目次へ戻る

国産車並みの予算199万円から買えるプジョーという選択

国産車並みの予算199万円から買えるプジョーという選択

プジョー・シトロエン・ジャポンは、新型『308』に限定モデル「スペシャルエディション」を設定して1月5日より販売を開始しました。日本ではあまりなじみのないプジョーですが、国産車を購入する前にぜひ検討することをお勧めしたいブランドなのです。ではその理由を説明してみましょう。


プジョーってどんなメーカーなの?

立ち上がるライオンをかたどったロゴ(ベルフォールのライオン)を採用するプジョー(Peugeot S.A.)は、フランスに本拠地を置く、世界最古の自動車量産メーカーで、1974年には経営不振だったシトロエンを吸収合併し、企業グループ「PSA・プジョーシトロエン」を構成するオールフランスのメーカーであり、日本では、プジョー・シトロエン・ジャポンが輸入販売を行っています。

【魅力その1】意外と安い価格設定

プジョー208ァーストセレクション

輸入車というと高いというイメージが付きまといますが、最近では欧州で生産された日本車メーカーの車が逆輸入されているように、かなり国産車に近い価格設定がなされるようになりました。

例えば今回限定モデルを設定した「308」の弟分である「208」は、「初めての輸入車、初めてのプジョー車」をキーワードに、6速ATとアクティブシティブレーキを装備しながら199万円という低価格設定とされています。プジョー独自のインテリアコンセプト「iCockpit」、新タッチスクリーン、またオートヘッドライト、レインセンサー、クルーズコントロールなども標準とし、エントリーグレードでありながら、ひとクラス上の快適性を提供しています。

1.2Lターボエンジン搭載のコンパクトカーであり、国産車で比較するなら、動力性能では「トヨタオーリス120T」、車格は「ヴィッツ」といったところ。比較検討する余地は十分にあると思います。ただし199万円のこの
「208ファーストセレクション」は限定車で5MTのみの設定。6速ATは217万円からとなります。

メーカー希望小売価格の比較

トヨタオーリス120T

・プジョー208 1,990,000円~(1.2Lターボ)
・トヨタオーリス120T 2,590,037円~(1.2Lターボ)
・トヨタヴィッツハイブリッドF 1,819,800円〜(1.5Lハイブリッド)

【魅力その2】フランスの香り漂うデザインセンス

プジョー308スペシャルエディション

どこがどうということではなく、フランス車には独特の雰囲気があります。これは逆立ちしても国産車にはまねのできない、センスと伝統の技でしょう。その特徴は、精密で重厚なドイツ車や、華やかなイタリア車とは一線を画し、シンプルながらも小粋なデザインであるということに尽きます。

「インテリアデザインとは、そこに流れる時間と空気を作ることだ。」と言い切るように、素材、造形、機能、あるいは触感、光、匂い、すべてが反応し合い人の感性を揺り動かす彫刻的な造形美を見せるダッシュボードやシートの高い質感はまさに異次元。

【魅力その3】流行を先取りしたラインナップ

プジョー5008

国内でもブームになっているクロスオーバーSUVの「2008」、「3008」、そして注目の7人乗りSUV「5008」を早くから導入させており、その高性能とエレガントさは、国産各車のベンチマークとなっています。そして、価格も国産車と競争が可能なのですから、絶対にお勧め。国産SUVが無粋に見えてくるかもしれません。

メーカー希望小売価格の比較

トヨタアクアCrossover

プジョー2008 2,630,000円~(1.2Lターボ)
トヨタアクアCrossover 2,062,800円〜(1.5Lハイブリッド)
プジョー3008 3,570,000円~(1.6Lターボ、2.0Lクリーンディーゼル)
トヨタハリアーターボ  3,380,400円〜(2.0Lターボ)
トヨタハリアーハイブリッド 3,774,600円〜(2.5Lハイブリッド)
プジョー5008 4,040,000円~(1.6Lターボ、2.0Lクリーンディーゼル)
マツダCX-8 3,196,800円~(2.2Lクリーンディーゼル) 

まとめ

メルセデスやVWなどのドイツ車に比べて、まだまだ認知されていないフランス車。車種別輸入販売台数もベスト10には入っていません。しかし、一目見れば虜になってしまう魅力がプジョーにはあります。ブルーライオンの看板のお店もかなり多くなっていますので、車の購入を考えているなら、一度はショールームをの像てみてはいかがでしょう。

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】プジョー508新型は4ドアクーペタイプ!

【ジュネーブモーターショー2018】プジョー508新型は4ドアクーペタイプ!

プジョーは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、新型『508』を初公開しました。特徴的なのは、エモーショナルな4ドアクーペデザインです。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2018年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


プジョー 新型5008のスペック、燃費、価格は?

プジョー 新型5008のスペック、燃費、価格は?

プジョー 5008はフランスの自動車メーカー、プジョーの7人乗りSUVです。2代目としてモデルチェンジをしたプジョー 5008についての新車・中古車価格、スペック、燃費等についての情報をまとめて記載しています。


ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

ミニバンから7人乗りSUVへ 生まれ変わった新型プジョー『5008』とは

プジョー・シトロエン・ジャポンは、9月25日より、7人乗りSUVへ生まれ変わった新型5008を発売しました。この5008、もともとはミニバンとして発売されていました。新型になって何が変わったのでしょうか。新型5008について最新情報をまとめてみました。


7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

7人乗りの外車SUV おすすめ10選!人気車種を一覧で比較!

今、とても人気の高いSUV。国内でも多くのSUV車が販売されていますが、元々はアメリカが発祥であり、その後ヨーロッパや日本でも人気が出た車種です。今回はそんなSUVの中でも3列シートで7人乗りタイプのおすすめ輸入車をまとめてみました。


最新の投稿


三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱・i-MiEV(アイ・ミーブ)が軽自動車から登録車へ変更された理由は?

三菱の電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』が一部改良されて発売されました。 驚いたのが軽自動車から小型車(登録車)へ変更されて発売されたことです。何故、税金面でも不利になる登録車へわざわざ変更されたのでしょうか?不思議に感じたので調べてみました。


これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

【知っておきたい】ガソリンの種類。レギュラーとハイオク、軽油の違いは?

本記事では車の燃料であるガソリン種類、レギュラー・ハイオク、ディーゼル車の燃料である軽油の違いについてを説明しています。合わせてガソリン車に軽油を入れてしまう、ディーゼル車にガソリンを入れてしまうなど、指定されている燃料以外の燃料を入れてしまった場合、どうなるのかについても紹介しています。


日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

日産 セレナe-POWERを買うべき5つの理由

セレナe-POWERの人気が沸騰中です。販売台数において、ミニバントップの座を死守し続けるセレナは、e-POWERを投入してからは、さらに独走状態に入っています。そこで、今なぜセレナe-POWERを買うのか?その理由を5つにまとめてみました。これを読めば貴方もセレナe-POWERを買いたくなるでしょう!


【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

【速報】あのNシリーズに新モデル!ホンダの軽バン N-VAN新型2018年夏登場!

ホンダが、今夏に発表を予定している軽バン「N-VAN(エヌ バン)」に関する情報を4月20日本日、Hondaホームページで先行公開されました。今わかっている最新情報をお届けいたします!!