トップへ戻る

【豆知識】レクサスのスピンドルグリルとは?

【豆知識】レクサスのスピンドルグリルとは?

レクサスのグリル、スピンドルグリルは強いインパクトを与えるデザインです。それゆえ好き嫌いも大きく分かれてしまうこともありますが、なぜレクサスはスピンドルグリルを採用しているのでしょうか?本記事ではレクサスのスピンドルグリルの意味や評判、歴史についてもまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスの代名詞・スピンドルグリルとは?

レクサス UX

レクサス UX

そもそもスピンドルの意味は何か、ご存知ですか。

スピンドルとは紡績機の糸を巻き取る紡錘のことを意味しています。

元々、トヨタ自動車の前身は豊田自動織物という機械メーカーであることから、糸車はその流れから汲んだものとでは?と言われていました。しかしその後、スピンドルグリルと豊田自動織物との関連性は否定されることに。

形としては、糸車を横から見た形と同様に中央がくびれた台形を上下にくっつけたデザインに作られています。ちょっと砂時計のようなデザインにも見えるのが特徴的です。

初採用された車種はレクサスGS

レクサスGSF

レクサスGSF

初採用された車種はレクサスGSでしたが、当初はポン付であったため浮いているように見えるなどと厳しい評価が多かったようです。

その後、フォルムと一体化するようにデザインされるようになって全体が馴染んでいくようになります。

そして現在では、そのグリルを見たら、一目でレクサスと分かるぐらいに印象的な顔になったといえますね。

スピンドルグリル採用前のレクサスGS(2005)

スピンドルグリル採用前のレクサスGS(2005)

レクサスとスピンドルグリルの歴史

スピンドル=糸巻きグリルのデザイン

スピンドル=糸巻きグリルのデザイン

スピンドルグリルが現在の形になるまで

レクサスが誕生したのは、1989年のアメリカ。

レクサス発売された当時、アメリカにおいて日本車は、「壊れにくい大衆車」というイメージでした。
そんなイメージを払拭させたのが、レクサスの初代LSでした。

しかしながら、この時のレクサスのデザインは、高級車でありながら他のメーカ-のように統一された意匠がありませんでした。

そのため、消費者からみるとエンブレムの「L」の字を見ないと、高級車のレクサスだとわからないということも。

そんな中、2012年にレクサスGSを皮切りに、本格的に導入され始めたのがこのスピンドルグリルなんです。

スピンドルグリル廃止説!?

トヨタとレクサスのデザイン会議風景

トヨタとレクサスのデザイン会議風景

今ではレクサスの象徴とされるデザインとして採用されているスピンドルグリル。

2013年にはこの「スピンドルグリルにとらわれない」というレクサス公式の発言により話題となりました。

この言葉の真意は、スピンドルグリルのデザインに捕らわれることなく、デザインを昇華させていくというものでした。

その後に発表された「LS」・「RC」・「RCF」・「GSF」では、その車の方向性や立ち位置に合わせた「スピンドルグリル」が採用されていることからも、レクサスの伝えたかったことがわかりますね。

スピンドルグリルはグレードで違う?

レクサスLX

レクサスLX

スピンドルグリルのデザインは、2012年に登場したGSから採用されてきました。その後も販売されるニューモデルには順次採用されていき現在では様々な種類が使われています。そのデザインもFスポーツなどのグレードや車種によって異なります。

まず、フルサイズモデルSUV「LX」などに使われているのは横長のスピンドルグリルとなっています。

また、レクサスのスポーツグレード「F-SPORT」においては網目状のデザインです。この網目状のデザインを表現するためにCADモデリングによりコンピュータ上で手作業によって線一本、面一つに至るまで積み重ねてバランスを整えられています。

そして、レクサス「NX」には横長に縦のラインが使われています。レクサスの最小サイズ「CT」には、オリジナルのスピンドルグリルが使われておりコンパクトボディでありながら一目でわかる迫力のエクステリアといえるでしょう。

まとめ

レクサス LX 次期型 予想CG

レクサス LX 次期型 予想CG

レクサスの顔といえるスピンドルグリルのデザインや取り入れるまでの経緯についてご紹介しました。

レクサスのスピンドルグリル部分は、ネットなどでも賛否両論あり、意見が分かれるということも多いです。

しかしながら、将来どのようなデザインのレクサススピンドルグリルに出会えるか。

…とレクサスオーナーや、車好きファンとしては、期待が高まるのではないでしょうか。

関連するキーワード


豆知識 レクサス 車種情報

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

映画の『ワイルド・スピード』通称ワイスピでは、NOSという機構が登場します。NOSはワイルド・スピードの魅力の1つにもなっています。そこで今回は、ワイルド・スピードで使われているNOSや実際での使われ方について徹底解説します。


送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。