目次へ戻る

アウディついに完全自動運転車「レベル4」「レベル5」を発表!?

アウディついに完全自動運転車「レベル4」「レベル5」を発表!?

アウディはついに、完全自動運転車「レベル4」「レベル5」のコンセプトカーを発表しました。フランクフルトモーターショー2017において、初公開された二台のコンセプトカーについて本記事ではまとめています。


アウディ、完全自動運転車を発表「レベル4」と「レベル5」

アウディは、9月12日から開幕していたフランクフルトモーターショー2017にて、2台のコンセプトカーを初公開しました。


「レベル4」の完全自動運転車!アウディのSUVクーペ「エレーヌ」

2台のコンセプトカーのうちの1台は、「レベル4」の完全自動運転車です。名前は「エレーヌ」。

『e-tronスポーツバックコンセプト』がベースで、全長4900mmのSUVクーペになっています。

パワートレインはEV。3個のモーターがトータル出力503hpを引き出し、4輪を駆動します。

自動運転技術に関しては、自動運転制御ユニットの「zFAS」の次世代版を搭載。

また、130km/hを上限に、ドライバーの運転タスクを引き継ぎ、自動で車線変更を行う「ハイウェイパイロット」も採用します。

この、エレーヌは、具体的にどこまで自動化されているのか、というと、
「アウディAI」により、ドライバーが既定のエリア内で車を降りると、そこから先は、車がドライバーなしで自律的に走行して、立体駐車場の建物の中で空いている駐車スペースを見つけて停まり、また洗車場、荷物受け渡し場、充電ステーションなどを見つけ、サービスを自動的に受けられる、というレベル。

まさに「レベル4」の高度な自動運転を実現するコンセプトカーだと言えます。


アウディの自動運転車、エレーヌ。大容量のバッテリー搭載

フロントアクスルに1個、リアアクスルに2個の合計3個のモーターは、最大出力435hp。

ブーストモードでは、最大出力が503hpへ引き上げられ、0~100km/h加速4.5秒の性能を発揮します。

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量95kWhと大容量。

1回の充電で、最大500kmの航続を備えています。

ホンダも、レベル4の自動運転実用化を目指す。目標は2025年

もちろん、日本でも各メーカー、完全自動運転の実用化を目指して日夜研究が進められています。

例を挙げると、ホンダの場合は、先ほどのアウディ、エレーヌと同じ自動運転のレベル4を2025年に技術的に確立することを目指します。

※ちなみに、レベル4とは、車両がほとんどの運転操作を行ってくれるレベルです。

ホンダは6月8日、現在開発を進めている自動運転について、2025年頃をめどに、「レベル4」の技術的な確立を目指すと発表した。

米国の自動車技術者協会のSAEは、ゼロから5までの6段階の能力に基づいて、自動運転のレベルを定義づけ。SAEのレベル4とは、ドライバーが制御を再開する必要がある場合を除いて、ほとんどの運転状況において、車両がドライバーに代わって運転操作を行うことを意味する。

ホンダは2020年に高速道路での自動運転技術を実現し、その後一般道に拡大する計画。高速道路での自動運転は、複数車線での自動走行を可能とするドライバーの指示が不要な自動車線変更機能や、渋滞時にドライバーが周辺監視を行う必要がない自動運転の実用化を目指している。

そして、アウディは「レベル5」へ。完全自動運転車AICON発表

もう1台のコンセプトカーが、現在最高レベルと言われる「レベル5」の完全自動運転車であるAICON(アイコン)。

長距離走行を想定したDセグメントに属するフルサイズのEVとなります。

4個のモーターを搭載し、1回の充電での航続は700~800kmと長いことも特徴。

レベル5では、ドライバーは運転タスクを完全に車両に任せることになります。

このコンセプトカーでは、ドライバーは運転操作を行わないため、アウディによると、コネクテッド、コミュニケーション、操作性の面で多くの新機能を盛り込む予定です。

アウディのAIKON(アイコン)ボディサイズは?

アイコンのボディサイズは、全長5444mm×全幅2100mm×全高1506mm、ホイールベース3470mmという大きさ。

ホイールベースは新型『A8』のロングボディよりも、240mm長くなっています。

インテリアにはステアリングホイールやペダル類がなく、未来の自動運転車のひとつの形を示すものとしています。

アウディ新型A8が初公開!市販車世界初の自動運転「レベル3」

http://matome.response.jp/articles/689

アウディの自動運転が気になる方はこちらの記事もどうぞ

アウディの自動運転EV AIKON(アイコン)航続距離は800km

アイコンは、4つのモーターにより最大出力354hp、最大トルク56.1kgmを発揮する電気自動車。各モーターが4輪それぞれを駆動する電子制御の可変式クワトロを採用。

リチウムイオンバッテリーよりも大幅にエネルギー容量の大きなソリッドボディの全固体電池を搭載し、1回の充電での航続は800km以上です。

最後に

2017年になって「レベル3の自動運転が実用化スタート!」と騒がれていた自動運転車ですが、続々と「レベル4」「レベル5」の自動車が開発されています。

車購入の際に「完全な自動運転車を購入する」という選択肢が増えるのも、そう遠くないことなのかもしれませんね。

関連するキーワード


アウディ 車種情報

関連する投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディS3とは、まさに正しくぶれない車の進化の過程をたどりつつ成長している車です。ベースとなるアウディA3という一つの完成された車をもう一歩先の車に成長させることに成功した、素敵な車であると言えるでしょう。本記事ではアウディ S3についてご紹介します。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

国内で根強い人気がある外車と言えば、輸入車メーカーのアウディです。アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。


スポーツクーペの「アウディR8」の歴史や燃費や中古価格など

スポーツクーペの「アウディR8」の歴史や燃費や中古価格など

カッコイイ「アウディのR8」はレーシング用のスポーツカーでもありました。その素晴らしい「R8」の歴史や概要、そして気になる燃費や中古価格をご紹介いたします。乗り換えをお考えの方は参考にしてください。


最新の投稿


【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

栃木県には、餃子・いちご・日光東照宮など様々な名物がありますが、そうした栃木ならではの魅力とならんで道の駅も見所の一つです。それぞれの特色豊かな道の駅を訪れれば栃木県をもっと楽しめます。そこで、今回はそんな栃木県の人気がある道の駅TOP10を紹介します。思わず栃木に出かけたくなるランキング内容となりました。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は兵庫編です。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は京都編です。


池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

埼玉県と東京を繋いでいる繁華街のある池袋。駅の東口も西口もにぎわっていますが、繁華街では駐車場を見つけるのも一苦労ではないでしょうか? 繁華街だけでなく、サンシャイン、labi、ジュンク堂と多くのスポットがあります。今回は池袋駅東口と北口の駐車場の最大料金や予約の有無も含めてご紹介していきます。


【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

車の運転中、 対向車や後続車から「パッシング」を受けたことはありますか?特に後続車からのパッシングを受けると嫌な気分になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、パッシングには様々な意味が込められています。本記事では対向車からと後続車からパッシングされる場合のそれぞれの意味と正しいやり方や回数、道交法上違反にならないか否か等、パッシングに関する情報をまとめて掲載しています。