目次へ戻る

テレビ東京のレギュラー企画!?道の駅の魅力も知れるちょっとハードでスリリングな道の駅 駅伝!

テレビ東京のレギュラー企画!?道の駅の魅力も知れるちょっとハードでスリリングな道の駅 駅伝!

道の駅 駅伝というと、箱根駅伝など全国各地で開催される駅伝の観覧がしやすい道の駅があるのかなと思いきや、今話題を集めているのはとあるテレビ番組です。 道の駅を駅伝しながらゴールを目指す番組で、ガチの駅伝と道の駅の魅力も楽しめると評判です。


テレビ東京系列話題の "道の駅 駅伝" とは

テレビ東京系列で不定期で配信されているテレビ番組です。
マラソン芸人や元マラソン選手のタレントなど健脚の持ち主がチームを組み、各地の道の駅を巡りながら駅伝形式で走り、ゴールを目指すというものです。
路線バスの旅や鉄道旅などの、のほほんとした雰囲気や絶景が楽しめるといったスタイルではなく、ガチで走るシーンやハードなシーンが見られ、これまでとは異なるエッセンスが楽しめる番組構成になっています。
チームは3人構成で、チームメンバー1人につき1日、合計3日間で、ゴールに指定された道の駅を目指します。
基本的なルールはスタンプラリー形式で、立ち寄る道の駅で設置してあるスタンプをタスキに押さなくてはなりません。
道の駅にようやく到着したとしても、営業時間外などの場合にはスタンプが押せません。
また、道の駅到着後は1時間休まなければならないルールもありますので、その時間を使って、道の駅の魅力などを知ることができます。
3日間の宿泊については、道の駅に併設されている施設で泊まれるほかは、宿泊する場所も自分たちで確保しなくてはなりません。
宿泊の交渉や取材交渉もその場で各自が行い、宿が見つかるまで探し続ける必要があります。
アンカーは最終日のゴールとなる道の駅の営業時間内に到着しないと、タイムアウトで失格になってしまいますので、見ている側もスリリングな時間を楽しめます。

道の駅 駅伝について

道の駅 駅伝9シリーズ目となる「北関東縦断めざせ那須高原」は、芸能人対抗駅伝スペシャルとして放送され話題を集めました。
大人気の道の駅を走りながら巡る駅伝旅は回数を重ねる度に人気を集めており、次の放送はいつかと待ち望む方も少なくありません。
9シリーズ目の舞台となったのは、都心からすぐ近くの北関東にありながら、自然や温泉、食文化や観光にと魅力あふれる栃木路です。
スタート地点となった道の駅は美しい田園風景が広がる埼玉の道の駅「童謡のふる里おおとね」でした。
その後、城下町である小山や宇都宮、日本遺産に選ばれた那須野が原エリアを走り抜け、ゴールに指定された道の駅「那須高原友愛の森」を目指す全長150kmの駅伝です。

対決するチームはオリンピック日本代表選手も?

対決する2チームはシリーズで活躍を見せミスター道の駅駅伝と評される猫ちゃんチームと、ソウルオリンピックの日本代表マラソン選手である松野明美チームです。
もちろん、猫ちゃんチームのキャプテンは、にゃーのフレーズで人気を博した芸人でもある、カンボジア代表としてオリンピックにも出場した経験を持つ猫ひろしです。
率いるメンバーはジャニーズのA.B.C-Z・塚田僚一と、かつてアイドルとして活躍し今ではママでもある鈴木亜美で、2人ともフルマラソンは未経験と不安が残ります。
そのほか、K-1世界チャンピオンとしての経歴も持つ格闘家であり、フルマラソンで4時間を切る実力の持ち主の魔裟斗と、過去に道の駅駅伝で40km以上を走破した元グラドルの熊切あさ美なども出演しました。

道の駅の魅力を知って行きたくなる

道の駅が好きな方にとってはドライブの目的地として、道の駅をピックアップし、1日で何拠点も巡る日帰りドライブや、数日間かけていくつかの道の駅に立ち寄るドライブ旅行をする方もいるかもしれません。
一方で、たまたま立ち寄ったという方や、ドライブ中や帰省中で立ち寄れるのはせいぜい1つだけ、ほかにも行きたい道の駅はあったのだけれどと残念がっている方もいることでしょう。
そんな方にとっても、道の駅には足を運んだことがない方にとっても、この番組は思わず、道の駅に出かけて行きたくなる番組です。
中には番組の駅伝ルートに従って、複数の道の駅を制覇したというリスナーもいらっしゃるかもしれません。
たとえば、第1回の放送では「甲州~日本海330km!道の駅駅伝」と称して17もの道の駅を巡りました。
これはなかなか厳しいものがありますが、家族や友達と何年かかけてでも、少しずつクリアするといった企画を立てても楽しいものです。
第2回の「富士山~伊勢志摩330km!激走!道の駅駅伝2」では12、第3回の茨城~栃木~福島 激走315km!道の駅駅伝3では14、第4回の富士五湖~箱根~伊豆半島300km!激走!道の駅駅伝4では計11子個でした。
11だったらチャレンジしたいリスナーも出てくるのではないでしょうか。

まとめ

道の駅というとグルメや買い物など楽しいイメージがありますが、そんな多くの人に人気がある道の駅をちょっとスリリングで、けっこうハードに巡っていくという番組が話題を集めています。
マラソン芸人らによる道の駅の駅伝リレー番組では、本気のマラソンや地元の人や観光客との交流をはじめ、道の駅の魅力も知ることができます。

関連するキーワード


エンタメ 道の駅

関連する投稿


富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

今回ご紹介する山梨県南側には富士五湖や富士川などといった観光名所が目白押しです。世界遺産に指定された富士山も半分は静岡県北東部ですが、半分は山梨県南部です。山梨県南部の道の駅をご紹介します。


本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

山口県は本州最西端にあり、日本海と瀬戸内海の二つの海が交わる関門海峡を挟んでトンネルや橋で福岡県と結ぶことにより、九州への交通の要衝として栄えました。また、幕末では薩摩(今の鹿児島)と組んで薩長同盟を結ぶことにより日本は新たな夜明けを迎えた地でした。今回は山口県北部の道の駅について紹介しましょう。


広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県は瀬戸内海や厳島神社、原爆ドームや三段峡など見どころがたくさんな中国地方の自治体です。また、愛媛とはしまなみ海道でアクセスできるの特徴です。今回は、広島南部の道の駅を紹介します。


大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

高知県は四国で一番太平洋岸側と接する距離が長く、東の室戸岬、西の足摺岬と二つの岬がついになっているのが特徴で、山間部へと足を延ばすと四国を代表する川の吉野川が流れています。今回は、東側の室戸岬付近の道の駅を紹介します。


【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

九州エリアには、美味しい食べ物がたくさんあります。その中でも福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」では、地元でとれた新鮮な魚や野菜がたくさん売られています。来場者数が九州No.1と圧倒的に多く、人気の道の駅なのです。そんな道の駅 むなかたのおすすめポイントやおすすめのお土産、口コミや評判などを紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。