目次へ戻る

ポルシェ初のEVスポーツカー「ミッションE」!その全容に迫る!

ポルシェ初のEVスポーツカー「ミッションE」!その全容に迫る!

ポルシェ初の市販EV車「ミッションE」の生産に向けた動きが、いよいよ佳境を迎えているようです。本記事では2019年〜2020年に販売されると見込まれているEVスポーツカー「ミッションE」の情報を時系列に毎に整理し、その全容を随時更新しながら紹介します。


ポルシェ初の市販EV車「ミッションE」とは?

「ミッションE」は、2015年9月に開催されたフランクフルトモーターショー2015にて、ポルシェ初の4ドアEVスポーツとして発表されたコンセプトカーです。

同年12月にポルシェ本社より、正式に「ミッションE」の市販化が発表されています。

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが、同社初となるEV(電気自動車)を市販することが分かった。

これは12月4日、ポルシェのドイツ本社が明らかにしたもの。「同社の取締役会が、『ミッションE』プロジェクトの市販化を承認した」と発表している。

2016年7月にはドイツ・ツッフェンハウゼン本社とその周辺の開発、生産部門において1400名以上の新規雇用を行うと発表され、その後2018年2月には「ミッションE」の生産に備え本社工場を拡張する旨と、電動パワートレイン車の開発に向けた投資を、30億ユーロから60億ユーロ以上にすると発表し、EV車生産及び、「ミッションE」市販化に向けた動きがいよいよ佳境を迎えています。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ポルシェは電動車への投資を、30億ユーロから60億ユーロ以上に倍増させる。これは、将来の重要な進路を決定するもの」と述べている。

現在開発中の「ミッションE」市販モデル。全容を時系列に紹介

本記事では現在わかっている「ミッションE」の情報を時系列に沿いお伝えします。

フランクフルトモーターショー2015で「ミッション E」コンセプトカー初公開

「ミッションE」が初めて公開されたのは、2015年9月にドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015。

ポルシェ初の4ドアEVスポーツで、パワフルなEVパワートレインを載せた未来のスポーツカーを提案するコンセプトカーとして初公開されました。

初公開された同年の12月に、ポルシェ本社より正式に市販化する旨が発表されました。

2017年 プロトタイプのテスト走行が頻繁に

その後、2017年に入ると「ミッションE」のプロトタイプと見られる車両のテスト走行が、複数回に渡りスクープされ話題を集めています。

2017年1月 スカンジナビアにて

この時点でのテスト車両は、ポルシェ「パナメーラ」にカモフラージュが施された車両でしたが、関係者の話から「ミッションE」のプロトタイプと判明。

2017年10月 ドイツ本社近辺にて複数台のテスト車両

同年の10月には、ポルシェの車両開発部がおかれるドイツ・ヴァイザッハにて、「ミッションE」開発車両の生産仕様ボディが複数台登場。

カモフラージュが多く施されているものの、この時点でデザインはかなり「ミッションE コンセプト」に近づいています。

ヘッドライトは「パナメーラ」、テールランプにはLEDストリップを隠し、ツインエキゾーストパイプをのぞかせています。

参考画像:ポルシェ「ミッションE」

2017年11月 ニュルにて走行テスト【動画】

その翌月となる2017年11月には、高速テストのためドイツ・ニュルブルクリンクに訪れ、EV性能のテストも行う姿が目撃されています。

11月時のテスト走行のラップタイムは、8分を記録。(ポルシェ市販車参考タイム:ポルシェ 911 GT3 RS(997) 7分42秒)

2017年12月 派生モデルの計画発表と2度目のニュル テスト走行

更に翌月となる2017年12月には「ミッションE」に派生モデルを計画しているとの発表もありました。

ポルシェは今回、このミッションEに派生モデルを計画していると発表。ポルシェによると、どのセグメントに派生EVを追加するべきか、調査しているという。

また、2度目のテスト走行をニュルブルクリンクで行いラップタイムを30秒縮め、7分30秒まで短縮しています。

2018年2月 スカンジナビアにて新型「911」と寒冷気候テスト

2018年2月初旬、摂氏マイナス20度にも及ぶスカンジナビア山間部にて、次期型となるポルシェ「911」と「ミッションE」が「カイエン」に見守られる中、寒冷気候テストを行う様子が捉えられています。

「This Road is Closed. For Privacy only! PORSCHE」(13:00~17:00)というパネルも見受けられ、一帯を封鎖し極秘テストが行われている様子がキャッチされています。

2018年2月 生産体制の強化。EV車開発に向けた投資も倍額に。

更に同月、ポルシェは「ミッションE」の生産体制を整えるために、ドイツ・ツッフェンハウゼンの本社工場を拡大する予定であることを発表。

「ミッションE」の製造のために、塗装工場、専用の組み立てエリア、塗装済みボディとドライブユニットを最終組み立てエリアまで運ぶためのコンベアブリッジを建設し、現在あるエンジン工場は電動パワートレーンを製造するために拡張される予定とのことです。

この「ミッションE」の生産プロジェクトにおいて、約1200名の新規雇用を創出するとしています。


また、EV車の開発に投資する金額を当初の30億ユーロから、倍となる60億ユーロ以上とする発表もされています。

※60億ユーロ=日本円で約8000億円(2018/2/9時点)

ポルシェ「ミッションE」予測されている基本スペック

現在明らかになっている「ミッションE」の基本スペックは以下のとおりです。
■EV専用「J1」プラットフォームを採用。

■2基のモーターを装着。
パワートレインには2基のモーターを搭載し、最高出力600ps、0-100km/h加速3.5秒、0-200km/h加速11秒台のハイパフォーマンスを発揮。

現在販売中のテスラ・モデルSは0~100km/h加速が2.7秒であることから、加速性能もまだまだ改善される可能性も。

■リチウムイオンバッテリーを搭載し、15分で80%程度、20分で100%の充電が可能。
インダクティブ充電(非接触充電)が可能で、例えば床に充電設備を埋め込むことで、駐車するだけで充電が可能になるようです。

■フル充電での航続距離は530km以上

■従来のEV車の2倍である800Vの電池システムを採用
通常のEV車は400Vですが、その2倍の電池システムを採用予定。

エクステリア

フロントは918スパイダーを彷彿とさせるデザインに、盛り上がるフェンダーは911にも似ているとポルシェはコメント。

前後ともに観音開きのドアを使用しており、未来的なデザインに。

インテリア


ドライバーの目線を認識するアイトラッキングシステムを備えたメーターパネルは、ドライバーの目線に合わせて表示を自動調整。ドライビング中の感情なども読み取り、メーターに表示することで安全な運転へ導いてくれる。

シートは全席が2分割式の軽量シートになっており、体を支えてくれます。

ポルシェ「ミッションE」はいつ発売予定?

ポルシェ「ミッションE」の販売は2019年〜2020年を目処に開発がされています。
しかし、今後の開発状況によって変動することもありえるでしょう。

まとめ

ポルシェ初の市販EVスポーツカー「ミッションE」についての情報をまとめて掲載させて頂きました。

各メーカーが技術を合わせて達成しようとしている先進的な取り組みには胸が高鳴りますね。

新しい情報が入り次第、随時更新してお届けしていく予定なので、お楽しみに。

他社のEV車についての記事はこちらから

関連するキーワード


ポルシェ EV・電気自動車

関連する投稿


【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

テスラCEOのイーロン・マスク率いる宇宙企業スペースがロケット打ち上げに成功しました。ロケットの先端には真っ赤な初代テスラロードスター。しかも宇宙ドライブの模様を動画にて配信中です。テスラ ロードスターからのライブ配信映像を見て宇宙を堪能しましょう。


【 個人間カーシェアランキングトップ10】外車&ミニバン強し?エニカ調べ

【 個人間カーシェアランキングトップ10】外車&ミニバン強し?エニカ調べ

DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は2月6日、2017年のエニカ内でのカーシェア人気車種ランキングを公開しました。これによれば人気の車種はあの車…だったとか。


えっ!?あの掃除機のダイソンが車!?ダイソン×EVカー最新情報

えっ!?あの掃除機のダイソンが車!?ダイソン×EVカー最新情報

ダイソン…と言えばあの「吸引力が変わらない」でおなじみの掃除機を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんな家電大手のダイソンがなんと車業界に殴り込みです。初の車はEVとなる模様。ダイソンが手掛けるEVとはいったいどんな車になるのでしょうか。最新情報をお届けいたします。


今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのだろうか?

日産自動車は1月8日、EVの『リーフ』が世界累計販売台数30万台を達成したことを発表しました。日本国内でも、街中で見かけても違和感がないくらい普及しており、いよいよ次期購入車に電気自動車(EV)が候補に入ってもおかしくない時代になったようです。では、今年こそ電気自動車(EV)を買うべきなのでしょうか?


【朗報】モンストユーザーの皆様 ポルシェがもらえるチャンスです…!

【朗報】モンストユーザーの皆様 ポルシェがもらえるチャンスです…!

株式会社ミクシィが運営、配信をしている人気アプリ「モンスターハンター」。この度モンスト内での年末年始キャンペーンの1つとして「モンスト サンタになれるくじ」というイベントが開催されます。金賞の商品内にはなんと、ポルシェが!キャンペーン内容等をまとめて掲載しています。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。