トップへ戻る

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキ スイフトのグレードの種類

《写真提供:Response》HYBRID SZ

スズキスイフトには数多くのグレードがあります。ここでは、現在販売されているスイフトのグレードについてそれぞれ詳しく解説をしていきます。

HYBRID SZ

HYBRID SZは、価格が1,898,000円(税抜)です。全方位モニター用カメラパッケージ装着車だと、1,946,000円になります。7種類のカラーリングがあり、WLTCモード燃費は23.0km/Lです。燃費向上対策として、ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動MTが搭載されています。

HYBRID SZの走行性能についてですが、エンジン走行とEV走行の切り替えはシームレスで、タコメーターで確認しないと分からないという口コミが寄せられています。また、ギアのシフトアップやシフトダウンが非常にスムーズだと評価する声も多いです。

標準系スイフトの最上位グレードではありますが、内外装で差別化されているのはブルーオーナメント付きのハイブリッド専用シフトノブ程度と寂しく、もう少し演出があってもよさそうです。

HYBRID RS

HYBRID RSは、2WD・CVT価格が1,709,000円(税抜)で、4WD・CVTだと1,852,000円(税抜)となります。全方位モニター用カメラパッケージ装着車だと、2WD・CVTで1,757,000円(税抜)、4WD・CVTだと1,900,000円(税抜)です。9種類のカラーリングがあり、2WD仕様のWLTCモード燃費は21.0km/Lです。燃費向上対策として、ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速機が搭載されています。

HYBRID RSの走行性能についてですが、足回りが良いと評価する声が多いようです。また、トラクションもしっかりかかるので曲がりやすいという声もありました。

また、ハンドリングを評価する声も多く、湿った道路であっても問題なく曲がれたと評価されています。軽自動車的な爽快感がありながらも、車内や荷室は少々のロングドライブでも億劫にならないくらいの性能を備えています。

RS

RSは、2WD・CVT価格が1,624,000円(税抜)で、4WD・CVTだと1,767,000円(税抜)、2WD・5MTだと1,620,000円(税抜)となります。全方位モニター用カメラパッケージ装着車だと、2WD・CVTで1,672,000円(税抜)、4WD・CVTだと1,815,000円(税抜)、2WD・5MTだと1,668,000円(税抜)です。9種類のカラーリングがあり、5MT仕様のWLTCモード燃費は21.8km/Lです。

RSは、欧州仕様のいわゆるスポーティなサスペンションを採用しているのが特徴的で、HYBRID RSと同じく、K12C型デュアルジェット エンジンが搭載されています。優れた燃費性能と力強い走りが特徴となっている車です。

HYBRID MG

HYBRID MGは、2WD・CVT価格が1,485,000円(税抜)で、4WD・CVTだと1,628,000円(税抜)となります。全方位モニター用カメラパッケージ装着車だと、2WD・CVTで1,533,000円(税抜)、4WD・CVTだと1,676,000円(税抜)です。7種類のカラーリングがあり、2WD仕様のWLTCモード燃費は21.0km/Lです。

HYBRID MGは、マイルドハイブリッドの高い燃費性能を維持しつつ、エアロバンパーやアルミホイールを装備しないことでお値段を抑えたグレード。とはいえ、今や必須装備である自動ブレーキなどの先進安全装備は全車標準装備でしっかり備わる点が、スイフトのうれしいところです。

XG

XGは、2WD・CVT価格が1,400,000円(税抜)で、4WD・CVTだと1,543,000円(税抜)、2WD・5MTだと1,396,000円(税抜)となります。全方位モニター用カメラパッケージ装着車だと、2WD・CVTで1,448,000円(税抜)、4WD・CVTだと1,591,000円(税抜)、2WD・5MTだと1,444,000円(税抜)です。7種類のカラーリングがあり、5MT仕様のWLTCモード燃費は21.8km/Lです。

XGの特徴はなんといっても価格の安さでしょう。スイフトの中では、最も廉価なグレードながら装備は充実しており、コスパがいいグレードとなっています。

スズキスイフトのおすすめグレード

《写真提供:Response》スズキ スイフト ハイブリッドRS

スイフトのそれぞれのグレードの特徴について紹介してきました。ここでは、スイフトのおすすめグレードについて詳しく解説をしていきます。

価格を重視するなら?

現在販売しているスイフトのグレードの中で、最も価格が安いのがXGの2WD・5MTです。そのため、価格だけを重視するならXGを購入するのがおすすめです。

全方位モニター用カメラパッケージ装着車になると価格は上がってしまいますが、それでもXGは安い部類です。次に価格が安いHYBRID MGと比較しても、およそ10万円近くの金額差があります。XGはスイフトの中でも、抜けて安いグレードといえるでしょう。

走行性能を重視するなら?

走行性能を重視する方は、RSシリーズがおすすめです。RSは鋭いハンドリングが特徴であり、スピード感を味わうことができます。欧州各国で実際に走り込んで作られたという実績のあるグレードなので、走行性能だけにこだわるのならRSがおすすめです。

また、HYBRID RSでも同じ走行感覚を味わうことができます。

燃費を重視するなら?

HYBRID RSはRSの燃費性能をさらに上昇させたグレードです。そのため、RS特有のスポーティな走行感覚は残ったままです。

他のグレードと比べると少し価格は高くなりますが、唯一無二の性能を持っているグレードなので燃費にこだわりたい方にはおすすめです。

スズキスイフトに搭載されている機構

スイフトには安全装備と快適装備が搭載されています。

ここでは、スイフトに搭載されている安全装備、快適装備について紹介し、それらの違いについて解説をしていきます。

安全装備

スイフトには、スズキ セーフティ サポートという技術が搭載されているグレードがあります。スズキ セーフティ サポートは、万が一の時の事故を防止するための予防安全としての意味合いが強い機構です。

デュアルセンサーブレーキサポートやアダプティブクルーズコントロールなど、停止や加速、減速をサポートしてくれる機能が数多く搭載されています。

快適装備

スイフトに搭載されている快適装備とは全面UVカット機能付きガラス、フルオートエアコン、リヤヒーターダクト、運転席のシートヒーターなどです。これらは直接、事故防止につながっている機構ではありません。

しかし、快適に運転をするためにはあった方がいい機構です。これらをまとめて快適装備と呼び、スイフトには色んな種類の快適装備が搭載されています。

まとめ

《写真提供:Response》スズキ スイフト ハイブリッドRS

スイフトはグレードも多いので、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。今回の記事を参考にしつつ、スイフトにどのような点を求めるのか、何を1番重視するのかを明確にして納得のいくグレードのスイフトをお買い求めください。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。