トップへ戻る

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オフロードの意味

《写真提供:response》トヨタ RAV4 の2021年型の「TRDオフロード」(米国仕様)

そもそもオフロードは、舗装されていない草地や砂地、さらには人が歩くことが困難なほどの道のこと。簡単にいうならば、未舗装路のことです。

車が走行できるのは、アスファルトやコンクリートで舗装された道路以外でも、砂地や砂利道などがあります。しかし道路が固められていないなら、車両だけでなく、人も歩くのも困難になるでしょう。

未舗装路でも走行できる機能を備えているのが、オフロード車です。

オフロード車の特徴

《写真提供:response》ランドローバー・ディフェンダー・ワークス V8トロフィー

オフロード車の特徴として、悪路でも走破できるように最低地上高が高くなっており、さらに4輪駆動システムによってトラクションがかかりにくい路面でも走破できるようになっています。

通常の車は、前輪もしくは後輪を駆動して走行しますが、4WDの車は4輪のタイヤを駆動します。タイヤが空転しやすい悪路でも、安定して走行できるのが特徴です。

オフロードを走行できそうなSUVでも、2WDのモデルがありますが、本格的な悪路を走行するのであれば、4WDシステムは欠かせません。

また4WDであっても、「生活4駆」ともいわれる、雪道や整備された砂利道での走行シーンを想定されたものもあります。

本格的な4WDシステムを搭載している車は、オフロード走行の際に電子制御によって適切にトルクを配分し、トラクションがかかるようにします。タフなオフロードでも走破できるのは、このような4WDが搭載されているモデルです。

オフロード向けの車の選び方

《写真提供:response》トヨタ C-HR G

オフロード向けの車でも、ボディタイプから複数の種類に分けられます。SUVやクロカンとも分類されるオフロード向けの車種の特徴や選び方を見ていきましょう。

SUV

Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の頭文字であるSUV。最低地上高が高くなっており、比較的大きなタイヤが装着されていることが多いです。

荷室が使いやすく、レジャーでも活用しやすいモデルもあります。名前の通りに、スポーツやアウトドアにアクティブに使える車です。

クロスカントリーSUV

クロスカントリーSUVは、より本格的にオフロードを走行するための車です。強靭なラダーフレームが採用されていたり、リジット式のサスペンションを採用していたりするなど、障害物にぶつかったときでも車体に影響が出にくいようになっています。

また本格的な電子制御システムによって、悪路でも難なく走破できる装備が搭載されているのも特徴です。

おすすめのオフロード車5選

ここからはおすすめできるオフロード車を5車種ピックアップしてご紹介します。街乗りでも楽しく乗れるだけでなく、週末のアウトドアにぴったりのモデルばかりです。

トヨタ ランドクルーザープラド

《写真提供:response》トヨタ ランドクルーザープラド TZ-G

トヨタのランドクルーザープラドは、1984年に70系ランドクルーザーの派生車種として設定されたランドクルーザーワゴンが皮切りとなり、1990年に登場したモデル。30年以上の歴史がある車種ですが、現行型は2009年に発売された4代目のプラドです。

高級化が進んでいるランドクルーザーとは異なって、プラドはより安価なオフローダーとしての立ち位置になりますが、2代目以降は高級化されています。

プラドの最低地上高は、220mmと十分な高さが確保されています。また最上級グレードとなるTZ-Gでは前後のトルク配分を調整するトルセンLSDやスタビライザーの効力も調整してくれるKDSSなどを搭載しており、悪路での走破性に優れたシステムが搭載。

《写真提供:response》トヨタ・ランドクルーザープラド(ディーゼル)

もちろんオフロードでも安心して走行できるラダーフレームが採用されているので、優れた耐久性も備えています。

プラドは、7人乗りと5人乗りから選択できます。7人乗りモデルでフル乗車時には、VDA法で104L。5人乗車時には、553Lの容量があるので、たくさんの荷物を積載できるのも魅力。また5人乗りモデルになると、フル乗車時でも621L、2人乗車時には1,151Lの大容量になります。

4Lを超えるエンジンを搭載しているランドクルーザーに対して、プラドは2.7Lのガソリンエンジン、ディーゼルエンジンなら2.8Lのエンジンを搭載。自動車税や燃料費の面でも所有しやすいのも特徴です。

スズキ ジムニー

《写真提供:response》スズキ ジムニー

ジムニーは本格的なオフロード車として、大きな人気を集まている軽SUV。街中での快適性も備えているので、街乗りでも問題ありません。使い勝手を考えた無骨なデザインや、シンプルなインテリア、さらにジムニー伝統のラダーフレームの採用など、まさにオフロードを走るための車です。

長年にわたって、オフロード車好きが選ぶ車の1つになっています。傷や汚れが目立ちにくい表面処理された内装など、アクティブに使えるアウトドアのギアとなっています。

《写真提供:response》スズキ ジムニー


荷室は横幅が1,300mmのワイドなスペースが確保されているので、幅広い荷物もスムーズに積載できるでしょう。XLとXCグレードのリアシートの背面と荷室には、樹脂化された防汚ラゲッジフロアが採用されています。

またXLとXCには、ラゲッジボックス&ツールボックスがあり、小物や汚れた荷物を収納しておくことが可能です。アウトドアで汚れてしまった小物を入れておくのに適したスペースです。

後席のシートベルトに、脱着可能なバックルが設定されています。後席を荷室として利用するときにすっきりとした空間になること、また荷室左側になるアクセサリーソケットも、オフロードを走行してアウトドアに出かけるときに便利な装備です。

スバル XV

《写真提供:response》スバル XV

インプレッサXVとして、3代目インプレッサのグレードの1つだったのですが、2012年から独立してXVとなったモデル。クロスオーバーSUVとして、個性的なデザインが採用され、内外装の質感が高いだけでなく機能性も高いのでアクティブに使うのに適したモデルです。

全高が低めになっており、立体駐車場に入れられる1,550mmになっています。しかし長めで広いボディがあるので、室内空間は十分あるといえるでしょう。

後席のひざ周りの空間も余裕がありますし、荷室の十分なスペースが確保されており、アウトドアの荷物もしっかり積載できます。

《写真提供:response》スバル XV

走りのよさもXVの魅力の1つです。スバルグローバルプラットフォームというスバルの技術力が注ぎ込まれた次世代のプラットフォームが採用され、SUVを感じさせない安定感のある走りが魅力的です。

オフロードでの走破性だけでなく、オンロードでの快適性を犠牲にしたくない方にもおすすめのモデル。

もちろんオフロードでの走りも、スバルのAWDシステムであるシンメトリカルAWDが搭載されているので力強く走れます。重心が低く前後に最適なトルクを配分してくれる「アクティブトルクスプリットAWD」を採用して、雪道や未舗装路でも優れた走行性能を発揮してくれるのが特徴。

またX-MODEがあるので、路面状況に応じた2つのモードから選択して、駆動力やブレーキを適切にコントロールしてくれます。

マツダ CX-8

《写真提供:response》マツダ CX-8 改良新型(エクスクルーシブモード)

デザインが優れているだけでなく、商品の品質が向上しているマツダのフラッグシップモデルといえるのがCX-8です。マツダのラインナップには、ミニバンが含まれていませんが、大人数乗車できるモデルとして、CX-8があります。

マツダ最大のセダンであるマツダ6よりも大きく、高さにも余裕があるので車内も広々としています。家族の関係で大人数乗れないといけないという方にも、おすすめできるモデルです。

どちらかというと都会的な印象を感じさせるモデルですが、AWDモデルにはタイヤの回転速度やGセンサーの情報をもとに、前後のトルク配分を最適化させてくれるシステムが搭載。未舗装路でも安心して走行できるオフロードの走破性を持ち合わせています。

《写真提供:response》マツダ CX-8

また悪路でトラクションがかかりにくいところから脱出するための「オフロード・トラクション・アシスト」が2019年改良モデルからAWD車に搭載されています。スリップしているタイヤにブレーキをかけて、グリップしているタイヤにトルクをかける機能です。

本格的な4WD車のデフロック機構ほどの悪路走破性はありませんが、オンロードでの快適性を犠牲にせずに走破性を高めてくれるシステムです。

またこれらのAWDシステムは高効率になっており、SKYACTIV-D 2.2の2WDでWLTCモードで15.8km/L、AWDで15.4km/Lとほとんど燃費が落ちていません。燃費をほとんど犠牲にしないAWDシステムになっています。

トヨタ ハイラックス

《写真提供:response》トヨタ ハイラックス

トヨタのハイラックスは、歴史あるモデルですが、2017年に13年ぶりに日本に導入されました。国産自動車メーカーが国内で販売している唯一のピックアップトラックです。

耐久性やオフロード走行性能に優れているモデルで、道路が整備されていないような悪路でも余裕の走破性を見せてくれます。搭載されている2.4Lディーゼルターボエンジンで力強く走行できます。低回転でも高トルクを発揮するので、加速も力強く、それでいて振動やノイズも抑えられているので、オンロードでも快適。

高剛性のフレーム構造を採用しており、オフロードでのタフな環境でも耐久性とオンロードでの乗り心地を両立しています。

《写真提供:response》トヨタ ハイラックス

またオンロードでもオフロードでもパートタイム4WDシステムで駆動方式を切り替えることができます。滑りやすい路面では、H4の4輪駆動ハイモード、急な坂道では駆動力が高くなるL4を選択。市街地では2輪駆動モードを選択しておくことが可能です。

その他の走行機能として、後輪がスリップや脱輪したときの「リアデフロック」、急な上り坂で発進するときにサポートする「ヒルスタートアシストコントロール」、下り坂で制御してくれる「ダウンヒルアシストコントロール」があります。

ピックアップトラックの使い勝手と、本格的なオフロード走行性能で、アウトドアでもアクティブに使えます。

まとめ

オフロード性能が高いモデルが販売されていますが、車種ごとにキャラクターが異なります。本格的な機構が搭載されているものから、都会での街乗りが映えるモデルも選択可能です。

使い方によっても適したモデルは異なりますので、ぜひお気に入りのオフロードも走破できる車選びをしてみてください。

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。