目次へ戻る

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

今日も日本中でたくさんの軽商用車が仕事で活躍しているわけですが、その中でもスバルのサンバーは「農道のポルシェ」との呼び声も高い名車として知られています。今回は生産終了後も人気の高いサンバーの燃費や性能を紹介していきます。これからサンバーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバルのサンバーってどんな車?

スバルは1958年にスバル360という史上初の大衆軽乗用車の販売を成功させており、次にスバルが目をつけた車種は軽トラックでした。日本の狭い道に適応できる車両は安定して販売できるモデルになると考えたのです。

そこでスバルはスバル360をベースとしてサンバーの開発を行い、1960年に発表されています。

サンバーはバンタイプとトラックタイプがある

サンバートラック

サンバーはこれまでバンタイプ・トラックタイプが発売されており、それぞれ「サンバーバン」、「サンバートラック」と呼ばれています。

バンや軽トラックは荷物を積んで使う場合が非常に多く、床高が低ければ荷物の積み下ろしも楽になります。その点、初代サンバーは床面がわずか地上350mmという高さにあり、作業の利便性が高くなっていました。

ラダーフレームの採用により、多くの積載にも対応できるようになり、初代サンバーはバンで250kg、 トラックで350kgまでの荷物を積むことができました。

しかし、サンバーを運用する職場では過積載をしなければいけない状況があります。例えば、農家では収穫した1t弱の米を軽トラックに乗せて運ぶ場合があり、そうした時にはトラックのシャシーに強い負荷がかかります。サンバーでは過積載時の利用も考えて、負荷に強いラダーフレームが使われていました。

サンバーは4気筒のRR車だった

特別仕様車「WRブルー・リミテッド」

サンバーのもう一つの大きな特徴として、RR車であったことが挙げられます。バンではFF車またはFR車、軽トラックではFR車が大半を占めており、サンバーのようにエンジンを後ろに配置し後輪駆動方式を採用したタイプは稀です。

また、大半の軽自動車が3気筒であるのに対して、4気筒エンジン、そして過給機もターボチャージャーではなくスーパーチャージャーを採用していたことも、スバルらしさと言えるでしょう。このパワーユニットは自主精算が終了される2012年まで採用されていました。

サンバーがRR車であった理由は、機動性を増すためでした。サンバーの前に発売されていたスバル360も同じくRR車であり、サンバーも同じ方式を踏襲したかたちになります。スバル360が売れる中で「RR車は運転がしやすく狭い道でも身動きがとりやすい」という評価が出ており、サンバーでも機動性を増すために同じ駆動方式が採用されました。

また、サンバーは坂道や悪路で使われることも多く、トルクを得やすいRR車であったため活躍できる場合も数多くありました。

初代の発売以降、時代とともにサンバーはフルモデルチェンジを繰り返してきました。

今日購入できるサンバーの中古車では、1982年から販売されていた4代目、1990年から販売されていた5代目、1999年から2012年まで販売されていた6代目が代表的です。

以降も現在に至るまでサンバーのブランド名は続いているのですが、2012年2月にスバルによる生産は終了し、2012年4月に発売された7代目からはダイハツのハイゼットカーゴならびにハイゼットトラックがOEM供給されるようになりました。

以降はサンバーバンにフルモデルチェンジは見られず、サンバートラックは2014年にフルモデルチェンジがなされています。

スバルがサンバーの自社生生産を終えたことで、 それまでのサンバーに見られていた特徴は無くなりました。

ハイゼットもエンジン出力が高く燃費性能に優れるなど良い車なのですが、独特の設計思想が光っていたサンバーに比べると「物足りない」という声を寄せるユーザーも存在します。

特に、サンバーの特徴であったRR車という点を惜しむ声が強く、FR車であるハイゼットとは乗り味や機動性に大きな違いが見られました。

サンバー バンの基本スペックは以下の通りです。

スバル サンバーの燃費、基本スペック一覧

サンバー バンの燃費は16.8km/Lで、サンバー トラックの燃費は17km/Lです(どちらも10・15モードでの計測値)。

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,905mm
ホイールベース1,885mm
重量870kg
乗車定員4名
エンジン最高出力/回転数 35 kW (48 PS) / 6,400 rpm
最大トルク/回転数58 N・m (5.90 Kgf・m) / 3,200 rpm
エンジンの種類直列4気筒SOHC
排気量658cc
トランスミッション駆動式RR
ミッション設定5速MT

サンバー トラックの基本スペックは以下の通りです。

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,815mm
ホイールベース1,885mm
重量780kg
乗車定員2名
エンジン最高出力/回転数 35 kW (48 PS) / 6,400 rpm
最大トルク/回転数58 N・m (5.90 Kgf・m) / 3,200 rpm
エンジンの種類直列4気筒SOHC
排気量658cc
トランスミッション駆動式4WD
ミッション設定5速MT

スバル サンバーの荷室・内装

サンバーの内装は、商用車らしいグレー一色でまとめられています。商用車なので内装も質素なもので、集中して仕事に取り組むことができそうです。

車内装備もパワーステアリング並びにエアコンのみと最低限の装備に留められています。

サンバーはRR車であるため、エンジンルームが無い分だけ乗用部分の窮屈さがありません。

シンプルな車内レイアウトと合わせて、居住性は高いです。

スバル サンバーの評価・口コミ

30万km突破
あと何万km位走るかな? タフな車です。

サンバーは非常に頑丈な車両なので、走行距離が30万kmを突破してもまだまだ走ります。しかも、引用した口コミが稀なケースなわけではなく、30万kmオーバーでも故障も無く走れる例は全国的に見られます。故障も少なく長持ちするサンバーは仕事のパートナーとする上で非常に頼もしい存在です。
しかも、この口コミからは投稿者の方が30万km乗り続けたにも関わらず、まだ何万km単位で乗り続けたいと思っていると伺えます。飽きない魅力を持つ点もサンバーの大きな取り柄です。

高速道での燃費が悪く感じます、80~90キロ定速走行を心がけますが、高速道ではアクセルを踏み続ける関係で今の所、15㌔/㍑です。

残念ながら、多くの車がそうであるようにサンバーも全ての面で完璧ではありません。サンバーは近距離での乗り回しを想定しているのか、高速走行はあまり得意ではない一面があるようです。この口コミでは高速走行時の燃費が多少悪くなる点が述べられています。もしも燃費が気にかかるようなら、高速道路を使う時には別の車を使った方が良いかもしれません。

今回走行距離が395,000キロとなり乗り換えましたので、高速道路使用もあり90~100キロ/時で走行しますと非常にうるさく感じます。

走行距離が40万km近くになった時点で乗り換えたという方の投稿です。

この口コミでは高速走行時の音が気にかかる点が述べられており、やはりサンバーにとって高速走行が弱みであることがわかります。

騒音が40万km近く走ったためなのかどうかはわかりませんが、購入にあたっては高速走行時の音の問題も考慮する必要がありそうです。

スバル サンバー(旧モデル)の中古価格

サンバー バンの新車価格は950,000(税抜)円~、
2012年までの中古車価格は1万円~179.8万円、

サンバー トラックの新車価格は770,000(税抜)円~、
2012年までの中古車価格は1.8万円~184万円です。

中古車市場ではバンとトラックの両方で150万円以上のものに2012年頃に製造されたターボ仕様モデルが多くなっています。サンバー バンの場合は5年落ち(2007年製造)までの車両なら約6万円~、10年落ち(2002年製造)までの車両は約1万円~で、サンバー トラックの5年落ち車両は約14万円~、10年落ち車両は約1.8万円~です。

サンバーはファンの人気が高い車両ではあるものの、一般的な価格に収まっており買いにくさはありません。ターボ仕様車やオプションの付属した車は高値がついているため、ノーマルモデルなら50万円以内で買える車が多く存在します。

なお、2012年以降の車両はサンバー バンなら25.6万円~194.4万円、サンバー トラックなら35万円~139.8万円で購入できます。

詳細は以下のリンク先を参照してください。
▽サンバー バン▽
http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S009/

▽サンバー トラック▽
http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S010/

今なおプロの仕事の支えとなるサンバー

旧サンバーはその高い性能を見込まれて、さまざまな職場で活躍してきました。例えば、OEM供給前には消防車仕様に改造されたサンバー トラックが使用され、救急車仕様として使用されていたサンバー バンも存在しました。また、OEM供給後でもパンやお菓子の移動販売車などとして活躍しています。

このように旧サンバーは多くの職場で目にできる車両ですが、もっとも有名な使用例は赤帽(全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会)によるものでしょう。

赤帽は軽自動車を使った小規模かつ格安の引っ越しサービスを展開して人気を集めており、1980年代から特別に改造したサンバーを活用してきました。赤帽仕様のサンバーでは、長距離運転に向くシート材質への変更、空力特性の向上による高速走行への最適化、専用エンジンの搭載による耐久性と燃費の向上、積載時に対応するブレーキ性能の強化などの改造が施されています。

まとめ

小回りが利き積載性能が高い旧サンバーは使いやすさに定評のある車でした。

惜しくも生産終了となりましたが、まだまだ中古車市場では元気に走れるサンバーと出会うことが可能です。軽トラックおよびバンを業務の中で使いたい方は一度サンバーを試してみることをおすすめします。きっと、軽トラックおよびバンの既成概念を打ち破る体験が待っているでしょう。ぜひ「農道のポルシェ」の真価を味わってみてください。

関連するキーワード


スバル 車種情報

関連する投稿


【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

スバルが誇るスポーツワゴンレヴォーグがついに新型となって登場です。スバルはいよいよ新型「レヴォーグ」生産の準備開始しました。現行モデルでも素晴らしい走行性能を持つレヴォーグですが、2020年秋に発売されるという新型は、どんな進化を遂げたのでしょうか?現在発表されている情報をもとに全力でご紹介します。(※2020年7月更新しました)


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。


今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

新車が欲しい。でも、欲しい車は高くて買えない。そんな貴方は中古車を考えたことはありますか?中古車の魅力はその価格、一年経過しているだけでワンランク上の車種を買う事も可能なのです。今回はそんな魅力的な中古車の中から、人気のスバル車を5車種選んでみました。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。