目次へ戻る

【9月14日発売】レクサス NX マイナーチェンジ!価格・燃費は?

【9月14日発売】レクサス NX マイナーチェンジ!価格・燃費は?

レクサス NXがマイナーチェンジを実施、9月14日より発売開始しました。さらにシャープな表情へと一新し、セーフティシステム+ も新採用になったレクサスNX新型。気になる価格や燃費、エクステリアやインテリアほか、最新情報をまとめています。


レクサスは、クロスオーバーSUV『NX300h/NX300』をマイナーチェンジし、9月14日に発売

新型レクサスNXがマイナーチェンジを実施、9月14日より発売開始しました。

レクサスNXは、レクサスブランド初のコンパクトクロスオーバーSUVとして発売され、今なお全世界で人気の中型クロスオーバーSUVです。

この、NXには、「N:nimble(爽快な、素早い) Crossover」という意味が込められているそうです。

レクサスNXのサイズ感はというと、レクサスLX、RXよりも小さく、細い道や、小さい駐車場などが多い日本にもぴったりの大きさです。

レクサスRX

レクサス NX 価格・燃費・安全性能など徹底紹介!

https://matome.response.jp/articles/492

レクサスNXは、トヨタ自動車が展開しているレクサスブランドから販売されている中型のクロスオーバーSUV車です。こちらでは、レクサスNXの基本情報についてまとめています。

マイナーチェンジのレクサスNX新型、どう変わった?

レクサスNX新型、どこが進化したのか。変更点を見ていきましょう。

レクサス NX 新型 基本情報

 
レクサス NX ボディサイズ・スペック
全長×全幅×全高(mm)4,640×1,845×1,645
ホイールベース(mm)2,660
乗車定員(名) 5
燃費消費率(JC08モード)(km/L) 19.8~21.0
車両重量 1,200~1,390
※NX300hのデータを参照

先代モデルは全長×全幅×全高のサイズが、4,630×1,845×1,645であったことから、全長が10mm大きくなったことがわかります。

ガソリンエンジンのレクサスNX300のJC08モード燃費は、12.4~13.0km/Lです。

レクサス NX 新型 エクステリア

レクサスNX新型のエクステリア。

フロントバンパーを鋭く低重心な造形とするとともに、レクサスおなじみのスピンドルグリルにレイヤー状のデザインを採用したことで、シャープかつスポーティな表情へと進化。

リヤは、新意匠であるコンビネーションランプを採用するなど、よりワイドで立体的な造形とし、タイヤの踏ん張りを強調しています。

レクサス NX 新型 インテリア

レクサスNX新型のインテリアは、カラーヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、質感の高さと先進性を追求しています。

ナビディスプレイは10.3インチに拡大したほか、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチを採用し、ナビやオーディオの操作性を向上させました。

レクサス NX 新型 カラーバリエーションは全12色

レッドマイカクリスタルシャイン

プラチナムシルバーメタリック

レクサスNX新型、ボディーカラーのカラーバリエーションも豊富です。

ソニッククォーツ
マーキュリーグレーマイカ
プラチナムシルバーメタリック
ソニックチタニウム
ブラック
グラファイトブラックガラスフレーク
レッドマイカクリスタルシャイン
アンバークリスタルシャイン
スパークリングメテオメタリック
ヒートブルーコントランストレイヤリング

ホワイトノーヴァガラスフレーク※
ラヴァオレンジクリスタルシャイン※

※F SPORTのみのカラー

また、インテリアカラーはもちろん、オーナメントパネルの色も選ぶことが可能です。

レクサス NX 新型 安全性能

レクサスNX新型には、予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を新たに採用しました。

歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱を防ぐ「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、一定の車間距離で追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」を装備しています。

レクサス NX 新型 走行性能

走行性能では、サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性を向上を実現しました。

また、新型AVSの採用、アブソーバーの変更などで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。またドライブモードセレクトにカスタムモードを新たに設定しました。

パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせを自由に選択可能とすることにより、ドライバーの嗜好に応じた走りを実現しています。

レクサス NX 新型 グレード別価格

【新型レクサスNX (ハイブリッド)】

■2WD
NX300h 504万円
NX300h “version L” 570万円
NX300h “F SPORT” 570万円
NX300h “I package” 522万円

■AWD
NX300h 530万円
NX300h “version L” 596万円
NX300h “F SPORT” 596円
NX300h “I package” 548万円



【新型レクサスNX (ガソリン)】
■2WD
NX300 440万円
NX300 “version L” 506万円
NX300 “F SPORT” 506万円
NX300 “I package” 458万円

■AWD
NX300 466万円
NX300 “version L” 532万円
NX300 “F SPORT” 532万円
NX300 “I package” 484万円


トヨタ・レクサスのSUV徹底比較!価格、使い勝手、燃費、何で選ぶ?

https://matome.response.jp/articles/724

レクサスNXもいいけど、他のレクサスと迷っている…。という方はこちら。

最後に

レクサスNX新型

先代のレクサスNX

マイナーチェンジを経て、9月14日に発売されたレクサスNX新型についてご紹介しました。

デザインが刷新され、より、「NX」の名にふさわしいモデルになったと言えそうです。

【9/6更新】フランクフルトモーターショー2017 出展車&トピック一覧

https://matome.response.jp/articles/843

世界最大級の規模ともいわれるフランクフルトモーターショーについてもっと知りたいかたはこちら。

【9月20日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【9/20情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 NX SUV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバーは2月13日、『レンジローバー スポーツ』(Land Rover Range Rover Sport)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード、「HST」を欧州で発表しました。このHSTはどのようなスペックになっているのでしょうか。


【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019に、新型にて『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」を初公開しました。このRAV4TRDオフロードは、日本市場にも今春復活導入される予定の新型RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードになります。大注目のRAV4のグレード、最新情報をまとめました。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月 日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【2月14日更新】


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。