トップへ戻る

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レブルの特徴は?

《写真提供:response》レブル250(2018年モデル)

現行モデルだけでなく、1985年に発売されていたのがレブル。当時も気軽の乗れるアメリカンバイクとして支持を集めていましたが、2017年に再度登場してから近代的なボバースタイルに変更され、幅広い年齢層に支持されるバイクとなりました。

クルーザータイプのバイクというと、ハーレーダビッドソンのようなバイクのイメージが強いかもしれません。しかし近代的なアメリカンとして再登場してから、着実に人気を集めているのがレブルです。

高い人気を集めているレブルの魅力をさらに見ていきましょう。

ナローなスポーティクルーザー

《写真提供:response》ホンダ レブル1100DCT

初代モデルはハンドルの位置が高く、空冷2気筒エンジンを搭載して、アメリカンらしいスタイルになっていました。レーサーレプリカブームの中で、速さ以外の楽しさをライダーにもたらしたモデルです。

しかし2代目になると、ボバースタイルを採用して、現代的なクルーザーに変化しました。スリムな印象のフレームやボディはそのままに、ハンドルも低めとなってシンプルなスタイルです。採用されているのはワイド&ファットサイズの前後16インチタイヤ。

250ccモデルには水冷単気筒が搭載されるなど、優れた機動性を見せてくれます。スポーツバイクのエンジンがベースになっているにもかからず、街中で軽快に走行できるのが特徴です。

アメリカンクルーザーの割にバンク角も深く、ワインディングを走行したときも楽しくコーナーを駆け抜けます。

一般的にアメリカンモデルなら、フロントフォークのキャスター角を寝かせてフロントタイヤが前方に配置されます。しかしレブルはキャスター角が調整されているので、スポーツバイク並のトレール量(ステアリング回転軸を地面まで延長させた地点とホイールの中心から地面までの地点の距離)です。

高めのステップ位置やマフラーの角度もスポーティな走行に適しています。

レブルには3つの排気量がある

《写真提供:response》レブル250

レブルは3つの排気量が設定されており、排気量別にバイクの楽しみを堪能できます。後ほども取り上げますが、販売台数を伸ばしているのが250ccモデルです。さらに500ccモデルも同時に発売されていますし、2021年には1100ccモデルも設定されています。

主要な装備が同じでも、排気量別にレブル 250とレブル 500が設定されます。価格の差はおよそ税込価格で20万円ほどレブル250が安いです。レブル250は20kgほど軽量になっているので、取り回しもしやすいでしょう。

レブル250でもLEDヘッドライトやLEDテールランプが装着されるので、装備が充実しています。手に入れやすい価格でも充実しており、スタイリッシュなのは魅力的です。

《写真提供:response》レブル500

レブル500の場合には、エンジン出力が高くなっているだけでなく、低回転からパワフルに走れます。街中で発進するときなど、力強く加速できるでしょう。とっさに追い越すときなど、250でも十分なパワーかもしれないシーンでも、500なら力の余裕を見せてくれます。

レブル1100

《写真提供:response》レブル1100

一方でレブル1100に搭載されるエンジンは、CRF1100Lアフリカツインシリーズに搭載されているものがベース。しかしクルーザーというキャラクターにあわせて、低中回転域が重視されたエンジンスペックとなっています。

マニュアル車だけでなく、CRF1100Lアフリカツインシリーズと同様にクラッチレスマニュアルのDCT(デュアルクラッチトランスミッション)車が設定されています。またトラクションコントロールやパワーモード、さらにエンジンブレーキ制御の電子制御も。

スポーティな走りはもちろんですが、簡単に変速でき、安心して乗ることが可能な制御が搭載されています。

レブル250の販売台数が伸びている!

《写真提供:response》レブル250

1980年代に発売されていたモデルがありましたが、アメリカン・ホンダモーターがフルモデルチェンジしたタイミングで、2017年に日本国内仕様が発売されます。

初年度の販売台数は約3,500台と好調な売り上げでしたが、2018年に約5,000台、2019年に約8,000台、2020年は13,958台を販売しています。

特に2020年モデルは、灯火類がフルLEDになっているなど、装備が充実したことも販売台数を伸ばした要因でしょう。

カスタムベースにおすすめ

カスタムベースにも適しているのがレブルです。「レブル 250 S Edition」は純正アクセサリーを装着した、存在感が増したモデル。純正アクセサリーでもその雰囲気を大きく変化させられます。

ブラウンのシートやマットブラック塗装仕上げのヘッドライトカウルなど、アクセサリーを装着させるだけでもレブルの印象が変わりますね。さらに社外カスタマイズパーツとして、ミラーやエンジンガード、サドルバッグやマフラーなども用意。

個性的なカスタマイズパーツが豊富ですので、自分だけの1台を作れますね。レブルのカスタマイズパーツが豊富なのも、ベースデザインがよいからに違いありません。

女性でも乗りやすい足着き性のよさ

《写真提供:response》レブル1100

ネイキッドやオフロードバイクのようなスポーツバイクは、シート高が高くなっているのでどうしても停車時の足着き性はよくありません。

走行しているときは問題なくても、停車時になると扱いにくいモデルもあります。クルーザータイプのレブル250/500なら、スポーツバイクと比較して圧倒的に低い690mmというシート高なので、女性でも気軽に乗れます。

レブル250なら車両重量170kgと軽量なので、停車時に移動させるのも容易です。女性でも乗りやすい1台ですね。

2021年3月にレブル1100が追加!

レブル1100DCT

レブル1100DCT

250と500が発売されて、右肩上がりの販売台数を誇るなど、人気モデルのレブルシリーズに1100ccモデルが追加されました。

レブル250とレブル500は共通の車体になっていますが、レブル1100は専用設計となります。エンジンはCRF1100Lアフリカツインがベースとなり、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)車が設定されます。

さらに電子制御が装備されるのも、レブル250とレブル500との違いです。2021年3月11日に110万円で発売されました。「SIMPLE」「RAW(未加工の素材感)」「CASUAL」というレブルのテーマだけでなく、「SERIOUS」というテーマも付け加えられたデザイン。

一目見てレブルと気が付くデザインですが、大排気量のエンジンが重厚感を感じさせてくれます。

レブルのスペックや価格

レブルのスペックと価格を見ていきましょう。

レブル250

【ホンダ レブル250】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,205mm×820mm×1,090mm
ホイールベース1,490mm
最大乗車定員2名
車両重量170kg
燃費WMTCモード:34.1km/L(1名乗車時)
エンジン種類単気筒 249cc
最高出力19kW(26PS)/9,500rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/7,750rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格545,000円(税抜)
2021年3月現在 ホンダ公式サイトより 

レブル500

【ホンダ レブル500】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,205mm×820mm×1,090mm
ホイールベース1,490mm
最大乗車定員2名
車両重量190kg
燃費WMTCモード:27.0km/L(1名乗車時)
エンジン種類直列2気筒 471cc
最高出力34kW(46PS)/8,500rpm
最大トルク 43N・m(4.4kgf・m)/6,500rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン
新車価格727,000円(税抜)
2021年3月現在 ホンダ公式サイトより 

レブル 1100

【ホンダ レブル1100】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)2,240mm×850mm×1,115mm
ホイールベース1,520mm
最大乗車定員2名
車両重量223kg
燃費WMTCモード:18.7km/L(1名乗車時)
エンジン種類直列2気筒 1,082cc
最高出力64kW(87PS)/7,000rpm
最大トルク 98N・m(10.0kgf・m)/4,750rpm
トランスミッション常時噛合式6段リターン【電子式6段変速】
新車価格1,000,000円(税抜)
2021年3月現在 ホンダ公式サイトより 

価格やスペックを比較していくと、レブル500とレブル250の価格差は約20万円あります。ほとんどのパーツが同じですが、サスペンションの設定が変更されています。

排気量が大きくなっている分、トルクがある走りを楽しむことができ、街中でも走行しやすいでしょう。排気量が大きくなっている分、約20万円高くなっているのはユーザーによっては高いと感じるかもしれませんが、余裕のある走りを楽しめるモデルです。

一方でレブル1100は電子制御が盛り込まれていたり、DCTが選択できるなど同じようなデザインでも快適に走行できる装備があります。

レブルに乗った人の口コミは?

試乗記を見てみると、初心者が乗りやすくハンドリングにも癖がないこと、さらに街乗りでも扱いやすいことが評価が高い要因です。エンジン特性もトルクが重視されており、快適に走行できます。

さらに高回転域まで回しても、気持ちよくライディングできることも魅力のようです。

250も500も誰でもすぐに乗りこなせる懐の広さが魅力。それでいて各々に個性がある。普段の足として多目的に使いこなしたいなら250、ロングツーリングも想定した乗り味や所有感を求めたいなら500がおすすめかも。

でも、レブル1100の大排気量の本質は速さよりもクルージングの余裕感や鼓動感、そこから来る楽しさに直結しているように感じたな。この鼓動感もドコンドコンとしたいかにもクルーザーだぞと主張しすぎた突き上げ感を感じるような強すぎることがなく、本当に「心地いい」という言葉がピッタリの絶妙な味付け。強すぎると長距離走っていて疲れちゃいますからね。

1100なら大排気量の余裕の走りを楽しむことができますね。また1100が追加されたことで、以前よりも選択肢が広がったのも特徴でしょう。大型バイクながら身長160cmの女性でも余裕の足着き性があるので、運転しやすいのも魅力です。

まとめ

レブルは、好みに合わせて排気量を選択できるので、初心者からリターンライダーにも優しいモデル。レブル250は販売台数を伸ばしているだけに、取り回しの面でもデザインの面でも魅力たっぷりの万能バイクです。

市場でも多数流通しているので、カスタムパーツで自分だけのバイクに仕上げることもできますよ。ツーリングの時期に備えて、新しい愛車を検討してみるのはいかがですか?

関連するキーワード


バイク ホンダ

関連する投稿


人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

あなたにピッタリな原付は?選び方からおすすめまで解説!

手軽な移動手段として人気の原付バイク。価格も安く、生活範囲内の移動に重宝されています。そこで今回は、まず原付とはなにかをご紹介し、原付バイクの選び方、種類、オススメの車種を解説していきます。


今人気の電動スクーターは?おすすめモデルを紹介!

今人気の電動スクーターは?おすすめモデルを紹介!

ちょっとそこまでお出かけ。そんな時に便利なのが電動スクーターです。最近では折りたたみや、安価なものまでいろんなモデルが発売されています。本記事では今人気の電動スクーターについてご紹介します。


初心者にもおすすめの250ccバイク厳選5選!春からバイクデビューしよう!

初心者にもおすすめの250ccバイク厳選5選!春からバイクデビューしよう!

寒さが増す冬は、大多数のライダーにとってはオフシーズン。しかし、いつかバイクデビューをしたいなとお思いの方は、今のうちに2021年の暖かな春に間に合うように準備を始めてはいかがでしょう。二輪免許をお持ちでない方は免許取得も必要ですが、欲しいバイクを先に決めておけば、教習も楽しく受けられるかも。この記事では、初心者の方にもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。