目次へ戻る

【9月14日発売】レクサス NX マイナーチェンジ!価格・燃費は?

【9月14日発売】レクサス NX マイナーチェンジ!価格・燃費は?

レクサス NXがマイナーチェンジを実施、9月14日より発売開始しました。さらにシャープな表情へと一新し、セーフティシステム+ も新採用になったレクサスNX新型。気になる価格や燃費、エクステリアやインテリアほか、最新情報をまとめています。


レクサスは、クロスオーバーSUV『NX300h/NX300』をマイナーチェンジし、9月14日に発売

新型レクサスNXがマイナーチェンジを実施、9月14日より発売開始しました。

レクサスNXは、レクサスブランド初のコンパクトクロスオーバーSUVとして発売され、今なお全世界で人気の中型クロスオーバーSUVです。

この、NXには、「N:nimble(爽快な、素早い) Crossover」という意味が込められているそうです。

レクサスNXのサイズ感はというと、レクサスLX、RXよりも小さく、細い道や、小さい駐車場などが多い日本にもぴったりの大きさです。

レクサスRX

レクサス NX 価格・燃費・安全性能など徹底紹介!

https://matome.response.jp/articles/492

レクサスNXは、トヨタ自動車が展開しているレクサスブランドから販売されている中型のクロスオーバーSUV車です。こちらでは、レクサスNXの基本情報についてまとめています。

マイナーチェンジのレクサスNX新型、どう変わった?

レクサスNX新型、どこが進化したのか。変更点を見ていきましょう。

レクサス NX 新型 基本情報

 
レクサス NX ボディサイズ・スペック
全長×全幅×全高(mm)4,640×1,845×1,645
ホイールベース(mm)2,660
乗車定員(名) 5
燃費消費率(JC08モード)(km/L) 19.8~21.0
車両重量 1,200~1,390
※NX300hのデータを参照

先代モデルは全長×全幅×全高のサイズが、4,630×1,845×1,645であったことから、全長が10mm大きくなったことがわかります。

ガソリンエンジンのレクサスNX300のJC08モード燃費は、12.4~13.0km/Lです。

レクサス NX 新型 エクステリア

レクサスNX新型のエクステリア。

フロントバンパーを鋭く低重心な造形とするとともに、レクサスおなじみのスピンドルグリルにレイヤー状のデザインを採用したことで、シャープかつスポーティな表情へと進化。

リヤは、新意匠であるコンビネーションランプを採用するなど、よりワイドで立体的な造形とし、タイヤの踏ん張りを強調しています。

レクサス NX 新型 インテリア

レクサスNX新型のインテリアは、カラーヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、質感の高さと先進性を追求しています。

ナビディスプレイは10.3インチに拡大したほか、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチを採用し、ナビやオーディオの操作性を向上させました。

レクサス NX 新型 カラーバリエーションは全12色

レッドマイカクリスタルシャイン

プラチナムシルバーメタリック

レクサスNX新型、ボディーカラーのカラーバリエーションも豊富です。

ソニッククォーツ
マーキュリーグレーマイカ
プラチナムシルバーメタリック
ソニックチタニウム
ブラック
グラファイトブラックガラスフレーク
レッドマイカクリスタルシャイン
アンバークリスタルシャイン
スパークリングメテオメタリック
ヒートブルーコントランストレイヤリング

ホワイトノーヴァガラスフレーク※
ラヴァオレンジクリスタルシャイン※

※F SPORTのみのカラー

また、インテリアカラーはもちろん、オーナメントパネルの色も選ぶことが可能です。

レクサス NX 新型 安全性能

レクサスNX新型には、予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を新たに採用しました。

歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱を防ぐ「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、一定の車間距離で追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」を装備しています。

レクサス NX 新型 走行性能

走行性能では、サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性を向上を実現しました。

また、新型AVSの採用、アブソーバーの変更などで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。またドライブモードセレクトにカスタムモードを新たに設定しました。

パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択可能とすることにより、ドライバーの嗜好に応じた走りを実現しています。

レクサス NX 新型 グレード別価格

【新型レクサスNX (ハイブリッド)】

■2WD
NX300h 504万円
NX300h “version L” 570万円
NX300h “F SPORT” 570万円
NX300h “I package” 522万円

■AWD
NX300h 530万円
NX300h “version L” 596万円
NX300h “F SPORT” 596円
NX300h “I package” 548万円



【新型レクサスNX (ガソリン)】
■2WD
NX300 440万円
NX300 “version L” 506万円
NX300 “F SPORT” 506万円
NX300 “I package” 458万円

■AWD
NX300 466万円
NX300 “version L” 532万円
NX300 “F SPORT” 532万円
NX300 “I package” 484万円


トヨタ・レクサスのSUV徹底比較!価格、使い勝手、燃費、何で選ぶ?

https://matome.response.jp/articles/724

レクサスNXもいいけど、他のレクサスと迷っている…。という方はこちら。

最後に

レクサスNX新型

先代のレクサスNX

マイナーチェンジを経て、9月14日に発売されたレクサスNX新型についてご紹介しました。

デザインが刷新され、より、「NX」の名にふさわしいモデルになったと言えそうです。

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

https://matome.response.jp/articles/843

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショーについてもっと知りたいかたはこちら。

【9月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【9/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 NX SUV

関連する投稿


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


【期待大】2020年、レクサス「IS F」復活!?V6ツインターボ搭載か?

【期待大】2020年、レクサス「IS F」復活!?V6ツインターボ搭載か?

レクサスのスポーツセダン、『IS』に設定されていた高性能モデル、『IS F』が新エンジンを搭載し復活する可能性があることがわかりました。最高のドライビング・パフォーマンスを持つ「F」の称号が「IS」新型をどう進化させるのでしょうか。


ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【7月6日更新】


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!