トップへ戻る

マツダの軽自動車まとめ|おすすめ中古車もご紹介

マツダの軽自動車まとめ|おすすめ中古車もご紹介

マツダと言えば乗用車のイメージが強いですが、軽自動車も販売しています。今回は、マツダが販売している軽自動車について、新車や中古車を問わずおすすめを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダとは?

マツダ ビジョン・クーペ

マツダは車を通して、人々の毎日や人生を輝かせていたいと考えています。「走る歓び」をかたちにしたマツダ車は、数々の開発エピソードや、世界で多くの賞を受賞しています。

2018年に、フランスパリで開催された第33回国際自動車フェスティバルでは「マツダ・ビジョンクーペ」が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出されました。

2015年には、ドイツの自動車デザイン賞にて「チームオブザイヤー」を受賞すると同時に、マツダ CX-3が「エクステリア量販車」部門賞を、Bike by KODO conceptが「パーツ&アクセサリー」部門賞を受賞するなど、計3つの賞を同時に獲得しています。

マツダの軽自動車について

マツダ キャロル

マツダが現時点で販売する軽自動車は全てスズキからのOEM提供を受けて成り立っていますが、エンブレムやグリルなどが変更されるなどして、ベースモデルからは若干、外観が変わっています。

軽自動車をOEM供給に頼っている理由としては、「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術開発への集中などが主な理由となっています。

【現行車種】マツダの軽自動車一覧

マツダの軽自動車は現在7車種が販売されています。それぞれ詳しくご紹介します。
※情報は2020年5月時点のものです。

キャロル

マツダ キャロル

現行モデルのキャロルの特徴として、新開発の軽量な車体と高性能エンジンによる燃費の良さが上げられます。

更にはアイドリングストップシステムを併用することで、ガソリンの消費を抑え日常の使い勝手から燃費の良さは節約につながり、エコドライブが楽しめます。
・燃費(JC08モード):27.2~37.0km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ キャロル GL】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,475mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量650kg
燃費JC08モード:37.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
最高出力38kW(52PS) /6,500 rpm
最大トルク63N・m (6.4kgf・m) /4,000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションCVT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

フレア

マツダ フレア ハイブリッドXG(左) ハイブリッドXS(右)

フレアの現行車は2017年3月に発売され、マイルドハイブリッド搭載車となったことで、軽トールワゴンとしてはトップクラスの燃費効率を記録したことが大きな特徴です。

・燃費(WLTCモード):24.2~25.2km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ フレア ハイブリッドXG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,650mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量770kg
燃費WLTCモード:31.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
最高出力36kW(49PS) /6,500 rpm
最大トルク58N・m (5.9kgf・m) /5,000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションCVT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

フレアワゴン

マツダ フレアワゴン(左) フレアワゴン タフスタイル(中) フレアワゴン カスタムスタイル(右)

マツダのスーパーハイトワゴンです。その特徴は車に求められるニーズを軽自動車サイズ内に全て収めた点です。どんな用途にもうってつけです。

高級車に負けない装備と質感が与えられています。充実した装備に加えインテリアにも上質感があります。
・燃費(JC08モード):25.6~30.0km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ フレアワゴン ハイブリッドXG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,785mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費JC08モード:30.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
最高出力38kW(52PS) /6,500 rpm
最大トルク60N・m (6.1kgf・m) /4,000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションCVT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー

フロントにボンネットを持つハイトワゴンタイプのエクステリアを持っており、大径タイヤと地上最低高を上げることによってSUV的なイメージを打ち出していることが大きな特徴です。

・燃費(WLTCモード):20.8~25.0km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ フレアクロスオーバー ハイブリッドXG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
最高出力36kW(49PS) /6,500 rpm
最大トルク58N・m (5.9kgf・m) /5,000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションCVT

情報は2020年4月現在の公式サイトより

スクラムワゴン

マツダ スクラムワゴン

商用のバンのスクラムバンをベースモデルとして乗用に改良しているため、車内空間が一般的なトールワゴンやスーパーハイトワゴンに比べて広いこと、エンジンを座席下にレイアウトするキャブオーバー型なので全高が1.9mもあることなどが特徴です。

・燃費(JC08モード):14.6~16.2km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ スクラムワゴン PXターボ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,910mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費JC08モード:16.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS) /6,000 rpm
最大トルク95N・m (9.7kgf・m) /3,000 rpm
駆動方式後輪駆動
トランスミッションCVTなど

情報は2020年4月現在の公式サイトより

スクラムバン/トラック

マツダ スクラムトラック

マツダの軽商用車、スクラムには、バンとトラックの2種類が存在します。2019年の一部改良では、夜間歩行者検知機能付きの「デュアルカメラブレーキサポート」をバン、トラックの両方に新たに設定するなど、仕事の相棒としてのたゆまぬ進化を続けています。

・燃費(JC08モード):16.6~19.8km/L

(2020年4月現在公式サイト調べ)

【マツダ スクラムトラック KX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,765mm
ホイールベース1,905mm
最大乗車定員2名
車両重量740kg
燃費JC08モード:19.6km/L
エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブVVT
最高出力37kW(50PS) /5,700 rpm
最大トルク63N・m (6.4kgf・m) /3,500 rpm
駆動方式高低速2段切替式パートタイム4WD
トランスミッション5速マニュアル

情報は2020年4月現在の公式サイトより

中古車のおすすめをご紹介!

フレア

マツダ フレア

軽自動車を購入する上で気になってしまうのが車のコストパフォーマンスだと思いますが、その高い評価を受けているのがフレアなのです。

軽自動車ならではの人気は、燃費を含めた維持費の手ごろさですね。

キャロル

マツダ キャロル エコ

長い歴史のあるブランドといえるキャロルは、インテリア、エクステリア共にいい意味で必要最低限のシンプルさが最大の特徴といえます。

軽自動車の中では非常に燃費に優れており、加速性能が良く、車体の軽さから来る有利な効果もあります。

AZオフロード

マツダ AZオフロード

AZオフロードは悪路走破性が高く、雪深い地域やオフロード走行を趣味とする人から高い信頼を得ています。
2WDと4WDが切り替えられるパートタイム方式で、4WDに切り替えると最初から四輪にトラクションをかけることができ、滑りやすい路面での発進でも安定した走行ができます。

フレアワゴン

マツダ フレアワゴン

ナノイー機能搭載のフルオートエアコンが効果を発揮。寒い冬から暑い夏まで季節を問わず、快適な時間を過ごせます。
車内の空気中に含まれる細菌やウイルスを抑制し、いやな臭いを脱臭する効果もあります。

エアコンをはじめ、車体のいたるところに工夫が凝らされています。

フレアクロスオーバー

マツダ フレアクロスオーバー

フレアクロスオーバーはSUVらしい角の立ったデザインを持ちつつも、チャーミングな丸いフロントライトが親しみを持たせています。

発電に無駄なガソリンを使わない次世代技術のおかげで、軽自動車の中では最高クラスのスムーズな走り出しを実現しています。

スクラムワゴン

マツダ スクラムワゴン

ワンボックスカータイプの軽自動車で、クラス最高レベルの積載量を売りにしています。

ご家庭の用事やお仕事の関係上、荷物がたくさん積め小回りの利く車が良いという方におすすめします。

まとめ

マツダ キャロル

マツダの軽自動車はデザインに優れる車が多いことで知られています。室内空間が広く、乗り心地抜群で、荷室容積も十分に確保できます。目立った欠点はなく、コストパフォーマンスに優れた車種が勢ぞろいです。

今回を機会にマツダの乗用車だけでなく、おすすめしたマツダの軽自動車にも目を向け、ご購入を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。