トップへ戻る

いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

どんなに魅力的なデザインの車や高級車であっても、汚れていては台無しです。逆にある程度古い車であっても綺麗な状態を保つことができればとても魅力的に見えます。なので、定期的に洗車をして愛車をいつでもピカピカの状態にしておきたいものです。とはいえ、手作業での洗車には手間や時間がかかります。忙しい方の場合、頻繁に洗車をする余裕がないかもしれません。そこで便利なのが洗車機です。今回はそんな洗車機を賢く利用する方法をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


洗車機の基本情報をおさらい!どこで使用できる?

洗車機

洗車機はどこにある?

洗車機の存在は知っていても、実際には利用したことがないという方も多いかもしれません。そこでまずは洗車機の基本情報をご紹介します。

ガソリンスタンド

もっとも洗車機を目にする機会が多いのはガソリンスタンドではないでしょうか。ある程度の規模のガソリンスタンドになればかなりの確率で洗車機が設置されています。

場所によっては複数台の洗車機が設置されているケースもあります。給油のついでに洗車をすることができますので、洗車にあまり時間をかけたくないという方にもおすすめです。

洗車場

コイン洗車場というと、手作業で洗車をするための場所というイメージを抱いている方も多いいかもしれません。ですが、大規模な洗車場になれば洗車機スペースが用意されているケースも少なくありません。

洗車場によってはいくつかの種類の洗車機が設置されていることもあり、車のタイプなどに合わせて選べるというメリットがあります。

洗車機の基本情報をおさらい!使い方と料金相場

車とお金

どうやって使う?料金は?

洗車機の基本情報をおさらいしてみましょう!

洗車機の使い方

洗車機にはいくつかの種類がありますが、自分で操作することのできるセルフ洗車機の場合、まずはサイドミラーなどの突起部分を折りたたみ、必要に応じてワイパーやルーフアンテナなどをしっかりと固定します。ガソリンスタンドや洗車場によっては固定用のガムテープなどが用意されていることもあります。

こうして準備ができたら指定された停車位置に車を駐めます。そして料金を投入して洗車開始です。洗車機によってはこの他にも注意事項などが記載されているケースがありますので事前に確認してください。

最後に、車に残った水滴をタオルなどで拭き取ります。ガソリンスタンドや洗車場などでは拭き取り用のタオルなどが用意されているケースも多いですが、用意しておくとより安心です。ガソリンスタンドなどに設置されている洗車機の場合、セルフではなくスタッフが操作を行うタイプのものもあります。こちらの場合、基本的にすべてスタッフにお任せで洗車ができます。

洗車機の料金相場

洗車機の料金の相場は、コースによっても異なります。汚れを落とすだけのもっともシンプルなシャンプー洗車の場合、300円程度から利用できます。さらにワックスやコーティングなどをプラスすると相場は1500円ほどになります。

もちろん料金はガソリンスタンドや洗車場によっても異なっています。なので、頻繁に利用する場合は近くの洗車機の料金を比較してみるのもいいでしょう。

洗車機の種類

洗車機

洗車機にも種類がある

先ほども少し触れましたが洗車機にはいくつかの種類があります。それぞれ異なった特徴がありますので利用する前にチェックしておきましょう。

門型洗車機

ガソリンスタンドなどでよく見られるのが門型洗車機です。省スペースで設置することができますので、中小規模のガソリンスタンドでも設置されているケースが多いです。

洗車機本体にパネルがあり、そこでコース選択や料金の支払いなどを行うタイプになります。多くの方が洗車機というと真っ先にイメージするのがこちらの門型洗車機でしょう。

ドライブスルー型洗車機

ドライブスルー型洗車機は大型のガソリンスタンドや洗車場などで見られるタイプです。洗車機の手前に操作パネルがありその案内に従って車を動かしながら利用します。洗浄やすすぎ、乾燥までをほとんど車に乗ったまま行うことができますのでドライブスルー型と呼ばれています。

しかし、よりきれいに仕上げるのであれば洗車を終えた後にしっかりと水滴を拭き取ることをおすすめします。

高圧洗車型洗車機

高圧洗車型洗車機は専門の洗車場などに設置されているタイプです。こちらは全自動の洗車機ではなく自分で高圧洗浄機などを使用して洗車するという形になります。

その分だけ手間はかかってしまいますがさまざまなタイプの車に対応できますし、細部までしっかりと洗うことができます。少し時間をかけても徹底的に洗車したいという時におすすめのタイプです。

洗車機のメリット・デメリット

考える女性

メリット、デメリットはなんだろう?

洗車機にもメリットとデメリットがあります。続いてはメリットとデメリットの両方を詳しくご紹介します。

メリット

洗車機の最大のメリットは短時間で洗車ができるという点です。シンプルなシャンプー洗車であればほんの数分で終わります。ワックスやコーティングなどのオプションを追加しても10~20分程度もあれば完了です。なので、お出かけ前など時間があまりない時にも気軽に利用することができます。

また、数百円から利用することができるという点もメリットです。このように、洗車にはあまり時間やコストをかけたくないという方にとって洗車機は心強い味方となってくれるでしょう。

デメリット

一方でデメリットとしては細かい部分の汚れを落とすのは苦手としているという点です。自動で動くブラシが触れない部分は洗うことができません。なので凹凸の多い車などの場合はかなり汚れが残ってしまうケースがあります。

また、洗車機では回転するブラシによって洗車を行いますので車に傷がついてしまう恐れもあります。特に塗装がデリケートな車などにはあまりおすすめできません。また、ボディ色が濃い場合、洗車機のブラシによる磨き傷が目立ちやすいので注意が必要です。

先ほどもご紹介しましたが、洗車機を使用する前にはワイパーやアンテナといった細かいパーツをしっかりと固定しておく必要があります。洗車機のブラシの回転によって細かいパーツが破損してしまう恐れがあるためです。準備が不十分な場合、一部パーツが破損してしまうといった恐れもあります。こういったリスクを軽減するために、利用する前には洗車機の注意事項をしっかりと確認しておくことも重要です。

洗車機の賢い使い方

洗車の様子

洗車機を賢く使うには?

前述の通り、洗車機にはメリットとデメリットの両方があります。なので、その両方を頭に入れた上で、洗車機と手洗いを使い分けるようにしましょう。

たとえば、時間があまりないものの、洗車しなければならないといった時には洗車機を、そしてしっかりと車を綺麗にしたいときは手洗いを、といった形です。

自宅や職場の近くにいくつか洗車機を利用できる場所を把握しておくと、急なお出かけやデートなどで洗車しなければならなくなった時にも安心です。

まとめ

洗車機

洗車機を利用しよう

車をできるだけ綺麗な状態にしたいと思っていても、なかなか自宅などで洗車をする時間を確保することができないという方も多いかと思います。洗車機を利用すればわずかな時間でも洗車をすることができます。

これまで洗車機を利用したことがないという方の場合、一度利用してみるとあまりの便利さに驚いてしまうかもしれません。車の洗車のことが悩みになっている方は手洗い洗車のみでなく洗車機の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


洗車 メンテナンス

関連する投稿


【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

クルマが、安全性などの基準に適合しているかどうかを、一定期間ごとに検査する制度が車検です。クルマの調子が良くても、悪くても、受けなければなりません。今回は、カーライフに欠かせない、車検についてまとめました。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

積もった雪を溶かして、除雪しやすくしてくれるのが融雪剤ですが、複数の種類に分かれています。環境に優しいタイプや除草剤としても使えるものまである中で、使いやすい融雪剤を10種類ピックアップ。おすすめできる理由と共に、融雪剤の選び方をご紹介します。


デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは、昼間に点灯するライトで、視認性を高めて交通事故を防止したり、ドレスアップにも寄与するパーツです。乗用車でもデイライトが装着されている車が増えてきていますが、そもそもデイライトとはどのようなものでしょうか?設置方法や車検の基準などをご紹介します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。