目次へ戻る

ランボルギーニ ウラカンに改良版ウラカンエボが登場!!

ランボルギーニ ウラカンに改良版ウラカンエボが登場!!

ランボルギーニは1月7日、『ウラカンエボ』 (Lamborghini Huracan EVO)を発表しました。同車は、ランボルギーニの主力モデル、『ウラカン』の初の大幅改良モデル。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。


ランボルギーニ ウラカンに改良版ウラカンエボが登場!!

ランボルギーニは1月7日、『ウラカンエボ』 (Lamborghini Huracan EVO)を発表しました。同車は、ランボルギーニの主力モデル、『ウラカン』の初の大幅改良モデル。

大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。

ランボルギーニ ウラカンエボ エクステリア画像

ランボルギーニ・ウラカン・エボ

ランボルギーニ・ウラカン・エボ

ランボルギーニ・ウラカン・エボ

ランボルギーニ・ウラカン・エボ

ランボルギーニ ウラカンエボ インテリア画像

ランボルギーニ ウラカンエボ

ランボルギーニ ウラカンエボ

インテリアは、コックピットのセンタートンネルに8.4インチの静電式マルチタッチスクリーンシステムが新たに装備された。従来のボタン類をデジタル化し、指でタッチするだけで、全てのドライビングダイナミクスの制御とエンターテインメント機能の操作が可能だ。リアルタイムの交通情報の受信やドライブモードに合わせた室内灯の設定もできる。2台のビデオカメラを備えた新テレメトリーが運転技術の向上に貢献する。内装の仕上げには、高品質の素材が採用されており、レザーカバーにはアルカンターラのほか、ランボルギーニが開発した特殊なカーボンファイバー素材「カーボンスキン」が初設定されている。

ランボルギーニ ウラカンエボ エアロダイナミクスを向上

ウラカンエボのデザインは、ウラカン本来のフォルムを変えることなく、エアロダイナミクス性能を向上させるデザインとしています。

また、Y型スタイルのフロントバンパー、名車『カウンタック』にインスパイアされたフードのカッティングデザイン、『ムルシエラゴ』を彷彿とさせるサイドスカートのエアインテーク、ランボルギーニ高性能モデルに由来するリア中央に配されたハイポジションエグゾーストなどが特徴。

20インチのホイールは新デザインで、ランボルギーニのカスタマイズプログラム「Ad Personam」から、新たなボディカラーが用意されます。

エアロダイナミクスに関しては、フロントリップスポイラーがアンダーボディへの空気の流れを促進し、新デザインのディフレクターも採用。

これにより、ダウンフォースを増したほか、新デザインのリアスポイラーが空力性能を引き上げています。

エンジンも強化!

ミッドシップには、改良版の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載しました。

また、最大出力は610hpから640hp/8000rpmへと、30hp強化。

最大トルクも57.1kgmから61.2kgm/6500rpmへ、4.1kgmの強化を果たしています。

駆動方式はフルタイム4WD。

ウラカンエボは、0~100km/h加速2.9秒、最高速325km/hというパフォーマンスを実現しているとのこと。

ランボルギーニがもっと気になる方はこちら

関連するキーワード


ランボルギーニ ウラカン

関連する投稿


ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニ ウラカン 価格・中古価格・性能・気になる評価は?

ランボルギーニのウラカン。ウラカンはランボルギーニの中でもヒット作と言われるガヤルドの後継車として登場しました。2シーターのV10ミッドシップカーです。クーペ、スパイダーがあり、クーペには高性能グレードとしてペルフォマンテが設定されています。本記事では、そんなウラカンの 価格・燃費・性能・気になる評価についてもまとめています。


ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニ ガヤルドってどんな車?中古価格・性能・評判・名前の意味は

ランボルギーニのガヤルドとは、2003年-2013年までランボルギーニが製造していたスポーツカーです。ランボルギーニの歴史の中でも最もヒットした車種と言っても過言ではないガヤルド。本記事では、そんなガヤルドの中古価格・性能・評判・名前の意味などについてまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

ランボルギーニは3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、『アヴェンタドールSVJロードスター』(Lamborghini Aventador SVJ Roadster)を初公開しました。


1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

1年越しのフルレストアで蘇ったランボルギーニ ミウラ|レトロモビル2019

2019年2月6日、フランスで開催された「レトロモビル2019」にて、フルレストアしたランボルギーニのスーパーカー「ミウラ」を、オーナーであるジャン・トッドFIA(国際自動車連盟)会長に引き渡したと発表しました。画像と共にお届けします。


ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

ランボルギーニ・ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

スーパーカーと言えば、カウンタックというほど名車となっているランボルギーニの出世作。名車カウンタックの最終形とも言えるのが、この「ムルシエラゴ」です。アウディ傘下に入って最初に発売された車種でもあり、ディアブロの後継車となるフラッグシップカー。ムルシエラゴの特徴やスペックを、モデルの歴史と共に紹介します。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。