目次へ戻る

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

今日も日本中でたくさんの軽商用車が仕事で活躍しているわけですが、その中でもスバルのサンバーは「農道のポルシェ」との呼び声も高い名車として知られています。今回は生産終了後も人気の高いサンバーの燃費や性能を紹介していきます。これからサンバーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


スバルのサンバーってどんな車?

サンバーバン

サンバーバン

サンバートラック

サンバートラック

1961年、スバル(発売当時は富士重工業)からサンバーという名称の商用車が発売されました。当時のスバルは1958年にスバル360という史上初の大衆軽乗用車の販売を成功させており、次にスバルが目をつけた車種は軽トラックでした。日本の狭い道に適応できる車両は安定して販売できるモデルになると考えたのです。

そこでスバルはスバル360をベースとしてサンバーの開発を行いました。1959年末には試作車両が作成され、1960年には東京の赤坂プリンスホテルで発表会が行われています。

ちなみに、サンバーとはインドや東南アジアの湿地に生息するシカ科の動物のことで、日本語では水鹿(すいろく)として知られています。悪路を行くことが多いこの車にはよく合っている名前ではないでしょうか。

スバル360

スバル360

スバル360

サンバーはバンタイプとトラックタイプがある

サンバーはこれまでバンタイプ・トラックタイプが発売されており、それぞれ「サンバーバン」、「サンバートラック」と呼ばれています。どちらのモデルにも共通する2つの特徴が見られ、それらの特徴はサンバーを他の商用車とは違う独特の車に仕上げています。

まず、サンバーの特徴として第一に挙げられるものは、ラダーフレームの採用です。ラダーとは「はしご」を意味する言葉で、ラダーフレームとは車体の基礎となるシャシーがはしごのような形をしているものを指します。

ラダーフレームの採用によって、サンバーは低床化を実現できました。バンや軽トラックは荷物を積んで使う場合が非常に多く、床高が低ければ荷物の積み下ろしも楽になります。その点、初代サンバーは床面がわずか地上350mmという高さにあり、作業の利便性が高くなっていました。

過積載にも対応できるようになった点もラダーフレームの採用による恩恵に数えられます。初代サンバーはバンで250kg、 トラックで350kgまでの荷物を積むことができました。

しかし、サンバーを運用する職場では過積載をしなければいけない状況があります。例えば、農家では収穫した1t弱の米を軽トラックに乗せて運ぶ場合があり、そうした時にはトラックのシャシーに強い負荷がかかります。サンバーでは過積載時の利用も考えて、負荷に強いラダーフレームが使われていました。

サンバーはRR車だった

サンバーのもう一つの大きな特徴として、RR車であったことが挙げられます。バンではFF車またはFR車、軽トラックではFR車が大半を占めており、サンバーのようにエンジンを後ろに配置し後輪駆動方式を採用したタイプは稀です。

サンバーがRR車であった理由は、機動性を増すためでした。サンバーの前に発売されていたスバル360も同じくRR車であり、サンバーも同じ方式を踏襲したかたちになります。スバル360が売れる中で「RR車は運転がしやすく狭い道でも身動きがとりやすい」という評価が出ており、サンバーでも機動性を増すために同じ駆動方式が採用されました。

また、サンバーは坂道や悪路で使われることも多く、トルクを得やすいRR車であったため活躍できる場合も数多くありました。

余談になりますが、別名である「農道のポルシェ」はサンバーがポルシェと同じくRR車であったところから来ています。
その他、サンバーには四輪独立懸架(けんか)方式というサスペンション方式が使われており、これもサンバーを象徴する特徴でした。四輪独立懸架方式とはそれぞれのタイヤが独立して動くことのできる方式のことで、逆に一般的な乗用車は前輪または後輪の左右が同じ車軸でつながっており独立して動けません。例えば片輪が障害物に乗り上げた時などは独立懸架方式でなければ車軸に合わせて車体も斜めになってしまい移動が難しくなるでしょう。その点、独立懸架方式を採用していたサンバーは障害物を乗り越えやすく高い悪路走破性を見せました。

初代の発売以降、時代とともにサンバーはフルモデルチェンジを繰り返してきました。

今日購入できるサンバーの中古車では、1982年から販売されていた4代目、1990年から販売されていた5代目、1999年から2012年まで販売されていた6代目が代表的です。

以降も現在に至るまでサンバーのブランド名は続いているのですが、2012年2月にスバルによる生産は終了し、2012年4月に発売された7代目からはダイハツのハイゼットカーゴならびにハイゼットトラックがOEM供給されるようになりました。

以降はサンバーバンにフルモデルチェンジは見られず、サンバートラックは2014年にフルモデルチェンジがなされています。

スバルがサンバーの生産を終えたことで、 それまでのサンバーに見られていた特徴は無くなりました。

ハイゼットもエンジン出力が高く燃費性能に優れるなど良い車なのですが、独特の設計思想が光っていたサンバーに比べると「物足りない」という声を寄せるユーザーも存在します。

特に、サンバーの特徴であったRR車という点を惜しむ声が強く、FR車であるハイゼットとは乗り味や機動性に大きな違いが見られました。

ホンダN-VANとの比較

ホンダのN-VAN

ホンダのN-VAN

サンバー バンは同じタイプの車であるホンダN-VANとよく比較されます。

ホンダN-VANは2011年11月に発売された軽乗用車で、商用を想定して作られた車でした。ホンダが手掛ける軽自動車シリーズ「Nシリーズ」に連なるモデルであり、そのためN-BOXの車高を高くしたようなボディが印象的です。性能についても、他のNシリーズと同じく軽快に走れる点が好評を呼んでいます。

サンバー バンとN-VANの違いとして、まず積載性能が挙げられます。サンバー バンとN-VANは全長と全幅は同じ3,395mmと1,475mmですが、車高はサンバー バンは1,905mmに対してN-VANは1,945mmです。このため、車内容積はわずかにN-VANの方が大きく積載性能にも違いが出てきます。

加えて、N-VANはダイブダウン(シートを倒すこと)が可能であり、サンバー バンはダイブダウンができません。N-VANの助手席を倒すと最長2.6mの長物でも積めます。さらに、 N-VANの最低地上高は155mmとサンバー バンより25mm低いので、そのぶん荷物の積み下ろしもしやすくなります。総合的に見ると、サンバー バンよりもN-VANの方が積載性能は優れていると言えます。

ただ、サンバー バンは全ての面でN-VANに劣っているわけではありません。

サンバー バンは最小回転半径が3.9mと、N-VANの4.6mと比較して優れた小回りを見せます。また、燃費性能ではサンバー バンはN-VANに負けるものの、燃料タンクの容量が40LとN-VANのおよそ1.5倍です。

狭いところでの取り回しや長距離走行が必要な時にはサンバーバンの方が適している場合もあるでしょう。

スバル サンバーの燃費、基本スペック一覧

サンバー バンの燃費は16.8km/Lで、サンバー トラックの燃費は17km/Lです(どちらも10・15モードでの計測値)。

サンバー バンの基本スペックは以下の通りです。

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,905mm
ホイールベース1,885mm
重量870kg
乗車定員4名
エンジン最高出力/回転数 35 kW (48 PS) / 6,400 rpm
最大トルク/回転数58 N・m (5.90 Kgf・m) / 3,200 rpm
エンジンの種類直列4気筒SOHC
排気量658cc
トランスミッション駆動式RR
ミッション設定5速MT

サンバー トラックの基本スペックは以下の通りです。

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,815mm
ホイールベース1,885mm
重量780kg
乗車定員2名
エンジン最高出力/回転数 35 kW (48 PS) / 6,400 rpm
最大トルク/回転数58 N・m (5.90 Kgf・m) / 3,200 rpm
エンジンの種類直列4気筒SOHC
排気量658cc
トランスミッション駆動式4WD
ミッション設定5速MT

スバル サンバーの荷室・内装

サンバーの内装は、商用車らしいグレー一色でまとめられています。商用車なので内装も質素なもので、集中して仕事に取り組むことができそうです。

車内装備もパワーステアリング並びにエアコンのみと最低限の装備に留められています。

サンバーはRR車であるため、エンジンルームが無い分だけ乗用部分の窮屈さがありません。

シンプルな車内レイアウトと合わせて、居住性は高いです。

スバル サンバーの評価・口コミ

30万km突破
あと何万km位走るかな? タフな車です。

サンバーは非常に頑丈な車両なので、走行距離が30万kmを突破してもまだまだ走ります。しかも、引用した口コミが稀なケースなわけではなく、30万kmオーバーでも故障も無く走れる例は全国的に見られます。故障も少なく長持ちするサンバーは仕事のパートナーとする上で非常に頼もしい存在です。
しかも、この口コミからは投稿者の方が30万km乗り続けたにも関わらず、まだ何万km単位で乗り続けたいと思っていると伺えます。飽きない魅力を持つ点もサンバーの大きな取り柄です。

高速道での燃費が悪く感じます、80~90キロ定速走行を心がけますが、高速道ではアクセルを踏み続ける関係で今の所、15㌔/㍑です。

残念ながら、多くの車がそうであるようにサンバーも全ての面で完璧ではありません。サンバーは近距離での乗り回しを想定しているのか、高速走行はあまり得意ではない一面があるようです。この口コミでは高速走行時の燃費が多少悪くなる点が述べられています。もしも燃費が気にかかるようなら、高速道路を使う時には別の車を使った方が良いかもしれません。

今回走行距離が395,000キロとなり乗り換えましたので、高速道路使用もあり90~100キロ/時で走行しますと非常にうるさく感じます。

走行距離が40万km近くになった時点で乗り換えたという方の投稿です。

この口コミでは高速走行時の音が気にかかる点が述べられており、やはりサンバーにとって高速走行が弱みであることがわかります。

騒音が40万km近く走ったためなのかどうかはわかりませんが、購入にあたっては高速走行時の音の問題も考慮する必要がありそうです。

スバル サンバーの中古価格

サンバー バンの新車価格は950,000(税抜)円~、
2012年までの中古車価格は1万円~179.8万円、

サンバー トラックの新車価格は770,000(税抜)円~、
2012年までの中古車価格は1.8万円~184万円です。

中古車市場ではバンとトラックの両方で150万円以上のものに2012年頃に製造されたターボ仕様モデルが多くなっています。サンバー バンの場合は5年落ち(2007年製造)までの車両なら約6万円~、10年落ち(2002年製造)までの車両は約1万円~で、サンバー トラックの5年落ち車両は約14万円~、10年落ち車両は約1.8万円~です。

サンバーはファンの人気が高い車両ではあるものの、一般的な価格に収まっており買いにくさはありません。ターボ仕様車やオプションの付属した車は高値がついているため、ノーマルモデルなら50万円以内で買える車が多く存在します。

なお、2012年以降の車両はサンバー バンなら25.6万円~194.4万円、サンバー トラックなら35万円~139.8万円で購入できます。

詳細は以下のリンク先を参照してください。
▽サンバー バン▽
http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S009/

▽サンバー トラック▽
http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S010/

今なおプロの仕事の支えとなるサンバー

サンバーはその高い性能を見込まれて、さまざまな職場で活躍してきました。例えば、OEM供給前には消防車仕様に改造されたサンバー トラックが使用され、救急車仕様として使用されていたサンバー バンも存在しました。また、OEM供給後でもパンやお菓子の移動販売車などとして活躍しています。

このようにサンバーは多くの職場で目にできる車両ですが、もっとも有名な使用例は赤帽(全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会)によるものでしょう。

赤帽は軽自動車を使った小規模かつ格安の引っ越しサービスを展開して人気を集めており、1980年代から特別に改造したサンバーを活用してきました。赤帽仕様のサンバーでは、長距離運転に向くシート材質への変更、空力特性の向上による高速走行への最適化、専用エンジンの搭載による耐久性と燃費の向上、積載時に対応するブレーキ性能の強化などの改造が施されています。

特筆すべきは、2012年からのOEM供給後も赤帽はサンバーを使い続けている点です。OEM供給後の赤帽仕様サンバーでは、エンジンの改良、リーフスプリングの強化、シート素材の変更などが行われており、日々の引っ越し業務に役立っています。

たとえ性能が同じでもあえてハイゼットを使わず、スバルのサンバーを使い続ける点に赤帽の思い入れが見えてきそうです。

まとめ

小回りが利き積載性能が高いサンバーは使いやすさに定評のある車でした。

惜しくも生産終了となりましたが、まだまだ中古車市場では元気に走れるサンバーと出会うことが可能です。軽トラックおよびバンを業務の中で使いたい方は一度サンバーを試してみることをおすすめします。きっと、軽トラックおよびバンの既成概念を打ち破る体験が待っているでしょう。ぜひ「農道のポルシェ」の真価を味わってみてください。

関連するキーワード


スバル 車種情報 サンバー

関連する投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月6日更新】


スバルの新型クーペSUV登場 ワールドプレミアは2020年か?

スバルの新型クーペSUV登場 ワールドプレミアは2020年か?

スバルのSUVラインナップに新たなSUVが加わるかもしれません。ベースとなるのはスバルのヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトです。大注目のスバルの新型クーペSUVについて本記事ではまとめています。


30万円以下で購入できる!スバルの軽自動車の中古車5選

30万円以下で購入できる!スバルの軽自動車の中古車5選

かつて、スバルも軽自動車をつくっていました。今回は、スバルの軽自動車の歴史と、新車・中古車の価格や燃費情報を含んだ中古車情報についてみていきます。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】