トップへ戻る

日産の電気自動車 e-NV200  中古車価格まとめ

日産の電気自動車 e-NV200 中古車価格まとめ

日産 e-NV200は、100%電気自動車である商用車、乗用車です。ライトバン並びにミニバンタイプの電気自動車です。2014年より発売され、2019年10月に販売終了となりました。発売当時は、新車では買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。(※情報は2019年10月現在のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 e-NV200とは

日産 e-NV200

日産 e-NV200

日産 e-NV200は商用、乗用の電気自動車(EV)として誕生しました。日産がグローバル展開する量販EVとしてはリーフに次いで2車種目になります。

日産 e-NV200のベースとなったのは、商用バンの日産 NV200バネット。エンジンに変えて、モーターとリチウム電とを搭載し、商用車として使うことを前提として、リーフの仕様を見直したe-パワートレイン方式を採用しています。

また、ブレーキは新回生協調ブレーキ(前部はベンチレーテッドディスク方式、後部はブレーキディスクをそれぞれ搭載)を、バッテリー残量警告ランプが鳴った場合、最高速度を抑えるエナジーセーブモードをそれぞれ搭載しています。

バッテリーはフロアの下部に配置され、バッテリーは小型化されているため、ベース車となったNV200バネットに匹敵する積載能力を有しています。

その他、1500Vまで使える電力の供給源としてアウトドアレジャーに、そして災害発生時における非常用電源として活用することができ、自動停止までのバッテリー残量を任意設定することにより帰りのエネルギーまで気にせず使えるのが特徴です。

日産 e-NV200 の中古車 モデル別中古車相場・中古価格

日産 e-NV200バン / e-NV200(2014年10月~2019年10月)

日産 e-NV200

日産 e-NV200

グレードはバンタイプがVXとGXタイプの2種類、ワゴンタイプについてはGタイプのみの構成となっています。

前者は商用として基本的に開発されたため、ルートタイプと二人乗り、五人乗りの三種類が設定され、後者は家庭での使用も考慮した設計となっているため、定員が5人と7人乗りの二種類がそれぞれ設定されています。

なお、日産 e-NV200は2019年10月に生産および販売を終了しています。

航続距離は、満充電時にはJC08モードで185~190kmとなっています。

日産 e-NV200バン

日産 e-NV200バン(2014年10月~2019年10月)
平均価格 約154万円
価格帯 約108万円~約176万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年10月現在)

日産 e-NV200

日産 e-NV200(2014年10月~2019年10月)
平均価格 約166万円
価格帯 約140万円~約190万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年10月現在)

まとめ

日産 e-NV200 のアイスクリームバンコンセプト

日産 e-NV200 のアイスクリームバンコンセプト

バンタイプとワゴンタイプの2種類があり、宅配などの近距離配送や、移動店舗やイベントなどにマッチ車であり、何よりも環境にやさしいことが最大の魅力です。

中古車は数が限られているので、気になる方はお早めにチェックすることをおすすめします。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。