トップへ戻る

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ヴェルファイアとは?

トヨタ ヴェルファイア ゴールデンアイズII(ガゾリン車・2WD)

「物静かな」という意味の「Velvet」と、「炎」を意味する「Fire」を組み合わせ、クールな情熱を持つクルマという意味を車名の由来とするトヨタのミニバン「ヴェルファイア」は、アルファードの姉妹車であり、2008年に初代が発売されました。

現行モデルは2015年1月に姉妹車のアルファードと共にフルモデルチェンジされた2代目で、基本構造やスペックはアルファードと同様です。

ネッツ店専売車種としてトヨペット店のアルファードとはライバル関係にもなっていましたが、2020年5月の全車種併売化以降は、アルファード、ヴェルファイアとも全てのトヨタ車両販売店で取り扱われています。

アルファードとの違い

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(右)、アルファード(左)

アルファードとの違いは主にフロントフェイスのデザインにあります。

上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアでは力強さや先進性を謳っており、フロントフェイスは上下2分割のヘッドライトを採用するなどアルファードより尖鋭なデザインとなっているのがヴェルファイアの特長です。


また現行仕様では、アルファードではグレードに応じてベージュ系カラーのフラクセンインテリアとブラックインテリアが選択できるのに対し、ヴェルファイアでは潔く精悍なブラックインテリアのみ。

他にも、ヴェルファイアのガソリン車のみに高輝度塗装の18インチアルミホイールが特別装備されるなど、オーナーしか気づけないような細かな差異にも注目です。

【厳選TOP5】ヴェルファイアの魅力はここだ!

二段式ランプが大迫力!イカツいルックス

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2018年型)

なんといってもヴェルファイアを特徴づけるのは、その迫力のエクステリアデザインでしょう。全体のフォルムはアルファードとも共通なものの、フロント・リヤともによりアグレッシブなデザインが採用されており、ひと目でヴェルファイアと分かる存在感を持っていますよね。

具体的なポイントは、二段式になっている前後のランプ類。曲線的なアルファードよりもメカっぽさが際立つ仕上がりで、ゴールデンアイズIIで特別装備となるゴールドエクステンションの煌めきをたたえる3眼LEDヘッドランプの鋭い眼差しは、これでこそヴェルファイア!という納得のデザインです。

ヘッドランプだけでなく、フロントバンパー幅いっぱいまで広がるメッキモールも存在感があり、フロントフェイスを大きく特徴づけていますね。

まだまだ採用車種が少ないLEDシーケンシャルターンランプをヴェルファイアなら前後ともに標準装備していますし、ヘッドランプ点灯時に交差点やカーブの曲がる先を照らしてくれるLEDコーナリングランプも標準装備。

ギラギラのデザインながら、先進の快適装備の数々もしっかり織り込まれています。

7人がゆったり、豪華なウルトラスエードインテリア

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2015年型) リラックスキャプテンシート

フロントシートの居心地が抜群なのはもちろん、お客さまをお迎えするのにぴったりなヴェルファイアのセカンドシートは「リラックスキャプテンシート仕様」。

なんとセカンドシートが左右方向にもスライド可能なほか、前後方向には最大で830mmにも達する超ロングスライドが可能。もとより広いセカンドシートの足元空間が、まるでリムジンのように思いっきり脚を伸ばせる空間に早変わりです。

サードシートまで左右独立リクライニングとスライドが可能など、大人でもしっかりくつろげる空間が魅力的です。

室内広さや使い勝手の良さはアルファードとも共通ですが、パーフォレーション入りでスポーティなウルトラスエードをメインに、サポート部には合成皮革をあしらった特別なシート表皮は、ヴェルファイアだけの特徴です。

また、乗員の快適性にばかり注目してしまいそうになりますが、実はヴェルファイアは、定員乗車時でもしっかりとした荷室容量が確保されている点もポイント。

サードシートのスライド機能を活かし、3列を全て使用していてもゴルフバッグが6個収納できるほか、なんと荷室床下にはVDA法で148Lにもなる収納が隠れています。

経済的なガソリン仕様と、先行く快適性のハイブリッド仕様

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2018年型)

ヴェルファイアのパワートレーンは、2.5リッター 直列4気筒ガソリンエンジンと、2.5リッター ガソリンハイブリッドの2種類が用意されています。

このうちハイブリッドは、後輪を独立したモーターで駆動する電気式4WD「E-Four」仕様となっているほか、大出力のフロントモーターが装備されることでパンチのある走りも魅力的です。また、エンジンを停止したEVドライブモードなど、ハイブリッドらしい高い静粛性にも注目。

ハイブリッドならではのエコカー減税や環境性能割の優遇額も魅力的です。ガソリン車では3〜4万円程度の優遇に留まりますが、ハイブリッドなら約14万円の優遇額試算となっています。

またガソリン車は、CVTと組み合わされることで、大柄なボディながらしっかりとした加速力を確保。よりリーズナブルな2WD仕様も用意されるので、ハイブリッドとの価格差が最大で税抜約80万円、4WD同士で比較しても税抜約50万円と、お求めやすさもポイントです。

パワートレーンの違いのみで、室内の快適装備などではハイブリッドと差があまりないほか、ハイブリッドでは17インチとなる標準装備ホイールが18インチの高輝度塗装仕様になる点は、ガソリン車の特典です。

スライドドアもバックドアも電動!豪華装備満載

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2015年型)

トヨタミニバンの頂点の一台だけあって、ヴェルファイアの快適装備を並べるとキリがないほどの充実っぷりです。

もちろん両側パワースライドドアとなるヴェルファイアですが、見所は「ウェルカムパワースライドドア」。スマートキーで予約をセットすることで、用事を済ませてヴェルファイアに近づくだけでスライドドアが自動で開いてくれます。両手に荷物を持っていたり、お子様を連れている際に役立ちそうですね。

また、かなりの大きさとなるバックドアの開閉が一人でできるか心配とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、パワーバックドアが標準装備されるので、バックドアのスイッチ、スマートキー、オーバーヘッドコンソールのスイッチを操作するだけで、自動で開閉してくれます。

豪勢な装備といえば、ディスプレイオーディオが標準装備される点もポイントです。9インチの大画面ディスプレイでは、Apple CarPlay・Android Autoにも対応しているので、お使いのスマートフォンの地図アプリを表示させることも可能。

なんと税抜価格で65万円超というハイスペックなT-ConnectナビとJBLプレミアムサウンドシステムのパッケージオプションも用意されていはいますが、たまにしかナビを使わない方なら、標準装備のディスプレイオーディオで充分以上の満足度があるはずです。

コネクティッドサービスや運転支援もお手のもの

《画像提供:Response 》(参考)トヨタ アルファード アダプティブハイビームシステム イメージ

近年あらゆるクラスの車に先進装備を続々採用しているトヨタですが、ミニバンのフラッグシップの一台だけあって、ヴェルファイアでも運転支援から予防安全まで機能が満載の「トヨタセーフティセンス」が標準装備されます。

夜間の歩行者にも対応するプリクラッシュセーフティや、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールなどは、さまざまな車種で装備が広まっていますが、高級車らしい装備としては「アダプティブハイビームシステム」が挙げられるでしょう。

先行車や対向車を検知して部分的に遮光してくれる同システムによって、これまで以上にハイビームを活用できるので、夜間も安全安心のドライブが可能です。

そのほかにも、オプション設定にとどまる点はやや残念なものの、ブラインドスポットモニターやパノラミックビューモニター、デジタルインナーミラーなど、大柄なボディに慣れないドライバーもサポートしてくれる機能も多数用意されています。

またヴェルファイアは、車両とネットワークをつなぐ「DCM(専用通信機)」を標準装備しているので、万が一の事故発生時などいざというときにオペレーターが警察や消防に取り次いでくれる「ヘルプネット」などが利用可能。オプションのT-Connectナビを選択すればより高機能な「コネクティッド」体験が可能です。

ヴェルファイア現行モデル

トヨタ ヴェルファイア ゴールデンアイズII(内装色 : ブラック)

2021年4月の一部改良を発表において、グレード体系をこれまで特別仕様車であった「GOLDEN EYES II」と「HYBRID GOLDEN EYES II」に集約され、それ以外のグレードは廃止されています。

なお、同仕様の特別仕様車がアルファードでは「SタイプゴールドII」として設定されています。

エクステリアでは、フロントグリルやバックドアガーニッシュ、LEDフロントフォグランプモールやリアランプガーニッシュが漆黒メッキ加飾となって装備されています。

インテリアでは、メタルウッド4本スポークステアリング、ルーフやピラーにブラックを採用、ハイブリッド車では、アクセサリーコンセントが3個に増やされます。

また、ボディカラーはアルファードとの共通の「ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)」と「ブラック」の2色のみとなっています。

装備面ではワンタッチスイッチ付デュアル(両側)パワースライドドアとアクセサリーコンセントの標準装備化は、アルファード SタイプゴールドIIと共通です。

トヨタ ヴェルファイア】消費税抜き価格表
グレード名2WD4WD
GOLDEN EYES II(7人乗り)
3,854,545円4,086,364円
HYBRID GOLDEN EYESⅡ(7人乗り)

4,625,818円

(2021年5月現在 トヨタ公式サイトより)



トヨタ ヴェルファイアスペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935mm×1,850mm×1,935~1,950mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員7名
車両重量1,970~2,150kg
WLTCモード燃費10.6~14.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 2,493cc
直列4気筒ガソリンハイブリッド 2,493cc
駆動方式2WD 4WD

(2021年5月現在 トヨタ公式サイトより)

ヴェルファイアの中古車相場

2015年 トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアのグレード体系は、2021年4月以降「GOLDEN EYES II」のみとなっていますが、それ以前は姉妹車のアルファード同様に幅広いラインナップを誇っていました。

新車ではもう手に入りませんが、中古車なら希望するグレードが探せる可能性があります。しかし、人気車種だけに中古車といえども高値となっていて、現行モデルがデビューした2015年式でも300万円を超える固体が珍しくありません。

なお、初代モデルになると大幅に価格が下がるので、格安なヴェルファイアを求めるなら初代モデルがおすすめです。

トヨタ ヴェルファイア】中古車相場

生産期間中古車平均価格(消費税込み)
2019年12月~生産中(現行モデル)
352.0万円
2019年10月~2019年11月生産モデル(現行モデル)
415.2万円
2018年10月~2019年9月生産モデル(現行モデル)
433.4万円
2017年12月~2018年9月生産モデル(現行モデル)
411.2万円
2015年1月~2017年11月生産モデル(現行モデル)
338.6万円
2014年4月~2014年12月生産モデル(初代モデル)
197.5万円
2011年11月~2014年3月生産モデル(初代モデル)
182.9万円
2008年5月~2011年10月生産モデル(初代モデル)
117.3万円

(2021年4月現在レスポンス中古車検索より)

ヴェルファイアは絶対おすすめのミニバン

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2018年型)


新車販売において、ヴェルファイアはアルファードに圧倒され、ついには特別仕様車の「GOLDEN EYES II」のみとなりましたが、けっしてヴェルファイアの魅力が失われたわけではありません。

アルファードの人気の一つでもあるフロントフェイスも、ヴェルファイアのほうがカッコいいと思う人も多いはず。しかも、これだけアルファードばかりが増殖したことで、ヴェルファイアのほうがが目立つこと間違いなしでしょう。

また、「GOLDEN EYES II」だけというのも、もっとも買い得感があるモデルなので問題はありません。ヴェルファイアは絶対おすすめのミニバンです!

販売台数が近年不調とはいえ、事実上のモノグレード仕様にまでラインナップが縮小されてしまうと、そろそろ噂される新型アルファードの登場時にはヴェルファイアはいないのではないかとも思えてきます。

この迫力デザインを新車で手に入れられるのも、もしかするとそう先が長くないのかもしれませんね。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ヴェルファイア(2018年型)

今回はトヨタのミニバンヴェルファイアをご紹介しました。現在はアルファードの陰に隠れてしまっていますが、その存在感はアルファードを凌駕しています。特に男性ユーザーがミニバンを選ぶ際には依然として他を圧倒する魅力がありますね。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。