目次へ戻る

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(シボレー編)

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(シボレー編)

アメ車が売れないのは、その大きさとそれに起因する燃費の悪さがネックとなっているですが、現在では日本車も大きく、決して燃費が良いとはいいがたい車種も存在しています。 そのアメ車には、現在でも魅力的な車種があります。そこで、アメ車を大いに盛り上げてみたいとおもいます。ほんとはアメリカ大好きでしょ?


シボレーコルベット アメリカンドリームの象徴

GMブランドにはシボレーとキャデラックがありますが、まずはシボレーから。シボレーといえば60年以上の歴史を誇る「コルベット」や「カマロ」といった日本人にもお馴染みのスポーツカーラインアップがあります。

「コルベット」はV8エンシンを搭載した後輪駆動の2シーター・スポーツカーという古き良きアメリカの象徴でもあります。しかし、現在ではホティにカーホン複合材など軽量素材を採用し、大きくに思える車体も全長4510mm全幅1880mmと以外に小ぶりなのです。そもそも小型の巡洋艦の意味をもつ「コルベット」は、一般に考えられられるアメ車のイメージとは大きく異なる、欧州製スポーツカーに近い物なのです。

例えばフェラーリやランボルギーニと比べても、そのレース活動においての実績は引けをとらず、実用性にも一日の長があります。特に助手席に乗る女性陣にとっては、居住性も快適で、なによりも自己満足感の高い、フェラーリやランボルギーニユーザーの退屈なうんちくを聞かずに済むのが利点。

見た目も迫力があり、コルベットの知名度も抜群。残念なのが商標登録の関係でスティングレイの名称が使えないこと。GMとしてはスズキに大金を払ってでもこの名称を使う権利を取ってもらいたい。コルベットにスティングレイの名が加わるけで、今の倍は売れそうな気がします。

シボレーコルベット

希望小売価格(消費税込) ¥9,940,000~
全長/全幅/全高:4,515/1,970 /1,230 mm
ホイールベース:2,710 mm
車両重量:1,590 ~1,610 kg
乗車定員:2名
エンジン種類:V 型8気筒OHV
総排気量:6,153 cc
最高出力(SAE):343kW (466PS)/6,000rpm
最大トルク(SAE):630N・m (64.2kg・m)/4,600rpm
トランスミッション:7速マニュアル8速オートマチック

シボレーカマロ ぐっと身近なマッスルカー

ほとんどが1000万円以上するコルベットは手が出ないけれども、その半分、500万円を切る価格なら国産スポーツカーと十分に競合できる範囲でしょう。それも、「コルベット」以上にブランド力のある「カマロ」なら、売れても不思議のないモデルです。

2016年12月に日本国内で初公開された6代目のカマロは、車体各所にアルミニウムが使用され、GMによれば従来モデルより90kg以上の軽量化、28%の剛性アップが実現されているという。ボディサイズは先代型よりも56mm短く、18mm狭く、32mm低く、さらにホイールベースも41mm短縮され、一回りダウンサイジングされています。

また低くワイドなスタンスを印象付けるフロントグリルや現代的なLEDシグネチャーランプ、新たな造形のリアデザインなど、日本人受けそしうなアグレッシブなデザインとなっています。また、インテリアは上質なレザーを採用し洗練度を高めているシート。さらに、独創的なメーターパネルやジェットエンジンを思わせるエアコンルーバーなど、随所にカマロならではのデザインを採用しています。

エンジンには、最高出力は275hp、最大トルクは40.8kgmを発揮する新開発の2.0L直列4気筒直噴ターボが追加採用された。この4気筒はカマロ初のターボエンジンとなります。

日本に導入されるエンジンは、6.2L V8直噴と、このの2.0L 直4直噴ターボの2種類となり、トランスミッションは8速ATのみが組み合わされます。

シボレーカマロ

希望小売価格(消費税込):¥4,780,000~
全長/全幅/全高:4,780/4,780/4,780 mm
ホイールベース:2,810 mm
車両重量:1,570 ~1,710 kg
乗車定員:4名
エンジン種類

直噴 直列4気筒 1,998 cc DOHC VVT (インタークーラー/ターボチャージャー付)
最高出力(SAE):202kW (279PS)/5,500rpm   
最大トルク(SAE): 400N・m (40.8kg・m)/3,000 - 4,500rpm

直噴V型8気筒 6,153 ccOHV VVT
最高出力(SAE):339kW (461PS)/6,000rpm
最大トルク(SAE):617N・m (62.9kg・m)/4,400rpm

シボレーキャプティバ すでに3列シートですけど

このキャプティバは最近なにかと注目されている3列シートのSUV。まだまだライバルの少ないこのクラスで、大人7人が快適に過ごせるスペースは、注目に値します。また、目的に合わせて自在のアレンジが可能で、ラゲッジスペースは最大1,577Lの大容量を誇り、さまざまなアイテムを便利に積載できます。

379万円という競争力のあるプライスで、しかも3列シートを採用したキャプティバは日本でもっとも売れる車種であるべきでしょう。しかし、難点としては2011年発売という設計の古い車種であるために、燃費性能や安全性能が同クラスの国産車に劣ることでしょう。

シボレーキャプティバ詳細

希望小売価格(消費税込) :¥3,790,000~
全長/全幅/全高:4,690/1,850/1,790 mm
ホイールベース:2,710 mm
最低地上高:170 mm
車両重量:1,830 ~1,850 kg
乗車定員:7名
エンジン種類 直列4気筒DOHC2,382 cc
最高出力(SAE):123kW (167PS)/5,600rpm
最大トルク(SAE):230N・m(23.4kg・m)/4,600rpm
駆動方式:電子制御AWD
トランスミッション:6速オートマチック(ドライバーシフトコントロール付)

3列シート 7人乗りSUVの外車 おすすめ10選!人気車種詳細情報!

http://matome.response.jp/articles/775

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。

3列シートのSUVが気になる方はこちらの記事もご覧下さい。

関連する投稿


新型SUV!キャデラック XT5 クロスオーバー スペック・燃費・値段まとめ

新型SUV!キャデラック XT5 クロスオーバー スペック・燃費・値段まとめ

ゼネラルモーターズ・ジャパンはキャデラックブランドの新型SUV『XT5 クロスオーバー』を10月28日から販売開始しました。GMジャパンの若松格社長が「必ず日本でも成功すると確信している」と紹介するXT5。今回はこのXT5クロスオーバーに迫ります。


シボレーのミドルサイズSUV キャプティバ。試乗評価や中古車価格は?

シボレーのミドルサイズSUV キャプティバ。試乗評価や中古車価格は?

韓国GMが製造し欧州市場およびベトナムでシボレーブランドで販売しているシボレーの中型SUV、キャプティバ。シボレー キャプティバを購入検討中の方、詳細が気になる方、そんな方々向けにシボレーキャプティバのスペック、燃費、評価等をまとめて掲載しています。


【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(キャデラック編)

【アメ車応援団】日本人にオススメのアメ車を紹介(キャデラック編)

クライスラーは、フィアット傘下に入っているため純粋なアメ車としては除外すると、純粋なアメ車として日本に正規輸入されているのはGMのキャデラック、シボレーの2ブランドだけといえます。 前回の【アメ車応援団】ではそのシボレー車を取り上げましたので、今回はGMのもうひとつのブランドであるキャデラック編です。


7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。


エクソシストを返り討ち!800馬力の「悪魔」VSシボレー「エクソシスト」!!

エクソシストを返り討ち!800馬力の「悪魔」VSシボレー「エクソシスト」!!

ダッジの2ドアクーペ、「チャレンジャー」のハイパフォーマンスモデル、「SRT デーモン」が正式公開されると共に、脅威のスペックも公表されました。一方、ライバル車の「カマロ ザ エクソシスト」だって負けてはいませんよ。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング