目次へ戻る

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ

ポルシェ タイカン

ポルシェは、ポルシェ初の量産EVスポーツカー、『タイカン』を2019年より生産開始します。

このタイカン(Taycan)という名前ですが、「生気あふれる若馬」を意味しています。

タイカンには2個のモーターを搭載し、最大出力600ps以上を発生。

このパワーが4輪に伝達される4WDとなります。ルマン24時間耐久レースを制した『919ハイブリッド』の技術を応用した「PMSM」を導入。

ポルシェのトルクベクタリングにより、4輪に最適な駆動力を配分します。

タイカンは、0-100km/h加速3.5秒以下、0-200km/h加速12秒以下と、ポルシェのEVスポーツカーに相応しい性能を発揮。

バッテリーはリチウムイオンで、1回の充電での航続は500km以上に到達する、とのこと。

気になる価格ですが、まだはっきりとわかっていません。

ポルシェの性能を持つEVカーということもあって800万円~1000万円ほどはするとみられています。

メルセデスベンツ EQC

メルセデスベンツは9月4日、メルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)を、スウェーデン・ストックホルムでワールドプレミアしました。

「EQ」とは、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドです。

EQブランドの最初の市販車として登場するEVが、SUVタイプの「EQC」になります。

EQCは電動SUV。

ボディサイズは、全長4761mm、全幅1884mm、全高1624mm、ホイールベース2873mm。

EQCには、メルセデスベンツが新開発した電動パワートレインを搭載。モーターは前後に2個搭載し、4輪を駆動する4WDになる。2個のモーターは、合計で最大出力402hp、最大トルク76.5kgmを引き出します。

動力性能は、0~100km/h加速を5.1秒。最高速はリミッターによって、180km/hに制限されています。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は80kWhと大容量。重量は650kgで、車体中央の低い場所にレイアウトされています。

ちなみに1回の充電での航続は、欧州の計測モードで450km以上。

価格は約1000万円ほどになると言われています。日本発売は2019年~2020年の予定です。

ジャガー I-PACE

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初の電気自動車(EV)『I-PACE』を発表、9月26日より受注を開始しています。

I-PACEは、ミッドサイズSUVのボディに最先端の90kWhリチウムイオンバッテリーを搭載し、470kmの航続距離を実現する、ジャガー初のゼロエミッションモデル。

永久磁石同期式電動モーターを前後輪に各1基ずつ配置し、アクスルを駆動させ、瞬時に四輪すべてに正確なトルクを配分。最高出力400ps、最大トルク696Nm、0-100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを発揮します。

価格は959万円~1312万円。

BMW 次世代EVコンセプトカーヴィジョンiNEXT

BMWグループは9月16日に、次世代のEVコンセプトカー、BMW『ヴィジョンiNEXT』(BMW Vision iNEXT)を発表しています。

ヴィジョンiNEXTは、BMWグループが2021年から生産予定の新型EV、『iNEXT』を示唆するコンセプトカーです。

BMWグループは2025年までに、25の電動車両を投入することを柱にした電動化戦略を掲げています。

25車種のうち、12車種はEVとなる予定。残りの13車種については、プラグインハイブリッド車(PHV)やハイブリッド車になります。

ヴィジョン iNEXTの開発には、現行のBMWグループの市販EV、『i3』得られたノウハウを応用。

航続などの性能面を進化させた次世代EVとして開発が進められています。

アウディ e-tron

アウディは9月、ブランド初の市販EV、アウディ『e-tron』(Audi e-tron)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスで初公開しました。

アウディe-tronは、アウディのラグジュアリーモデルと同等のスペースと快適性を備えた電動SUVです。

5名の乗員とその荷物を積載することが可能。長距離ドライブに対応する航続と、幅広い充電方法を用意する実用性の高いEVになります。

e-tronの駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は95kWhと大容量。この効果もあり、1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で400km以上(WLTPドライビングモード)の性能を備えています。

またe-tronは、市販車としては初めて最大150kWで急速充電を行うことが可能。これにより、およそ30分で充電をすることが可能です。

e-tronの発売日は2019年~2020年頃と言われており、価格は800万~1,000万円あたりになるとみられています。

テスラ モデル3

EVカーを手掛けるテスラ。

その中でも、モデル3は、『モデルS』の下に位置する小型EVセダンです。

テスラにとって、入門EVの役割を担うモデル。

テスラは、このモデル3の新グレードの米国での受注を開始しました。このグレードは現行モデル3シリーズにおいて、最廉価となります。

今回、テスラが米国で受注を開始したモデル3の新グレードは、バッテリーの蓄電容量を小型化することにより、価格を抑えているのが特徴。

それでも1回の充電の航続は、最大で260マイル(約420km)を確保しており、中長距離レンジをカバーします。

この新グレードの動力性能は、0~96km/h加速が5.6秒、最高速が125マイル/h(約201km/h)。

米国でのベース価格は4万5000ドル(約506万円)に設定されています。

ちなみに、気になるモデル3の日本への納車は公式サイトによると、2019年以降とのこと。

最後に

本記事では、発売中&これから発売が予測されているプレミアムでカッコイイEVカーについてまとめました。

気になる車はありましたか?これからのEVカーに期待ですね!

関連する投稿


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

国内で根強い人気がある外車と言えば、輸入車メーカーのアウディです。アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。


【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

ポルシェは、新型『911スピードスター』のドイツ本国ベース価格を、26万9274ユーロ(約3320万円)と発表しました。「991」型ポルシェ『911』の最終モデルになる、としているこの911スピードスター。最新情報をお届けです!


最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

最強SUV メルセデス・ベンツ GL │GL・GLSなどのラインナップ

ベンツのSUVのカテゴリーにラインナップされ、全長堂々の5.1mオ ーバーの3列シートで定員は7名乗りのGL。ベンツのSUVクラスの中でも最上級のモデルとなっています。今回はそのラインナップをご紹介します。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。