目次へ戻る

トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

コンパクトトールワゴンの原点となった「ラクティス」は、2006年から発売された車です。運転がしやすく、扱いやすく更に室内は十分な広さが確保されておりアウトドアなど様々な場面で活躍することができます。今回の記事では、トヨタ「ラクティス」の歴史や燃費に走行性能から、当時の新車価格と中古車価格などを詳しくまとめて解説していきます。


トヨタを代表するコンパクトトールワゴンの「ラクティス」

トヨタ「ラクティス」の国内での取扱いしていた販売店は、「トヨタ カローラ」「トヨペット」になっています。

「ファンカーゴ」の実質後継モデルとして、位置づけされ2005年10月に発売されました。
2代目・3代目ヴィッツがベースになり、トヨタにおける世界戦略車となり期待されていた車で「高速大容量スタイリング」をテーマに開発されました。発売から1ヶ月間で月間販売台数の、約3培の21,000台を受注しました。

その後も安定したセールスを維持しましたが、フルモデルチェンジした2代目モデルでは販売台数が伸びることも無く2016年8月31日に、販売終了の発表に伴いホームページの掲載を終了しています。

国内の販売以外に、欧州でも専用仕様があり2017年12月の翌年に発売が終了しています。

ファミリー向けで開発されたトヨタのラクティス

コンパクトボディで5ナンバーと聞くと「独身」のユーザーがターゲットかと思ってしまいますが、実際は 「ファミリー」向けの開発されています。赤ちゃんがいるヤングファミリーから、年配の方などあらゆる人に扱いやすい車です。

初代モデルが誕生した当初は、保守的なデザインでしたが販売台数は好調でスズキ「スイフト」や日産「キューブ」といい勝負でした。

2代目モデルが登場し、初代モデルのように販売台数が伸びることは無く激戦区のコンパクトカー市場で人気が再度でることはありませんでした。

広大なキャビンスペースで楽しむ事も可能

トヨタのラクティスの魅力は何と言っても「広くて快適な万能コンパクトカー」だという点です。

大人が4人乗車しても、快適に過ごすことができる室内空間は車中泊をすることも可能なので長距離移動やアウトドアに車中泊など色々な場面で活躍することができます。

2列目シートを倒し、クッションなどをひいて少し工夫するだけで178cmの大人が足を伸ばして、転がることができます。ラクティスのボディサイズからは、中々想像しにくいですが大人二人が横になって車内で休むことができます。

アウトドアなど、荷物が多くても積むことができ更に燃費も良くユーザーには沢山のメリットがあります。
座席を片方のみ倒せば、26インチの自転車を車に積むことができます。自転車を積んだ状態で、3人乗る事ができ室内空間が広いのが分かります。

2005年初代モデル「P100型」

2005年10月~2007年12月モデル

乗車定員    5人乗り
ボディタイプ  5ドアトールワゴン
エンジン    2SZ-FE型直列4気筒/1NE-FE型直列4気筒
排気量     1,296cc/1,496cc
変速機     CVT/4速AT
寸法      全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,640-1,660mm
車両重量    1,120-1,200kg
新車価格    139万~194万円
10・15モード燃費   14.8~18.6km/L

初代ラクティスは、「小さな排気量に広大な室内空間に低燃費」などのコンセプトが合わさり開発されました。使い勝手がよくロングドライブでも大人が4人乗車する状況でも、室内ではゆっくりできるスぺースが確保されています。
ボディサイズは、5ナンバーサイズで「都会派」のスタイリッシュばモデルで発売当初話題になりました。

2010年発売2代目モデル「P120型」

乗車定員    5人乗り
ボディタイプ  5ドアトールワゴン
エンジン    1NR-FE型/1NR-FKE型/1NZ-FE型
排気量     1,329cc/1,496cc
変速機     CVT
寸法      全長3,990mm×全幅1,695mm×全高1,585mm
車両重量    1,090-1,170kg
新車価格    138万~200万円
JC08モード燃費    16.6~20.0km/L

ボディサイズは、先代モデルと同じ5ナンバーサイズで室内幅が40mm拡大し、更に室内空間のスペースが広くなっています。
先代モデルでの室内の使い勝手やシートの改善点などに指摘があり、今回販売されたモデルではクッションの厚みやシートバックの 高さなどを改良されています。国内モデルでは登場しなかった設定「1.4Lディーゼルターボエンジン」は欧州のみ発売されています。

トヨタ ラクティスの外観と内装

フロントには、薄型グリルが採用され見た目はスポーティになっています。ヘッドライトにフロントグリルが直線基調のデザインになっているのでシャープでスッキリした雰囲気になっています。

室内のインテリアでは、奥行きのあるダッシュボードにメーターからインパネシフトやコンソールにかけて一体感を出すことができる造形になっています。

一部グレードでは、シートにステアリングやシフトノブなどに「オレンジ ステッチ」が採用され今までにないオシャレな空間になっています。
エクステリアに室内のインテリアは、どれをとっても「シンプル」で統一されています。

トヨタ ラクティスの燃費に走行性能などの評価

帰省のため往復400キロ内20キロは地元田舎道で19.59/L記録。ちなみに最低限燃費は夏の8.54/L。クルコンで80キロ設定でした。夫婦、幼児、赤子、合計150キロ、帰りは米やら土産などでプラス40キロ、荷物パンパンでした。まだまだ行けるぞ!

ラクティスの燃費は、エアコン仕様や走行する距離によって左右されやすいです。乗車人数に荷物の量などで、燃費が悪くなってしまいますが5ナンバーサイズの車種の中では燃費が高いので年間のガソリン代を抑えることができます。

トヨタ ラクティスの中古車

2005~2010年 初代モデル
新車価格    139万~194万円
中古車価格  24.9万~124万円

2010~2016年 2代目モデル
新車価格   138万~200万円
中古車価格  35.7万~169万円

ラクティスの中古車の台数の数は多いです。年式によってお手頃の価格で購入することができ、探せば走行距離が少ない車も探すことが可能です。2010年以降のモデルになると、初代モデルとの装備やエクステリアにインテリアなどが異なっているので購入する時は、どこが違うのかなど事前に調べるのをお勧めします。

まとめ

トヨタの「ラクティス」は、5ナンバーサイズの扱いやすいボディに高い燃費性能や走行性能を求めることができます。見た目がシンプルすぎて「薄い存在」と一部から言われてきたラクティスですが室内空間や収納など、しっかり確保されており使い勝手がいいです。中古車の台数も多く、中古車価格の設定も低くなっているので、購入がしやすくなっています。

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。