トップへ戻る

軽SUVの人気車種は?魅力から人気あるモデルと特徴を徹底調査

軽SUVの人気車種は?魅力から人気あるモデルと特徴を徹底調査

新車販売台数のトップを記録しているジャンルは、コンパクトクロスオーバーSUVです。各社様々なラインナップを展開しており、街中でも見かけることが多いジャンルの車です。SUV人気の影響は軽自動車にも及んでおり、ハスラーをはじめとして、多種多様な車種が販売されています。今回は軽自動車という限られた規格の中でSUVの魅力をぎっしり詰め込んだ5車種をピックアップします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

角ばったボディデザインで、フロントウィンドウは直立したデザインなど武骨なエクステリアになっています。ボディカラーもオフローダーらしい選択肢となっており、かわいらしさが強調されているハスラーは対照的なデザインです。

直線的なデザインは、武骨さを出しているだけでなく、取り回しのしやすさにもよい影響を与えています。車両感覚がつかみやすいスタイルなので、街中の狭い道でも運転しやすいことでしょう。アウトドアだけでなく、街乗りにも運転しやすいデザインです。

スカイフィールトップで広々

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト

全車標準装備となっているのがスカイフィールトップです。ルーフ長の3分の1ほどの開口面積となっており、アウトドアレジャーを新しい仕方で楽しめる機構です。ルーフ自体を開けることはできませんが、ルーフカバーを開けること採光性を高めており、広々とするだけでなく季節を感じさせるドライブも楽しめます。

スーパーUV&IRカットガラスを採用しているので、日焼けや温度上昇の影響を最小限に抑制しています。もちろんまぶしいときには、開閉シェードを閉めることもできるので安心です。

アレンジ豊富な使い方

ダイハツ タフト 荷室

ダイハツ タフト 荷室

タフトの魅力には、荷室の拡大性があります。後席を倒すと、荷室と一体化させることができ、完全フラットな状態にできます。多くのモデルで後席を倒すとフラットにできますが、どうしても少しの凹凸があるのがデメリットでした。タフトは後席と荷室の段差をなくして、ダイハツの軽自動車の中でも随一のフラットさを実現しています。

荷室床と後席の背面は、ハードな樹脂が採用されており、大きくて重い荷物でも安心して積載できます。また汚れている荷物でも簡単に水拭きできるので、気にせず積載可能です。アウトドアで使うことを念頭に置いて、機能性を高めているのが特徴です。

【ダイハツ タフト G】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量830kg
燃費WLTCモード:20.5km/L
エンジン種類水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,900rpm
最大トルク60N・m (6.1kg・m) /3,600rpm
駆動方式FF
トランスミッションCVT

2021年1月現在 メーカー公式サイトより

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

SUVというよりも、スーパーハイトワゴンのSUVテイストのモデルである、スペーシアギア。ベースとなるスペーシアのドレスアップバージョンで、デザインの変更やルーフレールなどによってアクティブな雰囲気を出しています。

走行性能ではスペーシアと変更点はないのですが、利便性の高いパッケージングになっているので、SUVらしい使い方もできます。

アクティブなインテリアでアウトドアにぴったり

スズキ スペーシアギア インテリア

スズキ スペーシアギア インテリア

スペーシアギアは、基本的にスペーシアと変わらないのですが、SUVらしいタフさや遊び心があるデザインが採用されています。ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスはアウトドアで道具で包まれているように感じさせます。

また開放感がある車内には、撥水加工されたシートとなっており、アウトドアで水が残ってしまった荷物や服でも気にせずに乗車できるのも特徴。防汚タイプのラゲッジルームも簡単に汚れを拭き取れるので、アクティブに使えます。スーパーハイトワゴンの広い車内を活かして、アウトドアに出かけられます。

ハイトワゴンで人気のSUVスタイル

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

スペーシアギアの荷室は、スーパーハイトワゴンだけに高い荷物でも余裕の積載性を誇ります。低床設計になっていることから、大きな荷物でも積み下ろししやすくなっているのも特徴です。広い車内を活かして、自転車やサーフボードなども簡単に積載できます。

カラーもツートンを選択でき、よりアクティブに雰囲気を楽しめるのが特徴です。車高が高くなっているわけではありませんが、ルーフレールなどと合わせてSUVらしさが全面に出ているスタイルです。

マイルドハイブリッドで動力性能と低燃費を両立

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

スペーシアギアはマイルドハイブリッドが搭載されており、燃費性能を高めています。エンジンには発電機が搭載されていますが、モーター機能が追加されているのが特徴です。メインの駆動力はエンジンになりますが、補助的にモーターによるアシストが加わります。


最大10秒間モーターのみでクリープ走行できるなど、エンジンを補助することにより低燃費を実現します。またアイドリングストップからの再始動時や加速時にスムーズにアシストしてくれるシステムです。プリウスなどのような本格的なハイブリッドではありませんが、一定のアシストによって力強く加速できます。

【スズキ スペーシアギア HYBRID XZ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,800mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒
最高出力38kW(52PS) /6,500rpm
最大トルク60N・m (6.1kg・m) /4,000rpm
駆動方式前2輪駆動
トランスミッションCVT

2021年1月現在 メーカー公式サイトより

まとめ

軽のSUVは人気が高まっていることから各社複数のモデルが販売されており、選択肢も増えています。本格的な走破性をもっているモデルから、広い車内で大きな荷物を積載できるモデルまで、特徴となるポイントが異なります。街乗りメインであっても、冬場にスキーに出かけるのであれば、4WDモデルを選択していると安心して運転できるでしょう。

SUVに乗りたいと思っても、街乗りを重視するのか、走破性を重視するのかによってベストな1台は違います。ぜひ本記事を参考にして、アクティブに使える車探しをしてみてください。

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


時代は軽SUVでしょ!断然安いダイハツ タフト、特徴は?ライバルは?

時代は軽SUVでしょ!断然安いダイハツ タフト、特徴は?ライバルは?

軽自動車の世界でもSUVの人気が高まってきており、各社から発売されています。そんな中、2020年にダイハツから発売された新型車がタフトです。ここではタフトの魅力やライバル車にあたるスズキのハスラーなどとの比較を行います。


SUV人気に迫る!人気の理由と歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUV人気に迫る!人気の理由と歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ダイハツ タフトでクールな軽SUV生活!広さ、性能、評価はどうなの?

ダイハツ タフトでクールな軽SUV生活!広さ、性能、評価はどうなの?

通勤やお買い物に定番の軽自動車においても、SUVの選択肢がどんどん広がっています。実用性重視で味気ないスタイルになりがちな軽の中でも、SUVのアクティブ感があれば毎日のドライブを楽しくしてくれそうですよね。そんな軽SUVの中でも注目したいのがダイハツ タフト。ライバル多数の中で一際輝くタフトの魅力を知れば、タフトを愛車にしてみたくなってしまうかも。詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。