目次へ戻る

三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車の魅力とは? 中古から新型まで人気車種をご紹介!

三菱の軽自動車はあまり見かけることが少ないかもしれませんが、実は最近三菱は新型を発表しています。その新型は使い勝手の良さをアピールしており、人気が出てくると思うので今回はその三菱の軽自動車の魅力について見ていきたいと思います。


三菱の軽自動車

現行の三菱・軽自動車は、ワンボックスカーのタウンボックス以外の車には、ekの名前が付けられています。

・ekワゴン
・ekクロス
・ekスペース
・ekスペースカスタム
・タウンボックス

以上が三菱の軽自動車のラインナップです。

その他にも商用車を3台製造しています。
ミニキャブ・ミーブ ミニキャブ・バン ミニキャブ・トラック

三菱の軽自動車の新型

三菱の軽自動車は2013年以降にはekワゴンがフルモデルチェンジしたことを機に、その後のekワゴンは日産と三菱の合弁会社「NMKV」が担当する事となりました。

(株)NMKVは三菱と日産の共同出資で立ち上げられた合弁会社です。この会社は両社の軽自動車を開発・企画するための会社です。

新型のekシリーズは岡山県倉敷市の水島工場にて生産されております、またこの工場では日産のデイズも生産されています。この会社は三菱・日産・NMKVの3社で作られました。

新型eKワゴンについて

三菱はフルモデルチェンジされた、ekワゴンを3月末に発売開始致しました。ekワゴンは日産デイズと共に、共同開発された兄弟車でもあります。同日発表されたeK X(クロス)なども、アップデートされて登場しています。

新型三菱eKワゴンの主な変更点

・eKワゴンクロスオーバーとなる、eK X(クロス)を新設定

・新世代のインテリア・エクステリア、デザインを採用

・マイルドハイブリッドシステムを採用した結果の燃費を向上

・新世代ロングストロークエンジンの搭載

・安全装備に日産(プロパイロット)の三菱バージョンとなるMI-PILOT(マイパイロット)を採用
MI-PILOT、マイパイロットとは、三菱自動車初の高速道路同一車線運転支援技術であります。

・軽自動車では初採用となる、デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)を採用

・急病時などに対応する軽自動車初のSOSコールスイッチを設定、事故発生時のエアバッグ展開と連動して、専門のオペレーターが警察や消防への連携をアシスト・サイド・カーテンエアバッグを全車に標準装備

・スリップした駆動輪にブレーキかけ脱出をサポートする(グリップコントロール)
を搭載

新型ekワゴンは、最新のパワートレインと最先端の衝突安全強化ボディ

安全対策としてe-Assistの愛称で次の機能を採用しており、

・踏み間違い衝突防止アシスト
・車線逸脱警報システム(LDW)
・車線逸脱防止支援機能(LDP)
・衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
・オートマチックハイビーム(AHB)

このe-Assist以外にも

・エマージェンシーストップシグナルシステム(ESS)
・アクティブスタビリティコントロール(ASC)
・デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)
・マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)
・ヒルスタートアシスト(HSA)
・ブレーキアシスト(一部タイプ別装備)

また、新型のekワゴンには、新世代直列3気筒660ccのエンジン「BR06」が搭載されています。種類は3種類となっており、全てBR06型エンジンがベースとなっています。パワートレインについては下記を参考にしてください。

・2WD/M/CVT
・2WD/G/CVT
・4WD/M/CVT

また、「BR06」の構成は下記の通りとなっています。

・自然吸気エンジン
・直列3気筒660cc
・出力:52ps/6.2kgm
・駆動方式:FF or 4WD

新型eKワゴンEV

発売が噂されていた、新型eKワゴンEVの登場は今回は見送られ、2020年に発売予定とのことです。

三菱は現在「i-MiEV」という名前でEV車を販売していますが、2020年にいよいよ名前の知れ渡っている車にEV車を搭載して販売予定です。

その候補としてeKワゴンが候補に挙げられています。この車の成功の鍵は充電時間の短縮と航続距離の長さにかかってくるでしょう。

三菱の軽自動車の中古車

数年前に世間を賑わせた三菱の不正問題による影響は少なからず出ていて、他社の軽自動車で特にダイハツやスズキなどの同グレードの車に比べると、若干安くなっています。

これは車種の種類や三菱の車の特に軽自動車の選択肢がそれほど多くないといったことも、大きく作用していると思われます。

しかしこのことを言い換えると、安くて状態が良い中古車が入手しやすいと言うことかも知れません。

三菱の軽自動車の評判

三菱の軽自動車の評判はどうなのでしょうか。

このクラスではダイハツ・スズキの2大ブランドと比較するとやはり分が悪い感じは否めません。三菱と言えばやはりデリカやパジェロといった車を想像する人が多いかと思われます。

一般的な意見としては、内装に関してはおおむね好評ですが、エクステリア・パワートレインの部分で少し物足りなさを感じている方もいるようです。

三菱の軽自動車の人気

残念ながら、軽自動車というくくりではやはり他社に一歩譲る事になりますが、少し古くなりますがパジェロ・ミニなどは根強いファンがいる事は事実です。

i-MiEVなどはEV軽自動車のはしりとして人気を得ています。ただし現行車種はまだまだ選択できるほどの種類が多くないといったことは、やはり人気にも影響を与えていることは確実です。

2020年発売予定のekワゴンEVなどが発売されますと、三菱の人気がより高まる可能性は大きいと思います。

ekスペース

ekスペースも完全にフルモデルチェンジした車です。ekワゴン同様に2019年3月に新型ekスペースとして登場しました。

スーパートールワゴンのトッポの後継機として登場しましたが、トッポが三菱独自の開発モデルであったのと違い、新型ekスペースは日産と共同で設立した合弁会社NMKVによる設計であることは、大きな違いです。よって日産の”デイズルークス”は兄弟車になります。

ekスペースには3つのグレードがあります。

・eKスペース
・eKスペース カスタム
・eKスペース ACTIVE GEAR

また各グレードの中にも数種類のモデルがあります。

eKスペースは、M e-Assist・G Safety Package/T Safety Packageの構成ですが更に、特別仕様車のG Safety PLUS Editionが存在します。eKスペースは新世代直列3気筒660ccのエンジンBR06が搭載さtれ、ターボエンジンの設定はありません。

eKスペース カスタム
基本的なグレード構成は、ノーマルグレードの”G”とターボエンジン搭載の”T”があります。また特別仕様車として”T Safety PLUS Edition”が設定されております。

eKスペース ACTIVE GEARとは

eKスペースカスタムの”T safety Package” をベースにアウトドアを意識して、飾られたレジャーシーンで映える特別仕様車です。

特別装備品

・フロントグリル(ブラック・オレンジアクセント)
・ACTIVE GEAR専用デカール、フロントバンパー/サイドスポイラー/テールゲート
・ACTIVE GEAR専用デカール(オレンジ)
・アルミホイール(ブラック)
・LEDターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(オレンジ)
・テールゲートガーニッシュ(ブラック)
・本革巻ステアリングホイール(オレンジステッチ)
・ACTIVE GEAR専用デカール<センターパネル

以上が装備されます。

三菱軽自動車、アイと4wd

本来三菱にはekというFFの軽自動車をラインナップさせていましたが、新たにリアミドルシップという特殊なエンジンレイアウトの軽を誕生させました。

このエンジンマウントの結果、全長2550mmという軽自動車では長い部類のロングホイールベースを実現しています。

全車に搭載されるエンジンは連続可変バルブタイミング(MIVEC)、直列3気筒DOHCインタークーラーターボエンジンであり、トランスミッションは4速オートマティックのみです。装備の違いで下よりS・M・Gのグレードがあり、それぞれに4WDとMRの設定があります。

4WDの乗り心地はスペックを見ればお気づかれになると思うのですが、最高出力64ps/6000rpmで最大トルク9.6kg-m/3000rpmという低回転域で最大トルクが発生しています。

この事はいわゆるドッカーンターボではないですが、低速より気持ちよくふけ上がってくれる、心地よい乗り心地を味合わせてくれるエンジンです。

三菱でスライドドアがある軽自動車

昨今のスライドドアの充実ぶりは目を見張るものがあります。現在日本では軽自動車の約40%がスライドドアの車であると言われています。

三菱の軽自動車でも最近では、eKスペースやeKスペースカスタムなどはスライドドア搭載車です。

三菱軽自動車でターボ搭載されている車

代表的なモデルとしてはeKクロスが挙げられます。他にもekスペース・eKスペースカスタム・eKスペース ACTIVE GEARなどにもターボ車が用意されていますが、ekワゴンにはターボ車が準備されていません。

三菱軽自動車、トッポ

三菱トッポは1990年から2013年までの間生産されていた、三菱の軽自動車のトールワゴンです。歴代3回のマイナーチェンジが行われ初代から4世代目までのトッポが販売されていました。初代のトッポはミニカのハイルーフ仕様という位置づけでした。

二代目トッポは1993年の9月に発売され、この世代より車高が標準より70mm高いモデルが発表され、現在のスーパーハイトワゴンの先駆者的な位置づけの車でした。

三代目のトッポは、今モデルからミニカから完全に独立したモデルとなり、1998年から2005年まで販売されました。

この年から軽自動車の枠を超えた1.1リッターモデルのトッポBJワイド発売されましたが余り販売実績は芳しいものではなく、生産年数わずか2年で生産終了となってしまいました。

トッポ最終型
トッポBJ生産終了から3年後の2008年に発売された4代目トッポは、開発費なども問題もありekワゴンなど既存のモデルからパーツの約60%程度流用する形になり、設計の見直しが行われました。

その結果、ベースとなったekワゴンなどより、安全性・高剛性・燃費の向上などが見られるようになりました。

三菱軽自動車のミニカ

三菱というよりも日本の軽自動車の、草分け的存在です。初めてミニカが登場したのは1962年でした。

三菱360をベースに非常にベーシックなモデルとして登場しましたが7年後のメジャーアップデートで大幅にデザインを修正していき、若年層にうけのいいデザインに変更され、その後のミニカに大きな影響を残しました。

ミニカは1998年の最終モデルをもって販売終了しましたが、その歴史は49年間と長きにわたり三菱の軽自動車の、中核を維持してきた車です。

三菱軽自動車のOEM

Original Equipment Manufacturingを略してOEMと呼び、三菱もこのOEM車を製造しています。OEMとは三菱ブランドのekワゴン車を日産デイズとして販売するという風に、自社生産した車を他社制の車として販売契約することを指します。

OEM車のメリット

開発費などを掛けずに、販売車種を増やせるといったメリットがあります。例えばスズキのワゴンRの様な人気車種を、開発・製造コストを掛けずに販売できるならどのメーカーも販売したいはずです。ワゴンRはマツダのフレアとして販売され、それなりの販売実績を残しております。

また製造・販売するメーカーは、販売先のメーカーからロイヤルティが入ってきたり、純粋に販売台数を増やすことが出来たりと、双方共にメリットが大きいからです。

三菱のOEM車カタログ

・日産デイズ
日産デイズはekワゴンを基に日産が販売している最も有名なOEM車の一台です。

・日産デイズ・ルークス
デイズ・ルークスはekスペースの日産ばんOEM車です。

・NT100クリッパー
こちらは三菱のミニキャブバンとミニキャブトラックの構成になります。

・日産オッティ
こちらはekワゴンが開発される以前に販売されていた車です。

まとめ

以上の様に三菱の軽との付き合いは古く、そして実績も確かなものを持っています。現在では日産との合弁会社(NMKV)を通じて日産の技術や果てにはルノーの技術の導入も見られます。今後も三菱の軽は着実に堅実に進歩していくことは、疑いようがないでしょう。

関連するキーワード


三菱 車種情報 軽自動車

関連する投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


あなたはどの軽にする?おすすめ軽自動車まとめ ハスラー ウェイク スペーシア 

あなたはどの軽にする?おすすめ軽自動車まとめ ハスラー ウェイク スペーシア 

軽自動車は税金が安いため、根強い人気がありますね。しかし軽自動車と一言でいっても種類は様々。メリットはなにがあってどうして人気なのか、あまり詳しくない人もいるかもしれません。そんなあなたにはぜひ、このまとめがオススメです。オススメの人気軽自動車を紹介します!


【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


最新の投稿


スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキの軽自動車「ジムニー」の燃費や性能、価格も含めてご紹介していきます。これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。