トップへ戻る

気になる!走行税とは?いつから導入されるの?

気になる!走行税とは?いつから導入されるの?

クルマにはいろいろな税金がかかってきますが、今後新たに加わるかもしれない「走行税」というものがあります。本記事では走行税についてご紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


走行税って何?

車にまつわる税金

車にまつわる税金

従来の自動車の所有やガソリンなどに対しての課税ではなく、車が走行する距離に応じて課せられる税金のことです。日本国内では2018年の年末頃に政府与党の法改正案の1つとして急浮上しました。

現在導入されている税制は燃料や所有物に対してのものばかりでしたが、走行距離に応じて課せられる走行税が議題にあがったのは、車自体の販売台数の減少が理由としてあげられます。

若者の自動車離れというワードが話題になってからある程度時期が過ぎ、自動車業界の消費の冷え込みが一段と深刻化しています。

バブル全盛期のように高級な自動車を持つことや一家に一台といった概念はもはや薄れ、都市部の交通機関の発達や駐車場の値上がりなども関係して、車を持たない人々が増えています。

レンタカーやカーシェアを利用し、実際に所有しなくても暮らしていけると感じる人が増加したのが原因です。これにより自動車を購入する代金やその際に発生する税金、また所持する上で発生する税金の額が減っていきます。

加えて、電気自動車やハイブリッドカーの増加により、ガソリン車が減少したことも税収減少の一端です。

走行距離による課税が導入されれば、これまでエコカー優遇制度により免税もしくは減税対象だった電気自動車・ハイブリッドカーからも、税収を得られる仕組みです。

自動車にまつわる税金が総じて減ったこと、これが走行税導入案が持ち上がった要因と言えます。

走行税の現状

車のフロントアップ

現状を把握しよう

政府により法改正案の1つとして2018年の年末頃にあげられた走行税ですが、2019年度の3月末の税制改正大綱では見送りという扱いになりました。

そして、翌年の2020年度の税制改正大綱でも再び注目が集まりましたが、この時も同様に見送られています。その理由としては前回と同様で、課税のあり方は中長期的な視点に立って行うと述べられました。

ただし、電気・燃料電池自動車やハイブリッドカーが今後普及していくこともあって、石油にまつわる税収はさらに減少していくことは免れられません。目立った動きこそないものの、今後も議論がなされていくと予想されます。

日本でも走行税は導入されるのか?

東京の街並み

日本でも導入される日が来る?

現行の自動車税を、走行税へと変更するというのが政府によって検討されている改正法案です。以前より話題になっていた若者の自動車離れに加えて、カーシェアやレンタカーの利用者の増加による自動車の保有者の減少は、税収の減額における深刻な問題となっています。

さらには地球環境温暖化対策のための電気自動車普及の促進計画によって、ガソリン税の減少も拍車をかけているのが現状です。

これにより、自動車税の税収は年々減少していくことは回避できません。その対策として打ち出された案であり、他の案や対策によって税収減少が解消されない限りは導入案が毎年議論にのぼることは間違いないでしょう。

反対され続けている走行税のメリット・デメリット

メリット・デメリット

実はメリットもがある人も・・・

税制法案が改正されることに対して、反対意見は非常に多いです。まず走行距離に応じた課税となった場合、その影響で電気自動車をはじめとするエコカーの税額が増えることに関してです。

普通車は排気量に応じて税金がかかり、排気量が0ccの電気自動車であっても1000cc以下に分類されています。しかし現状はエコカー優遇制度によって、免税もしくは減税対象となっています。

もし走行距離に応じた税金に法改正されれば、電気自動車やハイブリッドカーにも同様に税金が課せられるという訳です。加えて生活エリアによる、走行距離の差が考慮されていない点も多くの人々が気にしています。

都心とは異なり車での移動距離の多い地方在住者は、通勤や日常生活において自動車に依存している割合が高いです。ガソリンや排気量ではなく、走行距離による課税となれば負担は大きくなってしまいます。

さらには一般車両の他に、運送業界・流通業界にも大きな影響を及ぼします。商品の流通や運搬は、現状陸運業に頼っているため今後の価格にも影響し、生活を圧迫することに繋がりかねません。

走行税のメリット

走行税を導入することで、私たちにメリットがあるケースを見ていきましょう。利点となるケースとして、自動車を所有してはいるもののあまり乗らないという人があげられます。

都市部や市街地に在住していて、電車やバスなど交通機関を併用している場合はほとんど影響がないばかりか、支払う税金が減る可能性もあるからです。

走行税のデメリット

メリットに反して、走行税が導入された際のデメリットは多いです。現在でもかなりの種類が存在する自動車税ですが、さらに自動車に対しての税金が増えてしまうことがあげられます。普段遠出をすることが多かったり、通勤などの移動距離が多い人は大きな損額となるでしょう。

加えて自動車しか移動する手段がない、地方在住者にとっても大きな負担がかかるというデメリットがあります。運送業者にも負担がかかり、その分配送料や物価にも影響が出ることも大きなデメリットです。

これに加えて、現在以上の車離れが進む可能性も高いです。走行した距離をどのように申告するのか、という問題も解決していません。

GPSを搭載して走行距離を計測するという案もあるものの、個人のプライバシーを侵害する恐れがありこちらも課題が残っています。

走行税の対象車両は?

エコカー

エコカーはどうなる?

現状では全ての車両に課税されるのか、ドイツのように一部の種類の車両にのみ適用されるのかは明確になっていません。これまでに打ち出している政府のエコカー減税が、現在の問題へと繋がっています。

もし、その政策がなければガソリン車に対しての税制になったかもしれませんが、自動車そのものに対する税をはじめ自動車税全体が減少している現在、あらゆる車両に対して課せられる可能性があります。

二酸化炭素の排出量を減らすという世界的な課題があるため、従来のガソリン車に対してこれまで通り税金をかけていくという姿勢は変わりないでしょう。

現在、車にかかる税金は?

走行税に関して見てきましたが、ここで現在の車にかけられている税金に関してもおさらいしていきます。自動車の購入時に発生する消費税を皮切りに、揮発油および石油ガス税などの税金があげられます。

ほかにも、自動車重量税や自動車税も忘れてはいけません。全国各地の都道府県が管轄しており、毎年4月1日の時点で自動車を所有していれば等しく課せられる税金です。

金額は軽自動車の場合は10,800円で、普通車の場合は排気量によって異なり最小であれば29,500円から、最大で111,000円となっています。

まとめ

クルマにまつわる様々な税金

クルマにまつわる様々な税金を知っておこう

走行税は化石燃料の問題と、新しい車社会の形を問いかける課税の形の1つになる可能性を秘めています。

一方で地方在住者と都市部在住者とのギャップや、エコカーとガソリン車との格差を埋める必要があるなど課題も多いです。

他にも走行距離の正確な測定や、対象となる車両の選定など未だ議論されており注目を集めています。

おすすめの記事はこちら

関連する投稿


おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

バックカメラは車庫入れや、車を後退させる際に車の後方を映し出すカメラのことですが、リアカメラやリアビューカメラとも呼ばれています。車の後方は視界が良くないものですのでこのバックカメラを搭載することにより、後方の視界をよりよく見るためのものです。今回はこのバックカメラについてご説明致します。バックカメラを購入したい方はご参考にしてみて下さい。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

【カーエアコン】トラブルの原因と対処法や修理費用目安は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。