目次へ戻る

今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

新車が欲しい。でも、欲しい車は高くて買えない。そんな貴方は中古車を考えたことはありますか?中古車の魅力はその価格、一年経過しているだけでワンランク上の車種を買う事も可能なのです。今回はそんな魅力的な中古車の中から、人気のスバル車を5車種選んでみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバルの中古車の特徴

スバルは、車種は少ないけれどもスバリストと呼ばれる熱心なファンが存在するほど、個性的で高性能であることが特徴となっています。

中でも国産車では唯一の水平対向エンジンや、安全装備の「アイサイト」などは、スバルの技術力の高さを象徴しています。

今回はそんなスバルのラインナップの中からおすすめの中古車をご紹介します。新車での販売台数の多い現行モデルとその前モデル、さらに今では新車での販売が終了したものの魅力ある車種もご紹介します。

①インプレッサ・スポーツ

インプレッサ 2.0i-S

2016年10月に登場した5代目にあたる現行インプレッサは、排気量1.6Lと2.0Lの水平対向エンジンを搭載し、使い勝手と走行性能をバランス良く持ち合わせ、発売から4年目となる現在でも安定した販売台数を維持するスバルの主力車種となっています。

その高い評価は、「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことでも証明されています。

ボディタイプはハッチバックのスポーツと、4ドアセダンのG4がありますが、新車、中古車ともに人気が高いのはスポーツの方です。

インプレッサ スポーツは、新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用し、ボディサイズは、先代モデルに対して全長、全幅、全高、ホイールベースともにそれぞれ拡大したことで、居住性能が大幅に向上しています。

また、安全性能では、合計7つの乗員保護用エアバッグと強化された運転支援システムのアイサイト3は全車標準装備となり、その後も改良・強化され続けています。

インプレッサ・スポーツの新車価格

インプレッサスポーツ

 メーカー希望小売価格

グレード消費税込み価格 
消費税抜き価格 
1.6i-L EyeSight
2,002,000~2,222,000円
1,820,000~2,020,000円
1.6i-S EyeSight
2,240,000~2,464,000円
2,040,000~2,240,000円
2.0i-L EyeSight
2,244,000~2,464,000円
2,040,000~2,240,000円
2.0i-S EyeSight
2,486,000~2,706,000円
2,260,000~2,460,000円

新車価格は20206月現在のメーカーメーカー公式サイトによるものです。

インプレッサ・スポーツ現行モデルの中古車

2016年式インプレッサ スポーツ 2.0i-L EyeSight

現行モデルのインプレッサ スポーツを中古車で選ぶ上で注意したいのは、2016年の発売以来、現在(2020年6月)までに数度の改良がおこなわれていることです。

2017年9月の改良(発売は10月)では、「アイサイト」に、夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加。

2018年10月の改良(11月発売)では、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する「オートビークルホールド」機能が追加されています。

そして、2019年10月の大幅改良(2.0 L車は11月発売、1.6 L車は2020年初頭発売)では、フロントフェイスのデザインや、メーターが新デザインに変更されています。また、装備面では「アイサイト・ツーリングアシスト」が全車に標準装備されるなど安全性能が向上しています。

これらの改良年月やその内容を調べた上で、中古車選びをすることが重要になります。

インプレッサ スポーツ現行モデルの中古車相場

2020年式 インプレッサ・スポーツ

 インプレッサ・スポーツ現行モデルの中古車相場(消費税込)

2016年10月~2017年式2018~2020年式
1.6L70~198万円
70〜235万円
2.0L86〜258万円
100〜263万円

※2017年9月、2018年10月に改良、2019年10月に大幅改良されています。

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

インプレッサ スポーツ前モデルの中古車

2014年式インプレッサ スポーツ

2011年11月に発表(12月販売)された4代目となる前モデルは、信頼感のある走りやハンドリングと高い安全性をベースとした、インプレッサならではのスポーティさを備えたモデルとなっています。

エンジンは水平対向1.6 Lと2.0 Lで、トランスミッションは「リニアトロニック」を採用、また2015年6月には「SPORT HYBRID」を追加設定。さらにアイサイト2も発売当初から搭載グレードが設定されています。

2013年10月、2015年10月に一部改良。2014年11月には内外装のデザイン変更やアイサイトの機能向上を含むマイナーチェンジを行っています。

現行モデルと比べても古く感じないデザインや、1.6Lと2.0Lクラスのハッチバック車として十分な走行性能と居住性能を備えた前モデルは、コストパフォーマンス抜群の乗用車といえます。

インプレッサ スポーツ前モデルの中古車相場

2011年式4代目インプレッサ スポーツ

 インプレッサ・スポーツ前モデルの中古車相場(消費税込)

排気量\年式2011年12月~2013年2014~2016年10月
1.6L20~126万円
25〜167万円
2.0L32〜154万円
38〜182万円
ハイブリッド2015年7月発売70〜183万円

2013年10月、2015年10月に一部改良。2014年11月にマイナーチェンジを行っています。

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

②フォレスター

フォレスター

2018年6月にフルモデルチェンジ(発売は同年7月)された現行モデルの5代目となるフォレスターは、SUVらしい存在感、力強さ、機能性を表現したエクステリアと、快適な空間と取り回しの良さを併せ持つクロスオーバーSUVとなっています。

また先代に引き続き、エンジンには水平対向4気筒2.5Lに加え、フォレスターでは初設定となるハイブリッドモデルの「e-BOXER」が、最上級グレードのアドバンスに搭載されました。

水平対向エンジンと左右対称のパワートレーンで構成されたAWDによるスバル独自のシンメトリカルAWDは、低重心と重量バランスに優れ、あらゆる路面状況において、優れた走行性能を発揮します。

そして、安全装備では、アイサイト(ver.3)の各機能に加え、全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御して運転を支援するアイサイト・ツーリングアシストを全車に標準装備しました。

フォレスターの新車価格

フォレスター

 メーカー希望小売価格

グレード消費税込み価格 
消費税抜き価格 
ツーリング
2,860,000円
2,600,000円
プレミアム
3,080,000円2,800,000円
X-BREAK
2,970,000円
2,700,000円
アドバンス(e-BOXER)
3,157,000円
2,870,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

フォレスター現行モデルの中古車

フォレスター現行モデル

2019年7月に改良モデルが発売されていて、後席への荷物等の置き忘れを知らせるリアシートリマインダーとLEDライセンスランプが全車標準装備となっています。

その他には改良されていないために2018~2020年式において同様の内容になっています。また、
2.5Lモデルも「e-BOXER」モデルも大きな価格差がなく、好みのグレードが選びやすくなっています。

フォレスター現行モデルの中古車相場

フォレスター現行モデル

 フォレスター現行モデルの中古車相場(消費税込)

2018年式2019年式2020年式
2.5L車210~348万円230~308万円240~339万円
e-BOXER車
224~325万円213~348万円280~368万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

フォレスター前モデルの中古車

2013年式フォレスター

2012年11月~2018年7月まで販売された4代目フォレスターは、SUVらしい力強い存在感を持つエクステリアに、水平対向4気筒2.0Lエンジンに加え、2.0L直噴ターボ"DIT"エンジン車も設定しました。

2015年10月(11月2日発売)にはマイナーチェンジにあたる大幅改良がなされ、フロントフェイスを刷新したフロントグリルを採用しています。また、アイサイトは、バージョン2からバージョン3へと進化し、安全機能を向上させています。

フォレスター前モデルの中古車相場

2015年式フォレスター X-BREAK

 フォレスター前モデルの中古車相場(消費税込)

2012(11月)~2014年式2015~2018年式(7月)
2.0L車60~215万円70~266万円
2.0L直噴ターボ車
70~228万円166~298万円

※2015年10月に大幅改良されています。

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

③レヴォーグ

レヴォーグ現行モデル 1.6GT-S EyeSight

レヴォーグは、2014年6月に発売されたステーションワゴン専用モデルで、ボディサイズは、生産を終了した5代の目レガシィツーリングワゴンより全長が短く、取り回しの楽なボディサイズとなっています。

エンジンは直噴ターボ仕様の1.6Lと、2.0Lをラインナップ。2.0Lエンジンは221kW (300PS)の最高出力と、400N・m (40.8kgf・m)の最大トルクを発生します。

全車AWDのみの設定で、1.6L車には路面や走行状況に応じて前後輪のトルク配分をコントロールする「アクティブトルクスプリットAWD」を、2.0L車には後輪へのトルク配分を増やした「VTD-AWD」を採用して優れた走行性能を発揮しています。

ステーションワゴン特有の、普段使いやアウトドアにも便利な居住性能と広い荷室を持ちつつ、WRX並みの走行性能も併せ持つスポーツワゴンがレヴォーグの魅力となっています。

東京モーターショー2019や東京オートサロン2020において、2代目のプロトタイプ「STI Sport」が公開されていて、日本での発売は2020年後半予定であることが公表されています。

また、2020年6月時点でスバルの公式サイトでは、レヴォーグの受注生産の注文受付を終了したことが記載されていることから、新車での現行モデルの購入は在庫のみとなっていることがわかります。

レヴォーグの新車価格

レヴォーグ 2017年モデル

 メーカー希望小売価格

グレード消費税込み価格 
消費税抜き価格 
1.6GT アイサイト
2,915,000円
2,650,000円
1.6GT アイサイト スマートエディション
3,003,000円2,730,000円
1.6GT  アイサイト V-スポーツ
3,135,000円
2,850,000円
1.6GT-S アイサイト
3,135,000円
2,850,000円
2.0GT-S  アイサイト
3,685,000円
3,350,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

レヴォーグ現行モデルの中古車

レヴォーグ 2017年モデル

2017年7月(8月7日発売)にマイナーチェンジにあたる大幅改良を行っており、「STI Sport EyeSight」を除く全グレードでフロントグリル、フロントバンパー、LEDヘッドランプ/フォグランプカバーのデザインを刷新するとともにフロントフォグランプをLED化しています。

さらに、「アイサイト」に、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートする新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をスバル車として初搭載しました。また新たに、後退時自動ブレーキシステムと、「アイサイトアシストモニター」が追加されています。

他の一部改良時よりも改良部分が大きいので、中古車選びにおいては、この2017年8月を区切りとして検討する必要があります。

レヴォーグ現行モデルの中古車相場

2017年式レヴォーグ

 レヴォーグ現行モデルの中古車相場(消費税込)

2014~2017年式(8月)2017(9月)~2020年式
1.6L車53~338万円116~363万円
2.0車
90~297万円186~406万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

④XV(エックスブイ)

現行スバルXV

2017年4月にフルモデルチェンジされ5月に発売された現行モデルは、都会的で洗練されたデザインとスバルの魅力であるSUVとしての走破性、そしてアイサイトによる高い安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVとなりました。

2.0Lエンジンは直噴化され、1.6Lエンジン搭載車を設定。当初設定のなかったハイブリッドモデルは、e-BOXER搭載グレード「Advance」として、2018年10月に追加設定。そして、2019年10月の改良によって、2.0L車は全グレードe-BOXER搭載車となりました。

また、新プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の採用により、操舵応答性と操舵安定性を向上し、AWDには走破性をさらに高める電子制御システム「X-MODE」を1.6i EyeSight以外の全車に新採用して走行性能を高めています。

さらに、「アイサイト(ver.3)」を全車に標準装備し、新たに車線中央維持機能」を採用するなど機能強化を実施しています。

XVの新車価格

スバル XV Advance

 メーカー希望小売価格

グレード消費税込み価格 
消費税抜き価格 
1.6i アイサイト
2,200,000
2,000,000円
1.6i-L アイサイト
2,332,000円2,120,000円
2.0e-Lアイサイト 
2,651,000円
2,410,000円
2.0e-Sアイサイト
2,871,000円
2,610,000円
アドバンス2,926,000円
2,660,000円

新車価格は20206月現在のメーカー公式サイトによるものです。

XV現行モデルの中古車

現行スバル XV

現行モデルはe-BOXER搭載グレード「Advance」を追加設定した2018年10月と、2.0L車の全グレードがe-BOXER搭載車となった2019年11月がモデル選びのポイントとなります。

全体を通じて大きな改良はなく、e-BOXER搭載車か2.0Lと1.6Lの通常ガソリン車を選ぶかで判断されるといいでしょう。e-BOXERは人気がありますが、定評のある初期グレードの2.0L車をあえて選ぶのも面白いと思います。

XV現行モデルの中古車相場

現行スバル XV

 XV現行モデルの中古車相場(消費税込)

2017~

2018(10月)年式

2018(11月)~

2019(10月)年式

2019(11月)~

2020年式

1.6L車130~228万円166~231万円218~260万円
2.0L車129~286万円175~267万円
e-BOXER車
234~286万円

160~286万円

260~298万円

中古車相場と文中の中古車価格は、20206月現在のレスポンス中古車検索によるものです。

XV前モデルの中古車

2012年式スバルXV

2010~2012年にかけて「インプレッサXV」として発売されたモデルがありますが、「XV」として独立したモデルとなったのは、2012年10月にフルモデルチェンジされたこの前モデルからです。

デザインは、スバルのアイデンティティであるヘキサゴングリルやホークアイヘッドランプを採用し、SUVらしく最低地上高を200mmに設定。水平対向4気筒の2.0Lエンジンに加え、2013年6月にハイブリッドモデルが追加設定されています。

安全機能では、「アイサイト(ガソリン車はver.3、ハイブリッド車はver.2)」が書写別に設定されています。

また、2015年10月のマイナーチェンジにおいて、ヘッドランプ・フロントグリル・フロントバンパーのデザインを変更しました。

現行モデルに劣らないアグレシップなイメージを持つ前モデルは、価格も安くSUVの入門編として最適な車種といえます。

XV前モデルの中古車相場

2013年式 スバル XV ハイブリッド

関連する投稿


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


スバルの新型レヴォーグ発売は2020年秋?最新情報

スバルの新型レヴォーグ発売は2020年秋?最新情報

スバルが誇るスポーツワゴンレヴォーグがついに新型となって登場です。スバルはいよいよ新型「レヴォーグ」生産の準備開始しました。現行モデルでも素晴らしい走行性能を持つレヴォーグですが、2020年秋に発売されるという新型は、どんな進化を遂げたのでしょうか?現在発表されている情報をもとに全力でご紹介します。(※2020年5月更新しました)


【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。


最新の投稿


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。


【超重要】アライメント詳細情報と調整の必要性

【超重要】アライメント詳細情報と調整の必要性

皆さんは普段車に乗っていて、愛車のアライメントを気にしたことはありますか?アライメントと言う言葉だけは知っていて、気にしたことが無いという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そんな方のためにアライメントとは何かから、アライメントの重要性、アライメント調整を行う事のメリットまで解説していきます。