目次へ戻る

BMW 7シリーズ 改良新型発表!  EVモードの航続も約1.5倍に!

BMW 7シリーズ 改良新型発表! EVモードの航続も約1.5倍に!

BMWは2月1日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)にプラグインハイブリッド車(PHV)の「745e」、同ロングボディの「745Le」、同ロングボディ4WDの「745Le xDrive」を欧州で設定すると発表しました。


BMW 7シリーズ 改良新型発表! EVモードの航続も約1.5倍に!

BMWは2月1日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)にプラグインハイブリッド車(PHV)の「745e」、同ロングボディの「745Le」、同ロングボディ4WDの「745Le xDrive」を欧州で設定すると発表しました。

BMW 7シリーズ 改良新型どう変わる?変更点まとめ

BMW 7シリーズ 改良新型 4気筒から6気筒へ変更!パワーも向上

7シリーズの改良新型3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力286hp/5000~6000rpm、最大トルク45.9kgm/1500~3500rpmを発生します。

従来の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力258hp、最大トルク40.8kgm)に対して、28hp、5.1kgパワフル。

モーターは、最大出力113hp、最大トルク27kgmを引き出し、8速AT「ステップトロニック」と一体設計。

エンジンとモーターを合わせたシステム全体では、394hpのパワーと61.2kgmのトルクを獲得します。

従来の740eの326hpに対して、68hp強化されました。

動力性能は0~100km/h加速が5.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮します。

二次電池は、蓄電容量12kWhのリチウムイオンバッテリーです。

EVモードの航続は、従来のおよそ1.5倍に伸び、最大58kmをゼロエミッション走行できます。

この効果もあり、欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量48g/kmと、従来の740eと同等の環境性能を実現しています。

BMW 7シリーズ 改良新型 よりいかつい大型グリルに変更

改良新型7シリーズのPHVには、新デザインの大型フロントグリルが採用されました。

このグリルは、BMWのブランド最上級SUVとして登場した『X7』に続くもので、フラッグシップサルーンの7シリーズらしい堂々のデザインとしました。

ヘッドライトやテールライトも新デザインとなり、最新のLED技術が組み込まれています。

改良新型7シリーズのPHVには、最新のドライバーアシスタンスシステムが数多く設定されています。

ステアリング&レーンコントロールアシスト、リバースアシスト付きパーキングアシストを含むドライビングアシストプロフェッショナルに代表されるドライバーアシスタントシステムによって、自動運転の実現に向けた最新技術を提示します。

BMW 7シリーズ 改良新型 PHVにはBMWライブコクピットプロフェッショナル標準装備

改良新型7シリーズのPHVには「BMWライブコクピットプロフェッショナル」を標準装備します。

ステアリングホイールの向こう側に組み込まれた12.3インチサイズのデジタルメーターパネルと10.25インチサイズのコントロールディスプレイで構成。

このフルデジタルコクピットには、「BMWオペレーティングシステム7.0」が採用されています。

これはメーターパネルとコントロールディスプレイの間で、完全に統合されたデジタル表示を実現するもので、より的確にドライバーそれぞれの好みに合わせた操作を可能にします。

BMW 7シリーズ 改良新型 PHVには新世代システム採用

オールデジタル式メーターパネルには、ナビゲーションの地図を表示するセクションだけでなく、個別に選択した内容の表示スペースが設けられる。また、センターコンソールに組み込まれたコントロールディスプレイの表示は、シームレスかつ均一にデザインされており、直感的なタッチ操作が可能だ。それぞれリアルタイムで内容が表示される最大10種類の自由に構成可能なパッドが2~4個メインメニューに表示され、フラットなメニュー構造によってすべての設定や機能に素早くアクセスできる。さらに、BMWオペレーティングシステム7.0では、ドライバーと車両の間のマルチモーダルインタラクションも改善されており、ユーザーはiDriveコントローラー、タッチ操作、音声入力、ジェスチャーコントロールのいずれかを選択できる。

改良新型7シリーズのPHVには、「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を採用する。これは、新世代の車載コネクティビティシステムで、ユーザーは運転中、「ハイ、BMW」と呼びかけることにより、世界23言語に対応する音声アシストが起動し、ユーザーが求めるさまざまな機能や情報に、安全にアクセスできる。例えば、運転中のドライバーに代わって、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントが、音声認識によって車両のナビゲーションシステムや空調をコントロールする。ドライバーが、「BMW、私は疲れている」と呼びかければ、ドライバーの眠気を覚ますために、音楽や空調を最適に調整してくれる。人工知能(AI)とオープンモビリティクラウドを活用することにより、BMWインテリジェントパーソナルアシスタントは、性能を常に向上させる。ソフトウェアは定期的に、無線によるアップグレードが受けられる。

最後に

より進化するBMWの7シリーズ改良新型。今明らかとなっている最新情報をお届けいたしました。

関連するキーワード


BMW 車種情報

関連する投稿


BMW M235iクーペはMTでも楽しめる車|スペックや中古価格を紹介

BMW M235iクーペはMTでも楽しめる車|スペックや中古価格を紹介

BMW M235iクーペは、BMWのコンパクトな2ドアクーペです。今回は、BMW M235iの特徴からスペック、評判や中古価格などを解説していきます。 購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。


BMW M2クーペから進化したBMW M2コンペティション|中古価格やスペックを紹介

BMW M2クーペから進化したBMW M2コンペティション|中古価格やスペックを紹介

人気のBMW M2クーペをさらに進化させたBMW M2コンペティション。かなりのハイパフォーマンスを誇るBMW M2コンペティションの性能やスペック、口コミ・評判から中古価格などを解説していきます。


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


映画でも大活躍! BMW M5┃新型車のスペックや燃費など一覧

映画でも大活躍! BMW M5┃新型車のスペックや燃費など一覧

欧州車のカテゴライズで言うところのEセグメントの、ベンチマーク的な車種であるBMW5シリーズ。そのBMW5シリーズの高性能モデルと位置付けられるのがBMWM5です。2018年に公開された映画『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』のコラボレーションモデルも発売された、スタイリッシュなM5の魅力をお伝えします。


ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では同じロードスターの名前を冠する車があるのをご存知でしょうか。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)