目次へ戻る

大雨注意!【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

大雨注意!【冠水・浸水】困った!車が冠水 浸水したら?対処法とその危険性

車を所有している方であれば誰でも冠水・浸水被害に遭う可能性があります。対策を施すことも大切ですが、今回はもしもそのような水害に遭ってしまった場合の対処方法、ならびに冠水・浸水被害の危険性を考えてみましょう。【10月25日更新】

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【知ってる?】冠水と浸水の違いについて

そもそも、冠水と浸水はどう違うのでしょうか。

どちらも水害を表す言葉でありながらも、それぞれが示す意味は異なります。

田んぼや畑ならびに道路などが水に浸かってしまうことが冠水と呼ばれ、住宅や家屋などが水に浸かってしまうことが浸水と呼ばれています。

このことから、運転中にも自宅の駐車場やガレージで車を保管している時にも、車は水害に遭う可能性があるということがわかります。

つまり、場面に合わせた対策・対処が必要になるということです。

クルマが冠水!その時の対処法

慌てず!車から脱出して走ってきた方向へ逃げる

冠水している道路を走ってしまい車が脱出できなくなってしまった場合には、すぐにエンジンを切って、人間が脱出しましょう。

脱出する際のポイントとしては、周りの安全を確保すること、道路がどれくらい冠水しているのかを把握すること、走ってきた方向へ逃げる(その方が安全だから)ことです。

冠水している場合、道路状況がわかりません。見えないだけで道路上に大きい障害物が落ちていたり、マンホールの蓋が外れている可能性も十分考えられますから、冠水道路を歩く際には足場の様子を感じ取りながらゆっくりと歩きましょう。

水が引いたら車両を回収する(引き上げる)

冠水していた道路から水が引いたら、車両の引き上げを行ってください。

そのままエンジンをかけて乗って帰りたいところですが、JAFやロードサービスに連絡して車をかかりつけのディーラーや整備工場に運び、整備をしてもらいましょう。

任意保険でロードアシスト系の特約を契約していれば、搬送にあたって必要な費用に保険金が支払われます。条件などありますが、翌年の保険料が高くなることもありません。利用しようと考えた場合、代理店で契約している方であれば担当者に連絡しましょう。

冠水・浸水被害にあったクルマはどんな心配がある?

エンジンの故障

車が冠水・浸水被害にあった時に懸念されることの1つがエンジンの故障です。

具体的にウォーターハンマーと呼ばれる故障に遭う可能性が高くなります。ウォーターハンマーとはエンジン内部(吸気系)に水が侵入している状態でエンジンを始動すると内部の部品が壊れてしまうことです。

電気系統のショート

2つ目の懸念事項が電気系統のショートです。

これは特に海水が原因となる冠水・浸水時に気をつけるべきことになります。海水は電気を通しやすくなっていて、さらに水が引いた後でも電気系統を腐敗させるのです。

電気系統がショートすると火災が発生することもあります。

車内衛生環境が悪化する

3つ目の懸念事項は車内衛生環境が悪化することです。

冠水・浸水した際に車内が水に浸かるとフロアにあるカーペットやシートなどが濡れてしまいます。ただの水であればまだ良いですが、冠水・浸水時に流れてくる水は汚く、そのような水に浸かった内装品には嫌な匂いが残ります。また、湿度が高くなった車内では菌も発生しやすいです。菌の大量発生も懸念されます。

ちなみに、海水による冠水・浸水に遭った場合には、鉄でできている車のボディや足回りなどへの錆の原因にもなり、著しい被害に可能性もあるので注意しましょう。

気になる!水害にあった車に車両保険は効くの?

車両保険が効く場合と効かない場合がある

水害に遭った車に対して車両保険が効くのか否か、これは場合によって異なります。

台風や高潮ならびに洪水によって引き起こされた水害が原因となって発生した損害は、車両保険で修理費用(廃車や修理費用が補償額を超えた場合には契約時に決めた補償額)を負担することが可能です。

しかし、地震や噴火によって発生した津波で車両が水害に遭った場合、車両保険が支払われないようになっています。これはどの保険会社でも同じです。地震・噴火・津波で被害に遭って車両が全損となった場合に50万円の補償がつく特約を用意している保険会社もあります。

水没した車は中古車として売れるのか

値は下がるが売れる

水没した車を中古車として売ることは可能です。しかし、水没しているという事実が消えることはなく、そのため通常の査定額よりも安く取引されることとなります。

売りに出すのか修理に出すのかの判断が大切

その車に対して強い思い入れがあったり、希少車として高い価値があるといった場合には、修理する価値を見出すことができます。

しかし、市場に流れている台数が多い車や、移動手段の1つとして使ってきた車の場合には、潔く売ってしまって次の車の購入資金にあてたほうが賢明です。

まとめ

今回は車が冠水・浸水被害に遭ってしまった場合の対処方法、ならびにそのような被害に遭った車に懸念されること、そして車両保険の有効性や中古車として売ることができるのかについて解説しました。

地域差もありますが、冠水・浸水被害に遭う可能性は誰しもあることです。万が一そのような被害に遭った場合には、焦らずにここで紹介した対処方法を実践しましょう。

冠水・浸水が引いてから車の対処をすることになりますが、加入している任意保険を活用することで必要以上の費用を抑えることも大切です。いざという時のために、加入している保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

自動車をお持ちの方なら必ずお世話になったことのある整備士という職業の方、整備士さんのお仕事とはどのようなものなのでしょうか?整備士になるためには何が必要なのか、を今回はご紹介します。


高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

車の前後によく見るステッカーなどに、若葉マークや高齢者マークというものがあります、この高齢者マークとはいったい何のためにあるのでしょうか?今回はこの高齢者マークについて説明いたします。


ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

車のシフトレバーは、 一般的にインパネシフトにあるものは多いですが、マニュアルとなればフロアになります。しかし車の中には、ドグミッションを採用している車もあります。ではドグミッションとはどのようなミッションでしょうか?またその他のミッションとの違いは何なのかご紹介します。


モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

皆さんはモノコックという言葉を聞いたことがありますか?航空機に始まりを持つ構造で、現在ではクルマや鉄道などにも採用されている技術です。今回はクルマにおけるモノコックボディ構造を、ラダーフレームと呼ばれる構造と比較しながらご紹介します。


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。