トップへ戻る

新型フィットと新型ヤリスもいいけど、マツダ3もおすすめな理由

新型フィットと新型ヤリスもいいけど、マツダ3もおすすめな理由

トヨタの新型ヤリス、そしてホンダ新型フィットが相次いで発売され、話題となっています。実は同日の13日にマツダのマツダ3の2.0LガソリンモデルにAWD(4WD)車が追加設定されていたのをご存知でしょうか。ディーゼルモデルには設定されていたものの、 2.0Lガソリンモデルにはなかったんですね。そんなわけで本記事では、選択肢の広がった「マツダ3」について改めてご紹介します。新型フィットと新型ヤリスもいいけど、「マツダ3」もおすすめです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのマツダ3とは?

2019年5月24日にフルモデルチェンジされ、これを機にアクセラから海外で持ち入れられていた名称のMAZDA3(以下マツダ3)に改名され、「ファストバック」と「セダン」がラインナップされています。

したがって、日本国内ではアクセラから数えて4代目、そしてマツダ3としては初代モデルとなります。

そして、新世代商品第一弾と位置付けられたマツダ3は、デザイン、走行性能、静粛性、質感などの基本要素を一新したコンパクトカーとなっています。

また、日本の美意識に基づくコンパクトカーとは思えない高いデザイン性、マツダ独自のスカイアクティブ・テクノロジーによる1.5L、2.0Lガソリンエンジンと、1.8Lクリーンディーゼルエンジン、そして新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」という3つのエンジンを設定しています。

アクセラについて詳しく知りたい方はこちら

マツダ3の4WD、i-ACTIV AWDとは?

マツダ3 i-ACTIV AWD

今回、ガソリン2.0L車に追加設定される「i-ACTIV AWD」は、さまざまな運転シーンで安心して人馬一体の走りを楽しむことができる先進のAWDシステムです。

タイヤの動きやGセンサー等の情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測。状況に応じて前後輪へのトルク配分を自動的に最適化します。

つまり、後輪が滑ってから初めて制御が入る他の4WDシステムとは違って、滑ることを予測して制御をするので、雨や雪などの滑りやすい路面でも安心して走れる、革新的なAWD制御なのです。

2.0Lモデルにはこの「i-ACTIV AWD」がなかったのですが 、加速時や高速走行時に余裕がある2.0Lモデルを選ぶ人も設定してほしいという声が多く、今回の追加設定されたことにより、マツダ3は、全機種でAWD車が選択可能になりました。

そもそも4WDとAWDの違いとは

4輪自動車の場合、4WDとAWDの指す意味に特に違いはありません。

4WDとは「4つのタイヤが独自に動く」という意味で、AWDとは「全てのタイヤが独自に動く」という意味だからです。違う点をあげるなら、AWDという言葉は4輪自動車以外にも使えるという点です。

日本ではあまり数はありませんが、6輪や8輪の自動車でそれぞれのタイヤが独立した動力を持っている場合は、AWDという言葉を使います。4輪自動車の場合はどちらの用語を使っても間違いではありません。

マツダ3 AWD車のグレードと価格

車両本体価格(消費税10%込)

ファストバック

ガソリン1.5L車:2,552,489~2,552,489円
ガソリン2.0L車:2,752,241~3,006,055円
クリーンディーゼル1.8L車:3,027,241~3,281,055円
新世代ガソリン2.0L車:3,434,648~3,616,963円

セダン

ガソリン2.0L車:2,752,241~2,934,555円
クリーンディーゼル1.8L車:3,027,241~3,209,555円
新世代ガソリン2.0L車:3,434,648~3,616,963円

※基本スペックほか情報は公式サイトより(情報は2020年2月現在のもの)

マツダ3の中古車価格

ファストバック:186~330万円
セダン:220~328万円

※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2020年2月現在)

マツダ3の外装(エクステリア)

マツダ3ファストバック

マツダ3セダン

マツダ3の外装デザインは、「引き算の美学」というキーワードの下、キャラクターラインを極力なくし、面のみの変化で質感を表現しているため、見る方向や光の屈折で表情が変わって見える、不思議なデザインとなっています。

また、ファストバックは「色気のある塊」というデザインテーマに基づき、曲面の抑揚だけで動物が持っている下半身の大きな塊を表現したものとし、セダンは「凛とした伸びやかさ」というデザインテーマに基づいて、水平基調を強めたデザインとなっています。

そのためフロントフェイス以外はまったく別の車種の様な印象となっています。

ポリメタルグレーメタリック

さらにマツダ3では、「カラーも造形の一部」という思想にもとづき、ボディカラーにも他の車種にない高品質なカラーが用意されています。

そして、“樹脂独特のヌメリ感と金属感の融合”をイメージして生まれた「ポリメタルグレーメタリック」が、一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)が主催する「オートカラーアウォード2019」の審査会においてグランプリを受賞するなど、高い評価を受けています。

マツダ3 AWD車の内装

バーガンディ

ドライバーを中心にしたコクピットは、シンプルながらも豊かさを感じるインテリアが採用されています。そして、コンパクトカーながらも 理想の手触りを追求したシートやステアリングそしてシフトレバー。さらに気持ちをポジティブにする、小気味よいスイッチの操作感まで追求しています。

高級感あるエモーショナルな赤系色内装色の「バーガンディ」は、ボディカラーとともに「オートカラーアウォード2019」でグランプリを受賞しています。

i-ACTIV AWDの試乗レポート

マツダCX-3のi-ACTIV AWD試乗風景

CX-3に搭載したi-ACTIV AWDは、新旧で大きな差が感じられた。発進の最初の段階から強力なトラクション性能を発揮し、スルッとクルマが前に出る。スタッドレスタイヤの能力を上手に使い切り、旋回する場面でもドライバーの狙ったラインに乗せやすかった。コーナーからの脱出では前輪へのトルクを上手に戻して旋回時の挙動の収束を早くしている。安定しているだけでなくニュートラルな旋回特性なのだ。

ステアリングを切り込んだときにエンジンのトルクを絞り、前輪に荷重を移動させることによって滑らかなコーナリングを実現している。ターンインではステアリングを切り込む舵角が小さいし、その先の立ち上がりでも動きは滑らかだ。八の字旋回も苦にしない。当然、コーナリング中にクルマが外側にはらむアンダーステアは軽微だから、修正舵を当てる回数も減っていた。

トレース性能が向上し、狙ったラインにたやすく乗せられるから、今までのi-ACTIV AWDより運転がうまくなったように感じられる。前後のトルク配分も今までより後ろ寄りになったようだ。オーバースピードではらんでしまったときの修正コントロールもラクだった。また、安全な走りをアシストしてくれるだけでなく、コントロールする楽しさも大幅に増している。

まとめ

4WDは突然の道路状況の変化に対応する能力が優れており、このような場合には、様々な安全装備の中で最も有効な機能と言えます。

そして、その性能は進化しておりマツダ3では道路の状況から危険度を予測して備えることまでできます。

新型フィットや新型ヤリスも素晴らしい車ですが、4WDの性能も含めたらマツダ3もおすすめです。

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。