トップへ戻る

【2020年度版】現行ホンダのミニバン一覧~新車・中古価格もご紹介~

【2020年度版】現行ホンダのミニバン一覧~新車・中古価格もご紹介~

ホンダのミニバンは、どれも長い歴史があり進化し続けてます。近年ではミニバンの車種が減少してしまいましたが、それでも根強い人気があり、最近では新たに改良され今までのイメージと違う車になりつつあります。 今回の記事では、ホンダのミニバンのそれぞれの車種について詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンとはどういった車?

ホンダのミニバンは、低床・低重心でスタイリッシュなデザインの車種が多いです。また、安定性や走行性能も優れているため子育て世代にも人気があります。

これまで他社のメーカーとボディは差別化されていましたが、近年では背の高いハイトワゴンになり、見た目や機能性などにも変化がありました。

ホンダのミニバンの最大の特徴としましては、背の高いボックス型に3列シートを使用していて、7名以上乗車ができるということが挙げられます。また、それが人気の秘訣とも言えます。

ルーフが高くしかも後方まで延長しているので、1列目から3列目にかけて大人数で乗っても、何ら問題なく使うことができますので、日常使いからキャンプなどのアクティビティに出かけるなど多くのシーンで活躍できます。

さらに、実用性が追及され細かいところまで手が加えられています。居住性に関しても力を入れているため、長年の間にわたって幅広い年代から支持されています。

ホンダのミニバンのボディタイプの特徴は?

ホンダのミニバンは3列シートで窮屈な思いをせずに快適に過ごせるのが大きな特徴です。

特に、3列目を折りたためたり、低床に設定されていたりするので車種によって異なるので自分に合ったものを選ぶことができる選択肢の多さがあるのは嬉しいポイントとなります。

また、ドライバーの視線が高くなるので、自然と運転しやすい状態になる点も特徴になっています。

【特徴1】車種によって全高が異なる

ホンダでは一見同じようなタイプに思われるミニバンでも、スポーツ走行が可能になっている車があります。

また、車に設定されているスタイルによって、全高が高かったり低かったりと差があるのが特徴です。

自分に合った高さ、つまり運転しやすい高さを探すことができるのは車好きな方にとっては嬉しいポイントでもあります。

【特徴2】低床・低重心設計

走行性能や乗り心地を第一に考えて作られたのが、ホンダのミニバンです。

また、低床になっているため、室内が高く感じることができる快適性を得ることができます。

他にも、誰でも乗り降りがスムーズにでき、お子様から年配の方まで幅広い年齢層に対応しているのが特徴です。

【特徴3】実用的な車が多い

ホンダのミニバンはどの車種も実用性が追及されていて、車種ごとに異なる専用設計が設けられているので、ニーズに合わせた車選びをすることが簡単にできます。

そのため、ユーザーが自分に合った車を探せば、かなりの確率で満足できる車に出会うことができます。

【特徴4】コンパクトな外見でも居住空間が良く快適に過ごせる

普通車とは違い、ミニバンならではの車内の広さには、お子様はもちろん大人も大喜びすることでしょう。

長時間のドライブも疲れを感じさせない居心地の良さが、より楽しい時間を作り出してくれます。

またコンパクトタイプのミニバンでも車中泊ができるほどの車内は、遠出するのが楽しみになります。

ドライバーが疲れを感じたらすぐに休憩することができて、その結果、安全運転にもつながります。

【現行車種一覧】ホンダのミニバン(2020年4月現在)

ホンダのミニバンには3つの車種が用意されています。

それぞれ以下のような特徴があります。

【オデッセイ】ミニバンの中でも断トツ燃費がいい

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

ホンダのオデッセイは、外観・インテリア共にミニバンとは思えないほど高級感が漂っています。

Lサイズミニバンの中でも燃費性能が優秀ですので、走りには自信を持った車種となっています。

乗る人に優越感を感じさせてくれるのは間違い無いでしょう。

ホンダ オデッセイのスペック

【ホンダ オデッセイ G エアロ Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,840×1,820×1,695mm(ホイールベース:2.900mm)
最大乗車定員8名
車両重量 1,750kg
燃費JC08モード:13.8km/L
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力129kW(175PS) /6,200 rpm
最大トルク 225N·m (23.0kgf·m) /4,000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション CVT(無段変速車)

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ オデッセイの新車価格

全国メーカー希望小売価格(消費税込)

G・AERO Honda SENSING
3,035,186円〜3,238,889円
ABSOLUTE・Honda SENSING
3,300,000円〜3,503,704円
ABSOLUTE・EX Honda SENSING
3,660,555円〜3,776,259円
HYBRID・Honda SENSING
3,819,445円〜3,907,445円
HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING
3,921,296円〜4,009,296円
HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING
4,314,852円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ オデッセイの中古車価格

ホンダ オデッセイの中古車価格は、20万円〜484.3万円となっています。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

オデッセイについて詳しく知りたい方はこちら

【ステップワゴン】機能性が優れている

ホンダの「ステップワゴン」はミニバンの中でも安定している走行性能が特に人気の理由となっており、使い勝手には絶賛の声が多いです。

外観のエクステリアは、他のメーカーと比較すればややシンプルですが、内装では3列目シートを折りたたむことができたりと居住性、荷物運搬時などではとても優秀です。

ホンダ ステップワゴンのスペック

【ホンダ ステップワゴン G Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,695mm×1,840mm(ホイールベース:2,890mm)
最大乗車定員7名
車両重量 1,660kg
燃費JC08モード:15.8km/L
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
最高出力110kW(150PS) /5,500 rpm
最大トルク 203N・m (20.7kgf・m) /1,600-5.000 rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション CVT(無段変速車)

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ ステップワゴンの新車価格

全国メーカー希望小売価格(消費税込)

G・Honda SENSING
FF:2,714,800円
4WD:2,956,800円
G・EX Honda SENSING
FF:2,919,400円
4WD:3,139,400円
SPADA・Honda SENSING

FF:2,920,500円
4WD:3,162,500円

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING
FF:3,122,900円
4WD:3,320,900円
e:HEV SPADA G・Honda SENSING
FF:3,427,600円
Modulo X Honda SENSING
FF:3,599,200円
e:HEV SPADA G・EX Honda SENSING

FF:3,641,000円

e:HEV Modulo X Honda SENSING
FF:4,094,200円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ ステップワゴンの中古車価格

ホンダ ステップワゴンの中古車価格は、19.8万円〜414.9万円となっています。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

ステップワゴンについて詳しく知りたい方はこちら

【フリード】お手頃価格で楽しめる

「フリード」はホンダのミニバンの中では最も価格が安いにもかかわらず、遊び心満載の車なので特に若い世代に人気です。

しかもコンパクトですので、運転がしやすいから安全性にも優れています。初めて車を運転する方も運転しやすいと言えるでしょう。

また、小さくてもちゃんと5人以上乗れる点や居住性・収納力が優れている点も魅力的です。

ホンダ フリードのスペック

【ホンダ フリード B Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265×1,695×1,710mm(ホイールベース:2,740mm)
最大乗車定員6名
車両重量 1,340kg
燃費JC08モード:19.0km/L
エンジン種類 直列4気筒DOHC
最高出力95kW (129PS)/ 6,600rpm
最大トルク 53N・m (15.6kgf・m) / 4,600rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション CVT(無段変速車)

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ フリードの新車価格

全国メーカー希望小売価格(消費税込)

フリード B・Honda SENSING
1,997,600円
フリード G・Honda SENSING
2,160,400円〜2,418,900円
フリード+ G・Honda SENSING
FF:2,182,400円
4WD:2,418,900円
フリード CROSSTAR・Honda SENSING
FF:2,380,400円
4WD:2,616,900円
フリード+ CROSSTAR・Honda SENSING

FF:2,402,400円
4WD:2,638,900円

フリード HYBRID G・Honda SENSING
2,561,900円〜2,798,400円
フリード+ HYBRID G・Honda SENSING
FF:2,583,900円
4WD:2,820,400円
フリード HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING
FF:2,781,900円
4WD:3,018,400円
フリード+ HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING
FF:2,803,900円
4WD:3,040,400円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ フリードの中古車価格

ホンダ フリードの中古車価格は、20万円〜337.7万円となっています。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

フリードについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

ホンダのミニバンは、安全面も運転のしやすさ、収納力などと、どれをとっても魅力的なので購入時に悩んでしまうかも知れません。

ですが、ホンダならではの良さと、使い勝手は一度試乗しないと気付かないので、試乗して体感してみることをおすすめします。

どんな時に乗るのか、家族は何人かなどといったライフスタイルに合わせた一台を探してみましょう。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。