トップへ戻る

【2020年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン4選!

【2020年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン4選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


N-VANが車中泊におすすめな理由

N-VANの荷室

N-VANの荷室寸法


ハイルーフ/ロールーフ
荷室長 2名乗車時(mm)1,510
荷室フロア長(mm)1,585
荷室床面長 助手席ダイブダウン時(mm)2,635/2,560
荷室高 (mm)1,365/1,260
荷室幅 4名乗車時(mm)
1,390/1,325
バックドア開口部高 (mm)
1,300/1,200
バックドア開口部幅 最大(mm)
1,230
助手席側開口部高(mm)
1,230
助手席側開口部幅 最大(mm)
1,580

※上記寸法は2020年7月現在のメーカー公式サイトによるものです。

N-VANには、助手席にもダイブダウン機構が備わっているので、荷室からダッシュボード下までをフルフラットの床面にできる点が、車中泊にぴったりです。

何より軽ハイトールワゴン並みの低床フロアと荷室高、そしてダイハツのタントのような助手席側大開口は、車中泊のアイテムを積み込むのに楽なだけでなくちょっとした休憩時でも気分が盛り上がります。

N-VANの価格とグレード

N-VANの車両本体価格価格(6MT/CVTともに同価格)


駆動

方式

ミッション消費税込み(円)消費税抜き(円)
G・ホンダセンシング2WD6MT/CVT
1,291,400
1,174,000

4WD6MT/CVT
1,402,500
1,275,000
L・ホンダセンシング2WD6MT/CVT
1,366,200
1,242,000

4WD6MT/CVT
1,477,300
1,343,000
+スタイルFUN・ホンダセンシング2WD6MT/CVT
1,589,500
1,445,000

4WD6MT/CVT
1,722,600
1,566,000
+スタイルCOOL・ホンダセンシング
2WD6MT/CVT
1,589,500
1,445,000

4WD6MT/CVT
1,722,600
1,566,000
+スタイルFUNターボ・ホンダセンシング
2WDCVT
1,699,500
1,545,000

4WDCVT
1,832,600
1,666,000
+スタイルCOOLターボ・ホンダセンシング
2WDCVT
1,699,500
1,545,000

4WDCVT
1,832,600
1,666,000

※上記価格は2020年7月現在のメーカー公式サイトによるものです。

全体にエブリィやハイゼットカーゴより高めの価格帯に見えますが、車中泊メインに使用するなら標準グレードのG・ホンダセンシングで十分。

CVTが選べてホンダセンシングも標準装備で1,291,400は、エブリィやハイゼットカーゴでおすすめしたグレードと同価格帯ですから、むしろコスパは上と言えます。

N-VANの口コミ

底床で天井が高いので、サスを縮めずフルサイズのオフロードバイクが乗り、リッターSSが乗り、載せた状態でも燃費は20km/Lオーバー。

バイクや自転車を積む人にとっては床が低くて荷室の高いN-VANはまさにピッタリ。ビジネスバンという車種でありながら、N-VANでの配送はあまりみかけませんが、このような使い方をされる方が多いのではないでしょうか。

N-VANの中古車相場

N-VANの中古車相場

生産期間平均車両本体価格(消費税込み)
2018年7月~2019年9月生産モデル134.7万円
2019年10月~2020年生産モデル148.6万円

価格は2020年7月調べ。中古車情報はレスポンス中古車検索で。

発売からようやく2年というところなので、まだ流通台数も少なくあまり値落ちもしていません。しかし、それだけに新車同様な程度の良い個体が多く、新車を買う予算で上級グレードを狙う事が可能になります。

N-VANのおすすめ車中泊アイテム

【車中泊用品トラック用布団セット(敷布団+掛布団+枕)】快適仮眠♪本格派ふとん屋さんのふわふわ布団セット 敷き布団(カバー付き)、掛け布団、マクラ(カバー付き)がリーズナブルな価格でお得♪ 車中泊やアウトドアにも活躍 (黒色)

長距離トラックのドライバーが愛用するだけに、その寝心地は折り紙付き。厚みがあってふわふわのフトンは裏返すとメッシュ素材なので夏も快適に就寝できます。マクラもついているので安心のセットです。

4. ダイハツ ハイゼット キャディー

ハイゼット キャディー

ハイゼット キャディーは、軽ハイトールワゴンのウェイクをベースとして、広さと使い勝手の良さを追求したFFレイアウトパッケージを採用した軽ボンネットバンです。

ホンダのN-VANと同様、新しい軽バンの形と利用方法を提示する車種となっています。

高い静粛性と同時に、低い乗員室フロア高360mmと、適度な高さのシート高750mmといったウェイク譲りのゆとりのある運転空間と、女性や高齢者の使い勝手などにも配慮しています。

そして、荷物の積み込みがしやすい荷室フロア高595mmに加え、2人乗りに限定することでフラットで使い勝手の良い荷室を実現しています。

さらに、2017年11月の一部改良では、車両だけでなく歩行者も認識し作動する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載するとともに、リヤコーナーセンサーを採用して「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当しています。

ハイゼット キャディーが車中泊におすすめな理由

ダイハツ ハイゼット キャディー 荷室寸法

荷室長(mm)1,310
荷室高(mm)1,235
荷室高+アンダートランク(mm)
1,485
荷室幅(mm)
1,210
スライドドア開口部幅 最大(mm)
560

※上記寸法は2020年7月現在のメーカー公式サイトによるものです。

キャブオーバー型の商用バンは、荷室を広げるためにシートの下にエンジンを置いていますが、ハイゼット キャディーは、エンジンを前に置くことで低く乗り降りや作業性を実現しています。

荷室の長さは同じFFベースのN-VANより短く、助手席も収納できないために体を伸ばしての就寝は無理でしょう。

しかし収納が多く、就寝に邪魔な小物がきれいにかたずくので、スペースを最大限に使えます。そして凹凸のない完全にフラットなフロアが実現します。

また、室内が非常に高いので、着替えなどの際にストレスを感じません。

ハイゼット キャディーの価格とグレード

ハイゼットキャディの車両本体価格価格


駆動方式

ミッション消費税込み(円)消費税抜き(円)
D2WDCVT
1,144,0001,040,000

4WDCVT
1,270,5001,155,000
D “SA Ⅲ”2WDCVT
1,210,000
1,100,000

4WDCVT
1,336,500
1,215,000
D “デラックス SA Ⅲ2WDCVT
1,281,5001,165,000

4WDCVT
1,408,0001,280,000
X “SA Ⅲ”
2WDCVT
1,380,5001,255,000

4WDCVT
1,507,0001,370,000

※上記価格は2020年7月現在のメーカー公式サイトによるものです。

ハイゼット キャディーの価格は、同じボンネットタイプのホンダのN-VANのに比べても安くなっています。

安全装備も装備されたD “SA Ⅲ”でも1,210,000円であり、N-VAN G・ホンダセンシングの1,291,400円より8万円も安いので、同じ予算でひとつ上のD “デラックス SA Ⅲが狙えます。

ハイゼット キャディーの口コミ

2シーター&荷室が広く&低コスト&燃費もほどほど&ベタ踏み不要&内外装ともゴテゴテしていない&サスもふにゃふにゃしていない

ハイゼット キャディーの特徴である荷室が広くて低コストであることが評価されています。また、長時間の配送作業にもストレスが軽減される車種であることが分かります。

ハイゼット キャディーの中古車相場

ハイゼット キャディーの中古車相場

生産期間平均車両本体価格(消費税込み)
2016年6月~2017年10月生産モデル87.0万円
2017年11月~2019年9月生産モデル105.0万円
2019年10月~2020年
98.0万円

価格は2020年7月調べ。中古車情報はレスポンス中古車検索で。

発売から4年が経過しましたが、新車での販売台数が少ないために中古車の流通台数も少なくなっています。

価格は高値で安定しており、年式による差もあまりありません。過走行の個体も見当たらず、大事に使用されるケースが多いという特徴があります。

ハイゼット キャディーのおすすめ車中泊アイテム

ロゴス(LOGOS) 丸洗いやわらかシュラフ・2 72600581

ハイゼット キャディーで車中泊するにはマットやカーテンも必要です。しかし、頻繁に車中泊を利用しない人にとっては本格的な装備はじゃまに感じるかも知れません。

そんな時、寝袋をひとつ積んでいれば急に車中泊することになっても安心で、普段はクッションの代わりにも使えて便利です。

また、丸洗いできるのでいつでも清潔に保てます。

まとめ

今回は車中泊におすすめの軽バンを特集しました。大きなキャンピングカーやミニバンでなくても車中泊が簡単にできる軽バンは、私たちのカーライフを豊かにしてくれそうです。もちろん日本中で活躍することも重要です!

関連するキーワード


軽バン 車中泊 N-VAN

関連する投稿


車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊が人気の理由は?快適に使えるおすすめ車種とその理由!

車中泊に興味がある方なら、次の車選ぶをするときに使いやすい車にしたい思うもの。人に接することも少なく、費用も抑えながら旅ができるので、人気が高まっている車中泊ですが、できる限り快適に行いたいところですよね。そこでこの記事は、車中泊が人気の理由とおすすめの理由をご紹介します。


【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

軽バンは広々とした室内空間が特徴で、街乗りにもレジャーにも利便性の高い車です。とはいえ、市場に出回っている軽バンは種類がたくさんあり、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの軽バンを5種類厳選して紹介します。歴史あるモデルから比較的新しいモデルまで、簡単なスペックと新車価格をまとめましたので、乗り換えをご検討の方はぜひ参考にしてみてください。


ホンダ N-VANってどんな車?車中泊にはおすすめ?

ホンダ N-VANってどんな車?車中泊にはおすすめ?

ホンダのN-VAN。軽自動車なのに、なんと車中泊としても使い勝手がいいと人気です。車中泊と言えばどうしても少し大きめの車を思い浮かべてしまう…という方に、本記事ではN-VANについてまとめています。


車中泊におすすめの車、必要アイテムをご紹介!

車中泊におすすめの車、必要アイテムをご紹介!

前々から車中泊に興味があって、今度車を買い替えようとしているあなた!今回は、あなたに向けて車中泊におすすめの車をタイプ別にご紹介します。車中泊に適した車の条件や、車中泊初心者の方に向けたおすすめ車中泊アイテムも解説していますので是非最後までお読みください。


ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

これからの季節、どこかへ出掛けたくなりますね。たまには愛車で遠くまで出かけて、いっぱい遊んで車中泊するというのはどうでしょうか?今回は、ホンダ フリードプラスを使った車中泊にクローズアップしてお送りします。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。