トップへ戻る

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ スイフトRSってどんな車?

《写真提供:Response》スズキ スイフトRS

スズキ スイフトRSは人気の高い車です。かなりポピュラーな部類の車ではありますが、あまりよく知らないという方も多いでしょう。

ここでは、スイフトRSがどのような車でどんな性能をしているのかについて詳しくご紹介していきます。

スズキ スイフトRSの走行性能

スイフトRSは走りの良いコンパクトカーとして定評があります。スイフトスポーツになるとさらに走行性能は高まるのですが、スイフトRSでも走行性能に関しては大きな問題はありません。

スイフトに設定されるRSグレードのうち、ハイブリッドRSには、、モーター機能付発電機が搭載されています。これによって、発進時にエンジンをアシストしてエンジン出力を抑えることが可能です。

また、CVTとの相乗効果によって、スムーズで快適な走りを可能にしています。このようにスイフトRSは、より快適な走行ができるように至る所で工夫がされているのです。

スズキ スイフトRSの燃費

続いてスイフトRSの燃費についてですが、WLTCモードで最も燃費値が良いのはハイブリッドRSのとなっています。燃費を向上させるためにボディの軽量化が進められているほか、可変バルブタイミング、電動パワーステアリングなどが搭載されています。

スズキ スイフトRSの試乗記

実際にスイフトRSに乗ってみた感想をご紹介していきます。

まず、評価が高いのはハンドリングです。軽量ボディの車はチューニングが難しい傾向にあり、ハンドリング性能もあまり高くないことが多いです。しかし、実際にスイフトRSに乗ってみると、少し濡れた道路でのハンドリングも問題なく快適に行うことができました。もちろん、タイヤが滑ってしまい、ハンドリングがうまくいかない心配もありません。

また、走行性能が高いと説明しましたが、それ以外にも評価するべきポイントは多いです。まず、ボディがコンパクトであるため取り回しがいいという利点があります。ドライブ中に道を間違えてしまい、Uターンをする際にとても便利でした。軽自動車に似たような使いやすさがあります。

アクティブハイビームや前車追従クルーズコントロールといった安全装備の作動精度も決して悪くありませんでした。

スズキ スイフトRSの弱点

実際に乗ってみたうえで感じたスイフトRSの弱点もいくつかあります。まずは、乗り心地です。突き上げて来るような感覚が強いため、気になってしまう方も多いでしょう。運転中の車の揺れが苦手という方には、あまりおすすめできないかもしれません。

しかし、後述しますが、それを差し引いても数多くの強みがある車となっています。メリット、デメリットを比較したうえで、スイフトRSを購入するかどうか検討してください。

スズキ スイフトRStってどんな車?

《写真提供:Response》スズキ スイフトRSt

続いて、スイフトRStについて詳しく解説をしていきます。

スズキ スイフトRStの走行性能

スイフトRStはダウンサイズエンジンである1.0L直列3気筒DOHCターボを搭載しています。スペックは、最高出力102ps/5500rpm、最大トルク150Nm/1700rpm~4500rpmを発揮します。

スイフトRStは、スイフトRSの高性能版のような車です。それほど大きな性能差はありませんが、確実にスイフトRSよりも性能は向上しています。スイフトRSのスペックで少し物足りないと感じる方は、スイフトRStだと満足できるかもしれません。

ちなみにスイフトRStは現在廃止されています。スイフトRStが欲しいと思っている方は、中古車市場で探してみましょう。もしくは、走行性能にさらに磨きをかけたスイフトスポーツの購入を検討するのもおすすめです。

スズキ スイフトRStの燃費

スイフトRStのカタログ燃費はJC08モードで20.0km/Lですが、現行の車で用いられるWLTCモードではなく、それ以前に使われていたJC08モードでのものである点に注意が必要です。

現行のスイフト ハイブリッドRS 2WDのJC08モード燃費は25.2km/Lで、スイフト RS 4WDのJC08モード燃費は20.4km/Lなので、スイフト RStはやや燃費では劣るといった印象です。燃費向上対策としては、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、筒内直接噴射が設けられています。

スズキ スイフトRStの試乗記

スイフトRStに乗ってみた人の多くが、サスペンションのしなやかさを評価しています。40km/h以下の低速域だと突き上げが気になってしまいますが、入力が大きくなればなるほどしなやかさが出てきて快適さが増していきます。従来のスイフトと大きく違う点として、気に入っている方が多くいます。

また、エンジンの静かさも特徴的です。バレーノと同じターボエンジンを搭載しているのですが、バレーノと比べると洗練されている印象を受けます。

スタートダッシュも非常に力強く、とてもリッターカーとは思えません。パワフルでありながらも洗練された印象の強い車という感想です。

実際に試乗された方のコメントを引用してご紹介します。

RStでは短距離ながら東関東自動車道もドライブしたが、高速道路での動きの良さは名作だった旧型を十分に上回るものだった。直進時は走行抵抗の少なさを生かし、スロットルをちょい踏みするだけで100km/hを十分に維持することができ、緩いカーブでの安定性もとても良いものだった。道路の段差や舗装の荒れの“いなし”がもう少し良くなれば、新シャシーのポテンシャルがさらにポジティブな形で表れてくることだろう。

課題はありますが、概ね満足のいく性能であることが伺えます。

スズキ スイフトRS、RStの強みって?

スイフトRS、RStの強みやメリットについてご紹介していきます。

コスパがいい

スイフトRSはコスパが良いのが特徴のひとつです。カーナビやフロアマット、ETCなどのオプションを含めたとしても、金額はおよそ200万円以内です。なるべくお金をかけずに車を購入したい人に適しているといえるでしょう。

また、スイフトRStは既に廃止されているので、購入するのであれば中古車になります。スイフトRSよりも性能は高いのですが、中古車なので平均相場は安めです。200万以内で購入することができるでしょう。

スイフトRS、RStの両方ともかなりコスパがいいので、初めて車を購入するという方にもおすすめです。

充分に満足できる走りをしている

値段の安い車は走行性能が十分でない傾向にあります。現在、販売されている車の多くは、街乗りで不快に感じることが少ない性能になっています。ただし快適とはいえない走行性能の車があるのも事実です。

スイフトRS、RStは走行性能にこだわった車です。比較的安価な車でありながら十分快適に利用することができます。走行性能が高めかつコスパの良い車をお探しの方にスイフトRS、RStはぴったりです。

スイフトスポーツになると、さらに走行性能は高くなります。しかし、値段もその分高くなってしまいます。値段と走行性能のバランスが1番いいのが、このスイフトRS、RStであるといえるでしょう。

あまりお金はかけたくない人におすすめ

先述の通り、スイフトRS、RStは「あまりお金をかけたくないけど走行性能が高い車が欲しい」という方におすすめです。まだ車を購入したことがないという方は、乗り心地にどのような違いがあるのかわからないでしょう。

車を購入する際には、試乗が可能です。スイフトRS、RStを含めて、色んな車を試乗してみましょう。すると、いかにスイフトRS、RStの走行性能が優れているかがを肌で感じることができます。

一旦、スイフトRS、RStを購入しておいて、数年後により走行性能の高い車に乗り換えるといった使い方もできます。スイフトRS、RStの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

まとめ

《写真提供:Response》スズキ スイフトRSt

スイフトRS、RStは比較的手の出しやすい走行性能にこだわった車です。せっかく車を購入するのだから、運転の快適さを追求したいという方は多いでしょう。そういった方におすすめできる車となっています。

ぜひ検討してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


マツダ2とはどんな車?価格やおすすめグレードそして新型情報も!

マツダ2とはどんな車?価格やおすすめグレードそして新型情報も!

マツダのコンパクトカーであるマツダ2のモデルチェンジが近づいています。いったいどのようになるのか興味が尽きませんが、現行モデルのマツダ2はどんな車なのでしょうか。そこで、新型の情報とともに、現行モデルの魅力を徹底解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。