トップへ戻る

マツダ3のグレード選び、パワーユニットや装備はどれがおすすめ?

マツダ3のグレード選び、パワーユニットや装備はどれがおすすめ?

マツダ3は値段の割に上質さを感じさせる内装や優れたエクステリアデザインなど、ドライバーを満足させる要素がたくさんあります。マツダのCセグメントの人気モデルには、パワーユニットや装備の違いによって複数のグレードが設定されています。この記事では、バリエーションが多くどのようにグレード選びをすればよいのか迷いがちなマツダ3のグレードを詳しくご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


高級感あるマツダ3はパワーユニットの違いも注目

マツダ3

日本の車の販売台数でセダンが下位に下落するようになり、ミニバンやSUVなどが人気を集めるようになりました。しかしかつては車といえばセダンともいえるほど、一般的に販売されていたセダンですが、現在ではカローラやマツダ3、インサイトなどの限られたモデルのみとなっています。

国内では人気の少なさからラインナップからセダンが消えてしまうメーカーもあるなかで、マツダはマツダ3というセダンを販売しています。

マツダ3はアクセラとして国内販売されていたモデルですが、2019年にフルモデルチェンジしたタイミングで海外で販売されていたマツダ3という名前に変更されました。

マツダ3はセダンだけでなく、ファストバックも販売されており、伸びやかさが感じられるセダンと凝縮感があるファストバックと異なる魅力のモデルが選択できます。

またマツダ3のグレード選びでは、3種類のパワーユニットの違いも、走りに大きな影響を与えるので注意が必要です。

マツダ3のグレード選びのポイント

マツダ3のグレード選びの際のポイントをご紹介しましょう。

大きな違いとなるのは、パワーユニットの違いです。同じマツダ3でも、ハイブリッドエンジン、ディーゼルエンジン、さらにガソリンエンジンが用意されており、走りの違いを生み出しています。

パワーユニットによるグレードの違いや装備やインテリアなどの、グレード選びのポイントをご紹介します。

【e-SKYACTIV X】ハイブリッドエンジン

《写真提供:response》マツダ3 X Lパッケージ(2WD車)

2Lのe-SKYACTIV Xが搭載されて、マツダ独自の高い燃費性能の実現を図っています。ガソリンとディーゼルの良さがあるSKYACTIV-Xは、ディーゼルエンジンの燃費のよさやトルクを実現するために、「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」という技術が搭載されています。

マイルドハイブリッドの「M HYBRID」を組み合わせることで、燃費性能を向上させているのです。減速エネルギーを回生して電力に変換させてバッテリーに蓄電し、各電装品に供給します。

アイドリングストップからの再始動もスムーズなので、エンジンがかかったことに気が付かないほどです。搭載されているのは、X PROACTIVE、X PROACTIVE Touring Selection、X L Package、X Burgundy Selectionというグレードです。

【SKYACTIV-D 1.8】クリーンディーゼルエンジン

《写真提供:response》マツダ3 ファストバック XD Burgundy Selection

マツダの燃費対策の1つとして、クリーンディーゼルエンジンの搭載は以前のモデルからの特徴となっています。実用燃費が優れているだけでなく、ディーゼルの力強い走りや長距離移動の際の静粛性はガソリンエンジンに真似できないものです。

特に街中での走行で、停車からの発進や加速の際にディーゼルエンジンの力強さを感じることでしょう。さらに中速域や高速道路での合流などのシーンでも、アクセルにリニアに反応してくれるので、安心して加速できます。

【SKYACTIV-G 2.0】【SKYACTIV-G 1.5】ガソリンエンジン

《写真提供:response》マツダ3 1.5S

ガソリンエンジンは、2.0Lエンジンと1.5Lエンジンに分けられています。

2.0Lエンジンはどのシーンでもスムーズに走行できるエンジンで、アクセル操作にすぐに応答してくれること、また伸びやかに加速することが魅力のエンジンです。

1.5Lエンジンは軽快に走行できるエンジン。排気量が小さい分、軽快に吹け上がるエンジンは運転する楽しさと軽快さを感じさせてくれます。ドライバーに従順なエンジンで運転の楽しさが病みつきになるでしょう。

グレードによる装備の違い

《写真提供:response》マツダ3

マツダ3はグレードによる視覚的な装備の違いは少ないといえます。マツダのこだわりは内装にも外装にも表れており、質感の高さを感じさせてくれます。

一方でグレードによって、快適装備などが異なるのが特徴です。快適に運転するために、どこまで装備が必要かによって、グレード選びができるでしょう。

マツダ3のグレードや装備の違い

マツダ3のグレードや装備の違いを見ていきましょう。

15S

エントリーグレードになる15Sは、シンプルな装備となっており価格は税抜き約202万円から。

例えば電波式キーレスエントリーシステムが搭載されており、話題のコネクティッド機能は利用できません。ラチェットレバー式シートリフターやスマート・ブレーキ・サポートは搭載されます。エントリーグレードでも、LEDヘッドライトが採用されているのも嬉しいポイントです。

15S Touring

スーパーUVカットガラスやIRカットガラスが標準装備されるグレードです。また空調もフルオートエアコンになります。アルミホイールが18インチになり、存在感が増します。

価格は、税抜き約211万円からです。

20S PROACTIVE・XD PROACTIVE(ディーゼル)・X PROACTIVE(ハイブリッド)

アダプティブ・LED・ヘッドライトシステムやデイタイム・ランニング・ライト、さら自動防眩ルームミラーなどが標準装備されます。交通標識認識システムが搭載されること、AT車ではステアリングシフトスイッチなども装備されるのが特徴です。

価格はガソリン車が約229万円(税抜き)から、ディーゼル車が約254万円(税抜き)から、ハイブリッド車が約291万円(税抜き)からとなっています。

20S PROACTIVE Touring Selection・XD PROACTIVE Touring Selection(ディーゼル)・X PROACTIVE Touring Selection(ハイブリッド)

快適装備がさらに追加され、ステアリングヒーターやシートヒーター、運転席10wayパワーシートなどが装備されています。

価格はガソリン車が約240万円(税抜き)から、ディーゼル車が約265万円から、ハイブリッド車が約302万円からです。

20S L Package・XD L Package(ディーゼル)・X L Package(ハイブリッド)

フレームレスの自動防眩ルームミラーなどが装備されます。スムースレザーシートが標準装備され、セダンではシートやインパネにピュアホワイトをあしらったインテリアカラーを選択できます。

価格はガソリン車が約245万円(税抜き)から、ディーゼル車が約270万円(税抜き)から、ハイブリッド車が約307万円(税抜き)からとなっています。

20S Burgundy Selection・XD Burgundy Selection(ディーゼル)・X Burgundy Selection(ハイブリッド)

ファストバック専用のグレードで、専用のレッドカラーのスムースレザーシートが採用されるグレードです。エレガントなインテリアが最上級グレードを感じさせてくれます。

価格は、ガソリン車が約252万円(税抜き)から、ディーゼル車が約277万円(税抜き)から、ハイブリッド車が約314万円(税抜き)からとなっています。

ライバル車種とのグレード比較

ライバル車種とマツダ3を比較してみましょう。

トヨタ カローラ

《写真提供:response》トヨタ カローラスポーツ

結論からすると、カローラの方が安く購入でき、マツダ3はスポーティな引き締まりがあります。どちらも運転が楽しめる車種になっており、後席が狭いのは共通です。

エンジンはカローラは1.8Lエンジン、1.8Lハイブリッドエンジン、さらに1.2Lターボエンジンが選択できます。

グレードの違いの他に、持ち味の違いがはっきりしており、誰でも運転しやすいのがカローラ、運転する楽しみがあるのがマツダ3といえるでしょう。エントリーグレードは176万円(税抜き)となっているので、価格面ではカローラの方が購入しやすいかもしれませんね。

日産 スカイライン

《写真提供:response》日産 スカイライン 400R

日産を代表するハイブリッドスポーツとなるのがスカイラインです。マツダ3と比較するなら、価格面でスカイラインの方が圧倒的に高くなります。

もちろんその分出力が高いパワーユニットが搭載されているモデルを選択でき、3.0LのV6ツインターボエンジンを搭載している400Rというモデルなら最高出力405PSを誇ります。

一番安いグレードのGTで395.8万円(税抜き)となっているので、価格ではワンクラス上となります。

まとめ

マツダ3のグレードの比較をしてきました。他の車種と比較して、視覚的な違いは少ないものの、快適装備などに違いがあります。エントリーグレードの15Sでもマツダの上質な内装や楽しい走りを体感できるので、次の愛車候補の1つにしてみるのはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。