トップへ戻る

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

今やSUVはアウトドア向けのニッチな用途だけでなく、毎日の足として利用されることも多いファミリーカー。世界的なブームを背景に、日本国内でも販売台数がグングン伸びていますが、それによって結構ご近所でも車種がかぶりやすくなってきていますよね。そこでおすすめしたいのが、個性際立つ最新ハイブリッドSUV。高い魅力を備えつつ低燃費でおサイフにも優しい3台をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


広すぎる選択肢のSUV、流行の最先端はハイブリッドだ!

ジープ レネゲード 4xe

ジープ レネゲード 4xe

各自動車メーカーがSUVに注力している現在、ラインナップが幅広すぎて、どのSUVがご自分にぴったりなのか探すのも一苦労ですよね。

SUVらしいラギッドな雰囲気はどの車種にも共通していますし、近年の車種ではオンロード上での快適性においても我慢せずに乗れるSUVも多いので、決め手となる部分がだんだん少なくなってきている印象も。

そこでおすすめしたいのが、パワートレインをハイブリッド仕様に絞ってのSUV探しです。

全高が高めで車両重量がかさみがちと、燃費を悪くしてしまう要素が詰まっているSUVだけに、電動化による燃費向上は、維持費の面からもかなりうれしい魅力となり得ますよね。さらに減税など諸費用も低く抑えられるので、ハイブリッド搭載のSUVはうれしさが満点。

最新のおすすめハイブリッドSUVを3台まとめてみましたので、ご紹介していきます。

今こそ買いたい最新ハイブリッドSUV 3選はこれだ!

マツダ MX-30:パーソナルさ際立つマツダの最新作、EVも?

マツダ MX-30

マツダ MX-30

日本車離れしたデザインへのこだわりで、SUVクラスでも大人気となっているマツダの最新作が、2020年10月に発売されたばかりの「MX-30」です。

すでに大好評を博しているCX-5やCX-8よりも小さく、かつデザイン的に独自路線となっているMX-30は、全車で24Vマイルドハイブリッド仕様となる「eスカイアクティブ G」を搭載。ガソリン車よりも燃費性能を向上させつつ、2021年の登場が予定されているフルEV仕様よりも低廉な価格が実現されています。

マツダ MX-30

マツダ MX-30

これまでのSUVシリーズで共通していた「CX」という車名を持たないことからも明らかな通り、MX-30は車のキャラクターとしても独特なもの。

一般的なフロントドアに、観音開き式となるリヤドアを組み合わせたピラーレスの「フリースタイルドア」を採用するなど、これまでのSUVに比べてもクーペのような、よりパーソナルなイメージがMX-30の大きなポイントです。

マツダ MX-30 インテリア

マツダ MX-30 インテリア

マツダ車らしい操縦性の良さや着座位置のこだわりはそのままに、全高を低く抑えたMX-30は、オンロードでの快適性も抜群。マイルドハイブリッドによる発進・加速時のアシストや、ハンドル操作に応じて駆動力を緻密に制御する「Gベクタリングコントロール プラス」などによる優れた乗り心地は200万円台からというリーズナブルな価格を感じさせない上質感がありますね。

そう、お値段の低廉さもMX-30の大きな魅力。とかく車両価格が上がりがちなSUV、さらに上級感のあるキャラクターながらも、リーズナブルな価格が実現されています。

マツダ MX-30

マツダ MX-30

全長4.5m以内とコンパクトにまとまっていることもあり、都市部でもキビキビ走れる使い勝手の良さも兼ね備えたMX-30は、マツダの新たな時代の幕開けを象徴するマイルストーンの一つであることは間違いないでしょう。

今後の発売が予定されているフルEV仕様と合わせ、これからも目が離せませんね。

マツダ MX-30のスペック

【マツダ MX-30 ベースグレード 4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,395mm×1,795mm×1,550mm
ホイールベース2,655mm
最大乗車定員5名
車両重量1,520kg
燃費WLTCモード:15.1km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,997cc
エンジン最高出力115kW(156PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力5.1kW(6.9PS)/1,800rpm
モーター最大トルク49N・m(5.0kgf・m)/100rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション6速AT
新車価格2,656,500円(消費税込)
(2020年12月現在 マツダ公式サイトより)

マツダ MX-30の新車・中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

税込新車価格帯:
 242.0万円(ベースグレード 2WD)〜339.35万円(100周年特別記念車 4WD)

中古車在庫: 確認できず

ホンダ CR-V:知ってた?低速域では「ほぼEV」なハイブリッド

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

初代は1995年登場、ホンダの自社製SUVとして初投入されたという大役を担ったCR-Vは、現行型に至るまで継続的な人気を誇る定番SUVの一台ですよね。

特に北米などで人気があることから、現行の五代目モデルではボディサイズがかなり大柄で豪華な仕立てになっている点や、ホンダ独自の「e:HEV」ハイブリッドシステムが選択できる点が注目を集めています。

ホンダ CR-V インテリア

ホンダ CR-V インテリア

ガソリン仕様でも約336万円から、ハイブリッド仕様では約393万円からと、ややプレミアム寄りな税込新車価格が設定されているのですが、それに見合った装備の充実っぷりはしっかり注目しておきたいところ。

定評のある予防安全・運転支援装備パッケージ「ホンダセンシング」だけでなく、通信ナビのパイオニアである「インターナビ」システムや、運転席パワーシート、ステアリングヒーターのような豪華装備までが、廉価グレードも含めて全車で標準装備される点を加味すれば、かなりのコスパの良さともいえそうですね。

ホンダ CR-V e:HEVシステム構成 イメージ

ホンダ CR-V e:HEVシステム構成 イメージ

現行CR-Vでは、世界的トレンドのダウンサイジングターボの考え方を取り入れた1.5リッターの「VTECターボ」エンジンのパンチ力も魅力的ではあるのですが、ぜひおすすめしたいのがハイブリッド仕様。「e:HEV」と名付けられた同仕様は、なんと低・中速域ではモーター駆動という先進的なシステムなのです。

ガソリンエンジンが搭載されているのですが、低・中速域では発電に専念。モーター駆動ならではのゼロ回転からの力強い加速が可能な点は、まるで電気自動車を思わせるほどです。

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

日産のe-POWERとも似たこのシステムは、e-POWERと異なり高速域でガソリンエンジンによる駆動も可能。これによって、モーター駆動では効率が落ちる高速域でも伸びの良い加速が実現されており、低燃費とパワフルさが両立されている点は大きな魅力です。

存在感のあるエクステリアデザインに上質なインテリア、さらに先進的なパワートレインまで備えたCR-Vのトータルパッケージでの魅力は、人気が出て当然といった印象ですね。

ホンダ CR-Vのスペック

【ホンダ CR-V e:HEV EX FF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,605mm×1,855mm×1,680mm
ホイールベース2,660mm
最大乗車定員5名
車両重量1,610kg
燃費WLTCモード:25.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,993cc
エンジン最高出力107kW(145PS)/6,200rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力135kW(184PS)/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0-2,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,925,900円(消費税込)
(2020年12月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダ CR-Vの新車・中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

税込新車価格帯:
 336.16万円(EX FF 5人乗り)〜455.84万円(e:HEV EX・ブラックエディション)

中古車在庫台数: 429台
中古車平均価格: 314.4万円(現行モデル)、118.3万円(四代目)
中古車本体価格帯: 234.9〜406.9万円(現行モデル)

ジープ レネゲード:雰囲気抜群!プラグインハイブリッドも選べる

ジープ レネゲード 4xe

ジープ レネゲード 4xe

国産車の天下と思われがちなハイブリッドですが、米国のジープも負けていません。

SUVブランドとしてこれ以上ないほどの知名度を誇るジープだけに、同社で最小クラスとなるレネゲードでもジープならではの魅力は健在。さらに最新モデルではプラグインハイブリッド仕様が追加されるなど、環境性能面でも大幅な進化を遂げています。

ジープ レネゲード 4xe インテリア

ジープ レネゲード 4xe インテリア

思わず見た目買いしたくなってしまいそうなキュートなルックスはレネゲードの大きな魅力。ジープらしい丸目のヘッドライトに7本スロットのフロントグリルが備わり、小柄なボディながらも存在感は抜群ですね。

街中でも扱いやすいサイズながら、悪路走破性も忘れていない点はジープらしいポイント。最低地上高は標準仕様で170mm、オフロード向け仕様では210mmが確保されているなど、見た目に違わないオフロード性能も期待できますね。

ジープ レネゲード 4xe カットモデル

ジープ レネゲード 4xe カットモデル

そんなレネゲードの最新グレードが、プラグインハイブリッド仕様となる「4xe」。標準系のリミテッドとオフロード系のトレイルホークに設定されるこちらは、前輪を1.3リッター 直列4気筒ガソリンターボとモーターの組み合わせで駆動、後輪は独立したリヤモーターで駆動するという独創的なプラグインハイブリッドとなっています。

これによって、ハイブリッド車らしい低燃費とともにガソリン車を上回るパワフルさも獲得。トレイルホーク 4xeでは、レネゲード最強となる239PSのハイパワーを実現しています。

ジープ レネゲード 4xe(海外仕様車)

ジープ レネゲード 4xe(海外仕様車)

もちろんパワフルさだけなく、プラグインハイブリッド車らしく約50kmと実用的なEVモード走行距離も実現。近場へのお買い物や通勤では、ガソリンを節約したエコドライブも可能ですので、燃料代が大きく節約できそうですね。

キュートかつ頼もしいルックスに最新のパワートレインを備えたレネゲード 4xeは、輸入SUVの中でもこれからどんどん人気が出ること確実の車でしょう。

ジープ レネゲードのスペック

【ジープ レネゲード リミテッド 4xe】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,255mm×1,805mm×1,695mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,790kg
ハイブリッド燃費WLTCモード:17.3km/L
等価EVレンジWLTCモード:48.0km
エンジン種類直列4気筒ガソリンターボプラグインハイブリッド 1,331cc
エンジン最高出力96kW(131PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク270N・m(27.5kg・m)/1,850rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター搭載数2基(フロント1・リヤ1)
モーター最高出力フロント:33kW(45PS)
リヤ:94kW(128PS)
モーター最大トルクフロント:53N・m(5.4kg・m)/8,000rpm
リヤ:250N・m(25.5kg・m)/2,000rpm
システム最高出力191PS)
駆動方式電気式四輪駆動(eAWD)
トランスミッション6速AT
新車価格4,980,000円(消費税込)
(2020年12月現在 ジープジャパン公式サイトより)

ジープ レネゲードの新車・中古車価格まとめ(2020年12月調べ)

税込新車価格帯:
 305.0万円(ロンジチュード)〜503.0万円(トレイルホーク 4xe)

中古車在庫台数: 237台
中古車平均価格: 279.6万円
中古車本体価格帯: 165.0〜393.0万円

まとめ

三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019 出展車両)

三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019 出展車両)

今こそ選びたい、最新のハイブリッドSUVを3台ご紹介してきました。

SUVらしい使い勝手はそのままに、普段の燃料代を賢く節約できるハイブリッドSUV。人とは一味違う車に乗りたいとお思いのあなたにこそおすすめしたい、最新のトレンドです。

関連する投稿


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは新型のEVです。しかし、EVに乗ったことのない人は、本当に乗りやすいのか不安に感じることでしょう。そこで今回は、ホンダeの特徴やEVのメリット・デメリット、実際に使いやすいのかについてご紹介します。


最新の投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?


MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

新型MINIの中でも抜群の実用性を兼ね備えたMINIがクラブマンです。家族での少し遠出の際やレジャーの際にその大きなラゲッジ・ルームが威力を発揮します。今回はこのMINIのクラブマンを見てみましょう。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。