目次へ戻る

ホンダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

ホンダの軽自動車の種類は?現行車種の特徴を解説!

N-BOXでお馴染みのホンダの軽自動車ですが、Nシリーズだけでも他にも個性的な軽自動車揃っています。今回は、そんなホンダの軽自動車の特徴をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの軽自動車とは

ホンダのブラウンのN-BOX

ホンダ N-BOX

ホンダが販売している軽自動車のボディタイプには、スポーツタイプ、軽ハイトワゴン、軽スーパーハイトワゴンなどあります。

スポーツタイプの軽自動車にはS660が該当し、軽ハイトワゴンにはN-BOX SLASH、N-WGNが該当します。

軽スーパーハイトワゴンは軽ハイトワゴンよりさらに車高が高い車を指し、N-BOXがそれに該当します。

ホンダの軽自動車の特徴は?

車に虫眼鏡をあてる(イメージ)

特徴について知っておこう

ホンダの軽自動車には以下のような特徴があります。

【特徴1】車内容積が広い

ホンダの軽自動車は独自の技術を導入し、省スペース化に成功しています。例えば、エンジンの小型化によって、運転座席および助手席の位置をエンジン側に動かすことに成功しました。

さらに、センタータンクレイアウトという、通常はリアシートの下に位置する燃料タンクをフロントシートの下に収納する技術によって、主にリアシート周りのフロアをフラットにする事が可能になりました。それによって、広いリアシートの空間を実現しています。

これらの独自の技術により、ホンダの軽自動車は車内容積を広くすることに成功し、それにしたがって以下のような特徴もあります。

【特徴2】積載性能が高い

S660を除いて、ホンダの軽自動車は車内空間に余裕があるため多くの荷物を積むことができます。中でもN-BOXやN-VANなどは、キャンプやスキーといったアウトドアにも適した車となっています。

さらに、車中泊に活用することも可能で、改造を施してキャンピングカーにした使用例もあります。N-BOX以外の軽自動車ではそこまで大胆な使い方はできなくても、他社の軽自動車に比べて高い積載性能を見せています。

【特徴3】居住性が高い

車内容積が大きく低床化が進められているため、居住性も高められています。

ゆとりのある空間が楽しめ、運転時の疲労が少なくなるという特徴もあり、N-BOXでは後部座席がほぼフラットになるまで倒せるため、車中泊の時でも疲労が少なくすみます。

【特徴4】視認性が良い

高剛性フレームを採用しているため、ピラーを細くでき、窓ガラス部分が広く取られています。そのため、視認性が向上し、開放感のある眺めが楽しめると同時に事故の回避にも役立ちます。

N-BOXには「ピタ駐ミラー」 という名称の側後方確認用ミラーが搭載されており、さらに視認性が高められています。

【特徴5】ソリッドな外見

徹底した省スペース化を念頭において設計されているため、全体的に締まったデザインが魅力的です。

軽自動車でありながらソリッドな頼もしい印象を感じさせるフォルムとなっており、かわいくもかっこいい外見です。

ホンダの軽自動車一覧!現行車種をご紹介(2020年2月現在)

ホンダが販売している軽自動車について見ていきましょう。

【S660】唯一無二の走り味

ホンダ S660(アクティブグリーン・パール)

ホンダ S660(アクティブグリーン・パール)

軽自動車規格のスポーツカーです。

小さいながらも乗り味と走りが良く、燃費性能も悪くないのでいいとこ取りの車と言えます。セカンドカーとしてや子育てが終了世代の方にもおすすめの車となっています。

S660 スペック

 【ホンダ S660 β 6速MT 2020年1月発売モデル】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,180(mm)
ホイールベース
2,285mm
最大乗車定員
2名
燃費
WLTCモード:20.6km/L
駆動方式
MR
トランスミッション
6速MT

S600についてもっと詳しく知りたい方はこちら

【N-BOX SLASH】より安定する走り

ホンダN-BOXスラッシュの画像 グリーンと黒のツートンカラー

ホンダN-BOXスラッシュ

N-BOXよりも車体上部を低くした低重心の車となっており、コーナリング時の安定感がより感じられるようになっています。

車内のデザインが8つのタイプから選べるだけでなく、スピーカーにこだわりがあり、サウンドマッピングシステムを導入するといった工夫がされているため、より自分らしい室内空間にカスタマイズすることができます。

N-BOX SLASH スペック

【ホンダ N-BOX SLASH G 2WD 2019年10月発売モデル】 スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,670(mm)
ホイールベース
2,520mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:25.8km/L
駆動方式FF
トランスミッション
CVT

【N-WGN】見た目もスタイリッシュ

水色のホンダN-WGN

ホンダN-WGN

2代目となって、近未来的でありながら少し可愛らしい見た目となった「N-WGN」。

N-BOXよりも一回り小さく、荷室が仕切れることやシートアレンジが自在なことから、使い勝手の良い車として女性にも人気の軽自動車となっています。

N-WGN スペック

 【ホンダ N-WGN G HondaSENSING 2WD 2019年10月発売モデル】 スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,675(mm)
ホイールベース
2,520mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:29.0km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT


N-WGNについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【N-BOX】軽自動車界の革命児

ホンダ N-BOXの画像(左)モーニングミストブルー・メタリック(右)プレミアムグラマラスブロンズ・パール

ホンダ N-BOX

N-BOXシリーズは、国内販売台数が3年連続で1位となった、モンスター軽自動車です。

積載性能、居住性、加速性、旋回力、燃費などが高水準でまとまっており、幅広い世帯の方から支持を得ています。

車いす仕様なども販売されており、様々な用途でも使用できる万能な軽自動車となっています。

N-BOX スペック

 【ホンダ N-BOX G HondaSENSING 2WD 2019年10月発売モデル】 スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,675(mm)
ホイールベース
2,520mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:29.0km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT

【N-ONE】Nシリーズきっての優美さ

ホンダ N-ONE(プラチナホワイト・パール&ブラック)

ホンダ N-ONE

N-ONEは、少しレトロな雰囲気のある可愛らしい見た目が特徴ですが、カーラリングを変えるだけでその雰囲気はシックな印象やスポーティな印象へと変化します。

また、使い勝手のいいコンパクトなボディサイズに加えて、低速域衝突軽減ブレーキ ・ 誤発進抑制機能が搭載した「シティーブレーキアクティブシステム」、坂道発進時に車の後退を抑制する「ヒルスタートアシスト機能」などの予防安全性能も充実しています。

N-ONE スペック

 【ホンダ N-ONE Standard 2WD 2019年10月発売モデル】 スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,610(mm)
ホイールベース
2,520mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:28.4km/L
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT


N-ONEについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【N-VAN】アウトドアや車中泊にも最適!

菜の花の横を走るホンダ N-VAN(ガーデングリーン・メタリック)

ホンダ N-VAN

シンプルな見た目でありながらカラーバリエーションは豊富で、スタイリッシュな雰囲気からポップな雰囲気までを演出できます。

室内空間が広々としていることは言うまでもありませんが、その使用方法は商用で多くの荷物を運ぶ他にも、釣りやキャンプといったアウトドアや、自転車やバイクを載せる、車中泊するといった様々な用途で使うことができます。

N-VANのスペック

 【ホンダ N-VAN G HondaSENSING  2WD 2019年10月発売モデル】 スペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,945(mm)
ホイールベース
2,520mm
最大乗車定員
4名
燃費
JC08モード:23.8/18.6(km/L)
駆動方式
FF
トランスミッション
CVT/6速MT


N-VANについてもっと詳しく知りたい方はこちら

まとめ

ホンダ N-ONE(ティザーサイトより)

ホンダ N-ONE(ティザーサイト)

ホンダの軽自動車は良好な居住性、軽快な走り、そして燃費の良さを備えた優良車ばかりです。

見た目のデザイン・性能・使い勝手の良さなど、自分のスタイルに合った軽自動車を見つけてみてくださいね!

関連する投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

人気の高いコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車を選ぶ際選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。その中でもどんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)からそれぞれピックアップし、価格、燃費、スペック、評価、レビューなどを比較できるようご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。