目次へ戻る

トヨタレンタカーに高級車レクサス追加!気になる価格とモデル、取扱店は?

トヨタレンタカーに高級車レクサス追加!気になる価格とモデル、取扱店は?

2018年4月2日から、トヨタレンタカーでトヨタブランドの車種だけでなく、レクサス車もレンルが可能となります。こちらの記事では、トヨタ車と比較し、価格はどの程度違うのか、取り扱い車種、取扱店舗などについてを紹介していきます。


はじめに

トヨタレンタカーがトヨタブランドの車種だけでなく、レクサス車もレンタカーできるようになります。

ちなみにトヨタレンタリース店は、約13万台の保有台数、全国約1,200の店舗網をもっています。

レクサス車の取り扱いサービス開始は2018年4月2日から。
トヨタ車と比べて価格はどの位違うのか、取り扱い車種は何なのか、取扱店舗などについて見てみましょう。

【レクサス レンタカー】取扱車種は?

取り扱い車種は店舗によって取り扱い車種に違いはありますが、セダン、ハッチバック、SUVの3タイプで以下の車種が用意されます。

セダンの「LS・GS・IS」

フラッグシップセダンのLSがレンタルできるのは嬉しいですね!

VIP気分を満喫できそうです。
運転するのもいいですが、後部座席でゆったりとしてみたい気もします。

アッパーサルーンのGS

ミドルセダンのGSは少し大きめのセダンですが、長距離ドライブなどで利用したいですね。

輸入車だとメルセデス・ベンツEクラスやBMW 5シリーズ、アウディA6の競合モデルでEセグメント車にあたります。

ミドルセダンのIS

輸入車ではBMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラス、アウディA4が競合車にあたるレクサスIS。

Dセグメントモデルのセダンで街中でも走りやすいモデルです。
旅先での利用にぴったりではないでしょうか。

ハッチバックの「CT」

レクサス車の中では一番リーズナブルな「CT200h」もラインナップされています。
プリウスベースとされているモデルです。

こちらは小さいので取り回しもよく扱いやすい車種です。

SUVの「RX・NX」

「NX」のサイズ感はフラッグシップモデルのレクサスLXとミドルSUVのレクサスRXより小さい現行のレクサスSUVで一番コンパクトなモデルです。

扱いやすいので旅先での利用にピッタリですね。

レンタルの対象とはなっていませんが、ジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミアされたNXより小さい、C-HRベースのSUV「UX」の発売も楽しみですね!

「RX」はミドルサイズのSUVです。

LXが登場するまではクラス最上級SUVでした。

LXほど大きくないので扱いやすくパワーや走りに余裕もあるので高速道路を含めた利用シーンで検討されると良いかもしれませんね。

今回LXのレンタカーはラインナップから外れていますが今後追加してもらえると嬉しいですね。

レクサスのSUVどれを選択するか悩ましい場合はこちらの比較記事をどうぞ

どのモデルを選んでいいのかわからない方は、現行レクサス車種一覧のまとめ記事が参考になると思いますので是非ご覧下さい。

【レクサス レンタカー】価格は?

価格は、それぞれ車種によってクラス料金となっており、現行の最新型がレンタル可能な「CURRENT」と、モデルチェンジ前の旧型が対象となる「PREVIOUS」の2パターンを、予算に応じて選択可能です。

主な取り扱い車種と一般料金は下記となっています。

 
CURENNT(最新型の車種)一般料金(税込)乗用車
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LPC4クラス(LS/LShv)41,040円54,540円68,040円54,540円5,400円
LPC3クラス(GS/GShv)30,240円39,960円50,220円39,960円3,780円
LPC2クラス(IS/IShv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LPC1クラス(CT)22,140円29,700円37,260円29,700円3,240円
 
CURENNT(最新型の車種)一般料金(税込)SUV
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LXC2クラス(RX/RXhv)41,040円54,540円68,040円54,540円5,400円
LXC1クラス(NX/NXhv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
 
PREVIOUS(モデルチェンジ前の車種)一般料金(税込)乗用車
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LPP4クラス(LS/LShv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LPP3クラス(GS/GShv)22,140円29,700円37,260円29,700円3,240円
LPP2クラス(IS/IShv)18,900円24,840円31,320円24,840円3,240円
LPP1クラス(CT)15,120円19,980円24,840円19,980円2,160円
 
PREVIOUS(モデルチェンジ前の車種)一般料金(税込)SUV
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと標準料金 ※1時間ごと
LXP2クラス(RX/RXhv)25,920円34,560円43,200円34,560円3,240円
LXP1クラス(NX/NXhv)18,900円24,840円31,320円24,840円2,700円

なかなかプレミアムな価格ですね。
ただプレミアムレンタカー業者と比べると少しお安い気もします。

トヨタ車SUVとの価格差は?

 
トヨタ車SUV 一般料金(税込)
クラス(対象車種)6時間まで12時間まで24時間まで以後1日ごと超過料金 ※1時間ごと
SUV2クラス(C-HR/C-HR HV)10,260円12,420円16,200円12,420円2,160円
SUV3クラス(ランクル、ハリアー/ハリアーHV)16,740円21,600円25,920円18,360円2,916円

新設されるレクサス車種はやはり「プレミアムクラス」ということで、SUV車同士の比較で、大体1.5倍~2倍くらいの違いがあります。

価格差はありますが、モデルチェンジ前の「PREVIOUS」を選択すれば価格は抑えることも可能で、旅行などの旅先で少しプレミアム感を感じてみたいシーンや、購入検討時にレンタカーで普段利用する道路などをじっくりと試乗してみるといった使い方に良いかもしれません。

【レクサス レンタカー】取り扱い店舗は?

都心部や空港、主要駅の店舗での取り扱いが中心となるそうで、地域は以下のとおりです。

 
取り扱い地域(18年4月時点)
地域都道府県
北海道・東北岩手県、宮城県
関東千葉県、東京都、神奈川県
北陸福井県
中部愛知県
近畿滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県
九州・沖縄福岡県

サービス開始となる2018年4月2日以降にwebサイト内のプレミアムクラスページにて実店舗が確認できるようになります。

東京を中心とする一部地域から取り扱いを開始し、順次全国へサービスエリアを拡大していく予定となっています。

最後に

今回トヨタがレンタカーサービスにレクサス車を取り扱うようになった背景は、自動車業界の市場の流れがあります。

クルマをあえてもたない層が増えてきてカーシェア市場も活発になってきています。

レンタカー市場全体の保有台数も、2013年末の約61万台から2017年末は約80万台と大幅に増加しているそうです。

レンタカーでも高級車を扱うプレミアムレンタカー業者も最近増えてきました。
大手カーシェア企業のタイムズでもBMW車を取り扱いしたりと、プレミアムモデルのレンタカーは身近なものになってきています。

プレミアムレンタカーの保有台数も2013年末の約5,000台から2017年末には約9,000台と2倍近い伸び率を記録しています。

こういった中、トヨタレンタカーも手を拱いて見ているのではなく、自社グループのレクサス車を扱うことで対抗していこうという動き。

レクサス店舗はなかなか敷居が高く、こういったレンタカーで気軽に借りられるようになるのは嬉しいですね。

レンタルするのであれば新型の「LS」を借りてみたいですね。

機会があれば利用してみたいと思います。

トヨタレンタカー、「プレミアムクラス」新設でレクサスの取扱い開始へ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/03/26/307649.html

トヨタ自動車は、レンタカーサービスにレクサス車を取り扱う「プレミアムクラス」を新設し、トヨタレンタリース店にて4月2日よりサービスの提供を開始する。

関連する投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

【スクープ】レクサスのセダン!IS次期型!2021年にデビューか

レクサスのミッドサイズ・4ドアセダン『IS』次期型に関する情報を、兄弟サイトであるSpyder7が入手。情報をもとに予想CGを制作しました。デビューは2021年?気になるエクステリアデザインはどうなる?パワートレインは?


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。