トップへ戻る

三菱の現行SUV スペック・価格そのほか最新情報

三菱の現行SUV スペック・価格そのほか最新情報

三菱自動車はラリーでの活躍から、タフで悪路に強いというイメージがあるかもししれませんね。そんな三菱から発売されているSUVはそのイメージを大切にした商品ラインアップとなっています。それぞれが個性的な事から迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらの記事では車種ごとのスペックをまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVとは?

三菱 RVR 改良新型

三菱 RVR 改良新型

まずはSUVとは何かを説明しておきます。SUVはSport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の頭文字をとってSUVと呼ばれています。日本語に訳せば、多目的スポーツ車です。
多くの場合SUVは4輪駆動で、車体も比較的大型な車種が多い様です。そのためシティユースから悪路・雪道などにも強いということも言える部類の車です。

【現行車種一覧】三菱のSUV(2020年2月現在)

三菱 eXコンセプト

三菱 eXコンセプト

パジェロが2019年以降、日本から撤退となったことにより、三菱の現行のSUVのラインナップは、アウトランダー、エクリプス クロス、RVRの3車種になりました。各モデルの特徴について少々触れておきましょう。

三菱・アウトランダー

三菱 アウトランダー 2019年

三菱 アウトランダー 2019年

アウトランダーは、元々エアトレックの後継車種として登場しましたが、そのサイズはエアトレックよりも一回りほど大きくなっています。

アウトランダーという名前は本来エアトレックの輸出名であり、国内での初代の登場にあわせてその名前を全てアウトランダーに統一したものです。

アウトランダーには、アウトランダーPHEVとガソリンエンジン専用のアウトランダー(2WDと4WD)があります。

2012年登場の、アウトランダーPHEVは、世界初の4WDプラグインハイブリッドSUVとして発売されました。

なおアウトランダーの一部のグレードには、三菱の安全運転支援システムのイーアシスト(e-Assist)が搭載されているほか、衝突被害軽減ブレーキシステム、オートマチックハイビーム、車線逸脱警報システムが標準装備されています。

アウトランダーには3グレード+特別なBLACK Editionがあります。
(アウトランダーPHEVにはMモデルがなくそれに代わりSモデルが存在します。)
PHEVモデルを除くガソリンエンジンのアウトランダーには以下のグレードが存在します。

Mクラス
Gクラス
G Plus Package
BLACK Edition

価格の最も安いMクラスから、上位モデルのG Plus Packageまでの違いは装備の違いが一番顕著に違いが現れているものです。

またエンジンも、20Gと24Gが存在しこれは排気量の違いです、したがって、20GのMクラスと24GのMクラスなどが存在します。

それと、G Plus PackageとBLACK Editionモデルは、基本的にGクラスの発展形と考えて頂いて間違いないと思います、これも違いは装備やカラーの違いです。

ということからクラスは4クラスありますが、モデルはMとGと考えておけばよいと思います。

Mクラスの装備は
e-Assist
電動格納式ウインカー付リモコンドアミラー
ハイコントラストメーターマルチインフォメーションディスプレイ
ECOスコア
ECOドライブアシスト
ECOモードスイッチ
トリップメーター
オドメーター
外気温計
航続可能距離
平均燃費
ドライブモードインジケーター(4WD車専用)
メンテナンス表示
革巻きステアリングホイール
パドルシフト
左右独立温度コントロール式オートエアコン
シフトパネル
ASC アクティブスタビリティコントロール
SRS式エアバッグ(サイド&カーテンエアバッグ・運転席ニーエアバッグ含む)
ヒルスタートアシスト
電動パーキングブレーキ
キーレスオペレーションシステム&エンジンスイッチ
自動防眩ルームミラー
ステアリング式オーディオリモコン
LEDヘッドライト

以上のようにスタンダードモデルにも必要最低限以上の装備が施されており、このクラスのモデルとしては必要十分なものといえます。

Gクラスの追加装備は
ウインカー付電動格納式リモコンドアミラー
マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付ルームミラー)
自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)
エレクトリックテールゲート(セーフティ機構付)
18インチラウンドリムタイプアルミホイール
225/55R18タイヤ(マッド&スノー)

以上が追加装備なります。

さらにこのGクラスを発展させたモデルがBLACK EditionとG Plus Packageの二つのモデルです。

BLACK Editionは名前の通り、ブラック塗装の18インチアルミホイールから始まり、フロントグリル・ルーフ・リモコン付き電動格納ミラー・サイドウインカーモールドまでありとあらゆるパーツを黒基調で飾り、内装にも黒をモチーフにデザインされたGモデルの特別使用車です。

BLACK Editionは20G-BLACK Editionと24G-BLACK Editionの2種類が用意されています。

Plus Packageも同じように20G-Plus Packageと24G-Plus Packageの2種類がございます。

いずれの特別仕様車は共に、ベースモデルにGモデルを使用しているモデルです。
以上がガソリンエンジンのアウトランダーの性能でした。

アウトランダーは更に、PHEVモデルが存在します。
違いは文字通り最新のPHEVを搭載した駆動システムです。

また、2019年に改良を加えたアウトランダーPHEVを発表していますので、PHEVモデルでお探しの方にはおすすめしたい一台です。

アウトランダー スペック

【三菱 アウトランダー】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4695㎜×1810㎜×1710㎜(ホイールベース:2670㎜)
最大乗車定員7名
車両重量1500kg~1590kg
燃費JC08モード:14.6km/L~16.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW(150PS)/6000 rpm
最大トルク(N・m/rpm)190N・m(19.4kgf・m)/4200 rpm
駆動方式2WD・4WD
トランスミッション電気式無段変速機

アウトランダー 価格

アウトランダー グレード別価格

G プラスパッケージ3,143,800円~
G2,909,500円~
M2,725,800円~

※価格はすべて税込み

※情報は2020年3月現在のもの

アウトランダーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

三菱・エクリプス クロス

三菱 エクリプス クロス 2019年

三菱 エクリプス クロス 2019年

三菱エクリプス クロスは、三菱の販売するSUVモデル内のクーペモデルと呼ばれています。三菱SUVラインアップの中で一番新しいSUVです。

エクリプスクロスの「エクリプス」の名前の由来でもある、過去に発売されていた3ドアクーペ・エクリプス(コンバーチブルもある)になぞらえて名づけられていることからもわかる通り、エクリプスクロスはクーペSUVとなっています。

三菱のラインアップの中では、アウトランダーよりもコンパクトであり、RVRよりも余裕があるサイズ感になっています。

エクステリアはクーペの名前を十分意識し、クーペ的なシルエットとSUVに求められる居住性を両立した三菱さがあふれたものに仕上がっています。

エクリプス クロスには二つのモデルが存在します、MとGモデルです。その上にG Plus Packageが存在しますが、その違いは装備の違いとなっています。

またエクリプス クロスの性能は、モデルの違いを問わず統一されています。
1.5LのDOHC16バルブ・4気筒エンジンで最高出力110kW/5,500rpm、最大トルク240Nm/2,000~3,500rpmという性能で同じです。
そこに、8速スポーツモードCVTの組み合わせというところも同じです。

つまり、エクリプス クロスの価格差は、装備の違いからくるものということです。

エクリプス クロス スペック

【三菱 エクリプス クロス】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4405㎜×1805㎜×1685㎜(ホイールベース:2670㎜)
最大乗車定員5名
車両重量1460kg~1680kg
燃費JC08モード:14.0km/L~15.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)110kW(150PS)/5500rpm
最大トルク(N・m/rpm)240N・m(24.5kgf・m)/2000~3000rpm
駆動方式2WD・4WD
トランスミッション電気式無段変速機

エクリプスクロス 価格

エクリプスクロス グレード別価格

G プラスパッケージ2,953,500円~
G2,777,500円~
M2,586,100円~

※価格はすべて税込み

※情報は2020年3月現在のもの

エクリプスクロスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

三菱・RVR

三菱 RVR

三菱 RVR

コンパクトSUVとして売り出された 三菱のRVRですが三菱の作るSUVらしく、小さくてもその力強さはSUVとして十分すぎるほどです。

この車の特徴としては、本格的な悪路走行というよりも、メインとしては市街地走行でたまの休日には、郊外へのドライブといった用途が相性にあっている車です。

住居環境が都市部の方で、使用目的が普段の使用を想定なさっている方にはサイズ的には、三菱のSUVの中では最も使いやすいサイズの車だと言えます。

コンパクトと言うように、パワートレインも1.8リッターガソリン+CVTという設定になっています。

RVRにもモデルがMとGという設定が行われていますが、その違いはトランスミッションの違いといえます。

Mモデルには、INVECS-Ⅲ CVTと呼ばれる通常のCVTに対してGモデルには、6速スポーツモードCVTが搭載されています。

滑らかな走りと低燃費を両立するINVECS-Ⅲ 6速スポーツモードCVT。6速スポーツモードではパドルシフトによりマニュアル感覚のシフトワークが楽しめ、新たに設定されたMポジションでは停車時でも6速スポーツモードが解除されることがないので、6速を駆使したスポーティな走りがより満喫できます。

INVECS = Intelligent & Innovative Vehicle Electronic Control System

RVR スペック

【三菱 RVR】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4365㎜×1770㎜×1630㎜(ホイールベース:2670㎜)
最大乗車定員5名
車両重量1350kg~1440kg
燃費JC08モード:14.4km/L~15.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)102kW(139PS)/6000rpm
最大トルク(N・m/rpm)172N・m(17.5kgf・m)/4200rpm
駆動方式2WD・E-Four 4WD
トランスミッション電気式無段変速機

RVR 価格

RVR グレード別価格

G2,314,400円~
M2,143,900円~

※価格はすべて税込み

※情報は2020年3月現在のもの

RVRについてもっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

三菱 RVR 特別仕様車

三菱 RVR 特別仕様車

三菱のSUVは、長年培ってきたレースからのフィードバックと、その販売台数の実績から得た経験で、パジェロを先頭に日本のSUVを代表するモデルを発表してきた会社です。

惜しまれつつ販売を終了したパジェロですが、その後継モデルとして海外ではパジェロスポーツが好調な販売を記録して、その販路も随時広がっているようですが、残念なことに日本国内での販売は今のところまだ発表されておりません。

しかしながら、現行車種であるアウトランダー・エクリプス クロス・RVRなど選択肢の豊富な三菱のSUVはまだまだ進化を続けている魅力的な車と言えます。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

GTOと聞いてすぐに三菱GTOを思い浮かべる方はかなりの車好きの方に間違いないのではないでしょうか。そこで今回は三菱GTOと言う車について振り返ってみます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。