目次へ戻る

アウディついに完全自動運転車「レベル4」「レベル5」を発表!?

アウディついに完全自動運転車「レベル4」「レベル5」を発表!?

アウディはついに、完全自動運転車「レベル4」「レベル5」のコンセプトカーを発表しました。フランクフルトモーターショー2017において、初公開された二台のコンセプトカーについて本記事ではまとめています。


アウディ、完全自動運転車を発表「レベル4」と「レベル5」

アウディは、9月12日から開幕していたフランクフルトモーターショー2017にて、2台のコンセプトカーを初公開しました。


「レベル4」の完全自動運転車!アウディのSUVクーペ「エレーヌ」

2台のコンセプトカーのうちの1台は、「レベル4」の完全自動運転車です。名前は「エレーヌ」。

『e-tronスポーツバックコンセプト』がベースで、全長4900mmのSUVクーペになっています。

パワートレインはEV。3個のモーターがトータル出力503hpを引き出し、4輪を駆動します。

自動運転技術に関しては、自動運転制御ユニットの「zFAS」の次世代版を搭載。

また、130km/hを上限に、ドライバーの運転タスクを引き継ぎ、自動で車線変更を行う「ハイウェイパイロット」も採用します。

この、エレーヌは、具体的にどこまで自動化されているのか、というと、
「アウディAI」により、ドライバーが既定のエリア内で車を降りると、そこから先は、車がドライバーなしで自律的に走行して、立体駐車場の建物の中で空いている駐車スペースを見つけて停まり、また洗車場、荷物受け渡し場、充電ステーションなどを見つけ、サービスを自動的に受けられる、というレベル。

まさに「レベル4」の高度な自動運転を実現するコンセプトカーだと言えます。


アウディの自動運転車、エレーヌ。大容量のバッテリー搭載

フロントアクスルに1個、リアアクスルに2個の合計3個のモーターは、最大出力435hp。

ブーストモードでは、最大出力が503hpへ引き上げられ、0~100km/h加速4.5秒の性能を発揮します。

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量95kWhと大容量。

1回の充電で、最大500kmの航続を備えています。

ホンダも、レベル4の自動運転実用化を目指す。目標は2025年

もちろん、日本でも各メーカー、完全自動運転の実用化を目指して日夜研究が進められています。

例を挙げると、ホンダの場合は、先ほどのアウディ、エレーヌと同じ自動運転のレベル4を2025年に技術的に確立することを目指します。

※ちなみに、レベル4とは、車両がほとんどの運転操作を行ってくれるレベルです。

ホンダは6月8日、現在開発を進めている自動運転について、2025年頃をめどに、「レベル4」の技術的な確立を目指すと発表した。

米国の自動車技術者協会のSAEは、ゼロから5までの6段階の能力に基づいて、自動運転のレベルを定義づけ。SAEのレベル4とは、ドライバーが制御を再開する必要がある場合を除いて、ほとんどの運転状況において、車両がドライバーに代わって運転操作を行うことを意味する。

ホンダは2020年に高速道路での自動運転技術を実現し、その後一般道に拡大する計画。高速道路での自動運転は、複数車線での自動走行を可能とするドライバーの指示が不要な自動車線変更機能や、渋滞時にドライバーが周辺監視を行う必要がない自動運転の実用化を目指している。

そして、アウディは「レベル5」へ。完全自動運転車AICON発表

もう1台のコンセプトカーが、現在最高レベルと言われる「レベル5」の完全自動運転車であるAICON(アイコン)。

長距離走行を想定したDセグメントに属するフルサイズのEVとなります。

4個のモーターを搭載し、1回の充電での航続は700~800kmと長いことも特徴。

レベル5では、ドライバーは運転タスクを完全に車両に任せることになります。

このコンセプトカーでは、ドライバーは運転操作を行わないため、アウディによると、コネクテッド、コミュニケーション、操作性の面で多くの新機能を盛り込む予定です。

アウディのAIKON(アイコン)ボディサイズは?

アイコンのボディサイズは、全長5444mm×全幅2100mm×全高1506mm、ホイールベース3470mmという大きさ。

ホイールベースは新型『A8』のロングボディよりも、240mm長くなっています。

インテリアにはステアリングホイールやペダル類がなく、未来の自動運転車のひとつの形を示すものとしています。

アウディ新型A8が初公開!市販車世界初の自動運転「レベル3」

http://matome.response.jp/articles/689

アウディの自動運転が気になる方はこちらの記事もどうぞ

アウディの自動運転EV AIKON(アイコン)航続距離は800km

アイコンは、4つのモーターにより最大出力354hp、最大トルク56.1kgmを発揮する電気自動車。各モーターが4輪それぞれを駆動する電子制御の可変式クワトロを採用。

リチウムイオンバッテリーよりも大幅にエネルギー容量の大きなソリッドボディの全固体電池を搭載し、1回の充電での航続は800km以上です。

最後に

2017年になって「レベル3の自動運転が実用化スタート!」と騒がれていた自動運転車ですが、続々と「レベル4」「レベル5」の自動車が開発されています。

車購入の際に「完全な自動運転車を購入する」という選択肢が増えるのも、そう遠くないことなのかもしれませんね。

関連するキーワード


アウディ 車種情報

関連する投稿


アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

ドイツの自動車メーカーアウディの「A3」の歴代モデルのスペックや燃費、中古価格などをまとめていきます。「A3」に乗り換えをお考えの方は、参考にしてください。


アウディ TTが新型になって登場!マイナーチェンジの内容とは?

アウディ TTが新型になって登場!マイナーチェンジの内容とは?

アウディ TTが2018年12月にマイナーチェンジしました。これまでもスポーツカーとしての存在感の高いアウディTTでしたが、マイナーチェンジをすることでさらに迫力が増したデザインになっています。アウディ TTの初代から現行モデルに至る歴史や特徴、また今回のマイナーチェンジで変更された点を解説します。


アウディの有力セダンA6新型登場!スペック・特徴・性能・最新情報

アウディの有力セダンA6新型登場!スペック・特徴・性能・最新情報

アウディの主力セダンであるA6は、ステーションワゴンタイプのアバントと共に、非常に人気のあるモデルです。数あるモデルの中でも、フォーマルな場面にも合うような、プレミアムセダンとして魅力があります。 このアウディA6が2019年1月、フルモデルチェンジして日本導入することを発表しました。A6新型のスペックや特徴をご紹介していきます。


【スクープ】アウディ新型クーペSUV Q4 最新情報

【スクープ】アウディ新型クーペSUV Q4 最新情報

アウディの新型クロスオーバー・クーペSUV、『Q4』(または『Q3スポーツバック』)。この開発車両を豪雪のスカンジナビアでカメラが鮮明に捉えました。発売が期待されている新型Q4。まだ謎に包まれているQ4新型の、明らかになっている最新情報をまとめました。


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。