目次へ戻る

日本が誇る本格派クーペ。レクサスRC!そのスペック 価格 口コミに迫る

日本が誇る本格派クーペ。レクサスRC!そのスペック 価格 口コミに迫る

レクサスRCは、レクサスの本格派クーペです!!本記事ではレクサスRCの価格やスペック、口コミについてご紹介しています。


レクサスのクーペ。レクサスRCとは

2014年に発売されて以来、国産のクーペとして人気のレクサスRC。

RCは、『SC』以来の久々のラグジュアリークーペであったため、プレミアムブランドにとってとても重要なモデルです。

道で見かけたら、「おっ」と思わず目をとめてしまうかもしれません。

「ひと目で、あなたを魅了する。路上に輝く、鮮烈のクーペ。」とレクサスがうたっているだけのことはあります。

レクサスRC 基本情報

■全長×全幅×全高(mm):4,695×1,840×1,395
■乗車定員(名):4
■ホイールベース(mm):2,730
■燃費(JC08モード):13.0km/L
■駆動方式:2WD (FR)

※RC200t F SPORT のもの


レクサスRCの大きさは、他の車で例えるとBMWの4シリーズと同じくらいの大きさです。

≪参考≫
420i Coupé M Sport
■全長×全幅×全高(mm):4,640x1,825x1,375

レクサス RC グレード別価格一覧

■RC350 “version L” 6,632,000円
■RC350 “F SPORT” 6,812,000円
■RC350       5,992,000円

■RC300h “version L” 6,290,000円
■RC300h “F SPORT” 6,270,000円
■RC300h       5,650,000円

■RC200t “version L” 5,850,000円
■RC200t “F SPORT” 5,830,000円
■RC200t       5,210,000円

RC350は、まさに最高級クーペにふさわしい最上級グレードです。
RC300hは、ハイブリッド仕様となっています。

RC200tは、直列4気筒 2.0L エンジン+インタークーラー付ターボを搭載しています。
また、グレードすべて2WD(FR)です。

レクサスLC500・LC500h 3月16日より発売開始!価格は1300万円から!

http://matome.response.jp/articles/191

も~~~~っと高級なレクサスが欲しい!そんなあなたにはこのレクサスLC情報!

レクサスRCのライバル車は?

ドイツの高級車。メルセデスベンツのCクラスクーペです。
C180 クーペスポーツで、価格は5,680,000円です。

こちらもドイツの高級車。先ほども登場したBMW、4シリーズ。

420i グランクーペです。
価格は¥5,800,000円で、このグレードがエントリーモデルとなっています。

気になる!レクサスRCの口コミ・評判はどうなの??

家族も大きくなって、仕事柄一人で車移動が多いため、大柄なGSから乗り換えました。しっかりとしたレスポンスで、イメージしたハンドリング、それでいてハイブリットなので、レギュラーガソリンで燃費も良好。GSもアリスト時代からのお付き合いで、走りよりもステータス感が強くなっているなか、楽しく走ることのできるくるまに出会え、これからも楽しくハンドルが握れます。Fスポーツなので、足まわりが、ノーマルポジションではブレーキが効きすぎる感がありますが、SPORTSモードでは心地よいセッティングとなります。楽しい相棒です。

RC300hの前は初代Fitに長年乗っていました。セカンドカーにステップワゴンも所有し、燃費や実用性を重視してきました。本格的なスポーツ、クーペは初めてです。実際に所有して、燃費がFitやステップワゴンよりも良く、1L辺り17km以上!
エコカーとしてゆっくりと乗っていますが、そういう乗り方がかえって上品や高級感をアップしている気がして、ゆっくり乗る事にイライラや焦りはありません。車が今までのドライビングを変えてくれたように感じています。
スポーツだけに、エコモードからスポーツモードに変えると、Fitやステップワゴンでスピードを出す時と違って、安定感抜群の力強い加速を発揮します。
車重が1800kgとステップワゴンよりも重いですが、Fitよりも燃費が良いオールマイティなスポーツクーペ、RC300hおすすめです!
※車重が重いおかげで、車内の静かさはレクサスの中でもトップクラスです

いかがでしたか。

レクサス、というと高級車というイメージから、検討する前に、敬遠してしまう方も多いかもしれません。

けれどオーナーさんの評価を見れば、高いお金を出してでも欲しい、すばらしい車だということが一目瞭然です。

レクサスにはLS、LX、LCなど1000万円越えの車種が多い中、RCは比較的(あくまでもレクサス内)お手軽なので、クーペをお探しの方は、RCも候補の一台にしてくださいね。

関連する投稿


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【ジュネーブモーターショー2019】スバル 新型2ドアクーペ アドレナリンコンセプト!

【ジュネーブモーターショー2019】スバル 新型2ドアクーペ アドレナリンコンセプト!

スバルは、3月5日から開催されるジュネーブモーターショー2019で、コンセプトカー、スバル『VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)』を世界初公開すると発表しています。


【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

シカゴモーターショー2019にて、レクサスはSUVモデルであるNXの特別モデル・スポーティーな「ブラックライン」を発表するとしています。いったいどんな姿を見せてくれるのでしょう。また、改めてNXについてもまとめています。


【スクープ】アウディ新型クーペSUV Q4 最新情報

【スクープ】アウディ新型クーペSUV Q4 最新情報

アウディの新型クロスオーバー・クーペSUV、『Q4』(または『Q3スポーツバック』)。この開発車両を豪雪のスカンジナビアでカメラが鮮明に捉えました。発売が期待されている新型Q4。まだ謎に包まれているQ4新型の、明らかになっている最新情報をまとめました。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。