トップへ戻る

BMW X2の最新情報!グレード、走行性能、PHVの日本導入はあるか?!

BMW X2の最新情報!グレード、走行性能、PHVの日本導入はあるか?!

見るからに挑戦的なスタイルが特徴的なBMWのクーペSUV「X2」は、もはや街中で見ない日はないSUVの中にあっても独特の存在感がありますよね。グッと低く抑えられたルーフラインに、大胆に傾けられたリアウィンドウなど、BMWが得意としてきたスポーツクーペと共通するようなディテールが散りばめられたX2の魅力を、最新情報とともにご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMW X2、実はブランド最小SUV。でも妖艶さはクラスレス!

BMW X2

BMW X2

広告展開などで見られるガルバニック・ゴールドの刺激的な色だけでなく、なんといっても独特のクーペSUVフォルムが特徴的なBMWのコンパクトSUV「X2」。

車名の数字的には弟分と思われがちなX1よりも、実は全長では短くなっているほか、見た目的にもSUV然としたX1に比べて、かなり低く見えるルーフ高や、それに付随してワイド感が強調されたフォルムとなっているX2はかなりスポーティで、もはやスポーツクーペを思わせる妖艶さがありますよね。

登場以来注目度の高いX2の魅力を、簡単にではありますがまとめてみました。

見た目買いしたくなるエクステリアデザイン

BMW X2(海外仕様車)

BMW X2(海外仕様車)

SUV市場がだんだんと飽和状態に近づいている今だからこそ、人とは違うフォルムやディテールを求めたくなる方もいらっしゃるはず。スポーツクーペテイストのX2は、そんな方にぴったりの一台でしょう。

Xシリーズの一員であることを主張しつつも、兄貴分たちとは違う独特のポップでスポーティな印象を持ち合わせるX2。

BMWの往年の2ドアクーペライン「CS」系を思わせるCピラーのBMWエンブレムなど伝統を感じさせる部分も持ちつつ、他のどのBMW車とは異なったホフマイスターキンクの処理など革新的なデザイン提案もするという奥深いデザイン構成が見所です。

…といったウンチクはさておき、単純に「カッコイイ」エクステリアデザインとなっている点が非常に魅力的。またスポーティに低く抑えられた全高は、立体駐車場にも対応できるという副次的なメリットも生み出しています。

「BMWといえば」の優れた走行性能

BMW X2(海外仕様車)

BMW X2(海外仕様車)

やはりBMWの車となれば、SUVであっても走行性能へのこだわりが感じられる点がうれしいところ。低く構えた低重心パッケージも相まって精度の高いハンドリングと、全車ターボエンジン搭載のパワフルさが織りなすダイナミズムは、SUVであることを忘れてしまいそうなほどです。

さらに、2019年1月に新たに追加された「M35i」グレードは、Mパフォーマンスモデルの名に恥じない優れたスポーツ走行性能が魅力的。基本構成こそxDrive20iと共通の直列4気筒ガソリンターボエンジンは、専用仕様にパワーアップがなされ、なんと306PSもの高出力と450N・mもの高トルクを獲得しています。

ボディ各部に配されたMパフォーマンスモデル専用となるセリウムグレーのマットな輝きのもたらす迫力通りに、さらに走れるX2となっています。

話題の先進装備も便利装備もしっかり満載

BMW X2(海外仕様車) ダッシュボード

BMW X2(海外仕様車) ダッシュボード

高級車らしい雰囲気の演出も抜かりなく、全グレード標準装備となるアンビエントライトや10.25インチのワイド・コントロール・ディスプレイなど、クラスでも先進的な装備の数々は非常に魅力的。

BMWらしくドライバー側にやや傾けられたスマートなコンソールデザインなど、ブランドの個性を感じさせてくれるデザインの数々は、Xシリーズの一員であることを強く感じさせます。

また、縦列駐車を車が自動で行ってくれる先進機能「パーキングアシスト」が全車標準装備となる点もうれしいところです。ドライバーはボタンを押すだけで、車両がステアリングホイールとアクセル/ブレーキ操作を自動的に行ってくれるので、タイトな駐車スペースでもリラックスして運転できそうです。

意外?!ユーティリティはちゃんとSUVです

BMW X2(海外仕様車) 荷室

BMW X2(海外仕様車) 荷室

先述の通り、価格的により廉価でエントリーモデル扱いとなるX1よりも、実は全長が短いX2。Xシリーズ最小SUVな上に、クーぺ風に低められたルーフと傾けられたリアウィンドウで、室内の広さはかなり犠牲になっているのでは?!と心配される方もいらっしゃるのでは。

しかし、実はX2の室内ユーティリティはかなり優秀。X1同様にFFプラットフォームベースとなっているため、四輪駆動の安定した走行性能も選択可能でありつつ、スペース効率に優れたFFベースとなることで、余裕のある室内空間を実現しています。

やはりサイドウィンドウの天地高が狭まっていることもあり、開放的とまでは言いにくいかもしれませんが、成人男性でもくつろげる後席空間は確保されており、普段使いでも問題なさそうです。

SUVですので使用頻度も高くなりそうな荷室も、定員乗車時で470L、後席折りたたみ時で1,355Lとクラスとして平均的な容量が確保されているほか、オプションにはなりますが電動テールゲートも用意されており、使い勝手も十分以上といえるでしょう。

BMW X2のスペック

【BMW X2 xDrive18d Mスポーツ X エディション ジョイ+】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,375mm×1,825mm×1,535mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,680kg
燃費WLTCモード:15.3km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 1,995cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/4,000rpm
エンジン最大トルク350N・m(35.7kg・m)/1,750-2,500rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション8速AT
新車価格5,270,000円(消費税込)
(2020年11月現在 BMW公式サイトより)

BMW X2、最新情報まとめ! PHVの噂も

新グレード「エディション ジョイ+」がかなりお買い得!

BMW エディション ジョイ+ ラインナップ

BMW エディション ジョイ+ ラインナップ

BMWラインナップ全体で、クリーンディーゼル車やプラグインハイブリッド車、電気自動車などのクリーンエネルギーモデルに新たに設定されたグレード、「エディション ジョイ+」が、もちろんX2にも設定されています。

X2では四輪駆動のクリーンディーゼルモデル「xDrive18d Mスポーツ X エディション ジョイ+」と「xDrive20d Mスポーツ X エディション ジョイ+」の2つが設定されており、既存のそれぞれのグレードに替わってラインナップされます。

なんと、エディション ジョイ+に移行したことで、装備内容はそのままにそれぞれ25万円もの車両価格値下げが行われているという非常におトクな状況になっています。

これらのクリーンディーゼルモデルは、もとより税金などの諸費用が優遇されているグレードですので、ますますリーズナブルさが際立ちます。X2のクリーンディーゼル車の人気が加速しそうですね。

X2 プラグインハイブリッド仕様が欧州デビュー!日本導入あるか

BMW X2 xDrive25e(海外仕様車)

BMW X2 xDrive25e(海外仕様車)

BMWの地元、欧州市場向けには、X2のプラグインハイブリッド仕様「xDrive25e」が発売されています。

こちらは1.5リッター 直列3気筒ガソリンターボエンジンで前輪を駆動し、新たに搭載した電気モーターで後輪を駆動するというユニークなシステムのプラグインハイブリッドとなっており、BMWらしく走行性能を重視した仕上がりになっている模様。

システム全体では220hpという高出力を得つつ、EVモードで57kmという必要十分なレンジを確保しており、非常に魅力的なモデル。

元よりXシリーズ最小のX2ということで、新たに追加されたバッテリーによる荷室容量の減少なども気になるところかもしれませんが、バッテリーは後席下に搭載しているとのことで、心配無用なようです。

日本への導入に関してはまだ正式発表がありませんが、ラインナップの電動化を積極的に進めているBMWですので、早期の導入も期待されますね。

BMW X2 新車・中古車価格まとめ

BMW X2

BMW X2

2020年11月現在のX2の税込新車価格は、二輪駆動モデルとなるsDrive18iの451万円から、MパフォーマンスモデルとなるM35iの701万円までの価格帯となっています。

X2のトップモデルとなるM35iが、その特別装備の多さゆえにかなり高めの価格設定となってはいますが、X2とX1双方の最廉価グレードとなるsDrive18iで比較すると、その価格差はX2が11万円高に抑えられており、ユーティリティ性では譲るものの唯一無二のスタイリングを手に入れる対価としては、十分に納得できる程度と思われます。

BMW X2

BMW X2

2020年11月現在の中古車市場では、X2の在庫台数は164台と比較的少なめ。

X2は現行型がブランニューモデルというハンデはありますが、よりユーティリティ性で優れたX1は800台以上の在庫が確認できるほか、より大型のX3でも300台以上の在庫が確認できますので、X2はまだまだ稀少車と呼べそうですね。

中古車平均価格は388.2万円と新車価格からの下落はあまりないように感じられますが、価格帯で見ると既に200万円台後半スタートの車両もあるなど、意外とお手頃感が強い中古車相場となっています。

輸入高級車の常ではありますが、欲しい装備がオプションパッケージでしか追加できない場合も多く、お好みの仕様の車を探すのはやや骨が折れるかもしれません。根気強く探してみてくださいね。

まとめ

BMW X2(海外仕様車)

BMW X2(海外仕様車)

国産車・輸入車限らず、個性派も続々登場しているコンパクトSUVクラスでも独特のオーラを放っているX2の魅力についてご紹介してきました。

ユーティリティ性を求めてなんぼのSUVなのに、クーペルックであえて基準から外れた痛快さが魅力的なX2。まだまだ街中で見かける頻度も少なめかと思いますので、颯爽と乗りこなせば注目を一気に集めてしまいそうですね。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。