目次へ戻る

ベンチシートって…?おすすめの軽自動車・外車・普通車も合わせて紹介

ベンチシートって…?おすすめの軽自動車・外車・普通車も合わせて紹介

車のベンチシートとはどのような形状のシートなのかの説明と、軽自動車、普通車、外車からベンチシートのおすすめ車種をそれぞれ3車種、特徴や新車・中古車価格などについてを紹介しています。ベンチシートの車の購入を検討している方は是非参考にしてみてください。


車のベンチシートってどんなもの?

ベンチシートとはその言葉のとおり、ベンチのように席と席の間に隔たりのない長い椅子(シート)のことをさします。

逆に運転席と助手席のように分かれているシートのことをセパレートシートといい、ミニバンや大型SUVの後列で利用される肘掛のある一人掛けシートをキャプテンシートと呼びます。

国産車の場合、前席はセパレートシートで後部座席はベンチシートを採用する車種が多いですが、実はこのベンチシートが車選びの際に、こだわりを持って探す方がかなり多いです。

ベンチシートのメリットとデメリット

ベンチシートのメリットですが、1点目は車内が広くなるという点が挙げられます。

ベンチシートになることにより、サイドブレーキやシフトレバーなどがハンドル側のインパネに装備されるため、運転席と助手席の間にサイドブレーキやギアがあって狭く感じるということがなく、すっきりします。

2点目としては、左右への移動が楽にできるので、狭い駐車場などに駐車した時など運転席側ドアが開けられない状況になった場合、助手席側にスムーズに移動して出ることができます。小さなお子様を助手席に乗せる場合には、距離も近く感じるので、安心感もあり好評なようです。

逆に、ベンチシートのデメリットは、体をしっかりとホールドできないため、カーブなどで曲がる際に体が滑りやすくなり、長距離のドライブやスポーツ走行には不向きな点が挙げられます。

また、他にも少数意見ですが、後部座席に置いた荷物を取りたいときなどが、取りづらく不便に感じることがあるようです。

ベンチシートのおすすめ普通車

もともと車内が広いセダンタイプより、コンパクトカーにベンチシートが多く採用されています。
その理由としては、前述したメリットでベンチシート車の良い所で車内が広く感じる事ができます。
その特徴を活かし、元々車の大きさが小さなコンパクト車や軽自動車にベンチシートを設定することによって、狭い車内が広く感じる事ができるからです。

日産 キューブ

価格:1,620,000円(税込)~
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したキューブは、ボディカラー同様、ベンチシートやインテリアも選べ、自分好みにデザインできます。フロントシートの座面にはスプリングが内蔵してクッション性を高め、ソファのような座り心地を得られるようになっています。

ダイハツ ブーン

価格:1,177,200円(税込)~
ブーンは低価格・低燃費が売りのコンパクトカーです。ベンチシートの採用により、広い室内空間が一層広く感じられます。ロングホイールなのでフロントもリヤシートも伸び伸び快適空間が実現。軽自動車より広い室内空間と小回りの効く車の大きさで人気の車種です。

トヨタ パッソ

価格:1,177,200円(税込)~
ダイハツからOEM供給を受けているトヨタのパッソ。

見た目はもちろん、衝突回避アシストなど安全性能にもこだわって作られています。軽自動車のようにコンパクトなので女性にも運転しやすく、室内空間も広々。

運転する人と助手席に乗る人が並んで座れるフィット感の良いベンチシートは、身体のサポートはもちろん、安定した座り心地を得られます。

ベンチシートのおすすめ軽自動車

狭い車内が広くなるため、多くの軽自動車がベンチシートを採用しています。

日産 デイズルークス

価格:1,317,600 円 (税込)~
サイドドアはオートスライドドアを採用し、小さなお子様を抱っこしながらでも楽にドアを開閉できます。シート表皮に防水加工が施され、お子様の食べこぼしてなども、さっと拭くだけできれいにすることが可能です。

室内高も140cm広々としていて乗り降りも非常に楽に行えます。

ダイハツ タント

価格:1,220,400円(税込)~
リアドアにスライドドアを採用したことで、荷物を持ったままでもドアの開け閉めが楽にできるので、小さなお子様を持つママにも人気があります。
フロントとリヤドアの境の柱が無いので、大きな荷物を載せる時などにも安心な瀬敬です。

スズキ ワゴンR

価格:1,350,000円(税込)~
シートアレンジすることで大きなものも積み込むことが可能です。運転席と助手席の背もたれは個々になっているため、背もたれが身体をホールドする機能もあるシートになっており長時間のドライブも快適に過ごせます。

ベンチシートのおすすめ外車

外車だと、昔、特に1990年代以前は大きなセダンタイプのアメ車にベンチシートが設定されていることが多かったです。
ですが、1990年代以降は安全面を考慮して、徐々に生産数が減ってきました。
2010年以降、特に最近ではアメ車でもベンチシートは少なくなっています。

ダッジ ラムトラック

価格:中古で約500,000円(税込)~
アメ車ならではのハイグレードな高級仕様のラムトラック。本革のフロントベンチシートは、助手席と運転席の間にセカンドシートがある形で、背もたれを倒すとひじ掛けなるので便利です。2mを超える車幅ため、ベンチシートになるとより一層車内が広く感じます。

米国 トヨタ タンドラ

タンドラ2018年型のTRDスポーツ

価格:中古で約700,000円(税込)~
タンドラのベンチシートはとても利便性が高く、背もたれをたたむとカップホルダーやちょっとした机として使えたり、座面を開けると小物入れスペースがあり、人気となっています。

シボレー MW

価格:中古で約200,000円(税込)~
スズキとゼネラルモータースのコラボ車で、ワゴンRプラスをベースとしてデザインされたOEM車です。発売は2010年までと現在は生産されていませんが、ワゴンRプラスがベースということもあり、国産車並みの技術力が詰まった人気の車種です。

まとめ

車内が広く感じるという特徴から、コンパクトな車も大きく感じられるという嬉しい効果や、お子様をお持ちのファミリーにはお子様との距離を近く感じられるという部分から、ベンチシート車の人気が伝わったのではないでしょうか。

自動車という限られたスペースの中でいかに快適に過ごすかはカーライフにおいて大きな課題だと思います。車内を広く使いたいと考えている人は、ぜひ自動車選びの参考になさってください。

関連するキーワード


軽自動車 コンパクトカー

関連する投稿


三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車はあまり見かけることが少ないかもしれませんが、実は最近三菱は新型を発表しています。その新型は使い勝手の良さをアピールしており、人気が出てくると思うので今回はその三菱の軽自動車の魅力について見ていきたいと思います。


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

みなさんはダイハツのハイゼットカーゴをご存知でしょうか。 ハイゼットカーゴはダイハツの数ある車種の中でも歴史の長い車種になります。本記事ではハイゼットカーゴの気になる情報をまとめています。


トヨタ タンクの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタ タンクの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのタンクは、1LD-CARがコンセプトになっているトールワゴン型のコンパクトカーです。リビングとダイニングを掛け合わせたこだわりのデザインも人気を集めており、乗り心地を重視するだけでなく、快適さを求める方からも高評価です。本記事でじゃそんなタンクについてまとめています。


日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車はOEM車は日産と三菱の出費で株式会社NMKVが作って販売しています。NMKVとはどんな会社なのか、ハイブリットやEV、安全装置はどうなっているのか性能や内容を詳しく解説します。売れ筋の新型車両にもぜひ注目してください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。