目次へ戻る

高齢者の運転免許 自主返納。98%認知も利用したいは70%止まり。

高齢者の運転免許 自主返納。98%認知も利用したいは70%止まり。

自動車工業協会が4月9日に発表した「2017年乗用車市場動向調査」で自動車を保有する60歳以上の1197人にアンケートを行いました。本記事ではアンケート結果から浮かぶ高齢者が車離れできない状況に関してご紹介します。


若者の車離れ、でも高齢者は車離れが難しい?

自動車工業協会が2018年4月9日に発表した「2017年乗用車市場動向調査」では自動車を保有する60歳以上の1197人にアンケートを行いました。
本記事ではその結果から、高齢者の運転免許自主返納制度に対する認知度や、どのような場合に運転をやめようと考えているかをご紹介します。

運転免許自主返納制度については高齢者の9割が認知

まずは「運転免許自主返納制度」についてご紹介します。「運転免許自主返納制度」は、高齢者による交通事故の増加を受けて1988年4月から導入された制度です。
高齢者の運転免許を自主的に返納してもらうことで、高齢者のによる交通事故を減らそうという取り組みです。

アンケートでは、「自主返納制度を知っていましたか?」という質問に対して、98%(1173人)が「自主返納制度を知っていた」と回答しました。

「運転免許自主返納制度」については、性別・資産・地域などに関係なく非常に認知度が高く、制度についての認知が浸透していることがアンケート結果からも良く分かります。

7割が「運転免許自主返納制度」を利用したい

9割が認知している「運転免許自主返納制度」ですが、60歳以上の運転者に「運転免許自主返納制度を利用したいですか?」との質問には全体の70%(約838人)が利用したいと回答し、制度の認知度も利用意向も高いことが明らかになりました。

しかし、年代別にみると年齢が上がれば上がるほど「運転免許自主返納制度」を利用したい人の率は下がっていることが分かります。

「運転免許自主返納制度」を利用したいとした人は、
60〜64歳 74%
65〜69歳 70%
70〜74歳 68%
75歳以上  65%
と約10%もの開きがあることが分かります。

4割が80歳までに運転をやめると回答

60歳以上の運転者9割に認知され、7割が利用したいと答えている「運転免許自主返納制度」ですが、高齢者は実際に年齢がどのくらいに達したら運転をやめようと考えているのでしょうか?

「いつごろ運転をやめますか?」という質問には、60歳以上の運転者全体の40%(約480人)が80歳で運転をやめると回答しました。

年齢別に最も多い回答は、
60〜64歳 75歳までに運転をやめる 39%
65〜69歳 75歳までに運転をやめる 45%
70〜74歳 80歳までに運転をやめる 62%
75歳以上  80歳までに運転をやめる 48%
となっています。

こうしたアンケート結果をみると、現在60代で「75歳までに運転をやめる」と言っていた高齢者が70代になって「80歳までに運転をやめる」と免許返納を先延ばしにしてしまわないか疑問です。

運転をやめる理由6割が「体力的な衰えを感じたら」

9割の高齢者が運転免許自主返納制度を認知し、7割が免許返納の意思を持ちながらも、実際は4割が80歳まで運転はしたいという回答結果となっています。

では、どういった出来事が起こると高齢者は「運転をやめよう」と思うのでしょうか?

60歳以上の運転者が運転をやめる最も大きな理由として、66%(約790人)が「体力的な衰えを感じたら」運転をやめると答えていることが分かります。2番目に大きな理由としては、40%(約479人)が「運転する必要がなくなったら」と答えています。

「体力的な衰え」「運転する必要がなくなったら」運転をやめたいと思っている、逆にいえば「運転をする必要がある」ためになかなか運転免許自主返納まではできない高齢者の状況が浮かびます。

「免許更新ができなくなったら」「事故が起きたら」という回答も

70歳以上に絞ってみると、2番目に大きな理由は「免許更新ができなかったら」となっており、免許更新を許可されない場合に運転をやめようと考えている高齢者が一定数いることが分かります。

また、比率的には少ないながら、どの世代でも約10%の高齢者が「事故を起こしたら」と回答しています。

運転免許の返納の条件は、「公共交通料金の値下げ・無料化」

また、「どのような条件があれば運転免許を返納するか?」という質問に対しては、67%(約776人)が「公共交通料金の値下げ・無料化」と回答しています。

自動車で自由な移動ができなくなるため、バスや電車といった公共交通料金を手軽に利用できるようにしてほしいという意見が感じられます。

こうした意見を反映し、各自治体は「運転経歴証明書」を提示をすることで公共交通などが割引される特典をもうけています。

「運転経歴証明書」の申し込み方法や特典については下記の記事をご覧ください。

まとめ

調査結果から、高齢者の「運転免許自主返納制度」への認知度は非常に高いものの、運転をやめる年齢は80歳になってからと、まだまだ運転意欲が高いことがわかります。

また、たとえ高齢者であっても交通手段として自動車が必需品であり、車から離れられない高齢者がいることも確かです。

今回の調査に「運転経歴証明書」に関する質問事項はありませんでしたが、「運転経歴証明書」の認知度と利用が広がれば、運転免許自主返納制度を利用する高齢者も増えるのではないでしょうか。

関連するキーワード


運転免許

関連する投稿


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。


運転免許の最初の一歩!仮免取得までの道のりとは

運転免許の最初の一歩!仮免取得までの道のりとは

車を運転したい!そう思い自動車学校の門をくぐったら、まず先に乗り越えなければならないハードル…それが仮免ですね。構内でひたすら地道に練習。もちろん実技だけではなく、運転する上で知っておかなくてはならない知識も習得し、学科試験もクリアしなければなりません。この記事では、仮免をとるまでに行わなければならないことから取得時までに覚えておかなければならない必須の知識、さらに実際の仮免試験をうけるまでの過程や試験時に気を付けるべきことまでしっかりご紹介していきます。


免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

免許取り消しになる点数や期間、講習から再取得の方法について徹底解説

交通事故や道路交通法違反を起こし免許取り消し(免取り)になる点数や欠陥期間、事故、違反後の通知から取消処分者講習の内容、再取得の方法について等をわかりやすくまとめて掲載しています。


仮免学科試験って落ちやすいの?合格率は?コツや合格する方法は?

仮免学科試験って落ちやすいの?合格率は?コツや合格する方法は?

免許取得のために必要となる仮免許試験には技能試験の他に学科試験が課されます。仮免学科試験にはどのような問題があり、どのような勉強をすれば合格できるのでしょうか。また気をつけるべき部分や学科試験の合格率はどのようなものなのでしょうか。今回は仮免学科試験にまつわる気になる部分を解説していきます。


【教習所の卒業検定】学科や実技の内容や合格のコツは?減点項目も紹介

【教習所の卒業検定】学科や実技の内容や合格のコツは?減点項目も紹介

卒業検定では、10人に1人は落ちると言われています。事実、卒業検定に落第したという話は珍しくありません。しかし、実際にはどれくらい難しい内容なのでしょうか。また、卒業検定の合格率や試験の流れ、試験時間、不合格後の対処はどのようなものなのでしょうか。今回はそれらの卒業検定の実態をご紹介します。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。