トップへ戻る

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンのミニは何故つく?

≪写真提供:response≫ トヨタ アルファード

ミニバンはファミリー層にも人気で様々なメーカーから数多くの種類が発売されている車種となります。人気の高いトヨタのアルファードや日産 セレナなどは、車のサイズが比較的大きいです。

では、何故「ミニ」がつくのでしょうか。ミニバンはどのような車なのか名前の由来から解説していきます。

バンとはどんな車種?

砂漠などで行商を行う商人の一隊のことを「キャラバン」と呼んでいました。次第に、屋根の付いた荷馬車の事を指すようになります。その言葉を略して、現在はいわゆる車の「バン」を意味する言葉となりました。

日本ではバンというと、人もたくさん乗り車室も広い商用車のイメージがありますが、欧米ではどちらかというと貨物車のイメージが一般的です。

ミニがつく理由

先ほど紹介したように、ミニバンの代表的車種はどれもサイズが小さいというわけではありません。では何故「ミニバン」にはミニが付くのでしょうか。日本の車から見るとミニバンは大きな車ですが、アメリカなどではさらに大きな車が走っています。

クライスラーの一部門であるダッジからフルサイズのバンよりも一回りコンパクトなバンとして「キャラバン」が販売されました。元のバンと比べて小さいということがミニバンという名前の理由となっています。

ミニバンの大きさの違い

≪写真提供:response≫ ミニバン

ミニバンとして販売されている車種の中には、大きさに関する区分があります。基本的にS・M・Lのサイズとして分類しています。

Sクラスの大きさ

Sクラスは全長が4,600mm以下で全高が1,600mm前後となっています。3列シートだけでなく、ミニバンらしいスライドドアも選択できますので、お年寄りの乗り降りや買い物時の荷物の出し入れなどが楽になります。ホンダ フリードやトヨタ シエンタがこのクラスに該当します。

一般的にミニバンというと3列シートを採用したものが中心です。しかし、近年ではコンパクトハッチバックをベースに全高を高くしてより広い車内空間を確保したモデルや、スライドドアを搭載したものがSクラスミニバンとして人気を集めるようになっています。ただ、このカテゴリーの定義は曖昧で、これらのモデルはコンパクトカーとして分類されるケースもあります。

サイズが小さく、軽量なこともあり排気量は1,000〜2,000cc程度のものが主流です。

Mクラスの大きさ

Mクラスは全長が4,700mm前後のミニバンとなります。このクラスから、イメージされるミニバンの大きさに近い、大きくて車室もゆったりとしているサイズになります。排気量も1,500ccから2,000㏄ほどの車が多いですが、後ほど紹介する「三菱 デリカD:5」のように4WDで2,267ccほどと排気量の大きな車もあります。

このクラスが現在日本のミニバン市場における主流となっています。3列シートで7〜8人乗りのモデルが中心で、広い車内空間を確保しながらも同時に5ナンバーサイズに抑えられているモデルが中心のため、実用性の高さからファミリー層を中心に人気です。

トヨタのノアやヴォクシー、ホンダのステップワゴン、日産のセレナなどミニバンを代表するモデルの多くがこのMクラスにカテゴライズされています。

Lクラスの大きさ

Lクラスは全長4,800mm以上のモデルがLクラスに分類されます。基本的に3ナンバーサイズになり、全幅もあるためMクラスとは数値以上のサイズ感の差を感じます。ボディサイズが大きいことによる室内のゆとりだけでなく、車種によっては3.0リッター以上の大きなエンジンが用意されるものもあり、走行時の安定性は上がります。海外市場の全長5m越えのモデルと比較するとコンパクトで日本の道路事情でも十分に走行可能です。

このカテゴリーに属するのは各メーカーの「高級ミニバン」が主流で、主な車種では、トヨタ アルファ―ドや日産 エルグランドがあります。

ミニバンの特徴について

≪写真提供:response≫ トヨタ ヴォクシー

ミニバンはフルサイズのバンよりもコンパクトという理由から「ミニ」がつくと説明しました。ここではミニバンの特徴を乗り心地や燃費の面から紹介していきます。

ミニバンの乗り心地は?

車の乗り心地の決定要因は、地面から直に伝わる振動や、コーナーやハンドリングによる揺れをどのようにして抑えるかがポイントとなります。

また、ミニバンにはスライド式のドアが採用されていることが多くなります。ドアは構造上かなりの重量になるほか、ボディに大きく開口部が開くことで剛性の面でも不安定になります。このように一見乗り心地が悪そうなミニバンですが、乗り心地の良い車種へと改善されているのが現状です。ボディ重量に負けないパワフルなエンジンや、サスペンションの改良など日々進化を続ける車種といえるでしょう。

ミニバンに合うタイヤの種類は?

重量が重く全高が他の車種に比べると高くなってしまうので、タイヤの選び方も快適に乗るためには大切な要素です。そのため、タイヤ選びはより重要なポイントとなります。

エコタイヤのような低燃費性と、荒天時などの滑りやすい道路においてグリップ性能が効くタイヤがおすすめです。また、人を乗せるにあたって重要なのは快適さと静音性です。タイヤを扱っているメーカーからはミニバン専用のタイヤを作っていることもあり、静音性の要素を兼ね備えているタイヤを見つけることができます。

ミニバンは燃費性能がいい?

ミニバンの燃費性能についてですが、コンパクトカーなどと比較するとサイズが大きいことから、車重もあり、燃費は悪いというイメージが持たれがちです。

事実、かつてのミニバンは燃費が悪いものが多く、実燃費で10km /Lを割るモデルも少なくありませんでした。しかし、近年では低燃費かつハイパワーなエンジンも増えており、さらに燃費性能の高いハイブリッドタイプのパワートレーンを採用したモデルも登場しています。そのため、ミニバン=燃費が悪いというイメージは過去のものとなりつつあります。

ハイブリッドミニバンとは

≪写真提供:response≫ トヨタ ヴォクシー

先ほども少し触れましたが、最近はハイブリッドのミニバンが多く販売されています。エコ思考の高まりにより、様々な車種でハイブリッドであることが当たり前になりつつありますがミニバンも例外ではありません。

大人数の家族の送り迎えや、大荷物を詰めて頻繁に遠出をするなど、月間の走行距離が大きくなる方はハイブリッドを選ぶのがおすすめです。購入金額こそ上がってしまうものの、ガソリンのみの車と比べて燃料代などを考慮するとお得になるでしょう。

注目のハイブリッドミニバン

ハイブリッドカーとは、ガソリンとモーターなど二つの動力を組み合わせて駆動する方式の車です。普通のガソリンだけで走る車と比べても、燃費効率がよくエンジンに優しいといったメリットがあります。ガソリン車よりも車の価格は高くなってしまいますが、燃料代などとトータルするとお得な車種といえます。

燃費の面はもちろん、ハイブリッドカーは静音性も高くなっています。今回はハイブリッドのミニバンでも人気の3種類を紹介します。

トヨタ シエンタ

≪写真提供:response≫ トヨタ シエンタ

シエンタはSクラスのミニバンになりますが、パワースライドドアによってワンタッチで電動開閉させることができます。また、乗り込み口が地上から330mmの高さにあるため、小さな子供やペットもがいる家庭でもスムーズな乗り降りが可能です。

Sクラスのため、ボディは他のミニバンに比べるとコンパクトですが、フラットにすると車中泊が可能なくらい車室は広々としています。ハイブリッド仕様なら、燃費はWLTCモード22.8km/Lというミニバンでもトップクラスとなっています。

日産 セレナe-POWER

≪写真提供:response≫ セレナ e-POWER

セレナはMクラスのミニバンで、車室がとても広いことが特徴です。2列目シートが縦と横に大きくスライドすることで、乗車人数や大きい荷物の時でも広々と空間を使えます。また、前後方向の踏み間違いでの衝突防止システムや、標識検知などの360°セーフティアシストが搭載されています。

プロパイロットが一部グレードに標準装備されるほか、オプションでアラウンドビューモニターをつけることができるため、大き目のミニバンが不安な方でも快適に運転できるので安心です。大型のハイブリッド車でありながら、100%モーターで駆動し、かなり高い静穏性を実現しています。

燃費も2WDの駆動方式でWLTCモードで18km/Lと、このクラスの大きさのミニバンでは燃費が良くなっています。

ホンダ フリードハイブリッド

≪写真提供:response≫ ホンダ フリードハイブリッド

フリードはSクラスのミニバンになりますが「ちょうどいい」をコンセプトに、ボディサイズもコンパクトカーに近く普段使いにぴったりの設計となっています。

フリードは政府が定めるセーフティ・サポートカーSの車となり、予防安全性能だけでなく衝突安全性も高い、安心の車となっています。もちろんハイブリッド車も選択でき、ハイブリッド車ではWLTCモードで20.8km/Lとミニバン最高クラスの燃費を誇っています。

ミニバンの人気車種は

≪写真提供:response≫ レクサス LM300h

ハイブリッドやガソリン車に限らず、全体的に人気の高いミニバンを紹介します。

トヨタ アルファード

≪写真提供:response≫ トヨタ アルファード

アルファードはその豪華な見た目や、ラグジュアリーで上質な雰囲気にあるインテリアが魅力のLクラスのミニバンです。V6 3,500ccのパワフルなエンジンは、車体をものともしない自由な走りを可能にします。

ハイブリッド車もラインナップされており、燃費の効率もよく車内では快適に過ごせます。

ホンダ ステップワゴン

≪写真提供:response≫ ホンダ ステップワゴン

ステップワゴンは車室の無駄な空間を減らし、広々とした車内を余裕をもって使うことができるミニバンです。開口部が広く、スムーズに物を出し入れすることが可能なだけでなく、ステップ高が390mmと低いのでスムーズに乗り降りをすることができる低床設計となっています。

また、サポートカーSの安全システム、2モーターのe:heivハイブリッドで安全かつ燃費の良い走りをする車です。

三菱 デリカD:5

≪写真提供:response≫ 三菱 デリカD:5

ミニバンと言えば市街地や高速道路のような舗装路で、多くの人を快適に運ぶ性能が強いイメージがあります。しかし、デリカD:5は2.2Lのコモンレール式クリーンディーゼルエンジンを搭載して、悪路での走行性能を高めた4WD車です。

4WDオートで市街地から雪道まで様々な路面環境応じてドライブモードを切り替えるデリカD:5は、ミニバンでありながら冒険心をくすぐるような走りを楽しめる車です。

まとめ

≪写真提供:response≫ ホンダ フリード

ミニバンの名前の由来から、燃費性能まで様々な特徴を説明していきました。大きなボディと広い車室を持つミニバンは、人を乗せるにも大きな荷物を運ぶにも適した車です。

今回ご紹介した人気車種にもあったように、同じミニバンでも、乗り心地や用途によって様々な選択肢があります。ぜひ自分のライフスタイルに合ったミニバンを選んでみてください。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。