トップへ戻る

【懐かしすぎる】10年前の2007年に売れていた車とは?販売台数トップ10!

【懐かしすぎる】10年前の2007年に売れていた車とは?販売台数トップ10!

2017年を振り返って懐かしくなる方も多いであろうこの時期。2017年を振り返るのもいいですが、もっと遡った10年前の2007年。当時どんな車が売れていたか、そもそもどんな車があったか、あなたは覚えていますか。本記事では10年前に思いをはせて、2007年に売れていた人気車ランキングをまとめました。懐かしくなりすぎ注意!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2017年も残りあとわずか

気づけば2017年も残りあとわずか。2017年、いろんなことがあったなあ。と感慨深くなっている方も多いのではないでしょうか。

今年も多くの車が販売され、またいろんな車のニュースがありましたね。

2017年を振り返るのもちろんですが、さかのぼること10年。10年前の人気の車、売れ筋の車はなんだったか、貴方は答えられますか。

今回は、2017年振り返り…ではなく、さらにもっとさかのぼった、10年前の2007年の販売台数ランキング(乗用車)、トップ10を見ていきます。

思わず懐かしくなってしまうこと請け合いです。

【10年前の2007年】2007年乗用車販売台数ランキングトップ10!

【そもそも】2007年ってどんな年?【記憶にある??】

原油価格が大高騰、沢尻エリカ氏が、「別に」発言で世間を沸かせ、ビリーズブートキャンプが日本で大ブーム、巷では不人気だったマイクロソフトのWindowsVistaが発売、そしてなんといっても、かの有名なAppleの、iPhone初代が発売された年…それが2007年です。

流行語大賞は、東国原英夫氏の「どげんかせんといかん」でした。

2007年の出来事を朧げに思い出せましたか?それではさっそく2007年の年間販売台数ランキングを見ていきましょう!

現行モデルもあわせてご覧ください。

第10位【2007年販売台数ランキング】ノア(トヨタ)

トヨタ ノア(07)

現行モデル:ノア

第9位【2007年販売台数ランキング】ティーダ(日産)

日産 ティーダ(08)

現行モデル:日本販売終了(2004~2012年まで販売)

第8位【2007年販売台数ランキング】デミオ(マツダ)

マツダ デミオ(07)

現行モデル:デミオ

第7位【2007年販売台数ランキング】ヴォクシー(トヨタ)

トヨタ ヴォクシー(07)

現行モデル:ヴォクシー

第6位【2007年販売台数ランキング】エスティマ(トヨタ)

トヨタ エスティマ(ハイブリッド)(07)

現行モデル:エスティマ

第5位【2007年販売台数ランキング】セレナ(日産)

日産 セレナ(07)

現行モデル:セレナ

第4位【2007年販売台数ランキング】パッソ(トヨタ)

トヨタ パッソ(07)

現行モデル:パッソ

【10年前の2007年】2007年乗用車販売台数ランキング 栄えあるトップ3はこの車!

第3位【2007年販売台数ランキング】カーオブザイヤーにも選ばれたあの車!

ホンダ フィット(07)

2007年に2代目が登場したホンダの5ドアハッチバック、フィット。フィットシリーズは、他に、ハイブリッドカー、4ドアセダンのフィットアリア、5ドアワゴンのフィットシャトルがあります。

2007年にはフルモデルチェンジを行い、エンジンがi-VTEC仕様に変更になりました。グッドデザイン賞を受賞、2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた名車です。(ちなみに初代もイヤーカーに選ばれているんです!すごいですよね)

現行モデル

現行モデル:ホンダ フィット

第2位【2007年販売台数ランキング】海外ではヤリス!さてこの車は?

トヨタ ヴィッツ(07)
隣にいるのは、当時のヴィッツCMに起用された宮沢りえさん

第2位は、トヨタの3、5ドアハッチバック、ヴィッツです。長らくトヨタのコンパクトカー人気をけん引してきたといっても過言ではない、そんな車ですね。日本国外での車名は「ヤリス」と呼ばれています。

2007年に発売されていたヴィッツは2代目。ちなみに、2017年現行モデルであるヴィッツは3代目です。

余談ですが、ヴィッツは2018年にGRMN仕様のヴィッツが150台限定で限定販売されますね。

現行モデル

現行モデル:トヨタ ヴィッツ ハイブリッド(HYBRID U Sporty パッケージ)

【最新版】2018年以降発売が予測されるトヨタの新型車&モデルチェンジ情報

https://matome.response.jp/articles/1127

2018年以降、2019年、2020年に発売されると予測・期待されているトヨタの新型車&新車&モデルチェンジ情報。ヴィッツGRMNの情報も!

第1位【2007年販売台数ランキング】納得の1位は、トヨタのあの車!

トヨタ カローラ(07)

2007年、堂々の第1位は、トヨタの大人気乗用車。カローラでした!カローラはセダンのイメージが強い人も多いかと思いますが、過去にはクーペやハッチバック、ミニバン、ワゴンと様々なボディタイプが存在しました。

カローラと言えば、映画『菊次郎の夏』でも使用された、久石譲氏の名曲「summer」に乗せて軽やかに走るカローラのCMが、未だに記憶に鮮明に焼き付いています。

2006年に、日本国内向けカローラセダンシリーズは販売終了し、後継車は、日本国内専用車種「カローラアクシオ」となります。

トヨタ自動車は2006年10月10日、新型『カローラ』シリーズを発表した。開発責任者の藤田博也氏は、「カローラがカローラを超える」と述べた。

「10代目カローラの開発に不可欠な指針として意識したことは、1つ目に、“優れた基本性能と上質感”を継承し、深化させること、2つ目に、時代をリードするプラスアルファの魅力を付加すること、3つ目に、細やかな心遣いを積み重ねたクルマづくりをすること」

「それを実現し、カローラがカローラを超えることで、従来のカローラのイメージをぶち破ろうとした。今回の主だった特徴は以下の通りだ」

「第1に、躍動感あふれるエクステリアデザイン。特にアクシオについては、先代モデルより全高を10mm下げ、視覚的により低重心化を図った。第2に、機能性と上質さを兼ね備えたインテリア。特に、フィールダーには世界初のワンタッチ格納リアシートを採用した」

トヨタ カローラ(07)

現行モデル

現行モデル:カローラアクシオ

最後に

※ソニー損保様より画像をお借りしました

本記事では、2007年の販売台数ランキングを見てきましたがいかがでしたでしょうか。思わず、懐かしい!と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

10年ひと昔と言いますが、同じ車種でも、モデルチェンジを経て、かなり雰囲気が変わった車が多数見られました。また、売れ行きが好調な車の多くは、コンパクトサイズの車でしたね。

来年は、いったいどんな車が発売されるのか?期待が高まります。

2018年に発売される新型車が気になるという方は下記記事もあわせてご覧ください。

2018年の新型車が気になる!そんなあなたには

参考にさせていただいたサイト

ありがとうございました。

関連する投稿


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

国内で販売される自動車の約3割がトヨタの自動車です。国内だけでなく国外にも多数の自動車を輸出しており、世界的に有名な自動車メーカーです。2020年には世界販売台数でトップになるなど、販売台数を伸ばしています。販売台数も好調なトヨタには、多彩なコンパクトカーのラインナップがあります。この記事では、トヨタのコンパクトカーをご紹介します。


かわいいコンパクトカー、トヨタ パッソ!価格や燃費はどう?

かわいいコンパクトカー、トヨタ パッソ!価格や燃費はどう?

おしゃれなデザインと乗りやすいコンパクトサイズで、女性の間でも高い人気を集めているパッソについて紹介します。パッソの魅力のみでなく、他メーカーのライバルにあたるモデルとの比較なども行います。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。