トップへ戻る

トヨタレンタカーに高級車レクサス追加!気になる価格とモデル、取扱店は?

トヨタレンタカーに高級車レクサス追加!気になる価格とモデル、取扱店は?

2018年4月2日から、トヨタレンタカーでトヨタブランドの車種だけでなく、レクサス車もレンルが可能となります。こちらの記事では、トヨタ車と比較し、価格はどの程度違うのか、取り扱い車種、取扱店舗などについてを紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

トヨタレンタカーがトヨタブランドの車種だけでなく、レクサス車もレンタカーできるようになります。

ちなみにトヨタレンタリース店は、約13万台の保有台数、全国約1,200の店舗網をもっています。

レクサス車の取り扱いサービス開始は2018年4月2日から。
トヨタ車と比べて価格はどの位違うのか、取り扱い車種は何なのか、取扱店舗などについて見てみましょう。

【レクサス レンタカー】取扱車種は?

取り扱い車種は店舗によって取り扱い車種に違いはありますが、セダン、ハッチバック、SUVの3タイプで以下の車種が用意されます。

セダンの「LS・GS・IS」

フラッグシップセダンのLSがレンタルできるのは嬉しいですね!

VIP気分を満喫できそうです。
運転するのもいいですが、後部座席でゆったりとしてみたい気もします。

アッパーサルーンのGS

ミドルセダンのGSは少し大きめのセダンですが、長距離ドライブなどで利用したいですね。

輸入車だとメルセデス・ベンツEクラスやBMW 5シリーズ、アウディA6の競合モデルでEセグメント車にあたります。

ミドルセダンのIS

輸入車ではBMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラス、アウディA4が競合車にあたるレクサスIS。

Dセグメントモデルのセダンで街中でも走りやすいモデルです。
旅先での利用にぴったりではないでしょうか。

ハッチバックの「CT」

レクサス車の中では一番リーズナブルな「CT200h」もラインナップされています。
プリウスベースとされているモデルです。

こちらは小さいので取り回しもよく扱いやすい車種です。

SUVの「RX・NX」

「NX」のサイズ感はフラッグシップモデルのレクサスLXとミドルSUVのレクサスRXより小さい現行のレクサスSUVで一番コンパクトなモデルです。

扱いやすいので旅先での利用にピッタリですね。

レンタルの対象とはなっていませんが、ジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミアされたNXより小さい、C-HRベースのSUV「UX」の発売も楽しみですね!

「RX」はミドルサイズのSUVです。

LXが登場するまではクラス最上級SUVでした。

LXほど大きくないので扱いやすくパワーや走りに余裕もあるので高速道路を含めた利用シーンで検討されると良いかもしれませんね。

今回LXのレンタカーはラインナップから外れていますが今後追加してもらえると嬉しいですね。

レクサスのSUVどれを選択するか悩ましい場合はこちらの比較記事をどうぞ

どのモデルを選んでいいのかわからない方は、現行レクサス車種一覧のまとめ記事が参考になると思いますので是非ご覧下さい。

【レクサス レンタカー】価格は?

価格は、それぞれ車種によってクラス料金となっており、現行の最新型がレンタル可能な「CURRENT」と、モデルチェンジ前の旧型が対象となる「PREVIOUS」の2パターンを、予算に応じて選択可能です。

主な取り扱い車種と一般料金は下記となっています。

 
CURENNT(最新型の車種)一般料金(税込)乗用車
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LPC4クラス(LS/LShv)41,040円54,540円68,040円54,540円5,400円
LPC3クラス(GS/GShv)30,240円39,960円50,220円39,960円3,780円
LPC2クラス(IS/IShv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LPC1クラス(CT)22,140円29,700円37,260円29,700円3,240円
 
CURENNT(最新型の車種)一般料金(税込)SUV
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LXC2クラス(RX/RXhv)41,040円54,540円68,040円54,540円5,400円
LXC1クラス(NX/NXhv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
 
PREVIOUS(モデルチェンジ前の車種)一般料金(税込)乗用車
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LPP4クラス(LS/LShv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LPP3クラス(GS/GShv)22,140円29,700円37,260円29,700円3,240円
LPP2クラス(IS/IShv)18,900円24,840円31,320円24,840円3,240円
LPP1クラス(CT)15,120円19,980円24,840円19,980円2,160円
 
PREVIOUS(モデルチェンジ前の車種)一般料金(税込)SUV
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LXP2クラス(RX/RXhv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LXP1クラス(NX/NXhv)18,900円24,840円31,320円24,840円2,700円

なかなかプレミアムな価格ですね。
ただプレミアムレンタカー業者と比べると少しお安い気もします。

トヨタ車SUVとの価格差は?

 
トヨタ車SUV 一般料金(税込)
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと超過料金 ※1時間ごと
SUV2クラス(C-HR/C-HR HV)10,260円12,420円16,200円12,420円2,160円
SUV3クラス(ランクル、ハリアー/ハリアーHV)16,740円21,600円25,920円18,360円2,916円

新設されるレクサス車種はやはり「プレミアムクラス」ということで、SUV車同士の比較で、大体1.5倍~2倍くらいの違いがあります。

価格差はありますが、モデルチェンジ前の「PREVIOUS」を選択すれば価格は抑えることも可能で、旅行などの旅先で少しプレミアム感を感じてみたいシーンや、購入検討時にレンタカーで普段利用する道路などをじっくりと試乗してみるといった使い方に良いかもしれません。

【レクサス レンタカー】取り扱い店舗は?

都心部や空港、主要駅の店舗での取り扱いが中心となるそうで、地域は以下のとおりです。

 
取り扱い地域(18年4月時点)
地域都道府県
北海道・東北岩手県、宮城県
関東千葉県、東京都、神奈川県
北陸福井県
中部愛知県
近畿滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県
九州・沖縄福岡県

サービス開始となる2018年4月2日以降にwebサイト内のプレミアムクラスページにて実店舗が確認できるようになります。

東京を中心とする一部地域から取り扱いを開始し、順次全国へサービスエリアを拡大していく予定となっています。

最後に

今回トヨタがレンタカーサービスにレクサス車を取り扱うようになった背景は、自動車業界の市場の流れがあります。

クルマをあえてもたない層が増えてきてカーシェア市場も活発になってきています。

レンタカー市場全体の保有台数も、2013年末の約61万台から2017年末は約80万台と大幅に増加しているそうです。

レンタカーでも高級車を扱うプレミアムレンタカー業者も最近増えてきました。
大手カーシェア企業のタイムズでもBMW車を取り扱いしたりと、プレミアムモデルのレンタカーは身近なものになってきています。

プレミアムレンタカーの保有台数も2013年末の約5,000台から2017年末には約9,000台と2倍近い伸び率を記録しています。

こういった中、トヨタレンタカーも手を拱いて見ているのではなく、自社グループのレクサス車を扱うことで対抗していこうという動き。

レクサス店舗はなかなか敷居が高く、こういったレンタカーで気軽に借りられるようになるのは嬉しいですね。

レンタルするのであれば新型の「LS」を借りてみたいですね。

機会があれば利用してみたいと思います。

トヨタレンタカー、「プレミアムクラス」新設でレクサスの取扱い開始へ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/03/26/307649.html

トヨタ自動車は、レンタカーサービスにレクサス車を取り扱う「プレミアムクラス」を新設し、トヨタレンタリース店にて4月2日よりサービスの提供を開始する。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。