トップへ戻る

ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレーは2024年5月7日、マリナーによって製作された現代車で3番目となるコーチビルト ベントレー新型「バトゥール コンバーチブル」を初公開しました。世界16台限定となるようです。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


ベントレー最後のW12エンジン搭載!新型「バトゥール コンバーチブル」

《画像提供:Response》〈photo by Bentley〉ベントレー・バトゥール・コンバーチブル

ベントレーは2024年5月7日(現地時間)、新型「バトゥール コンバーチブル」を初公開しました。

新型バトゥール コンバーチブルは、ベントレーの社内オーダーメイド部門であり、世界で最も長い歴史を持つコーチビルダー「マリナー」によって作られる、現代車で3番目となるコーチビルト ベントレー。

精巧な手作業で製作された「バカラル バルケッタ」と「バトゥール クーペ」に続くモデルです。

その内外装デザインは、姉妹モデルである「バトゥール クーペ」に導入された革新的なデザインのDNAをさらに進化させたもので、最終的にはベントレーの将来モデルのデザイン指針となるといいます。

《画像提供:Response》〈photo by Bentley〉ベントレー・バトゥール・コンバーチブル

パワートレインには、ベントレーを象徴する最高出力750psの “W12エンジン”。手作業で組み立てられた6.0リッターツインターボエンジンは、過去20年間、ベントレーの成功を支えてきたといいますが、このエンジンは今年の夏に生産を終了し、バトゥール コンバーチブルがこのパワートレインを使用する最後のベントレーの1台となるようです。

備えられるコンバーチブルルーフは、ハードトップルーフに代わるモダンで触覚的な美しさをもたらしています。このルーフは断熱材、シーリングシステムの改良、音響処理の組み合わせにより、わずか19秒で展開または収納できるシステムで、快適な環境を作りに貢献しています。

マリナー社内のデザインチームは、特別に作成されたマリナー ビジュアライザーを通じて、クルマのあらゆる部分の色や表面仕上げをカスタマイズすることが可能で、すべてのバトゥール コンバーチブルをユーザーと一緒に創り上げるお手伝いをしてくれるといいます。

《画像提供:Response》〈photo by Bentley〉ベントレー・バトゥール・コンバーチブル

内装の色や素材、エアブリッジ、トノカバー、ルーフの素材、カラーなどあらゆるものが特注で選択可能で、ペイントの選択肢には、マリナーのフルカラーパレットから始まり、完全オーダーメイドのペイント、さらにはハンドペイントのグラフィックまで可能となるようです。

バトゥール コンバーチブルは、英国クルーにあるカーボンニュートラルなベントレーの工場にあるマリナーの工房で、1台1台が数ヶ月かけて手作業で製作されます。生産台数はわずか16台となる予定です。

発表に際し作製された、バトゥール・コンバーチブル0号車は、外装の塗装は、モダンな表面全体に鮮やかな色彩を提供する特注色「バーミリオンサテン・デュオトーン」に「バーミリオングロス」。ボディワークは、ハイグロスカーボンファイバー製のフロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザーが装備されるなど豪華な仕上がりとなっています。

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

こちらの記事もおすすめ

関連する投稿


イギリス車の各メーカーと人気車種8選!歴史や特徴まで解説!

イギリス車の各メーカーと人気車種8選!歴史や特徴まで解説!

日本と同じ島国のイギリス。伝統と格式を重んじる国で有名ですが、イギリスの車づくりにもそのマインドが息づいています。歴史上の名車と呼ばれる車がいくつもあるイギリス車。ここでは、イギリスを代表する自動車メーカーと人気モデルを紹介します。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


【あのプーチン大統領御用達】ロシアの新高級車ブランド アウルスに初モデル

【あのプーチン大統領御用達】ロシアの新高級車ブランド アウルスに初モデル

あのプーチン大統領も御用達の、ロシアの新高級車ブランド、アウルスは8月29日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー2018において、ブランド第一号車の『セナート』(Aurus Senat)を初公開しました。中々縁のない車ブランド…かもしれませんが、やっぱりどんなものか、気になりますよね!


【3000万円以上】お金持ちしか乗れない!超超超高級車まとめ

【3000万円以上】お金持ちしか乗れない!超超超高級車まとめ

貴方は高級車と聞かれるとどんな車を思い描きますか?ベンツ、BMW、レクサス…。たくさん高級車はありますが、本記事では本当にごく一部の方しか購入できない、一介の庶民は見ることすらできないかもしれない、そんな高嶺の花すぎる高級車たちを調べてみました。今回のしばりは3000万円(!)以上です!!貴方は見たことありますか?


お金持ちが持ってる超高級車!!!~イギリス車篇~

お金持ちが持ってる超高級車!!!~イギリス車篇~

今、3億円の宝くじが当たったら、貴方は何の車を購入したいですか…一度は購入したい・乗ってみたい高級車ですが、高級車にはどういった車があるのでしょうか。今回はある程度お金に余裕がなければ購入できない、「お金持ちが乗っていそうな超高級車」をまとめてみました。今回はイギリス車篇。イギリスの高級車についてまとめています。


最新の投稿


日産、新型軽ハイトワゴン「デイズ」を発表!新色”バブルガムピンク”追加

日産、新型軽ハイトワゴン「デイズ」を発表!新色”バブルガムピンク”追加

日産は2024年6月10日、同社の軽ハイトワゴン「デイズ」の一部改良モデルを発表。同日より発売しました。鮮やかなカラー「バブルガムピンク」の追加などが行われているようです。


【新車販売台数ランキング】日本で最も売れているのは「ヤリス」!新星「WR-V」も登場!? 5月のランキングはどうなったのか

【新車販売台数ランキング】日本で最も売れているのは「ヤリス」!新星「WR-V」も登場!? 5月のランキングはどうなったのか

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年5月の新車販売台数ランキングによると、4月にトヨタ「カローラ」から首位を奪ったトヨタ「ヤリス」が引き続き1位となったほか、ダイハツのOEM車トヨタ「ルーミー」が一気に10位に返り咲きました。更に、新登場のWR-Vが早速ランクインするなど、入れ替えの激しい展開となりました。


ジープ初の電気自動車 新型「アヴェンジャー」日本導入へ!今秋発表予定

ジープ初の電気自動車 新型「アヴェンジャー」日本導入へ!今秋発表予定

2024年6⽉6⽇、Stellantisジャパン株式会社は、本格SUVブランド「ジープ」初の電気自動車、「アベンジャー(Avenger)」の国内発売に先立ち、ティザーサイトを公開。実際の発表は2024年の秋頃を予定しているといいます。


【2024~2025年 新車情報】新型車とモデルチェンジ予定の車を総まとめ

【2024~2025年 新車情報】新型車とモデルチェンジ予定の車を総まとめ

2024年から2025年以降に登場予定の新型車とフルモデルチェンジ・マイナーチェンジの発表があった新車情報をまとめて紹介。新情報は追加・更新していきます。(2024年6月12日更新)


ヒョンデが最高出力650馬力のハイパフォーマンスモデル「アイオニック5N」を発売!

ヒョンデが最高出力650馬力のハイパフォーマンスモデル「アイオニック5N」を発売!

2024年6⽉5⽇、Hyundai Mobility Japan株式会社(ヒョンデ)は、新型“⾼性能電気⾃動⾞”「アイオニック5N(IONIQ 5N)」の販売を開始したと発表。レギュラー商品ラインアップとして継続販売していくといいます。


ブログ 始め方 | 新車情報 | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い