目次へ戻る

日本が誇る本格派クーペ。レクサスRC!そのスペック 価格 口コミに迫る

日本が誇る本格派クーペ。レクサスRC!そのスペック 価格 口コミに迫る

レクサスRCは、レクサスの本格派クーペです!!本記事ではレクサスRCの価格やスペック、口コミについてご紹介しています。


レクサスのクーペ。レクサスRCとは

2014年に発売されて以来、国産のクーペとして人気のレクサスRC。

RCは、『SC』以来の久々のラグジュアリークーペであったため、プレミアムブランドにとってとても重要なモデルです。

道で見かけたら、「おっ」と思わず目をとめてしまうかもしれません。

「ひと目で、あなたを魅了する。路上に輝く、鮮烈のクーペ。」とレクサスがうたっているだけのことはあります。

レクサスRC 基本情報

■全長×全幅×全高(mm):4,695×1,840×1,395
■乗車定員(名):4
■ホイールベース(mm):2,730
■燃費(JC08モード):13.0km/L
■駆動方式:2WD (FR)

※RC200t F SPORT のもの


レクサスRCの大きさは、他の車で例えるとBMWの4シリーズと同じくらいの大きさです。

≪参考≫
420i Coupé M Sport
■全長×全幅×全高(mm):4,640x1,825x1,375

レクサス RC グレード別価格一覧

■RC350 “version L” 6,632,000円
■RC350 “F SPORT” 6,812,000円
■RC350       5,992,000円

■RC300h “version L” 6,290,000円
■RC300h “F SPORT” 6,270,000円
■RC300h       5,650,000円

■RC200t “version L” 5,850,000円
■RC200t “F SPORT” 5,830,000円
■RC200t       5,210,000円

RC350は、まさに最高級クーペにふさわしい最上級グレードです。
RC300hは、ハイブリッド仕様となっています。

RC200tは、直列4気筒 2.0L エンジン+インタークーラー付ターボを搭載しています。
また、グレードすべて2WD(FR)です。

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

http://matome.response.jp/articles/191

も~~~~っと高級なレクサスが欲しい!そんなあなたにはこのレクサスLC情報!

レクサスRCのライバル車は?

ドイツの高級車。メルセデスベンツのCクラスクーペです。
C180 クーペスポーツで、価格は5,680,000円です。

こちらもドイツの高級車。先ほども登場したBMW、4シリーズ。

420i グランクーペです。
価格は¥5,800,000円で、このグレードがエントリーモデルとなっています。

気になる!レクサスRCの口コミ・評判はどうなの??

家族も大きくなって、仕事柄一人で車移動が多いため、大柄なGSから乗り換えました。しっかりとしたレスポンスで、イメージしたハンドリング、それでいてハイブリットなので、レギュラーガソリンで燃費も良好。GSもアリスト時代からのお付き合いで、走りよりもステータス感が強くなっているなか、楽しく走ることのできるくるまに出会え、これからも楽しくハンドルが握れます。Fスポーツなので、足まわりが、ノーマルポジションではブレーキが効きすぎる感がありますが、SPORTSモードでは心地よいセッティングとなります。楽しい相棒です。

RC300hの前は初代Fitに長年乗っていました。セカンドカーにステップワゴンも所有し、燃費や実用性を重視してきました。本格的なスポーツ、クーペは初めてです。実際に所有して、燃費がFitやステップワゴンよりも良く、1L辺り17km以上!
エコカーとしてゆっくりと乗っていますが、そういう乗り方がかえって上品や高級感をアップしている気がして、ゆっくり乗る事にイライラや焦りはありません。車が今までのドライビングを変えてくれたように感じています。
スポーツだけに、エコモードからスポーツモードに変えると、Fitやステップワゴンでスピードを出す時と違って、安定感抜群の力強い加速を発揮します。
車重が1800kgとステップワゴンよりも重いですが、Fitよりも燃費が良いオールマイティなスポーツクーペ、RC300hおすすめです!
※車重が重いおかげで、車内の静かさはレクサスの中でもトップクラスです

いかがでしたか。

レクサス、というと高級車というイメージから、検討する前に、敬遠してしまう方も多いかもしれません。

けれどオーナーさんの評価を見れば、高いお金を出してでも欲しい、すばらしい車だということが一目瞭然です。

レクサスにはLS、LX、LCなど1000万円越えの車種が多い中、RCは比較的(あくまでもレクサス内)お手軽なので、クーペをお探しの方は、RCも候補の一台にしてくださいね。

関連する投稿


コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスから新型UXが発売され、世界的にも人気のあるコンパクトSUVのカテゴリに投入されるUXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから引き継いだ性能を詰め込んだ車種といえます。今回は、そのようなUXの規格・価格・評価などをご紹介していきます。


日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産を代表する2シータースポーツクーペのフェアレディZ。歴史ある「Z」から、現行モデルの「Z34」について様々なグレードやスペック、新車や中古車価格、カスタムなどをまとめました。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。