トップへ戻る

コンパクトSUVのおすすめは?魅力的なモデルの理由をピックアップ

コンパクトSUVのおすすめは?魅力的なモデルの理由をピックアップ

コンパクトSUVは日本の道路でも運転しやすく、高い視点から運転できるのが魅力。視点の高さは取り回しのしやすさにもつながります。2020年はコンパクトSUVの新車種も発表されているので、選択肢も広がっています。この記事では、コンパクトSUVの中からおすすめ車種をピックアップ。おすすめできる理由も徹底的に解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クロスビーにはマイルドハイブリッドが搭載されており、燃費性能の向上に役立っています。マイルドハイブリッドは通常のハイブリッドとは異なり、モーターのみでの走行はできません。あくまでも補助的な位置にいます。

しかしマイルドハイブリッドでも走行時にモーターがアシストしたり、減速時に発電したりしてエネルギーの回収をします。さらにアイドリングストップからの再始動にはモーター機能付き発電機がベルトを介してエンジンを始動させる機能があります。

一般的なハイブリッドほどの燃費の向上は期待できないものの、実燃費でも18km/Lほどが期待できるクロスビーは燃費の良さも魅力です。

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼル

ヴェゼル

ヴェゼルは2013年12月から発売されており、日本の車種別年間販売台数ランキングにおいて、SUV部門の1位を2014年から2016年の3年連続で獲得し、最近では2019年にも再度年間1位を獲得するなど、コンパクトSUVの人気車種となってきました。

ライバルモデルと比較すると販売価格が比較的安く、クーペのようなスポーティーさや、室内の広さなどが評価されています。

フィットをベースとしたモデルですが、ボディサイズは一回り大きなもので3ナンバーサイズの車です。ガソリンエンジンのモデルの他にハイブリッドモデルがあり、燃費性能がよいだけでなく、モーターによるアシストの動力性能魅力です。

平均点の高さ

ヴェゼル ハイブリッドRS

ヴェゼル ハイブリッドRS

ヴェゼルは質感が高いこと、走りがよいことなど、どの方面を取っても平均点が高いことが魅力です。フィットにも採用されているハイブリッドシステムを搭載して、 直噴技術を取り入れた結果、2Lエンジンに匹敵する出力を誇ります。

ハイブリッド車の場合には、RFP(リアクティブフォースペダル)と呼ばれる機能によって、エコ運転領域を外れてアクセルを踏み込んでいる際や、滑りやすい路面で、ペダルの反力を通じて踏み込みすぎを抑制します。

使い勝手も優れておりミニバンとしての使いやすさやクーペのような個性、またSUVの力強さを融合させたスタイルは他のモデルにはない魅力です。安全装備のホンダセンシングも標準装備されているのも、評価されています。

広々とした室内空間

ヴェゼル 車内

ヴェゼル 車内

車内が十分に広いことも、ヴェゼルの人気の理由です。コンパクトSUV はどうしても車内が狭くなってしまいがちです。しかし低床設計をしていることから、後席のスペースも十分確保されており、身長180cmほどの 大柄な人が座っていても足元のスペースに余裕があります。

燃料タンクが前席の下に位置されているセンタータンクレイアウトを採用しているので、パッケージングに自由度が加わりました。通常であれば車体後方にタンクがあるので、車内のパッケージングに限度があります。

しかしヴェゼルの場合には、トランクの底を深くして荷物をたくさん積載できるようにしています。ボディが小さくても十分な使いやすさを確保しているのはヴェゼルのおすすめポイントです。

運転のしやすさ

ヴェゼル 運転席

ヴェゼル 運転席

全長は4330mm、最小回転半径は5.3mと小回りのききやすいサイズで、運転もしやすいこともヴェゼルの魅力です。 大きなSUVと比較して、女性でも取り回しのしやすいサイズなので、街乗りもしやすいでしょう。

SUVということもあり、視線も高いので運転がしやすくなります。大きなサイズの車は運転が心配という方でも安心できるモデルです。

マツダ CX-30

CX-30

CX-30

2019年10月にマツダが発売を開始したCX-30は、マツダ3に続く新世代モデルの第二弾となっています。全高を抑えた形のSUVは、トレンドのスタイルです。マツダ3よりも流行のジャンルということもあり、販売台数の増加が期待されているモデル。

2020年6月までの上半期の販売台数では、マツダの中ではトップになっています。スタイリッシュでデザインが評価されることが多いマツダのCX-30は、広さや内装の質の高さが特徴的です。さらに詳しくおすすめポイントをご紹介しましょう。

広さが評価される

CX-30

CX-30

マツダ3と共通のプラットフォームが利用されていますが、マツダ3よりも広い車内となっていて、十分な広さを確保しています。大きさ的には、CX-3とCX-5の中間に位置しているモデルで、日常使いのしやすさと前後席の広さを確保しています。

CX-3の場合には、取り回しのしやすさからコンパクトサイズが魅力ポイントです。一方で後席や荷室が狭くなってしまうことは避けられません。しかしCX-30なら十分ともいえる後席スペースがあり、大人が乗っても後席の膝まわりにも十分な余裕があります。

後席に大人が乗っても広いのは、家族や友人などと出かけるシーンが多い方におすすめできるポイントです。 CX-30は広大とはいえないものの、開口口が広いラゲッジがあります。荷室容量は430Lなので、大きな荷物も十分積載できる広さです。

内装質感の高さ

CX-30

CX-30

内装の質感の高さは、CX-30の主な魅力といっても過言ではありません。各部の装飾が高級感を漂わせており、所有感を満足させるデザインです。またグレードによっては10Wayパワーシートが標準装備されており、快適な運転環境を実現します。

他の国産車やライバル車種と比較しても、質感の高さは一歩前に出ているほどです。 コンパクトSUVでありながらも、高級感を感じさせる内装はCX-30の特徴です。

ハッチバックより使い勝手がよい

CX-30 荷室

CX-30 荷室

マツダ3をベースとしていることから、似たコンポーネントになっていますが、しかしマツダ3よりも使い勝手がよいことはCX-30のおすすめポイントです。

室内空間はマツダ3よりも広いだけでなく、荷室容量の面でもマツダ3ファストバックを上回っています。

コンパクトSUVのジャンルには位置していながらも、マツダ3よりもラゲッジルーム開口高さが低くなっていたり、パワーリフトゲートが20Sグレード以外で標準装備になっているなど、使い勝手もよくなっています。

コンパクトSUVの使い勝手も比較要素に入っているなら、CX-30は魅力的です。

ダイハツ タフト

タフト

タフト

ダイハツの新型軽クロスオーバーの「タフト」は、 流行の軽自動車SUVの新型モデルとして注目されています。スズキには看板車種であるハスラーがありますが、ダイハツの対抗車種としてタフトが2020年6月から発売されています。

軽自動車では珍しい装備があったり、力強さを感じさせる四角形を強調したボディは、タフトの特徴です。 アウトドアにも使いやすい装備もあるので、イメージ通りアクティブに使いやすいモデルです。

ガラスの開放感

タフト Gターボ

タフト Gターボ

ボディルーフにはスーパーUV&IRカット機能付きのガラスルーフである「スカイフィールトップ」が標準で装備されています。シェードを開けると大空を見ることができ、解放感が楽しめるでしょう。

開閉機能がないことで重量や価格を抑えることに成功しています。シェードを開閉することで、光を取り入れたり、遮ったりできます。景色を楽しめるので、 ドライブが楽しくなりそうです。

スーパーUV&IRカット機能で室内の温度の上昇を防ぐので、夏の季節でも安心してドライブできます。

安全装備も充実している

タフト 安全装備

タフト 安全装備

予防安全・運転支援システム「スマートアシスト」が改良されて搭載されています。ステレオカメラが刷新されており、検知性能を向上し、夜間歩行者への対応も可能となりました。

衝突回避支援ブレーキの対応速度が引き上げられていること、また読み取ることが可能な標識の種類が増加しています。より安全に運転するサポートができるように、性能が高められているのです。

また、ダイハツ車初の電動パーキングブレーキが採用されて、アダプティブクルーズコントロールで前走車追従走行時に、3分間までの持続的な停車にも対応しています。

武骨なスタイル

タフト

タフト

オフロード風デザインのSUVですが、武骨なスタイルが強調されているエクステリアです。 ハスラーは軽クロスオーバーSUVの人気ジャンルを打ち立てましたが、武骨なスタイルはこのタフトが表現しています。

角ばったフロントウィンドウや、張り出したフェンダーなどは丸みのあるハスラーとは異なったスタイルです。新しい技術が搭載されているモデルでありながら、クロカンブームを思い出させるスタイルが魅力的です。

まとめ

コンパクトSUVにもジャンルや特徴が異なるモデルがたくさんラインアップしています。人気があるジャンルだけにその車種は増えており、選択に迷う方も多いかもしれません。

軽自動車にも流行の流れが来ているので、ハスラーだけでなくタフトが新しくラインナップしていますね。乗用車だけでなく軽自動車のSUVからもSUV選びが可能になるでしょう。

ぜひお気に入りの1台を見つける参考にしてください。

関連する投稿


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


【最新情報】大ヒット継続中のヤリス、発売1年半で異例の進化!

【最新情報】大ヒット継続中のヤリス、発売1年半で異例の進化!

ヴィッツという長年親しまれてきた名前を捨て、新たな車名とともに2020年に再出発した「トヨタ ヤリス」。グッとスポーティになった印象のヤリスは、国内コンパクトカー市場で台風の目といえそうな高い人気を誇るなど一躍人気車種の仲間入りを果たしました。そんなヤリス、登場からまだ1年半にも関わらず、改良によって機能を向上させています。注目の最新型ヤリスの詳細を、余すところなくご紹介していきます。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

トヨタのコンパクトカーのおすすめは?車種別の特徴や比較ポイントを徹底解説

国内で販売される自動車の約3割がトヨタの自動車です。国内だけでなく国外にも多数の自動車を輸出しており、世界的に有名な自動車メーカーです。2020年には世界販売台数でトップになるなど、販売台数を伸ばしています。販売台数も好調なトヨタには、多彩なコンパクトカーのラインナップがあります。この記事では、トヨタのコンパクトカーをご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。