目次へ戻る

アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディS3とは、まさに正しくぶれない車の進化の過程をたどりつつ成長している車です。ベースとなるアウディA3という一つの完成された車をもう一歩先の車に成長させることに成功した、素敵な車であると言えるでしょう。本記事ではアウディ S3についてご紹介します。


アウディS3とは?A3の高性能バージョン!?

アウディのA3とは、アウディが発売しているハッチバックおよびセダンです。

このA3の中の、高性能バージョンがS3になります。

アウディのA3初代モデルは1996年より発売されていて、日本では1997年から発売されていますが、初代モデルのS3は2001年モデルが210PS、2002年モデルが225PSという最高出力でした。

アウディ S3の新車価格と中古市場

アウディS3の新車価格はセダンで約600万円からスポーツバックもおよそ600万円からラインナップされています。

中古価格は車の状態により変わり、国内にも中古車は多くあります。

状態や年式にもよりますが、おおむね300万円位が平均中古価格でしょうか。

アウディ S3のスペック、チューニング後の加速

マイナーチェンジを繰り返しているためエンジン・インテリアは確実にアップグレードされています。その結果、エンジントラブルなどが軽減されています。

S3はA3のチューニングモデルですが欧州モデルと日本国内モデルには違いがあり、加速の感じ方も変わります。そして、よく比較されるゴルフとは同じプラットフォームを採用しています。

代表的なアウディ S3セダンのスペックは

初代アウディS3は1.8リッター直列4気筒ターボを搭載していました。

出力は225Ps・トルクは28.5kgと強力でしたが、最終系のS3モデルでは2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載して出力290Ps・最大トルクが38.8kgとさらに強力になり、非常にコンパクトながらパワフルなエンジンに進化しています。

最大トルクが1.850rqmというロー回転から発生するエンジンは、1.5トンの軽量ボディを軽々と加速させていきます。

また、クワトロと呼ぶ4WDシステムやスポーツサスペンション、18インチホイールによって固められた足回りがサーキットやワインディングを軽快に駆け抜けます。

アウディ S3のチューニング

元々アウディA3をベースにメーカーチューニングされたS3ですので、A3と比べること自体があまり意味を持たない事かもしれません。

100Psの違いは、この軽量コンパクトカーにおいてはすでにかなりの性能差であり、加速に関しても同様に異なります。つまり似て非なるものではなく、全く違う車という認識が必要です。

アウディS3 故障する原因

外車(海外メーカー車)は故障が多いとよく言われますが、これは運転する環境によります。国内の信号機とストップ&ゴーの多さ、夏冬での寒暖の差が激しい事、湿度の高さなどが海外メーカー車の故障の原因となっています。

また、海外メーカーは車の価格が高いので中古車を購入していることも故障の要因の1つともいえるでしょう。そのため、S3だから故障するという事実はなく、加速性能の高さも故障率の高さには関係はないのです。

アウディ S3のエンジン音はうるさいか

低速域のエンジン音は静かで高速域に入ってもうるさくはなく、はっきりとしたエンジン音が特徴です。A3と比べると確かにエンジン音は大きく感じますが、エンジンから発せられる音は単なる音とは違うので車好きの方ならこの音が好きという方も多いかもしれません。

更にエンジンから吐き出されるエキゾーストは、多くの人を車に惹きつける大きな魅力の一つです。アウディS3のエンジン音やエキゾーストノートも決して不快に感じるものではありません。

アクセルを踏めば踏むほど的確にスピードを体感しそのエンジン音は安心感を与えてくれることと思います。

アウディ S3と兄弟関係のゴルフRとの違いは

基本的な構造は同じですが、着座姿勢が低く設定されているS3の方がスポーティな感じを受けます。兄弟車と呼んでもおかしくはないですが、俗に言うOEMとは仕組みが異なっていて、戦略的にも違う位置づけになっています。

また、その着座姿勢の低さにより体感的にもスピード感が味わえます。同じスピードで走っていてもエンジン音さえ上品に感じることでしょう。

先進的なデザインとスポーティさでS3という車の位置づけがよくわかる車です。

アウディ S3のエアロとマフラーの交換で燃費は

エアロを装着することで燃費が向上します。また、マフラーの交換は燃費が悪くなりますがパワーとサウンドをブーストさせることができます。

そして、エアロを交換することで車の印象は変わります。世界で一台のS3をつくることもできるので、お好みに合わせてエレガントにもスポーティにも変身させることが出来ます。

更にはホイールの交換と組み合わせることでよりバリエーションは増えます。エアロでエクステリアを変えて自分好みの愛車に作り替える楽しみは、より一層愛着が増します。

また、マフラーの交換は走る喜びを増幅させることにおいて不可欠なアイテムです。マフラーからエキパイと呼び名が変わることは、味わったものにしか分からない楽しみの一つでもある事は間違いありません。S3の精悍な後姿をより一層引き締めてくれるでしょう。

アウディ S3 バーチャルコックピット

Audiの最新技術であるバーチャルコックピットは、Audi S3に標準装備されています。アウディに最初にバーチャルコックピットを搭載したのはTTでした。

故障したらどうするのかという心配と画期的だという意見があり、結果的には懸念していたことにはならずに信頼性が上がって高評価になりました。画面が大きいため地図が見やすいことも特徴の1つです。

アウディ S3の試乗で見えてきた評価

アウディ S3セダン アーバンスポーツ リミテッド

外観デザインは抑制の利いた仕上げという印象。フロントバンパーやリヤのディフューザー、排気管、アルミホイール&タイヤなど、標準車のA3スポーツバックとはいろいろな部分が異なるが、これ見よがしのスポーティさではない。

S3スポーツバックの車両重量はけっこう重い。フルタイム4WDに加えてパワフルなエンジンの搭載などにより、A3スポーツバックに比べると200kgほど重い1520kgに達している。

搭載エンジンがパワフルなだけに走りはボディの重さに負けずとてもスポーティなものになる。動力性能は206kW/380N・mで、アクセルの踏み込みに応じて気持ち良くエンジンが吹き上がり、それに合わせて強い加速が伸びていく。S3ならではの走りの感覚である。

足回りはけっこう硬めだ。18インチの大径タイヤを履くこともあって、相当にしっかりした感じの乗り心地になる。高架道路の継ぎ目部分などを走るときには、ちょっと硬すぎると思えるほどだ。

まとめ

アウディS3とは、まさに正しくぶれない車の進化の過程をたどりつつ成長している車です。ベースとなるアウディA3という一つの完成された車をもう一歩先の車に成長させることに成功した、とてもよく出来た例と言えます。

関連するキーワード


アウディ 車種情報 S3

関連する投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

国内で根強い人気がある外車と言えば、輸入車メーカーのアウディです。アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。


スポーツクーペの「アウディR8」の歴史や燃費や中古価格など

スポーツクーペの「アウディR8」の歴史や燃費や中古価格など

カッコイイ「アウディのR8」はレーシング用のスポーツカーでもありました。その素晴らしい「R8」の歴史や概要、そして気になる燃費や中古価格をご紹介いたします。乗り換えをお考えの方は参考にしてください。


アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

ドイツの自動車メーカーアウディの「A3」の歴代モデルのスペックや燃費、中古価格などをまとめていきます。「A3」に乗り換えをお考えの方は、参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。