目次へ戻る

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2018年に60周年をむかえたスーパーカブ。

カブというと、配送屋さんが乗っているイメージを持っている方も少なくないかと思います。
しかし、実は現代の街並みにとてもマッチするデザインで進化を続けています。

印象的な愛らしい丸目のヘッドライトと安心充実の装備。それに可愛らしいカラーリングに注目してください。大きく印象が変わると思います。

燃費はWMTCモード値(クラス1)で69.4km/hととても省燃費、経済的にも可愛い(優しい)マシンです。

サイズは全長1,860mm×全幅695mm×全高1040mmとなっています。

新車価格は236,500円です。

【注意事項】原付バイクの道路交通法

さて、ここまで色々な原付バイクをご紹介いたしましたが、実際に道路を走る際の注意点 原付バイクに設けられた道路交通法に関してお話しして最後にしたいと思います。

まず、原付バイクでは道路の制限速度に関係無く30km/hが法定速度となっています。また、他の車両よりも遅い速度制限のため、2車線以上の道路の場合は左車線を走行する事がルールとなっています。

次に二段階右折に関してです。原付バイクで信号のある交差点を右折する場合、交差点の状況によっては二段階右折が義務付けられます。

面倒だとは思いますが、周囲の車の走行を妨げないよう、そして何よりも自分自身の身の安全のため必要なルールです。

そして、原付バイクでの二人乗りは禁止されています。
二人乗りをしたい場合は、原付バイクでも排気量が51cc以上の原付2種以上のバイクでないといけません。

原付2種は1種とは免許が異なります。教習所に通う必要がありますが、30km/hの速度制限がなく、二段階右折の必要もなくなります。

最初は1種の免許で50cc以下の原付バイクに乗ってみて、慣れてきたら2種以上の免許取得を志す人も多いです。

まとめ

原付バイクは手軽に乗れて、経済的な負担も低く、とても利便性が高い乗り物です。
ぜひ、あなたの日常に原付バイクを取り入れた生活を想像してみてください。

バイクの免許に関する情報はこちらから

免許関連の記事リンクはこちら

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


バイク

関連する投稿


【初心者必見】バイク免許の種類、費用をご紹介!

【初心者必見】バイク免許の種類、費用をご紹介!

颯爽と風を切り走るバイク、ちょっとそこまでお買い物に使うバイク、何かと便利で小回りの利くバイクに乗りたいと思ったことがある方は多いのではないでしょうか?今回は、バイクの種類や費用の相場などについて詳しく解説します。


タンデムとは?タンデムにおすすめのオートバイも紹介!

タンデムとは?タンデムにおすすめのオートバイも紹介!

オートバイの二人乗りは法令でも許されています。そして、この二人で乗車することを通称タンデムと呼びます。今回は、このタンデムについて詳しく解説すると共に、タンデムにおすすめのオートバイもご紹介します。


原付でツーリングへ行こう!持ち物や適した服装をご紹介

原付でツーリングへ行こう!持ち物や適した服装をご紹介

鬱陶しい梅雨が明けたら、ツーリングのベストシーズンの到来です。準備を整えて原付ツーリングへ出掛けましょう。


【道交法改正】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

【道交法改正】原付二種(AT小型二輪)が最短2日で取得可能に!

警察庁は2018年7月に原付二種免許(AT小型二輪)に関する道路交通法施行規則を改正しました。これによって普通免許保持者が原付二種免許(AT小型二輪)を取得する際に1日に受けられる時限数の上限が引き上げられ、原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日となったのです。本記事では、施行規則改正前後で何が変わったのか、また改正の意図は何なのかを説明します。


【おすすめ10選】バイク乗りはバイクブーツでオシャレに安全に!

【おすすめ10選】バイク乗りはバイクブーツでオシャレに安全に!

バイクを乗るとき、どんな靴が適しているのかわからないという方も多いでしょう。そんな方にはバイクブーツがおすすめです!バイクブーツとは、バイクに乗る際の事故防止や乗りやすさのために開発された靴です。今回はバイクブーツの必要性からおすすめ商品までをご紹介しますので、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。