(左)、ジムニー(右)

スズキ ジムニーシエラ(左)、ジムニー(右)

1970年に初代が発売されたスズキ ジムニーは、その50年にわたる長い歴史の中で、コンパクトサイズながら本格的な悪路走破性を備えた車を求めるニーズに堅実に応えてきました。

そのニーズは、たとえば一般的な軽乗用車の販売規模とは比べ物にならないほど小さかったかもしれませんが、豪雪地帯にお住まいの方や林業に従事される方など、ジムニーでなきゃ困る!というシチュエーションも多数あったはず。軽随一のクロカン四駆として、ジムニーのという車の重要性は非常に高かったのです。

もちろん、オフロード走行を趣味として行うオーナーからも、標準状態でも充分に高い走破性能と、カスタムを柔軟に受け止める基本性能の高さは好評を得ていましたが、そんな一種の「ニッチ商品」と思われていたジムニーを取り巻く状況が一変したのは2018年、四代目ジムニーがデビューしてから。

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

当初より量販を見込んだ生産計画ではなかったとされていますが、その供給量を大きく上回る需要が爆発的に発生してしまい、長期の納車待ちが発生するという、本格クロカン四駆として異例の人気が出てしまったのです。

これにはスズキも嬉しい悲鳴をあげている状況の様子。日本だけでなく、世界的な人気を獲得してしまったこともあり、安易に国内向けジムニーの生産規模を拡張することもできず、現在でもジムニーでは1年程度の納車待ち期間が発生するとされています。

一体なぜ四代目にしてそこまでの人気を獲得したのか、なぜジムニーが今でも愛され続けるのか。一緒に探っていきましょう。

ジムニー/ジムニーシエラの注目ポイントとスペックをまず確認

その1:選択肢少なめ!コンパクトサイズでSUV

スズキ ジムニー INNO ルーフデッキ装着車

スズキ ジムニー INNO ルーフデッキ装着車

なんといってもジムニーのポイントは、そのコンパクトなサイズ。

特に本格的なクロカン車では、かさばる四輪駆動システムや大排気量のエンジンを収めるべく、全長や全幅が大きくなりがちなのですが、軽乗用車登録のジムニーでは全長3,395mmに全幅1,475mm、小型車登録のジムニーシエラでも全長3,550mmに全幅1,645mmと、非常にコンパクトなサイズを維持。

このボディサイズは、ややずんぐりむっくりした見た目のキュートさという副次的魅力を生みつつも、他の車では分け入れないような狭隘な山間路や、タイトなオフロードコースでもガンガン攻められるという、ジムニーならではの独自の能力を生み出しているのです。

ジムニーでスタックしてしまうとジムニーでしか助けられない、道が狭すぎて他の車はたどり着けないから、なんてジョークも生まれるほどに、日本国内の事情に非常にマッチした大きさが特徴の一つです。

その2:ザ・本格の四駆性能で高すぎる悪路走破性

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

もちろん、ボディサイズが小さいだけなら軽自動車全体に共通すること。ジムニーをジムニーたらしめる特徴の一つは、その本格的な四輪駆動システムと足回りによる走破性能の高さです。

強固なラダーフレームにローレンジ付きの副変速機を備えたトラクション性能の高さは、伝統のリジッドアクスル式サスペンションにも支えられ、もっと大型の兄貴分クロカン車たちにも引け目を感じないほどの走破性能を実現しています。

205mmとしっかり確保された最低地上高と余裕のアプローチ/デパーチャーアングルは、どんな悪路でもなんのその。ブレーキLSDトラクションコントロールやヒルディセントコントロールなど、先進的な電子制御機能まで備わっているので、安心感を持って運転できそうです。

その3:意外?!しっかり充実の安全装備群

スズキ ジムニー デュアルセンサーブレーキサポート イメージ

スズキ ジムニー デュアルセンサーブレーキサポート イメージ

武骨な見た目を持つことや、用途が特殊な車だけに見逃されがちですが、もちろん最新の車らしい安全装備も充実しているジムニー。

上位グレードおよびメーカーオプション装着車に備わる「スズキセーフティサポート」は、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報などの予防安全機能をパックにしたもので、スズキの軽乗用車群と同等の性能を実現。

全車でSRSカーテンエアバッグやフロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備するなど、充実した安全装備も特徴的です。

スズキ ジムニーのスペック

【スズキ ジムニー XC 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,725mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,030kg
燃費WLTCモード:16.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク96N・m(9.8kg・m)/3,500rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション5速MT
新車価格1,776,500円(消費税込)
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

スズキ ジムニーシエラのスペック

【スズキ ジムニーシエラ JC 5MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550mm×1,645mm×1,730mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,070kg
燃費WLTCモード:15.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,460cc
エンジン最高出力75kW(102PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク130N・m(13.3kg・m)/4,000rpm
駆動方式四輪駆動(パートタイム4WD)
トランスミッション5速MT
新車価格1,958,000円(消費税込)
(2020年12月現在 スズキ公式サイトより)

まだまだ納車待ち1年も?! ジムニーの人気の秘訣はこれだ

スズキ ジムニー(海外仕様車 日本名:ジムニーシエラ) イタリア警察カラビニエリ仕様

スズキ ジムニー(海外仕様車 日本名:ジムニーシエラ) イタリア警察カラビニエリ仕様

ジムニーの注目ポイントをサクッとご紹介してきましたので、魅力的なことは分かったけど、まだまだ爆発的人気の理由がピンと来ていない方もいらっしゃるかも。特に走破性能などは、先代モデルなどでもしっかり実現されてきた部分ですよね。

そこで、現行モデルになってからの人気の理由を、5点にまとめて分析してみました。

ちょっぴりレトロでキュートなエクステリアデザイン

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

巷ではSUVブームが巻き起こっており、各メーカーからクロスオーバーSUVがどんどんデビューしている現代において、ジムニーの角張ったスタンスは一周回って新鮮さを感じさせる部分。

先代モデルではより丸みを帯びて乗用車的な高級感を追求していたのですが、現行モデルでは初代や二代目ジムニーに立ち返ったかのような、レトロとも呼べそうなスタイルに転換。これによって、丸目のつぶらなヘッドライトや、シンプルながらも存在感のあるフォルムを手に入れました。

このスタイルこそ、もしかすると現行型ジムニーの人気の最も大きな一因かもしれませんね。単なるクロカン車としてではなく、ファッションステートメントとしても利用できるほどにキュートなデザインは、よりユーザー層を広げることに貢献しています。

本格派ゆえに醸し出されるクロカン四駆のオーラ

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

そんなちょっとかわいいデザインではありつつも、ジムニーはやはり本格派の四駆。醸し出されるオーラは、軟派なシティ向けクロスオーバー車とは違う、迫力と本気度が感じられますよね。

より立てられたフロントおよびサイドウィンドウの角度や、雪溜まりを防止するカウルトップのカバーなど、実用性や信頼性を重視したディテールを備えるジムニーは、たとえその機能を知らなくても普通のハッチバック車とは違う個性が感じられるはず。

山道を踏破する際に、木の枝や飛び出した岩などでダメージを与えないようより内側に寄せられたヘッドライトなど、アドベンチャーを支える道具としての必然的デザインが、ジムニーの個性を生み出しているのです。

庶民の味方! リーズナブルな価格設定

スズキ ジムニーシエラ インテリア

スズキ ジムニーシエラ インテリア

ジムニーならではの魅力、四代目で加わった独自の魅力を備えつつも、そのお値段のリーズナブルさも人気の要因といえそう。

単純に価格だけみれば、よりベーシックな軽セダン系や、抜群のユーティリティを誇る軽トールワゴン系にはかなわないのですが、その走破性能を考慮に入れればもはやバーゲンと思えるほどの150万円以下からの税込新車価格は、ちょっとオシャレなセカンドカーを探している方にも十分にヒットする低価格ですよね。

無論、ローレンジを備えるような本格クロカン車としては最安クラスに該当するジムニー。小型車登録のジムニーシエラでは1.5リッターという大きめのエンジンを搭載しつつも、こちらも180万円以下からというリーズナブルさです。

稀少性による優越感もちょびっと?

スズキ ジムニー ラダーフレーム

スズキ ジムニー ラダーフレーム

今や50年という歴史を持つジムニーですので、現行型にモデルチェンジする際は、発売前からその注目度が非常に高かった点もポイントかもしれませんね。

いざお披露目されると、新鮮かつ誰しもに好かれる秀逸なデザインを備えることもあり、一気にファッションアイテムとしての需要も爆発したのではないでしょうか。

SUVが溢れる現代だからこそ、軽なのに本格クロカンという唯一無二の存在という稀少性を持つジムニーを求める需要が高まったのかもしれません。

カスタムの魅力もバッチリ!

スズキ ジムニーシエラ(左)、ジムニー(右) ダムド little G.装着車

スズキ ジムニーシエラ(左)、ジムニー(右) ダムド little G.装着車

こちらは歴代ジムニーでも共通する部分ではありますが、オーナーによるカスタムをしっかり受け入れる懐の深さも、ジムニーの魅力の一つ。

特に四代目ではややレトロ感のある、そして海外の伝統的クロカン車の息吹を感じさせるようなデザインであったこともあり、外装カスタム熱が過熱した点もポイントかもしれません。

フルエアロで往年の名車を完コピするもよし、車高を上げてよりオフロード向けのスペックを追求してもよし、車高短でホットハッチに変貌させてもよし?! オーナーの個性をしっかり反映できる点は、ジムニーが注目され続ける理由の一つでしょう。

スズキ ジムニー/ジムニーシエラ 新車・中古車価格まとめ

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

まだまだ注文後は即納車とはいかないジムニーですが、前述の通り新車価格はリーズナブル。2020年12月現在の税込新車価格では、軽自動車登録のジムニーが148.5〜187.55万円、小型車登録のジムニーシエラが179.3〜205.7万円となっています。

一見ジムニーがかなり格安なように見えますが、ジムニーの最廉価グレード「XG」は、相当するグレードがジムニーシエラに用意されていません。そのため装備的には実質上ジムニーのXL(161.15万円〜)がジムニーシエラのJL(179.3万円〜)に相当するので、価格差は20万円弱程度となっています。

また、どちらも最上級グレード以外ではスズキセーフティサポートが標準装備されない点はしっかり確認しておきたい部分。スズキセーフティサポートのオプション価格は4.29万円と、どのグレードでもリーズナブルに選択はできるのですが、クルーズコントロールなど最上級グレードでしか選べない装備もありますので、注意が必要です。

スズキ ジムニー(左から初代、二代目、三代目)

スズキ ジムニー(左から初代、二代目、三代目)

中古車市場では、さすがに需要の高さを反映して、現行モデルはまだまだ高値安定。すぐに乗れるという利点はありつつも、2020年12月調べでジムニーの中古車平均価格が234.4万円、ジムニーシエラが254.8万円という高値では、中古車を選ぶ利点は薄そうです。

中古車平均価格が新車価格よりも高めとなっているのは、カスタム済のコンプリートカーが多数出現しているため。この点では難しい部分で、新車を購入して自分でカスタムするよりも安上がりになりそうな価格設定になっていますので、手間を考えるとおすすめの選び方かもしれません。

もちろん、長年の歴史を誇るだけに先代モデルたちも多数在庫が確認できます。三代目ジムニーの中古車平均価格は86.4万円、二代目で72.2万円と、年式を考えれば驚異的な高値維持ではあるものの、スタイリングが気に入ればそれぞれの旧型モデルを手に入れるのも楽しそうですね。

まとめ

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ

スズキ ジムニーの人気が四代目モデルで爆発している理由を探ってきました。

2018年のデビューからしばらくは、大人気なのに供給数が少なくて街中で見かけることも稀だったかと思いますが、最近ではトコトコと走っている姿をちょくちょく見かけるようになってきていますね。

スペース効率最優先の車選びが主流になってきている現代、趣味車だってまだまだ存在しているぞとホッとできるようなジムニーを、スズキにはこれからも末長く作り続けてもらいたいところです。

関連する投稿


スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキは長年に渡り軽自動車の製造販売を行ってきましたが、その中でもアルトはスズキを代表するモデルの一つです。今回はアルトについて解説しています。


カワイイ姿で人気のスズキ アルトラパンをご紹介!

カワイイ姿で人気のスズキ アルトラパンをご紹介!

見た目がカワイイ、スズキの発売するラパン。正式名称はスズキ アルトラパンです。その名の表す通りアルトをベースに開発された軽自動車で、内外装ともにファッション性を強調した車に仕上がっています。今回はこのスズキ アルトラパンについてご紹介します。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【今こそ買いたい!】中古の軽 おすすめ3選!新車で買えない魅力満載

【今こそ買いたい!】中古の軽 おすすめ3選!新車で買えない魅力満載

自動車メーカーは常に新型車を生み出し続けているので、開発者の魂がこもった名車ながら、時代に理解されないまま忘れ去られようとしているものもたくさんあるように思います。そこでご紹介したいのが、軽自動車が今まで以上に国内販売の主力となっている今だからこそ手に入れたい、珠玉の中古軽自動車たち。もはや新車で手に入れることのかなわないその魅力を、詳しくご紹介していきます。


【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

【今が買い!】最新の軽 おすすめ3選!個性際立つ実力派揃い

定番のスーパーハイトワゴンたちがチヤホヤされ続ける軽の世界ですので、非常に魅力的な他の選択肢を見逃してしまっているかもしれません。そこで、今こそ選びたい、魅力極まる個性派3台のおすすめ車をご紹介します。存在意義を究極まで突き詰めたようなそれぞれの実力は、もはや軽自動車の枠に収まらないほどかも。流れにまかせて定番車を買ってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。