トップへ戻る

【新型車情報】SUV乗るならジープでしょ!今レネゲードが人気上昇中!

【新型車情報】SUV乗るならジープでしょ!今レネゲードが人気上昇中!

SUVで思い浮かぶ外車はやはり老舗のジープですね。その中でも人気上昇中なのが、ジープで最も小さい「レネゲード」です。しかも新たにPHVが設定されることになったので、これはもうほっとけません。そこで、ジープの末っ子「レネゲード」と新登場する「レネゲード 4xe」について詳しくご紹介しましょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジープ レネゲードってどんなクルマ?

ジープ レネゲード リミテッド

もっともコンパクトなジープとして登場したのがレネゲードです。小さくてもジープのDNAはしっかりと継承され、小型ながらオフロード性能も追求されています。

ジープには憧れるけど、思ったより大きくて使いずらいし、価格も高いと思っている人、国産SUVでは物足りないという人には最高のチョイスとなるのがレネゲードです。

レネゲードには1.3Lのマルチエアと呼ばれるターボエンジンを搭載する「ロンジチュード」「リミテッド」「トレイルホーク」というグレードがあります。

そして、2020年11月に「リミテッド」「トレイルホーク」にプラグインハイブリッド(PHV)モデル「4xe」が設定されることになっています。

ジープ・レネゲード・リミテッド

レネゲード ガソリン仕様のスペック

車両本体価格(税込み)3,050,000~3,930,000円
全長×全幅×全高
4,255mm×1,805mm×1,695~1,725mm
WLTCモード燃費12.1~14.3km/L
エンジン最高出力

【ロンジチュード/リミテッド】111KW(155PS)/5,500rpm

【トレイルホーク】132KW(179PS)/5,750rpm

エンジン最大トルク270N・m(27.5kg・m)/1,850rpm

※上記スペックは2020年11月現在の公式サイトによります

日本初!ジープのPHV「レネゲード 4xe」登場!

レネゲード 4xe

日本に導入されるジープ初のプラグインハイブリッド(PHV)モデルの「レネゲード 4xe」を追加設定し、11月28日から販売を開始することを発表しました。価格は498万円からとなっています。

ついにジープにも電動化の波が来ました。

「レネゲード 4xe」は電気だけで48km走れるジープに!

ジープ レネゲード 4xe

レネゲード 4xeは、1.3Lのガソリンターボエンジンに電気モーター2基を組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載しています。

搭載するリチウムイオンバッテリーには、家庭用200V充電器やサービスエリア等の公共の充電設備などの外部電源から充電することにより、モーターのみで最長48kmの走行が可能となっています。

さらに、バッテリーを使い切っても、ハイブリッド車として低燃費で走行できるのでロングドライブも安心です。

モーターパワーでオフロードでも威力を発揮!

ジープ レネゲード 4xe

レネゲード 4xeの前輪を駆動する1.3Lエンジンの最高出力は、リミテッドが131馬力、トレイルホークが179馬力、これに後輪を駆動するリアの独立した60馬力のモーターが加わります。

また、フロントのモーターは、路面からの運動エネルギーを回収し、回生ブレーキとして機能しています。

さらに、本格的にオフロード走行を行う場合は、電気モーター2基によりeAWDトラクションが常に確保され、困難なオフロード走行にも対応することが可能になるのです。

ジープ レネゲード4xe

レネゲード 4xeのスペック

車両本体価格(税込み)4,980,000~5,030,000円
WLTCハイブリッド燃費16.0~17.3km/L
WLTC EV走行換算距離 km
48km
エンジン最高出力

リミテッド4xe】96KW(131PS)/5,500rpm

トレイルホーク4xe】132KW(179PS)/5,750rpm

エンジン最大トルク270N・m(27.5kg・m)/1,850rpm
モーター最高出力 

F 33KW(45PS)/R 94KW(128PS)

モーター最大トルク

F 53N・m(5.4kg・m)/R 250N・m(25.5kg・m)

※上記スペックは2020年11月現在の公式サイトによります

レネゲードには「フィアット 500X」という兄弟がいる

フィアット 500X

フィアット500X (チンクェチェント・エックス) は、プラットフォームなどの基本メカニズムをレネゲードと共用する兄弟車で、フィアット500Xと500Xクロス、それに500Xスポーツというグレードが展開されています。

兄弟と言っても見た目は似たところがまったくありません。フィアット500に新たなアレンジを加えたデザインなっていて、SUV感はレネゲードほど感じられないオシャレ系クロスオーバーSUVとなっています。

価格は2,990,000~3,440,000円でレネゲードよりやや安く、レネゲードの「トレイルホーク」のようなオフロードバージョンは設定されていません。

500Xについて詳しく知りたい方はこちら

レネゲードのライバル比較

VW Tクロス

レネゲードのライバルは、車の大きさから考えるとトヨタのヤリスクロス、日産のキックス、フォルクスワーゲンのTクロスというところでしょうか。また、兄弟車種のフィアット500Xもライバルと言えるでしょう。

プラグインハイブリッド(PHV)のSUVではトヨタのRAV4、もしくは発売予定の三菱の新型エクリプスクロスが考えられます。

しかし、ボディサイズがワンランク上の大きさになってしまうので、実際に比較検討する車種としては厳しいかもしれません。

ボディサイズの比較

メーカー 車種全長×全幅×全高
ジープ レネゲード
4,255mm×1,805mm×1,695-1,725mm
トヨタ ヤリスクロス
4,180mm×1,765mm×1,590mm
日産 キックス
4,290mm×1,760mm×1,610mm
VW Tクロス4,115mm×1,760mm×1,580mm
フィアット 500X4,280-4,295mm×1,795mm×1,610mm

※上記スペックは2020年11月現在の各メーカー公式サイトによります。

メーカー希望小売価格と燃費の比較

メーカー 車種消費税込み車両本体価格WLTCモード燃費
ジープ レネゲード
3,050,000~5,030,000円12.1~17.3km/L
トヨタ ヤリスクロス
1,798,000~2,815,000円17.4~30.8km/L
日産 キックス
2,759,900~2,869,900円
21.6km/L
VW Tクロス3,039,000~3,399,000円16.9km/L
フィアット 500X
2,990,000~3,440,000円
13.4km/L

※上記価格は2020年11月現在の各メーカー公式サイトによります。

Tクロスについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

日本のユーザーにとって扱いやすく、しかも本格オフロード車のレネゲードは、老舗ブランド「ジープ」の敷居を低くしてくれます。

今後、コンパスやチェロキーにレベルアップして、いつかはラングラーも欲しくなるかも知れませんね!

関連する投稿


外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

外車のSUV10選!SUVを販売している外車メーカーと代表車種

アウトドアに使いやすいSUVを探している方にとって、国産車とは違った個性的なエクステリアでラグジュアリーな外車のSUVは魅力的です。しかし価格が高いと感じるモデルもありますし、どんなメーカーがどんな車種を販売しているのか分かりにくいこともあるでしょう。そこで今回の記事では、外車のSUVにはどんな種類があるのか、主なメーカーと代表的なモデルをご紹介します。


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【アメリカ高級SUV】最新高級SUV5選! 価格、燃費

【アメリカ高級SUV】最新高級SUV5選! 価格、燃費

自動車を実用性のある道具として育ててきた欧州に対し、趣味性や装飾性が高く、憧れのアメリカンライフの相棒として育てられてきたアメリカ車。近年では、セレブや要人が移動する時に使う車は、ハイエンドセダンではなく、ハイエンドSUVの方が多いような印象も受けますよね。高められた車高による室内の余裕と、路上でも抜群の存在感を持つSUVは、次世代の高級車として既に定着している印象もありますよね。この記事では人気のSUVラインナップのなかでも、アメリカ車の高級モデルにフォーカスして、ご紹介していきます。


【主戦場は街中】都会派SUVの最新おすすめ5選!価格、燃費まとめ

【主戦場は街中】都会派SUVの最新おすすめ5選!価格、燃費まとめ

SUVといえば泥臭くて戦隊モノっぽいゴツゴツのデザイン、そんな時代は遠い昔となり、現代ではSUVでも都市部に映える洗練されたデザインのものが多数登場しています。話題の最新SUVからあの高級モデルまで、一流ホテルの車寄せでも百貨店の駐車場でも浮かないで済むスマートなSUVをまとめてみましたので、ご紹介します。


アメ車の人気・おすすめ車種5選!SUVから旧車、ピックアップトラックを紹介

アメ車の人気・おすすめ車種5選!SUVから旧車、ピックアップトラックを紹介

欧州車や日本車とはまた異なる魅力があるアメ車。そんなアメ車の人気車の中古価格やスペックを紹介していきます。外観、性能が様々なアメ車をまとめていますので、アメ車を購入検討中の方はぜひご覧ください。(※2020年7月更新しました)


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。