トップへ戻る

車のエンブレム一覧 国産車から外車(輸入車)まで徹底解説

車のエンブレム一覧 国産車から外車(輸入車)まで徹底解説

当記事では日本・国産車から外車・輸入車のエンブレムと、社名の由来・意味についてを紹介しています。それぞれのメーカーのエンブレム、ロゴには意味や歴史があります。知ることによってさらにそのメーカーに親しみがわくこと間違いなしです!!(※2020年3月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


イタリアの車は、スタイリッシュなデザインとキレのいいエンジン音が魅力的と言われていますが、その一方で機能性や小回りの効き具合や耐久性という点に関しては評価はあまり高くありません。
ただ、修理や整備を積み重ねることで走行中に車の異変や調子を把握することが出来るので、長きにわたって乗り続けることで自分だけの一台となります。

そんな歴史あるイタリア車をいくつか紹介します。

フェラーリ

フェラーリのエンブレムは、当時イタリア軍のエースパイロットだったフランチェスコ・バラッカがフェラーリの創業者エンツォ・フェラーリから受け継いだ戦闘機のエンブレムに由来しています。

フェラーリが掲げる馬の紋章は、実はポルシェとフェラーリの馬は同じ馬になっています。故郷の紋章を掲げているポルシェと、勝利を意味する紋章を掲げているフェラーリは、やはり永遠のライバルであることが伺えます。

ランボルギーニ

ランボルギーニの創始者である、フェルッチオ・ランボルギーニは、当時農業を営んでいて、トラクターの製造で成功を収めました。当時のイタリアで成功者の証とされていたフェラーリオーナーでしたが、車の故障の多さに不満を持っており、自ら自動車を作ることにしたのがフェラーリ創業の背景です。

ランボルギーニのエンブレムは、猛牛がモチーフになっていますが、当時所有していたフェラーリの故障の多さに不満を抱いていたことから、フェラーリの「跳ね馬」に対抗して「猛牛」にしたという説と、創設車のフェルッチオ・ランボルギーニが牡牛座だったためという2つの説がありますが真実は明らかになっていません。

マセラティ

1914年設立のマセラティは、最も長い歴史のあるスポーツカーメーカーとしてレース経験も豊富なブランドです。メーカーの名前は創設者であるフィエーリ・マセラティから由来します。

エンブレムである三又の槍は創業の地、ボローニャのマジョレー広場にある海の神・ポセイドンを表しており、古都ボローニャの紋章に由来しているものです。

アルファロメオ

1910年に設立された長い歴史があるアルファロメオのエンブレムは、本拠地であるミラノ市の元々の市章の赤十字と、当時のミラノを支配していたイタリア貴族のヴィスコンティ家の紋章である大蛇のモチーフを組み合わせられて作られています。

2015年には、アルファロメオ105周年を記念して、新たなエンブレムに変更すると発表され、中央の線がなくなり、従来のデザインよりもスタイリッシュなエンブレムになりました。

【フランス】外車・輸入車のエンブレム

フランスの車は、労働者や農家のために開発されているので、実用性の高い車が多く生産されました。内部の設備は、座りやすいシートを設計したり、しなやかな足回りを実現することで労働者や農民の作業効率を向上させていきましたが、独創的なデザインが多く、絶大な人気を誇るまでには至っていないのが現状です。

シトロエン

シトロエンの社名は、創始者であるアンドレ・シトロエンに由来しています。このエンブレムは、アンドレ・シトロエンがはじめに手掛けたヘリカルギヤというV字型のミゾを持つ歯車をモチーフに「ダブル・シェブロン」が生まれました。

ルノー

1898年に設立されたヨーロッパ最大の自動車会社であるルノーは、これまで8回エンブレムを変更しています。現在のエンブレムは、盾形紋に豪華さと技術、 上品さを菱形に変形させて作られています。この、ひし形エンブレムは、販売されている全ての車種に採用されていて、ルノーの歴史や品質の高さを物語っています。

プジョー

プジョーは、実は鋼材工場として誕生しています。プジョーのエンブレムは、別名「ブルーライオン」と呼ばれていて、高い品質の証とされています。百獣の王ライオンをモチーフにエンブレムが作られていますが、このライオンのマークは1847年に誕生し、1850年になるとプジョーの多くの製品で使われるようになっていきました。

【アメリカ】外車・輸入車のエンブレム

アメリカ車の特徴は車体の大きさや、室内の広さや外観のゴツさという部分でしょうか。ただ、ヨーロッパの車と比較すると価格帯はそれほど高くない点も特筆すべき部分です。

車体が大きくなると燃費性能が悪いのではないかといいうイメージが付き物ですが、アメリカ車は、走行性能が良く、タフにオフロードを走ったりする男らしさが売りとなっています。

ハマー

ハマーはゼネラルモーターズ(GM)のSUVブランドとして1992年に設立されましたが2010年に廃止されています。アメリカ国内だけでなく、海外でもプレミアムSUVとしての地位を確立したのがハマーです。
エンブレムにもなっているHUMMERという名前は、アメリカで採用されていた高機動多目的車両HMMWV(High-Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle)の愛称HUMVEE(ハンビー)から由来しています。

フォード

フォードのエンブレムは1907年に導入されて以来ほとんど変化のない、オーバル型のロゴになっています。オーバルの背景の深い青色は、フィンランドの国旗と同じ色となっており、円の比率は8対3という完全な楕円形になっています。ちなみに、現在のオーバル型のロゴデザインは、2003年6月17日の創業100年を記念して採用されたものになっています。

リンカーン

1917年誕生のリンカーンはキャディラックと並ぶアメリカを代表する高級ブランドです。名前の由来は、創業者が尊敬していた第16代アメリカ合衆国大統領「エイブラハム・リンカーン」に由来しています。リンカーンのエンブレムは、ダイヤモンドの輝きをモトーフにデザインされています。

まとめ

車メーカーを象徴するのが「エンブレム」です。どのメーカーにも車作りの歴史や思い、理念を表現すエンブレムがあります。車好きの方にとってはその歴史にも触れることでより車が益々好きになるのではないでしょうか。

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

映画の『ワイルド・スピード』通称ワイスピでは、NOSという機構が登場します。NOSはワイルド・スピードの魅力の1つにもなっています。そこで今回は、ワイルド・スピードで使われているNOSや実際での使われ方について徹底解説します。


送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。


法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

車を運転する際に必ず意識しなくてはいけないのが法定速度です。法定速度に似た言葉に制限速度や指定速度があります。今回は法定速度の意味と制限速度や指定速度との違いについて紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。