目次へ戻る

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

テスラCEOのイーロン・マスク率いる宇宙企業スペースがロケット打ち上げに成功しました。ロケットの先端には真っ赤な初代テスラロードスター。しかも宇宙ドライブの模様を動画にて配信中です。テスラ ロードスターからのライブ配信映像を見て宇宙を堪能しましょう。


初代テスラ ロードスターが宇宙をドライブ!?

テスラCEOのイーロン・マスクが率いる、スペースX社のロケット「ファルコンヘビー」が日本時間2月7日未明に打ち上げ成功しました。

テスラ初代 ロードスターをロケットの先端に取り付けて発射

嘘のような本当の話です。
ロケットの先端にはペイロードとしてイーロン・マスクCEOの初代 ロードスターがついています。

ペイロードとは通常荷重として積まれるコンクリートや鉄の塊ですが、今回はイーロン・マスクCEOの初代 ロードスターが取り付けられました。

昨年12月には、
「ペイロード(調整用のおもり)はデヴィッド・ボウイの”Space Odity”を流す私のミッドナイトチェリー色のテスラになるだろう。行き先は火星軌道。上昇中に爆発しなければ、数十億年は宇宙を漂うことになるだろうね。」
とコメントしていたイーロン・マスクCEO。

まさか本当に取り付けられるとは誰も思わなかったでしょう。

宇宙からロードスターがライブ映像配信中

さらに、このテスラ ロードスターにはライブ映像配信カメラがついており、宇宙から地球を眺めることが可能。
宇宙服に身を包んだスターマンという人形がハンドルを握り、デヴィッド・ボウイの”Life on Mars?”をBGMに宇宙ドライブへと誘います。

尚、Youtubeにはライブ配信チャンネルと、アーカイブ動画が公開されています。

ライブ配信中のYoutubeはこちら

4時間に及ぶ宇宙ドライブのアーカイブ動画はこちら

【予約受付中】2020年発売 最新型テスラ・ロードスター

テスラは最新型のテスラ ロードスターの予約販売を既に受付中です。

まずは導入記念車の「Founders Series」を1000台限定で発売予定。
価格は25万ドル(約2800万円)で予約時に全額25万ドル(約2800万)が必要になります。

基本性能スペックは、EVでありながら0~96km/hの加速までわずか1.9秒、最高速400km/h以上というハイスペックです。

まとめ

EVをはじめ、宇宙開発まで手がけるイーロン・マスクCEO。
今回の宇宙ドライブの次はどんな世界に連れてってくれるのでしょうか?

2020年発売の新型テスラ ロードスターにも大注目ですね!

関連する投稿


【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

テスラの日本法人であるテスラジャパンは11月8日に、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開しました。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダン。テスラのエントリーモデルになります。気になる発売は、2019年以降になるとのこと。


テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

米国のEV自動車メーカーのテスラ(Tesla)の公式Twitterの数が、10月22日時点で、テスラが303万4717人、メルセデスベンツが303万2060人とメルセデスベンツを抜いて、自動車ブランドで世界最多になったそうです。各自動車メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析してみます。


BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWがTVショッピングに参戦!「BMW i3」を限定特典付きでショップチャンネル生放送にて販売!

BMWの電気自動車「BMW i3」11月24日10~11時にショップチャンネルの生放送に登場するそうです。特典付きの「BMW i3 Atelier レンジ・エクステンダー装備車」が10台限定で販売されるとのことで非常に興味深いです。車両購入の流れなど詳しく紹介いたします。


【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

【9月4日発表】メルセデス新型EQC 最新情報 日本発売・スペックは

2016年のパリモーターショーにて、発表された、メルセデスベンツの次世代EVコンセプト。それが「EQ」です。この新EVブランドEQ、そして最初のコンセプトカー・EQCについて最新情報をまとめています。


新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

新型「3シリーズEV」はテスラ超え?航続距離550kmモデルも

BMWの主力商品であるBMW「3シリーズ」ですが、新型「3シリーズ」のEVモデルの航続距離は500km以上と予想され、テスラを超えるかもしれません。欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」のEVモデルに関する最新情報をご紹介します。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】