目次へ戻る

【現行車種】ホンダのステーションワゴン一覧

【現行車種】ホンダのステーションワゴン一覧

ステーションワゴンの人気の低迷により、最近はステーションワゴンという言葉自体あまり聞かなくなりました。しかし、姿を消したのではなくコンパクトなどのタイプに分類されています。今回は、ホンダのステーションワゴン現行車種を見ていきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンとは?

ホンダ・シャトル改良新型 コンパクトステーションワゴン2019年バック

ホンダ・シャトル改良新型 コンパクトステーションワゴン2019年バック

ステーションワゴンとは車の形態のひとつの名称であり、主にフロントのエンジンルームと客室荷室が分かれた形の2ボックスカーを指します。クーペやハッチバックも2ボックスカーと区分されますが、それぞれに使用目的が異なります。

また、混同されやすいのがライトバンですが、形状的には同じです。違いは車両登録時の商用目的か日常使用かだけになります。

居住性と広いラゲッジスペースから、日常や仕事に大活躍してきたのがステーションワゴン。セダンとミニバンの両方の魅力を足した車と言えます。

かつてほどの爆発的な人気はありませんが、今なお中古車市場を賑わし、マニアックな根強い人気が途絶えたことはありません。

ナンバープレートは5ナンバー、もしくは3ナンバーです。現行車種は少なく、車検記載上ステーションワゴンと区分されていても、一般的にミニバンと認知されている車種もあります。

ホンダステーションワゴンの特徴は?

1991年のアコードワゴンの登場以来、途切れがちになりながらもステーションワゴンモデルを生産してきたホンダ。そこに継承されてきたのはドライバーファーストの理念です。

常に走りと居住空間とのバランスを考え「人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に」のポリシーを実現してきました。

実用性とデザイン性を兼ね備えた外観はホンダのステーションワゴンのひとつの特徴と言えますアコードやシビック、オデッセイ、いずれも伝説となる名車ぞろいです。

現在販売されている5ナンバー車種は「シャトル」と「ジェイド」のみ。いずれもホンダらしく、人のことを最大限に考え、スタイリッシュに仕上がっています。

ホンダステーションワゴン現行車種

ホンダは、これまで数多くの個性的なステーションワゴンを輩出してきましたが、近年は1ボックスカーやSUVに押され気味です。

かつて、爆発的人気を博したアコードワゴンは2013年をもって生産終了となりました。現在、ホンダから販売されているステーションワゴンは2種類、「シャトル」と「ジェイド」のみです。

どちらもホンダらしい個性的なステーションワゴンであり、今後の5ナンバーモデルを担う車と言えます。

【ホンダ シャトル】隠れた実力派?

5ナンバーワゴン、ホンダ シャトル 2019年

5ナンバーワゴン、ホンダ シャトル 2019年

「シャトル」という言葉は、人や荷物を載せて頻繁に行ったり来たりする輸送機関を意味します。

地球と宇宙を行き来していたアメリカのスペースシャトルが話題になった時代、ホンダのシャトルはスペースシャトル同様に、「人と荷物を最先端の技術を駆使して安全に運ぶ」というコンセプトの元、発表されました。

シャトルはホンダの伝統的な名車、シビックの進化版です。

シビックがステーションワゴンの形態になったのは、2代目のスーパーシビックがシビックカントリーとして売り出されてから。1983に年デビューした3代目のワンダーシビックからはシビックシャトルと改名し、ここで初めてシャトルという名前が出てきます。

1996年まで生産され、しばらくシャトルの名が途絶える期間がありました。

その後、2011年になるとコンパクトカーの人気車種、フィットのステーションワゴン版、フィットシャトルが売り出されます。アメリカのスペースシャトル退役後の2015年、シャトルはステーションワゴンらしい独自色を前面に打ち出した個性的な車として再デビューを果たします。

ホンダ シャトル 改良新型

ホンダ シャトル 改良新型

広大なラゲッジスペースは通常で570リットルと、9.5型のゴルフバッグを4個積載できるほどの広さです。

後部シートを倒せば1,141リットルにまで広がり、やわらかいカーペット生地を使用した荷室の床の奥行きは184cmにまで拡大され、クラス最大のスペースを確保します。

ホンダ シャトル 改良新型

ホンダ シャトル 改良新型

シャトルの車内空間の広さはラゲッジスペースだけに留まりません。キャビンにおいても、運転席と助手席がハイデッキセンターコンソールで仕切られ、独立した空間となっています。

サイドブレーキはフットペダルへと変更になり、ゆったりとした後部シートは頭上空間にもひざ回りにも余裕を持たせ、足を組んで座れるほどです。リクライニング機能もついてリラックス感が高まります。

これだけの車内空間が持てるのはホンダ独自のパッケージング技術「センタータンクレイアウト」によります。すなわち、通常、後部座席下に配置される燃料タンクを、フロント座席下に移動することで効率的な空間レイアウトを実現させたのです。

また、アレルフリー高性能脱臭フィルターを採用し、スギ花粉や埃、その他のアレルギー性疾患を引き起こすアレルゲンを5分以内に半減。15分でほぼ捕獲してフィルター内で処理します。

フィットシャトルのテイストを継承しながらも、独自性を追求してきたシャトルにはステーションワゴンとしての魅力が満載です。

ホンダ シャトル 改良新型

ホンダ シャトル 改良新型

フロントフェンダーやドアパネルは3代目フィットと同じものを使いつつ、フロントマスクは様相を変えデザインを一新しています。

遊び心をふんだんに取り入れ、商用モデルは設定せずにステーションワゴンとしての確実な位置づけを行ってきました。

トヨタのカローラフィールダーや日産ウイングロードと並ぶ、日本を代表するステーションワゴンです。

ホンダ シャトルのスペック

【ホンダ シャトル G HondaSENSING 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,440mm×1,695mm×1,545mm
ホイールベース2,530mm
最大乗車定員5名
車両重量1,130kg
燃費JC08モード:22.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力95kW(129PS)/6,600rpm
最大トルク153N・m(15,6kg・m)/4,600rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変動オートマチック

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ シャトルの新車価格

全国メーカー希望小売価格(税込)

HYBRID Z・Honda SENSING
FF:2,607,000円
4WD:2,772,000円
HYBRID X・Honda SENSING
FF:2,418,900円
4WD:2,616,900円
HYBRID・Honda SENSING
FF:2,158,200円
4WD:2,356,200円
G・Honda SENSING
FF:1,808,400円
4WD:2,006,400円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ シャトルの中古車価格

ホンダ シャトルの中古車価格は、93.6万円〜281.5万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

【ホンダ ジェイド】3列シートも選べる

ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型

ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型

多くのカーマニアに高い評価を受けているのがホンダのジェイドです。

かつて、一世を風靡したオデッセイの生まれ変わりとも言われ、スポーティで魅力的な外観が人気を博しています。2013年より中国で生産開始されたホンダの世界戦略車で、日本で発売が開始されたのは2015年からです。

タイプは2種類、2列シートの定員5名モデルと定員6名の3列シートのモデルがあります。

厳密には2列シートのタイプをステーションワゴン、3列シートのタイプはスポーティミニバンと呼んでいます。しかしながら、ホンダらしいスタイリッシュな外観と高い実用性に何ら変わりはありません。

発売当初はハイブリッド車のみでしたが、後年になり1500ccのガソリンターボ車が追加販売されました。

燃費はハイブリッド車でおよそ24km、ガソリン車で18kmを記録し、いずれもこのクラス最高の数値を示しています。

ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型

ホンダ ジェイドRS ハイブリッド 改良新型

外観の概要として特徴的なのが、低重心ロールーフであることです。

このスタイルはオデッセイからストリーム、そしてジェイドへと継承されているスタイルで、根強いファンを持つホンダ独自のスタイルと言えます。

フロントノーズの延長線上にAピラーを配置することにより、車内空間を最大限に保つことに成功。フューエルタンクや排気システムも極限まで薄型化が図られています。

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 改良新型

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 改良新型

高級感あふれるインテリアテイストをふんだんに盛り込み、座席それぞれのパーソナリティを重視。飛行機の座席のようなアームレストでくつろぎ感も格段です。

2列目シートは前後し、ケースバイケースの使用が可能。ゆったりと足を伸ばしてくつろぐことができます。

パーソナリティを重視する構造は3列目シートも同様。それぞれに独立したシートは、荷物の量や乗車人数に合わせて自由自在に収納可能です。

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 改良新型

ホンダ ジェイド ハイブリッドX 改良新型

テールゲートを低く大きく取っているため、重く大きな荷物の出し入れも難しくありません。どこまでも人にやさしい車と言えます。

2列シート、3列シート共に、同クラス最高のステーションワゴンと言えるでしょう。

それぞれのライフスタイルに合った選択をお勧めします。

ホンダ ジェイドのスペック

【ホンダ ジェイド G HondaSENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,660mm×1,775mm×1,530mm
ホイールベース2,760mm
最大乗車定員5名
車両重量1,430kg
燃費JC08モード:18.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力110kW(150PS)/5,500rpm
最大トルク203N・m(20.7kg・m)/1,600-5,000rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ ジェイドの新車価格

全国メーカー希望小売価格(税込)

HYBRID X・Honda SENSING
3,146,000円
HYBRID RS・Honda SENSING
2,952,400円
X・Honda SENSING
2,799,500円
RS・Honda SENSING
2,605,900円
G・Honda SENSING
2,443,100円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

ホンダ ジェイドの中古車価格

ホンダ ジェイドの中古車価格は、97.9万円〜279.3万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

まとめ

ホンダ ジェイド ハイブリッドRS

ホンダ ジェイド ハイブリッドRS

ホンダのステーションワゴンには、常に高い理想と現実的な用途との絶妙のバランスが生かされています。

SUVやワンボックス車に押されて一時的な下火を迎えていますが、ホンダのこだわりがステーションワゴン市場を活性化しているのは間違いありません。

いつまた人気に火が点くのか、今後も動向が注目されます。

関連する投稿


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

これからの季節、どこかへ出掛けたくなりますね。たまには愛車で遠くまで出かけて、いっぱい遊んで車中泊するというのはどうでしょうか?今回は、ホンダ フリードプラスを使った車中泊にクローズアップしてお送りします。


【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

【8月20日より先行予約開始】スバルの新型レヴォーグ発売はいつ?

スバルが誇るスポーツワゴンレヴォーグがついに新型となって登場です。スバルはいよいよ新型「レヴォーグ」生産の準備開始しました。現行モデルでも素晴らしい走行性能を持つレヴォーグですが、2020年秋に発売されるという新型は、どんな進化を遂げたのでしょうか?現在発表されている情報をもとに全力でご紹介します。(※2020年7月更新しました)


【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

軽自動車といっても、スライドドアが欲しいとか流行りのSUVはおさえたいとか、あるいはカワイイのが良いとかやっぱり燃費が一番など、選ぶ基準は人によって違います。そこで、それぞれのタイプ別におすすめの軽自動車を3車種選んでみました。貴方の軽自動車選びの参考にしてもらえたらうれしいです。


ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!(※2020年7月更新しました)


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。