目次へ戻る

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

【宇宙からライブ配信中】テスラ初代ロードスターが宇宙をドライブ

テスラCEOのイーロン・マスク率いる宇宙企業スペースがロケット打ち上げに成功しました。ロケットの先端には真っ赤な初代テスラロードスター。しかも宇宙ドライブの模様を動画にて配信中です。テスラ ロードスターからのライブ配信映像を見て宇宙を堪能しましょう。


初代テスラ ロードスターが宇宙をドライブ!?

テスラCEOのイーロン・マスクが率いる、スペースX社のロケット「ファルコンヘビー」が日本時間2月7日未明に打ち上げ成功しました。

テスラ初代 ロードスターをロケットの先端に取り付けて発射

嘘のような本当の話です。
ロケットの先端にはペイロードとしてイーロン・マスクCEOの初代 ロードスターがついています。

ペイロードとは通常荷重として積まれるコンクリートや鉄の塊ですが、今回はイーロン・マスクCEOの初代 ロードスターが取り付けられました。

昨年12月には、
「ペイロード(調整用のおもり)はデヴィッド・ボウイの”Space Odity”を流す私のミッドナイトチェリー色のテスラになるだろう。行き先は火星軌道。上昇中に爆発しなければ、数十億年は宇宙を漂うことになるだろうね。」
とコメントしていたイーロン・マスクCEO。

まさか本当に取り付けられるとは誰も思わなかったでしょう。

宇宙からロードスターがライブ映像配信中

さらに、このテスラ ロードスターにはライブ映像配信カメラがついており、宇宙から地球を眺めることが可能。
宇宙服に身を包んだスターマンという人形がハンドルを握り、デヴィッド・ボウイの”Life on Mars?”をBGMに宇宙ドライブへと誘います。

尚、Youtubeにはライブ配信チャンネルと、アーカイブ動画が公開されています。

ライブ配信中のYoutubeはこちら

4時間に及ぶ宇宙ドライブのアーカイブ動画はこちら

【予約受付中】2020年発売 最新型テスラ・ロードスター

テスラは最新型のテスラ ロードスターの予約販売を既に受付中です。

まずは導入記念車の「Founders Series」を1000台限定で発売予定。
価格は25万ドル(約2800万円)で予約時に全額25万ドル(約2800万)が必要になります。

基本性能スペックは、EVでありながら0~96km/hの加速までわずか1.9秒、最高速400km/h以上というハイスペックです。

まとめ

EVをはじめ、宇宙開発まで手がけるイーロン・マスクCEO。
今回の宇宙ドライブの次はどんな世界に連れてってくれるのでしょうか?

2020年発売の新型テスラ ロードスターにも大注目ですね!

関連する投稿


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

ホンダの新型EV ホンダe最新情報 価格・スペック・航続距離・日本発売日は?

2020年に日本でも発売される?といわれているホンダの新型EV、ホンダe。ホンダの渾身のEVであり、注目の一台ですね。そんなわけで本記事では、ホンダの新型EV、ホンダeについて気になる最新情報をまとめました。価格・スペック・航続距離・発売日…ほか。随時更新予定です。


ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏の新型EV 2019年12月デビュー

ヘンリック・フィスカー氏が率いるフィスカー(Fisker)は6月14日、新型EVを2019年12月に初公開すると発表しています。いったいどのようなEVカーに仕上がっているのでしょうか。気になる価格は。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。